« 2017年8月24日 | トップページ | 2017年8月26日 »

2017年8月25日

2017年8月25日 (金)

山口組がテロ等準備罪マニュアル 「狙い撃ち」に危機感か(25日)産経

犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法を巡り、指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)で、適用対象例などをまとめた対応マニュアルが配布されていることが25日、関係者への取材で分かった。識者は「狙い撃ちにされるという危機感が高まっているのでは」とみる。
 関係者によると、マニュアルは「共謀罪を考える」と題し、「法律の実績づくりのために集中的に対象とされる可能性が高い」「トップを含め根こそぎ摘発、有罪にしようというもの」と解説。報道内容を基に想定される事例を紹介している。
 (1)対立組織の幹部の射殺を計画し、凶器を準備しようと現金自動預払機(ATM)で金を下ろす(2)組員が銃や刃物の所持で逮捕されれば、幹部まで罪に問われ得る-などの例を挙げ、電話やメールの盗聴に注意するよう呼び掛けている。
http://www.sankei.com/affairs/news/170825/afr1708250027-n1.html

| トラックバック (0)

25日午後、国内各地で相次ぎネット通信障害(25日)読売

 25日午後、国内各地でインターネット上のサービスが一時的に利用できなくなる不具合が相次いで起きた。
 列車の指定席予約や証券の売買など複数のサービスに支障が出たといい、総務省などが原因を調べている。
 JR東日本では、同日午後0時半頃から、インターネットで特急券の事前予約ができるサービス「えきねっと」などが利用しづらい状況になった。楽天証券では、同日午後0時25分から3時間半にわたり、顧客が口座にログインできず、取引できない状態になった。
 このほか毎日新聞でも、午後1時半ごろから会員システムへの接続ができなくなった。午後5時までには正常な状態に戻ったという。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170825-OYT1T50100.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

部活で罰として走らされ男子生徒重体、学校が緊急保護者会(25日)日経

部活動でペナルティーとしておよそ20キロ走らされた特別支援学校の男子生徒が、意識不明の重体となっています。学校は25日午後、緊急の保護者会を開いています。
 23日午後4時ごろ、東京・杉並区の知的障害特別支援学校都立永福学園で高等部1年の男子生徒(15)がバスケットボール部の活動で校舎の外周を走っている最中に倒れているのが見つかり、病院に運ばれました。男子生徒は熱中症による脱水症状とみられ意識不明の重体です。
 「32度の暑さのなか、男性生徒はタイムが遅かったペナルティーとして2日間で20キロ走るよう指導され、自転車置き場の前で倒れていました」(記者)
 男子生徒は、目標タイムに届かなったペナルティーとして、およそ20キロを走るよう顧問の男性教諭2人から指導されていましたが、21日に10キロ弱を走ったところで体調が悪くなったため中断。23日、残りの10キロを走るよう指導されていました。
 「不適切な指導を行ったことについて、当該生徒、保護者、都民の皆様におわび申し上げたいと思います」(東京都教育庁と学校の会見)
 東京都は「この環境での運動は体罰にもあたる不適切な指導であり、お詫び申し上げたい」と謝罪しました。
 「起きてしまったことに対して、あってはならないことなので、二度とないように対応していただければ」(子どもを学校に通わせている保護者)
 学校は警視庁に事故について届け出をし、午後6時から臨時保護者会を開いて経緯を説明しています。                                             http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3139149.html

                                  
               
                                  
               
                                  
                                  

| トラックバック (0)

コンビニ店から約112万円“奪い”…歩いて男逃走(25日)テレビ朝日

 コンビニ店から約112万円を奪った男は、歩いて逃げたということです。
 25日午前1時50分ごろ、岡山市北区の「ファミリーマート岡山吉宗店」に男が押し入り、1人でいたアルバイトの女性店員(20)にカッターナイフのようなものを突き付け、「レジを開けろ」と脅しました。男はレジと事務所の金庫などにあった現金合わせて112万円余りを奪い、歩いて逃げたということです。女性店員にけがはなく、事件当時に客はいませんでした。男は身長180センチほどで痩せ型、黒い目出し帽をかぶり、上下とも黒っぽい服を着ていたということです。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000108533.html

| トラックバック (0)

