« 2017年8月29日 | トップページ | 2017年8月31日 »

2017年8月30日

2017年8月30日 (水)

施設で84歳女性死亡=複数の打撲痕-千葉県警(30日)時事

28日午後1時50分ごろ、千葉県市川市北方町にある生計困難者向けの無料低額宿泊施設に入居している女性らから、「施設内でトラブルがある」と県警市川署に通報があった。駆け付けた署員が、施設に住む川久保儀子さん(84)が死亡しているのを発見した。遺体には複数の打撲痕があり、県警は事件に巻き込まれた可能性も視野に捜査している。
 県警によると、川久保さんはあおむけで布団を掛けた状態で見つかった。30日に司法解剖したが、死因は不詳だった。
 県によると、施設を運営するNPO法人「さくら福祉推進協会」=東京都中央区=から、「入居者が施設の女性職員に暴行を受けているという通報が県警にあった。県警が暴行を受けたとみられる入居者の部屋を調べたところ、死亡しているのが見つかった」という報告があったという。
 県は今後、施設への立ち入り検査を行う方針。(2017/08/30-20:26)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017083001155&g=soc

| トラックバック (0)

わいせつ・体罰…教員の免許失効、理由をデータベース化(30日)朝日

 文部科学省は、わいせつや暴力事件などを起こして教員免許を失った教員が再び学校現場に戻ろうとする際、教育委員会が処分歴をチェックできる仕組みをつくる。過去の免許の失効情報を共有し、検索できるデータベースをつくる。また採用時に、処分歴を含めた免許の情報をまとめた証明書を提出させることも検討する。
 30日に発表した2018年度予算の概算要求に、関連費用約4億8千万円を盛り込んだ。データベースや証明書に記録される処分の種類や、情報を検索できる期間などは今後、詳細を詰める
 教員免許は、禁錮以上の刑や懲戒免職処分を受けたときに失効し、その後3年間は再交付されない。失効した教員の氏名や生年月日などは官報に載るが、新たに「わいせつ」「体罰」「交通事故」など処分理由も見られるデータベースをつくり、各地の教委や国私立学校の採用担当者が見られるようにする。
 また、教員の免許情報を一元的…

残り:326文字/全文:702文字 http://www.asahi.com/articles/ASK8Z528JK8ZUTIL016.html

| トラックバック (0)

末端価格307億円相当 覚醒剤480キロを押収(30日)TBS

末端価格にして307億円相当の覚醒剤が警察に押収されました。
 一面に並んだ覚醒剤。今月22日、茨城県で警察が押収した覚醒剤およそ480キロ、末端価格307億円相当です。国内で一度に押収された覚醒剤の量としてはこれまでで4番目に多い量です。
 警察は、指定暴力団・住吉会系組員の今泉淳容疑者(48)ら5人を覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕。捜査関係者によりますと、押収された覚醒剤は、船を使って海の上で受け渡しをする「瀬取り」と呼ばれる方法で取引されたとみられるということです。警察は、背後には海外の密輸組織が絡んでいるとみて調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3143957.html

| トラックバック (0)

増水の川で男性流される 埼玉・新座、1人は救助(30日)日経

0日午後3時20分ごろ、埼玉県新座市大和田4の柳瀬川で、大雨のため増水した川の中州に男性2人が取り残された。県警によると、2人は木にしがみついて救助を要請。県の防災ヘリが1人を救助したが、1人は下流に流された。地元消防などが捜索している。

ヘリコプターでつり上げられ、救助される男性(30日午後4時43分、埼玉県新座市の柳瀬川)=共同
画像の拡大

ヘリコプターでつり上げられ、救助される男性(30日午後4時43分、埼玉県新座市の柳瀬川)=共同

 救助の様子を目撃した同市の中学3年の女子生徒(15)は「ごうごうと川の流れがすごかった。男性は木に両腕を回して必死にしがみついていた」と話した。
 熊谷地方気象台によると、新座市では同日、大雨警報が発令されていた。隣接する同県所沢市に設置した雨量計で、午後3時までの1時間に36ミリの激しい雨を観測した。
 埼玉県によると、柳瀬川の水位は、所沢市の観測地点で午後2時には16.82メートルだったが、午後4時には1.75メートル増し18.57メートルだった。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG30H8T_Q7A830C1CC1000/

| トラックバック (0)

