« ネットに殺人予告の「松本ぼんぼん」 16連が参加取りやめ(6日)共同 | トップページ | 依田啓示役員を傷害罪で起訴 基地移設反対派の男女を殴り、けがさせる 依田氏「とことん闘います」(6日)産経 »

2017年8月 6日 (日)

原爆投下から72年 広島市で平和記念式典(6日)NHK

広島に原爆が投下されてから6日で72年となりました。広島市の松井一実市長は平和記念式典で、歴史上初めて核兵器を法的に禁止する条約がことし、国連で採択されたことに言及し、各国政府に「核兵器のない世界に向けた取り組みをさらに前進させなければならない」と訴えました。
 広島市の平和公園で午前8時から行われた式典には、80か国の代表を含むおよそ5万人が参列しました。
 式典では、この1年間に亡くなった人や新たに死亡が確認された人5530人の名前が書き加えられた、30万8725人の原爆死没者名簿が原爆慰霊碑に納められました。そして、原爆が投下された午前8時15分に参列者全員で黙とうをささげました。
 ことしは、歴史上初めて核兵器を法的に禁止する条約が国連で非核保有国が中心となって採択されたことを受け、広島市の松井一実市長は「平和宣言」の中で、「各国政府は、核兵器のない世界に向けた取り組みをさらに前進させなければならない」と訴えました。そのうえで、核保有国や核の傘のもとにある日本などが条約に反対の立場を示していることから、日本政府に「核保有国と非保有国の橋渡しに本気で取り組んでほしい」と要請しました。
 これに対し、安倍総理大臣は条約については言及せず、「核兵器国と非核兵器国、双方に働きかけを行うことを通じて国際社会を主導していく」と述べました。
 式典の後は、国内外から参列した人たちが原爆慰霊碑の前で静かに手を合わせ、祈りをささげました。爆心地から1.7キロのところで被爆し、やけどを負った広島市の82歳の女性は「条約は採択されましたが、『本当に核兵器をなくせるのか』という気持ちもあります。世界中で取り組んでいくことが大切だと思います。若い人たちには絶対に戦争は起こしてはいけないと伝えたいです」と話していました。また、47歳のアメリカ人の男性は「アメリカ人は原爆の被害について知るべきだと思います。黙とうの時間には被爆者やその家族のことを考え、何の罪もない人に被害をもたらす核兵器が世界からなくなるよう、もっと働きかけていく必要があると感じました」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170806/k10011089501000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

« ネットに殺人予告の「松本ぼんぼん」 16連が参加取りやめ(6日)共同 | トップページ | 依田啓示役員を傷害罪で起訴 基地移設反対派の男女を殴り、けがさせる 依田氏「とことん闘います」(6日)産経 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65627395

この記事へのトラックバック一覧です: 原爆投下から72年 広島市で平和記念式典(6日)NHK:

« ネットに殺人予告の「松本ぼんぼん」 16連が参加取りやめ(6日)共同 | トップページ | 依田啓示役員を傷害罪で起訴 基地移設反対派の男女を殴り、けがさせる 依田氏「とことん闘います」(6日)産経 »