高校生乗せたバスが横転 17人けが 徳島・鳴門市(25日)テレビ朝日

徳島県鳴門市でバスとトラックが衝突しました。バスは横転し、17人がけがをしています。亡くなった人がいるという情報もあります。25日午後5時ごろ、鳴門市の徳島自動車道で高校生らを乗せたバスがトラックと衝突し、横転しました。消防や警察によりますと、17人がけがをしていて、うち2人が重傷です。死亡者がいるという情報もあります。事故の影響で、鳴門ジャンクションから徳島インターチェンジの上下線で通行止めになっています。警察が衝突の詳しい状況を調べています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000108546.html

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(25、26日 単位・レベル) 
高齢者の歩行中が多い
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1013091

 また観光バスの交通事故が起きてしまった。18日午後、北海道清水町の国道で、観光バスが道路脇の草むらに数㍍落下して横転。子供を含む乗客、乗員49人のうち、約40人が病院に搬送された。
 バスの事故と言えば昨年1月、長野県軽井沢町のスキーバス転落事故。65歳の運転手が時速96㌔でガードレールに激突して道路脇に転落し、乗客の大学生ら15人が死傷した。
 この事故を含めて貸し切りなどのバス事故が多いため安全対策を進めてきた。それでも法令順守が徹底されない業界の現状が浮き彫りとなったため、国土交通省は22日、貸し切りバスにツアー参加者を装った調査員を乗せて法令違反などの調査に乗り出すことを明らかにした。
 この「覆面調査」だが、もう一部で報道されており、もはや「覆面」と言えない。
 警察庁によると今年の交通事故の発生や交通事故死者数が依然として減少傾向にある。7月現在の発生件数は26万8965件で前年より1万0709件の減少。
 死者は1989人で前年より132人も減った。今年上半期(1~6月)の死者数が1675人で平成14年以降15年間で最も少なかったのでそれをさらに下回る。
 状態別では自動車乗車中が全死者数の35.3%と最も多く、次いで歩行中は33.7%、自転車乗用中が13.7%だった。
 但し65歳以上の死者が54.1%と半数以上を占め、75歳以上の高齢者の死者数のうち47.5%は歩行中の事故だった。
 死者数のランキングでは愛知の106人を頭に埼玉の97人、東京の90人、兵庫の86人、千葉の85人と続いた。
 「事故が多い」という単なる数字ではなく、原因を分析して高齢化社会の交通のありかたの方向性を示すことが大事でなかろうか。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| トラックバック (0)

マニラ保険金殺人の43歳男に死刑 甲府地裁判決(25日)産経

フィリピンの首都マニラで2014年と15年、死亡保険金を得るため男性2人を殺害したとして、殺人などの罪に問われた無職、岩間俊彦被告(43)の裁判員裁判の判決公判が25日、甲府地裁で開かれ、丸山哲巳裁判長は求刑通り死刑を言い渡した。
 検察側は論告で「保険の手続きや殺害計画を首謀した」と指摘。弁護側は最終弁論で「経済的に困窮しておらず、保険金目的の殺害を行う動機はない」として、無罪を主張していた。
 起訴状などによると、岩間被告は久保田正一受刑者(44)=殺人などの罪で無期懲役確定=らと共謀して現地で実行犯を雇い、14年10月18日夜(現地時間)、山梨県韮崎市の整骨院経営、鳥羽信介さん=当時(32)=を拳銃で殺害。15年8月31日~9月1日(同)には、同県笛吹市の会社役員、中村達也さん=同(42)=を拳銃で殺害したとしている。久保田受刑者は起訴内容を認めている。
http://www.sankei.com/affairs/news/170825/afr1708250022-n1.html

| トラックバック (0)