首から血を流し男性死亡…歯科医院で何が(30日)テレビ朝日

 歯科医院で、男性が首から血を流して死亡しているのが見つかりました。
 警察や消防によりますと、30日午後4時すぎ、秋田市のおときだ歯科医院を訪れた女性患者から「男性が死亡している」と消防に通報がありました。警察によりますと、男性には首に刺し傷があったということです。この歯科医院は普段、男性医師1人で診察を行っていて、付近の住民は、30日も診察をしていたようだと話しています。警察は、死亡したのは男性医師とみて身元の確認を進めるとともに、事件と自殺の両面で調べを進めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000108904.html

| トラックバック (0)

船員実習生3人が自殺や失踪 7月、海技機構の「青雲丸」(30日)西日本

船員の養成などを事業とする独立行政法人海技教育機構は30日、今年7月、保有する練習船「青雲丸」に乗っていた海技大学校の実習生1人が下船後に自殺し、別の2人も自殺しようとしたり、失踪したりしたと発表した。いじめや指導に問題があったとの情報はないという。
 海技教育機構によると、自殺したのは男子実習生(20)。実習を続けるか悩んでいる様子だったため7月22日に神戸港で下船させ、帰省させたが、名古屋市内で死亡したとの連絡が同28日に警察からあった。
 7月中には、13日にも男子実習生(19)が香川県沖で船から海に飛び込んで自殺を図ったが、陸にたどり着き発見された。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/354744

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(30、31日 単位・レベル) 
70歳代の検挙者が増加
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1013105

 振り込め詐欺などの特殊詐欺で高齢者の被害は減少しているものの犯罪を犯す高齢者が増加している。
 高齢者の事件と言えば、東京・江東区の79歳になる自治会長が中学2年生の少女に1万円を渡してみだらな行為をしたとして警視庁に逮捕された。
 松山市では、「姉が家に火を付けると言っている」と110番通報があり、警察官が駆け付けると70歳の女性が火を放ったとして放火の容疑で現行犯逮捕された。
 さらにコンビニで面識のない女児(4)の頭を平手打ちしたとして、76歳の男が愛知県に逮捕されるなど、高齢者の犯罪が目立っている。
 警察庁によると今年7月現在の重要犯罪の検挙者で犯行時の年齢が前年に比べて増加したのは70~79歳の70代。
 年代別で前年に比べて最も減ったのは20代で962人の検挙者で前年より-52人。次いで14歳から19歳が検挙者480人で同-69人など各年代で減っているのにどういうわけか70歳代が32人も増えて163人だった。
 増加した高齢者については男が28人で女が4人と圧倒的に男が多かった。罪種別でも殺人が7人増えた。さらに強盗が+9人、放火が+4人、強制性交が+1人、略取誘拐が+2人、強制わいせつが+9人とほとんどの罪種で増加している。
 しかし高齢者に被害が多い特殊詐欺では犯人として70代の高齢者が149人も逮捕されたが29人も減っている。
 さらに、侵入盗や自動車盗、ひったくり、すりなど重要窃盗犯になると20代が多く58人も増加して1513人だったのに対して70代は156人で26人減っている。
 減少もあるが殺人や強盗などの凶悪犯の増加はいただけない。
【事件】
 30日午後、東京・江戸川区西小岩の路上で路上で18歳の少女がナイフで切り付けられる事件が発生した。少女は命に別状ないが、刺したのは19歳の知人の少年で逃走している。タクシーで逃げたというから、やはり少年は少年なのかも知れない。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| トラックバック (0)

中国籍女性殺害容疑で逮捕 同じ寮に住む男 静岡(30日)産経

 静岡県警富士署は30日、同県富士市田子にある中国人研修生らの寮の一室で、この部屋に住む中国籍の女性を殺害したとして、殺人の疑いで同じ寮にいる中国籍の会社員の王塁容疑者(27)を逮捕した。
 逮捕容疑は21日午前6時50分ごろ~午後8時10時ごろ、中国籍の女性会社員、孔令華さん(35)の首を刃物で刺して殺害したとしている。
 県警によると、王容疑者は現場で首や腹部周辺をけがして倒れており、入院していた。王容疑者が30日に退院したことから逮捕した。県警は2人に交友関係があったとみて、事件の経緯や動機を調べる。
http://www.sankei.com/affairs/news/170830/afr1708300012-n1.html

| トラックバック (0)

遺体は不明の中国人女性 北海道・釧路、自殺か(30日)産経

北海道釧路市の砂浜で27日に見つかった女性の遺体について、道警は30日、DNA型鑑定の結果、旅行で道内を訪れて7月下旬から行方不明になっていた中国籍の危秋潔さん(26)と明らかにした。死因は溺死。死後1カ月ほど経過していた。
 道警によると、目立った外傷はなく、宿泊先に家族へ別れを告げる内容のメモが残されていたことなどから、自殺の可能性もあるとみている。
 危さんは7月18日に1人で函館空港から入国。同22日に札幌市のゲストハウスに荷物を残して外出し、翌23日に釧路市内で目撃されたのを最後に行方が分からなくなっていた。
http://www.sankei.com/affairs/news/170830/afr1708300015-n1.html

| トラックバック (0)

車内で夫を刺殺容疑、出頭の36歳女を逮捕(30日)読売

埼玉県警は29日、東京都東村山市青葉町、無職野田正美容疑者(36)を殺人と銃刀法違反の疑いで逮捕した。
 発表では、野田容疑者は同日未明、親族宅がある同県久喜市の路上に止めた乗用車内で、夫の会社員英邦さん(47)の胸を包丁で刺し、殺害した疑い。同日朝、野田容疑者が車で久喜署に自首し、車内で死亡している英邦さんと血のついた包丁が見つかった。県警は「捜査に支障がある」として、野田容疑者の逮捕容疑への認否を明らかにしていない。
 県警によると、野田容疑者は昨年3月、「夫と別居し、久喜市に住んでいる。住民票の閲覧制限をお願いしたい」と久喜署に相談。その後、同署に「もう大丈夫」と伝え、今月からは同居していたとみられる。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170830-OYT1T50065.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

酒・たばこは20歳未満禁止維持 成人年齢引き下げ後、警察庁検討(30日)共同

 成人年齢を20歳から18歳へ引き下げる民法改正が行われた場合でも、20歳未満に禁じている飲酒と喫煙の現行法の規定を維持する方向で警察庁が検討していることが30日、同庁への取材で分かった。健康被害への懸念から、引き下げに慎重な意見が根強いとしている。20歳未満禁止維持の方針で調整している競馬、競輪など四つの公営ギャンブルと歩調を合わせる形となる。政府は民法改正案を今秋の臨時国会に提出したい構えだ。
 飲酒と喫煙は、警察庁が所管する未成年者飲酒禁止法と未成年者喫煙禁止法でともに「20歳未満」は禁止されている。
https://this.kiji.is/275536586505291253?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

女子高生コンパニオンを箱根に派遣か、2人逮捕(30日)TBS

 温泉ホテルの宴席に女子高生らを派遣し客の接待をさせたとして、神奈川県小田原市のコンパニオン派遣業・社長、永井澄夫(72)容疑者ら2人が逮捕されました。
 2人は、今年4月箱根町の温泉ホテルに16歳の女子高生と17歳の無職の少女をコンパニオンとして派遣し、客に酒を注ぐなどの接待をさせた疑いが持たれています。
 永井容疑者は、女子高生らに対し「あらかじめ20歳の生年月日を考えておくように」などと指示していたということで、取り調べに対し2人は容疑を認めているということです。
 警察は2人が他にも少なくとも4~5人の少女を雇っていたとみて、余罪を追及しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3143667.html

| トラックバック (0)