銃撃された元警部、賠償求め工藤会トップを提訴(25日)読売

福岡県警の元警部銃撃事件に関与したとして組織犯罪処罰法違反(組織的な殺人未遂)などに問われた特定危険指定暴力団工藤会(本部・北九州市)トップで総裁の野村悟被告(70)(起訴)ら6人に対し、元警部の男性(66)が25日、暴力団対策法などに基づき、約3000万円の損害賠償を求める訴訟を福岡地裁に起こした。
 福岡県警が野村被告らを相次いで逮捕した「頂上作戦」から9月11日で3年を迎えるが、同会トップらの「使用者責任」が認められれば、同会への更なる打撃になりそうだ。
 男性の代理人弁護士は、1998年の元漁協組合長射殺事件についても、7800万円の支払いを求め、刑事裁判の中で損害賠償を請求できる損害賠償命令制度の申し立てを行ったことを明らかにした。
 2008年施行の改正暴対法は、指定暴力団傘下の組員が、暴力団の威力を使い、被害者の生命や身体、財産に被害を与えた場合、トップにも賠償責任を負わせると規定。今回はこれを利用した。
 元警部の男性は12年4月、北九州市小倉南区で出勤途中に銃撃され、重傷を負った。事件では、福岡県警が15年7月、野村被告らを組織犯罪処罰法違反(組織的な殺人未遂)容疑で逮捕していた。
 元漁協組合長射殺事件を巡っては、14年9月に野村被告と同会ナンバー2で会長の田上不美夫被告(61)が殺人容疑で逮捕されている。損害賠償命令制度は、刑事裁判で有罪判決を言い渡した裁判官が証拠を引き継ぎ、被害者への賠償額を決定する。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170825-OYT1T50081.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

捜査対象後輩に漏えい疑い、茨城 県警の巡査部長処分(25日)共同

茨城県警は25日、捜査対象となっていた後輩の警察官に情報を漏らしたとして、地方公務員法違反(守秘義務)の疑いで、県警情報管理課の男性巡査部長(39)を書類送検し、減給100分の10(3カ月)の懲戒処分とした。捜査員からの照会電話を耳にして、同姓同名の別人と思い込み、冗談のつもりで連絡したという。
 書類送検容疑は、5月9日、情報管理課で勤務中に同僚が捜査員から照会の電話を受け、当時、水戸署巡査部長だった後輩の名前を復唱しているのを聞き、スマートフォンのメールで「同じ名前の人が照会を受けている」と伝えた疑い。「からかうつもりだった」と話しているという。https://this.kiji.is/273715589237327356?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

徳島県内の平惣3店で万引被害 窃盗容疑逮捕女が関与か(25日)共同

 徳島県内大手書店「平惣」の小松島店と羽ノ浦店、阿南センター店の3店で、ダイエット関連などの新刊本が795冊万引され、約110万円の被害に遭っていることが24日、同社への取材で分かった。県警は7月28日、羽ノ浦店で万引したとする窃盗の疑いで阿南市羽ノ浦町の女(40)を現行犯逮捕=同罪で起訴。3店での余罪があるとみて関連を調べている。
 平惣によると、7月11日に3店の本の入荷数と在庫数を調べたところ、今年2月から7月にかけて大幅に食い違っており、万引被害と分かった。
 翌12日にインターネットのフリーマーケットサイトに羽ノ浦店で万引されたとみられる商品が大量に出品されているのを従業員が見つけた。サイトから購入したところ、被告から商品が届き、同被告が出品者と分かった。
 同被告は今年2月ごろフリーマーケットサイトを開設。平惣は、万引した商品を半年にわたって次々と出品していたとみて、店内での行動に警戒していた。
 同被告の逮捕容疑は、7月28日午後7時ごろ、羽ノ浦店で雑誌1冊(販売価格1188円)を脇の間に挟んで隠したまま、レジを通らず店外に出たとしている。同店の警備員が呼び止め、小松島署に通報した。
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/08/2017_15036232797601.html

| トラックバック (0)