群馬サファリパークで飼育員が象に踏まれ重傷(30日)TBS

30日午前、群馬県富岡市にあるサファリーパークで、飼育員の男性がゾウに踏まれ重傷を負いました。
 午前10時ごろ群馬県富岡市の群馬サファリーパークで、飼育員でインドネシア国籍のアムサル・アブドゥラ・サニーさん(35)がゾウに前足で踏まれました。サニーさんは腰の骨を折るなどの重傷です。
 警察によりますと、サニーさんはゾウの飼育を担当していて、展示場で餌をやっている際に鼻で押し倒され、前足で踏まれたということです。サニーさんを踏んだのは雄のスマトラゾウ(8)で、体重はおよそ2トンあるということです。
 事故を受けて群馬サファリーパークは「より一層安全対策に留意して、安全に野生動物の飼育をしていきたい」としています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3143665.html

| トラックバック (0)

「防災の日」訓練 中央道、初めて一部通行止めに(30日)日経

 警視庁は9月1日の「防災の日」に首都直下地震を想定した大規模交通対策訓練を実施する。国道20号(甲州街道)の上下線22キロのほか、中央自動車道の上り線約11キロも午前10時から30分間通行禁止とする。訓練は毎年実施しているが、中央自動車道の一部を通行止めにして訓練を実施するのは初めて。
 訓練は9月1日午前9時に東京湾北部を震源とする最大震度7の地震が発生したと想定。災害時に指定される「緊急自動車専用路」の中央自動車道と国道20号の一部を通行止めにする。
 通行止め区間は中央自動車道の上り線の八王子インターチェンジ(IC)―国立府中ICと、国道20号線の国立インター入口交差点から大原交差点までの上下線。
 都心部への緊急車両の交通路を確保するために、事故車両や被災して放置された車をレッカー移動させたり、実際にパトカーや救急車を都心方向へ走らせたりする。訓練の間、進入路は封鎖される。渋滞が予想されるため同庁は圏央道などへの迂回を呼びかけている。
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG30H1S_Q7A830C1CC0000/

| トラックバック (0)

10代の女性が知り合いに刃物で 切りつけた男は逃走(30日)テレビ朝日

東京・江戸川区で女性が男に切り付けられる事件がありました。男は現在も逃走中です。
 30日午後1時前、江戸川区西小岩の路上で「女性が刺されたようだ」と目撃者から110番通報がありました。警視庁などによりますと、女性は10代とみられていて、知り合いの若い男に果物ナイフで足と腕を切られ、病院に搬送されましたが意識はあり、命に別状はないということです。女性を切り付けた男はナイフを現場に残し、現在も逃走中です。警視庁は、付近一帯に緊急配備を掛けて男の行方を追っています。現場はJR総武線小岩駅近くの商店などが立ち並ぶ場所です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000108868.html

| トラックバック (0)

「ラルクのチケット譲ります」 18歳少女が“詐取”(30日)テレビ朝日

人気ロックバンド「L’Arc~en~Ciel」のコンサートチケットを譲ると嘘をつき、現金をだまし取ったとして18歳の少女が逮捕されました。
 住居不定の18歳の少女は今年2月、「L’Arc~en~Ciel」の25周年記念のコンサートチケットを譲ると嘘をつき、東武池袋駅構内で44歳の女性から現金約7万円を受け取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、少女は自身のツイッターに「チケットをお譲りします」などと投稿していました。少女はチケットを持っておらず、返信してきた女性には「後日、チケットを送る」などと嘘をついて現金を受け取っていたということです。少女は取り調べに対し、容疑を認めています。また、「30人以上から100万円以上だまし取った」と供述していて、警視庁は余罪を調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000108867.html

| トラックバック (0)