きょう「交番の日」警察官の活動をPR(25日)NHK

きょう「交番の日」警察官の活動をPR8月25日は、今から143年前に東京に全国で初めて交番が設置された日です。警視庁は、交番での警察官の活動に理解を深めてもらおうと東京・調布市などで催しを開きました。 
143年前の明治7年8月25日、東京・新宿区に全国で初めて交番が設置されたことから、警視庁は25日を「交番の日」として各地で催しを開き、東京・調布市の駅前の交番では地元の人を一日交番所長に任命しました。
また、交番の前の広場にはパトカーや白バイの体験乗車ができるコーナーが設けられ、交番に勤務する警察官が親子連れなどにふだんの活動を説明していました。
警視庁によりますと都内には826か所の交番があり、最近は女性警察官も多数勤務して性犯罪の被害などに素早く対応できるようにしているほか、「東京オリンピック・パラリンピック」に向けて一部の交番には英語や中国語が話せる警察官を24時間配置する取り組みを進めています。
調布警察署の前川尚久地域課長は、「何かあったときの駆け込み寺のような存在として交番を利用してほしい」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170825/k10011112341000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| トラックバック (0)

オートバイで車止め、財布奪う 容疑で少年2人を逮捕 千葉(25日)産経

千葉県警香取署は24日、強盗の疑いで、いずれも茨城県神栖市の自称男子高校生(17)と自称会社員の少年(17)を逮捕したと発表した。2人は友人で、同署の調べに対し容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、5月28日午後10時10分ごろ、千葉県香取市府馬の県道で、軽乗用車に乗っていた旭市の調理師の男性(68)を脅し、現金約62万円が入った財布を奪って逃走したとしている。
 同署によると、両容疑者は2人乗りしていたオートバイを止め、後ろにいた男性の軽乗用車を停止させて犯行に及んだという。男性は、魚を買い付けるために現金を所持していた。男性にけがはなかった。周辺の防犯カメラの映像などから両容疑者が浮上したという。
http://www.sankei.com/affairs/news/170825/afr1708250012-n1.html

| トラックバック (0)

同一犯か、コンビニ3店に刃物男…5分間に(25日)読売

京都市伏見区で25日未明、5分の間に半径500メートル以内にある3店のコンビニ店に男が刃物を持って押し入る事件が相次ぎ、うち1店で十数万円が奪われた。
 けが人はなかった。京都府警伏見署は同一人物による犯行とみて、強盗と強盗未遂の両容疑で捜査している。
 発表では、同日午前2時頃、同区淀池上町の「セブン―イレブン淀池上町店」で、男がレジの男性店員(20)に刃物を突きつけ、「金を出せ」と脅迫。店員が差し出した十数万円を奪って自転車で逃走した。
 その後、午前2時5分頃までに付近のセブン―イレブン2店舗にも男が押し入ったが、店員が防犯ブザーを押すなどしたため、何も奪わずに逃げたという。
 3件とも男は黒っぽい服装で、黒っぽいヘルメットかサンバイザーを身につけていたという。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170825-OYT1T50059.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

雪山遭難者の迅速発見のためドローン導入へ 栃木県(25日)NHK

ことし3月、栃木県那須町で起きた雪崩事故を受けて、栃木県は雪山での遭難者を迅速に発見するため、人の体温などを感知する赤外線カメラを搭載した小型の無人機=ドローンを導入する方針を固めました。
 ことし3月、栃木県那須町の茶臼岳では、登山の訓練中に高校生らが雪崩に巻き込まれ8人が死亡しました。この事故を受けて栃木県は、雪崩などによって冬山で遭難した人を迅速に発見するため、警察の捜索に必要な装備を強化する方針を固めたことが県関係者への取材でわかりました。
 具体的には、二次災害のおそれがある場所などで遭難者の位置の特定を進めるため、人の体温などを感知する赤外線カメラを搭載した小型の無人機=ドローン1台を導入する方針です。
 このほか、雪に突き刺して埋まった人を探す「ゾンデ棒」76本や遭難の際に位置情報を自動的に発信する機器「ビーコン」76台なども配備することにしています。栃木県は、これらの装備に必要な費用などを盛り込んだ今年度の補正予算案を来月の県議会に提出することにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170825/k10011111821000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| トラックバック (0)

象牙9本取引容疑で書類送検 古物商社長ら12人(25日)共同

環境省に登録していない象牙9本を取引したとして、警視庁生活環境課は25日、種の保存法違反の疑いで、東京都台東区上野3丁目の古物商「フローレス」の男性社長や従業員と象牙を持ち込んだ客ら計12人を書類送検した。
 書類送検容疑は2015年12月~16年1月、社長らが神戸市の男性ら客7人から、環境省に登録していない象牙計9本を引き取った疑い。生活環境課は25日、法人としての同社と取引先の古物商も書類送検した。
 加工前の全形を保った象牙は、無登録売買や譲渡が禁止されている。
https://this.kiji.is/273633546684432387?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

広報チラシ架空発注疑惑、領収書発行業者「印刷には関与していない」(25日)TBS

神戸市の橋本健市議が政務活動費で制作した広報チラシが架空発注だった疑惑が持ち上がっている問題で、チラシの領収書を発行した業者が「印刷には関与していない」とコメントしました。
 神戸市の橋本健市議は、2010年からの5年間でおよそ720万円の政務活動費を使い、広報チラシ50万部以上を神戸市内の業者に発注したとしています。しかし、これが架空発注ではないかという疑惑が持たれています。
 橋本市議は23日、領収書を発行した神戸市内の業者はチラシのデザインを担当しただけで、印刷は別の業者がやったと説明。神戸の業者に印刷代も含んだ金額で領収書を発行してもらったと話していました。
 「架空発注については否定をさせていただきます」(自民党神戸市議団 橋本健 市議[23日])
 ところが、この神戸の業者が24日夜、コメントを発表。「デザインを含めて印刷には関与していない。領収書などに記載する商品名や数量、金額などは橋本市議に指示されたとおりに記入しました」と書かれています。
 橋本市議の主張を業者が否定したことで、領収書自体、虚偽の可能性が出てきました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3138320.html

| トラックバック (0)

秋田で大雨、雄物川が氾濫 秋田新幹線が一部運休(25日)日経

秋田県大仙市は25日、大雨の影響で同市内を流れる福部内川が増水し氾濫の恐れがあるとして、同市大曲福見町の369世帯、833人に避難指示を出した。市や大仙署によると、けが人はなく、住宅の床下浸水1件が確認された。
 国土交通省湯沢河川国道事務所によると、雄物川が大雨のため市内3カ所で氾濫した。
 JR東日本は秋田新幹線の上下線計2本の運転を全区間で取りやめたほか、盛岡―秋田間で計13本を区間運休とした。
 秋田県では7月、記録的な豪雨により、河川の氾濫や道路の冠水が相次ぎ、大仙市など広い範囲で被害が出た。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG25H2U_V20C17A8CC0000/

| トラックバック (0)

「大麻ワックス」などを所持の疑い 男を逮捕・起訴(25日)テレビ朝日

大麻を濃縮して作る、通称「大麻ワックス」などを所持していたとして、神奈川県の33歳の男が逮捕・起訴されていたことが分かりました。
 藤田泰彦被告は先月、神奈川県伊勢原市の自宅マンションで、乾燥大麻約1.5キロと幻覚作用の強い大麻ワックス0.7グラムを所持していた容疑などで現行犯逮捕され、起訴されました。部屋からは藤田被告が栽培していたとみられる大麻草74株も押収されていて、末端価格は合わせて2000万円相当になります。麻薬取締部によりますと、大麻ワックスは少量で幻覚作用が強く、危険性が高いとされていて、藤田被告は「自分で作った」などと供述しているということです。麻薬取締部による大麻ワックスの摘発は今回で14件目で、去年から急速に増えています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000108477.html

| トラックバック (0)