倉庫の粗大ごみが燃える不審火 放火の可能性も(30日)テレビ朝日

 埼玉県春日部市の書店で、粗大ごみが燃える火事がありました。警察が放火の可能性も視野に捜査しています。
 30日午前4時30分すぎ、春日部市の書店の敷地内で、「店の裏の倉庫から炎が上がっている」と近くを通りかかった人から110番通報がありました。春日部市消防本部などによりますと、ポンプ車など8台が出動し、火は約30分後に消し止められましたが、店の裏手に置いてあったロッカーや家電製品などの粗大ごみが燃えました。この火事によるけが人はいません。警察は、出火原因を調べるとともに自然に火が出る可能性が低いことなどから、放火の可能性も視野に捜査しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000108866.html

| トラックバック (0)

象牙不正取り引き、社長ら不起訴処分(30日)TBS

無登録の象牙を不正に取り引きしたとして東京・上野の貴金属販売店の社長らが警視庁に書類送検された事件で、東京地検は社長らを不起訴処分としました。
 上野の貴金属販売店の社長ら12人と2つの法人は、おととし12月から去年1月にかけてアフリカゾウの象牙9本、あわせて240万円相当を無登録であることを知りながら不正に取り引きしたとして警視庁に書類送検されました。
 この社長ら12人と2つの法人について、東京地検は29日付けで不起訴処分としました。東京地検は、不起訴の理由を明らかにしていませんが、「証拠を検討した結果、不起訴とした」としていて、嫌疑不十分とみられます。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3142481.html

| トラックバック (0)

ミサイルに備え避難訓練、石川 小学生ら300人が参加(30日)共同

北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイル発射を受け、内閣官房や石川県などは30日、日本海に面した同県輪島市で、ミサイル飛来に備えた住民らの避難訓練を実施した。市内の小学生や教職員を含む約300人が参加。
 市立河井小学校では午前9時すぎ、校内放送で「ミサイルが落下する危険性があります」と約220人の児童らに避難を呼び掛け。子どもたちは教室の窓とカーテンを閉めて机の下に潜り、頭を両手で抱えて守った。その後、体育館に集合し、教職員から点呼を受けた。
 市中心部の文化会館には住民約40人が避難し、窓のない廊下に集まった。
https://this.kiji.is/275457317999478267?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

「園児の声うるさい」武蔵野の保育園、開園延期(30日)読売

東京都武蔵野市の邑上守正市長は29日の定例記者会見で、来年4月に吉祥寺南町に開園する予定の認可保育園について、園児の声を懸念する近隣住民らから理解が得られなかったとして、開園を延期する考えを示した。
 市は開園の撤回はせず、来年度中の開園を目指して話し合いを続ける。
 市子ども育成課によると、保育園の整備を予定しているのは、吉祥寺駅から徒歩10分ほどの約1400平方メートルの市有地。市は住民から一定の合意を得られれば、保育園の運営経験がある社会福祉法人などを公募し、整備する計画を立てた。
 昨年11月からは住民向けの説明会を開催し、理解を求めてきたが、「園児の声がうるさい」などの意見があり、合意形成が難航していた。今年4月1日現在、市の待機児童数は120人(前年比2人減)。
 邑上市長は、保育園を整備する方針に変わりはないとしたうえで、「地域の理解なくして保育園は難しいと思うので、もう少し説明したい」と話した。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170830-OYT1T50006.html

| トラックバック (0)