Appleかたるフィッシングメール出回る 添付ファイルでサイトに誘導(25日)産経

フィッシング対策協議会は8月24日、Appleをかたるフィッシングメールが出回っているとして緊急情報を掲載した。午後3時現在、同フィッシングサイトは稼働中であり、サイト閉鎖のためJPCERT コーディネーションセンターに調査を依頼しているという。
 メールの件名は「ご購入いただきありがとうございます」。本文には「請求書の注文」などのファイルが添付されており、フィッシングサイトに誘導するURLが埋め込まれているという。
 同協議会は「類似のフィッシングサイトが公開される可能性がある」として、引き続き注意を促している。 (太田智美)
http://www.sankei.com/affairs/news/170824/afr1708240020-n1.html

| トラックバック (0)

【連続青酸死公判】筧被告、揺れる証言…検察側「軽度の認知症」弁護側「審理打ち切りを」、殺害認めるも二転三転(25日)産経

京都、大阪、兵庫の3府県で起きた連続青酸死事件で、3件の殺人罪と1件の強盗殺人未遂罪に問われた筧(かけひ)千佐子被告(70)の京都地裁(中川綾子裁判長)での裁判員裁判は25日から、第3事件の審理に入る。折り返しを迎えて焦点となっているのは、筧被告の訴訟能力だ。被告人質問では一貫して犯行を認める一方、内容が二転三転する場面もあった。「審理の打ち切りを」と主張する弁護側と「認知症は軽度」とする検察側は真っ向対立している。(宇山友明)
  黙秘宣言も…

 6月25日に始まった公判。7月10日に初めての被告人質問が行われた。ここで筧被告は「黙秘します」と宣言しながら、直後の検察側の質問には一転して殺害を認めたことから、筧被告の訴訟能力の有無に注目が集まるようになった。
 筧被告は夫の勇夫さん=当時(75)=を殺害したとされる事件の審理で、「(前に付き合っていた女性と比べ)何ももらえなかった」と動機を打ち明け、青酸化合物は「カプセルに入れて飲ませた」と供述した。 
 被告人質問への対応がぶれたことは「答えたくない質問には答えないが、(答えた質問は)そうではなかった」と述べ、一定の理解は可能と思われる説明をしていた。
 犯行の手口など具体的な質問に対しては「(調書に)書いているから見て」「前に説明した。認知症だから、いいかげんなことなら言えるけど」と明言を避けた。面倒なだけなのか、本当に思い出せないのか。
 同じ殺害動機

 2日後に行われた2回目の被告人質問では、前回のやり取りを「どんな答弁をしたか覚えていない」とし、自身の状態は「呼び水をしてくれたら答えられるが、自分では記憶を引き出せない」とした。続きを読む

| トラックバック (0)

邦人ツアー客15人負傷=バスと乗用車衝突-豪(25日)時事

【シドニー時事】オーストラリア東部の人気観光地ゴールドコースト郊外の山道で24日、日本人ツアー客15人を乗せた観光バスと対向車の乗用車が衝突し、計19人が負傷した。現地メディアが報じた。
 いずれも軽傷で、命に別条はないという。バスは世界自然遺産スプリングブルック国立公園に向けて走行していた。事故当時は天候が悪く、乗用車のドライバーが運転を誤り、対向車線に飛び出した可能性がある。乗用車には妊娠中の女性を含む家族4人が乗っていた。(2017/08/25-01:22)https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082500056&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

大地震「予知前提」見直し 東海・南海トラフ、備え重視(25日)朝日

 東海地震の予知を前提とした「大規模地震対策特別措置法」(大震法)の仕組みが約40年ぶりに見直される。予知は困難だとして、新たに現実的な防災、減災対策に取り組むよう切り替える。国の中央防災会議の作業部会が25日、最終報告を取りまとめる方針。

 大震法は1978年、国が唯一予知できるとした東海地震に対応するため作られた。観測網で前兆を捉えると、首相が「警戒宣言」を出す。被害を抑えるため、現在は8都県157市町村で鉄道やバスの運休、学校の休校などの応急対策が取られる。
 だが、研究が進むほど、地震の予知は難しいことがはっきりしてきた。2013年には別の部会が「確度の高い予測は難しい」との見解をまとめている。
 こうした流れを受け、中央防災…

残り:545文字/全文:850文字

| トラックバック (0)