宴席で女子高生に接客させた疑い、男女2人逮捕(30日)読売

神奈川県箱根町の温泉宿の宴席で女子高校生らに接客をさせたとして、神奈川県警が30日、同県小田原市のコンパニオン派遣会社「ビースト・エンタープライズ」を経営する男(72)と女(62)の両容疑者を労働基準法(危険有害業務の就業制限)違反容疑で逮捕した。
 捜査関係者によると、両容疑者は今年4月、箱根の温泉ホテルに、当時16歳の女子高校生と同17歳の無職少女をコンパニオンとして計3回派遣し、酒の接待などをさせた疑い。高校生らは「短時間で稼げるいいアルバイトだった」と話し、1日約1万円以上をもらっていたという。
 両容疑者は2008年4月からコンパニオンを雇い、箱根や同県湯河原町、静岡県熱海市といった温泉宿に派遣していた。神奈川県警は、高校生らのほかに少なくとも4、5人の少女を雇っていたとみて調べる。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170830-OYT1T50063.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

コンビニ女性店員が強盗刃物男撃退! 腕つかみ店外へ引きずり出す 千葉(30日)産経

29日午前3時50分ごろ、千葉県市原市菊間のコンビニエンスストア「セブンイレブン市原菊間店」に男が押し入り、アルバイトの女性店員(54)に刃渡り約20センチの包丁のようなものを突き付け「カネを入れろ」と袋を差し出した。女性が男の腕をつかんで店外に引きずり出したため、男は何も取らずに逃走。女性にけがはなかった。千葉県警市原署が強盗未遂事件として調べている。
 同署によると、男は20歳くらいで身長165センチくらいの痩せ形、上下黒の服を着ていたという。当時、店内には別のアルバイト店員の男性(20)もいたが、女性ひとりで対応したという。http://www.sankei.com/affairs/news/170830/afr1708300007-n1.html

| トラックバック (0)

「第三者のDNA型の可能性」 栃木女児殺害事件 弁護側が意見書提出(30日)産経

平成17年に起きた栃木県今市市(現日光市)の小1女児殺害事件で、殺人罪に問われ、1審宇都宮地裁で無期懲役とされた勝又拓哉被告(35)の控訴審の3者協議が29日、東京高裁で開かれ、弁護側が、遺体に付着した微物に第三者のDNA型が含まれている可能性があるとする専門家の意見書を提出した。高裁は同日、控訴審初公判を10月18日に開く方針を関係者に伝えた。
 直接証拠がない中、1審は捜査段階の自白の信用性を認めて有罪と判断しており、弁護側は「無罪を裏付ける証拠」としている。
 弁護側によると、県警は捜査段階で、遺体に付着していた粘着テープなどに残されていた微物のDNA型鑑定を外部に委託。複数のDNA型が検出されたが、勝又被告のものは含まれていなかった。
 検察側は1審段階で鑑定結果を開示していたが、弁護側の意見書作成が間に合わず、証拠として採用されなかった。
 1審判決後、検察側は新たに、捜査に関わった警察関係者のDNA型鑑定結果を開示。微物から検出されたDNA型の一部は、警察関係者のものと一致したが、誰のものか不明の型も含まれていることが判明した。
http://www.sankei.com/affairs/news/170829/afr1708290038-n1.html

| トラックバック (0)

少年鑑別所で10代少年が自殺(30日)フジテレビ

東京・練馬区の東京少年鑑別所に収容されていた10代の少年が、首をつって死亡した。
東京少年鑑別所で8月24日、収容されていた10代の少年が扇風機のコードで首をつっているのを、巡回中の職員が発見した。
少年は病院に運ばれたが、28日、死亡が確認された。
現場の状況から、自殺したとみられている。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00368792.html

| トラックバック (0)

山手線へ飛び降り 男性死亡(30日)フジテレビ

東京・豊島区のJR大塚駅近くの橋から男性が飛び降り、山手線は一時運転を見合わせた。
30日午前0時半ごろ、JR大塚駅近くで、20代から30代くらいの男性が、山手線外回りの電車と接触した。
男性は橋から飛び降りたとみられ、搬送先の病院で死亡が確認された。
この影響で、JR山手線は一時運転を見合わせた。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00368809.html

| トラックバック (0)

車に女児遺体、遺棄容疑で男逮捕…「頭殴った」(30日)読売

三重県警四日市南署は29日、ペルー国籍の同県四日市市大治田、無職トクダ・バレロ・フェルナンド・ホセ容疑者(35)を死体遺棄容疑で緊急逮捕した。
 発表によると、トクダ容疑者は同日午前、自宅アパート駐車場で、乗用車後部のクーラーボックスの中に、毛布などにくるんだ女児(身長約1メートル20)の遺体を遺棄した疑い。「死んでいるのが分かり、どうしていいか分からなかった」と容疑を認めているという。「頭を殴った」とも供述しており、同署は女児が死亡した経緯を調べる。
 同日午後2時半頃、同市内の病院に入院しているブラジル国籍の内縁の妻(26)から「夫が娘を殺したかもしれない」と病院を通じて同署に通報があり、駆け付けた同署員が遺体を発見した。

(ここまで316文字 / 残り108文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170830-OYT1T50031.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

北朝鮮 「火星12型」の発射訓練実施と発表(30日)NHK

北朝鮮は、韓国で行われているアメリカ軍と韓国軍による合同軍事演習に対抗して、29日キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の立ち会いのもと、新型の中距離弾道ミサイル「火星12型」の発射訓練を、北海道の上空を通過させる形で行ったと、30日朝、国営メディアを通じて発表しました。
 北朝鮮は29日、首都ピョンヤン郊外のスナン(順安)付近から日本海に向けて、弾道ミサイル1発を発射し、北海道の上空を通過して襟裳岬の東およそ1180キロの太平洋上に落下したと推定されています。
 これについて北朝鮮の国営メディアは「首都ピョンヤンで、キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の立ち会いのもと、新たに配備された中距離弾道ミサイル『火星12型』の発射訓練が行われた」と30日朝、発表しました。
 「火星12型」は、北海道の渡島半島と襟裳岬の空を通過して北太平洋上の目標水域に予定どおり落下したとしたうえで、韓国で31日まで行われているアメリカ軍と韓国軍による合同軍事演習への対抗措置だと主張しています。
 キム委員長は訓練後、「今後、太平洋を目標として弾道ミサイルの発射訓練を多く実施すべきだ」としたうえで、「われわれはアメリカの言動を引き続き注視し、それによって今後の行動を決心する」と述べて、トランプ政権の出方を強くけん制しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170830/k10011118621000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| トラックバック (0)

水上バイク追突、女性骨折 東京の運河(30日)共同

東京海上保安部に入った連絡によると、29日午後3時半ごろ、東京都江東区の東雲運河で、男女3人が乗ったゴム製のボートに水上バイクが追突し、3人のうち横浜市の女性会社員(20)が腰の骨を折る重傷を負った。
 東京海上保安部によると、ボートは別の水上バイクが引っ張っていた。追突した水上バイクに乗っていたのは女性の友人で、計6人が水上バイクやボートに分乗し、現場付近を通過していたという。同保安部が詳しい原因を調べている。
https://this.kiji.is/275252846397112322?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

“期限切れ”牛乳混入させた疑い、元従業員逮捕(30日)TBS

福島県の小学校に配達された牛乳の中に賞味期限切れのものを入れて牛乳製造販売会社の業務を妨害した疑いで、この会社の元従業員の男が逮捕されました。
 偽計業務妨害の疑いで逮捕されたのは、福島県湯川村の会社員・鈴木正紀容疑者(39)です。
 警察によりますと、鈴木容疑者は今年6月6日から翌日の間に、喜多方市の小学校に給食として配達された牛乳の中に、賞味期限が切れたものを入れて牛乳製造販売会社の業務を妨害した疑いが持たれています。
 当時、この牛乳を飲んだ小学6年生の女子児童1人が腹痛を訴えていました。
 鈴木容疑者は、この会社の元従業員で、去年秋に会社を辞めていて、警察の調べに対して「間違いありません」と話し、容疑を認めているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3143006.html

| トラックバック (0)

人形作家の女ら2人逮捕、815万円詐取容疑(30日)TBS

人形制作などの名目で男性から現金800万円あまりをだまし取ったとして、54歳の人形作家の女ら2人が岡山地検に逮捕されました。
 詐欺の疑いで岡山地検に29日までに逮捕されたのは、岡山県浅口市出身で東京都に住む人形制作販売業・堀佳子容疑者(54)と岡山県に住む無職・渡辺志保容疑者(54)です。
 2人は2013年、共謀して岡山県に住む当時55歳の男性から人形制作や事業資金という虚偽の名目で現金あわせて815万円をだまし取った疑いが持たれています。
 「私は小説でもなく、絵でもなく、人形っていう形を通して、心の部分を表現できたらいいなって」(堀 佳子 容疑者、2002年)
 作品は「生き人形」と呼ばれ人気を集めていましたが、貸した金を返してもらえないとして、知人らがあわせて8700万円の被害を訴え、刑事告訴していました。岡山地検は2人の認否を明らかにしていません。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3143005.html

| トラックバック (0)

ATM引き出し、高齢者の上限10万円に 巣鴨信金(30日)日経

巣鴨信用金庫(東京・豊島)は10月から利用頻度の低い高齢者を対象に、キャッシュカードで1日に引き出せる限度額を10万円に下げる。キャッシュカードをだまし取り、現金を引き出す詐欺被害が増えていることを受けた措置。犯罪被害の拡大を防ぐため、限度額を自動的に10万円まで下げるのは全国で初めてという。
 同信金の通常の引き出し限度額は1日50万円。70歳以上で過去3年間以上、キャッシュカードを使って現金を…
[有料会員限定]
この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。https://www.nikkei.com/article/DGXLZO20527320Z20C17A8EE9000/

| トラックバック (0)

非常勤自殺「労災」と提訴 遺族 北九州市に賠償請求 「パワハラと過労原因」(30日)西日本

上司によるパワハラと過重な業務が原因で自殺したのに、非常勤を理由に労災認定の請求が認められず精神的損害を被ったとして、北九州市の非常勤職員だった森下佳奈さん=当時(27)=の両親が29日、市に160万円の損害賠償を求めて福岡地裁に提訴した。労働基準法に基づいて労災による遺族補償金など約1210万円の支払いを求める訴えも起こした。
 訴状によると、森下さんは2012年4月に北九州市の嘱託職員になり、同市戸畑区役所の「子ども・家庭相談コーナー」の相談員として勤務。13年1月に重度のうつ病と診断され休職、同3月に退職した。15年5月、大量の睡眠導入剤などを飲んで自殺した。
 両親は佳奈さんとの会話やメールから、上司からの日常的なパワハラや、過重な業務を新人の佳奈さんに任せ、支援も不十分だったことがうつ病の原因と判断。16年8月、市に労災認定の請求について問い合わせたところ「本人や遺族からの請求を認めていない」と回答があったという。
 市によると、常勤の場合、地方公務員災害補償法(地公災法)に基づいて職員や遺族が労災補償を請求できる。しかし非常勤は地公災法に基づく条例によって、所属部署が労災に該当するかどうかを判断し、市の認定委員会が認定して補償を行うよう規定。遺族らに請求権は認めていないという。
 母眞由美さん(55)=大分県=は「非常勤だからといって門前払いする条例はおかしい」と訴えた。代理人の佃祐世(さちよ)弁護士は「雇用主の市が労災かどうかを判断する今のシステムでは、非常勤職員の労災隠しにつながる」と主張している。
 北九州市は「調査の結果、パワハラはなかったため労災かどうかを判断する必要がない。国が示した案に沿って条例は制定しており、非常勤の場合、本人や遺族に請求権はない」としている。=2017/08/30付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/354544

| トラックバック (0)

« 2017年8月29日 | トップページ | 2017年8月31日 »