警官、ゴルフ4割引き…長野・地元署員30年間(25日)読売

長野県警小諸署の歴代署員が、小諸市内のゴルフ場から約30年間にわたり、プレー代の最大約4割の割引サービスを受けていたことが、県警幹部らへの取材で分かった。                                

 

 明らかな法令違反ではないものの、地元の特定企業から便宜を受けていると疑われかねない状況だ。県警監察課の山本邦男課長は「見直すべき点があれば必要な対応をとりたい」とコメントした。
 ゴルフ場関係者によると、本来のプレー代(非会員)は年間で最も高い8月中旬で1万6000円だが、予約時に署員であることを伝えれば、6000~7000円を割り引いていた。共済組合などの福利厚生サービスとして契約されたものではなく、関係者は「開業した約30年前、客を呼び込む営業の一環として始め、他の民間企業や団体にも行ってきた」と説明する。

(ここまで336文字 / 残り301文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170824-OYT1T50179.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

羽田空港滑走路一時閉鎖(25日)NHK

国土交通省によりますと25日朝5時すぎ、羽田空港に着陸した全日空の貨物便が滑走路につながる誘導路の途中で動けなくなり、4本ある滑走路のうち1本が閉鎖されました。滑走路はおよそ30分後に閉鎖が解除されましたが、航空会社によりますとこのトラブルでダイヤに大きな影響はないということです。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170825/k10011111241000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| トラックバック (0)

小1児童に「脳みそ使え」 担任が暴言、沖縄・石垣(25日)日経

沖縄県石垣市立石垣小で、20代の女性教諭が担任する1年生の複数の児童に「脳みそを使えよ」などと暴言を発していたことが24日、分かった。西原貴和子校長は同日、保護者説明会後に記者会見し「子どもの心を傷つけてしまい、心よりおわびします」と謝罪した。
 市教育委員会と学校によると、保護者から6月に「給食を残した児童を教室の外で立って食べさせている」と相談があり、7月にも複数の保護者から「暴言がひどい」との訴えがあった。
 その後、ある保護者が児童にボイスレコーダーを持たせて学校での発言を録音。学校側が内容を確認すると、「脳みそを使えよ」といった発言の他に、男子児童を注意する際に「あんた女じゃないか」と言ったり、授業中にトイレに行きたいと訴えた児童に対し「漏らすか、幼稚園生」と言ったりする暴言があったという。
 西原校長によると、教諭は体調を崩しており、保護者説明会に寄せた手紙で「大変申し訳ありません」と謝罪した。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXLASJC24H5S_U7A820C1000000/

| トラックバック (0)

飲酒運転狂った人生 原稿用紙21枚、経験者から署に手紙 「代償大きさ知って」(25日)西日本

「飲酒運転も殺人も、同じ犯罪。家族からの信頼も失った」。酒を飲んでミニバイクを運転したとして福岡南署に逮捕された30代男性の手紙が、署のホームページで公開されている。男性は「大丈夫だろうと安易に考えていた」と当時の心境を振り返り、後悔や家族への思いをつづっている。福岡市東区で幼いきょうだい3人が犠牲となった飲酒運転事故から25日で11年。署は「手紙を読んで代償の大きさを知ってほしい」と呼び掛ける。
 「バックミラーに赤色灯が光っているのが見え、『警察』と思ったと同時に怖くなり頭が真っ白になって、逃げる途中に角を曲がりきれずに転倒し、逮捕されました」
 男性は今年初め、会社の懇親会で酒を飲み、ミニバイクで帰宅途中に道交法違反容疑で現行犯逮捕された。手紙は男性の釈放から数日後に署員に手渡されたという。400字詰め原稿用紙で21枚あり「多くの人に罪の重さを知ってほしい」と署が男性に公開を打診。男性も「飲酒運転の撲滅に役立つなら」と承諾し、3児死亡事故が起きた8月に合わせて掲載した。
 手紙では「手錠をされる度に『自分は犯罪者なのだ』と感じた」「留置場では番号で呼ばれ、写真や指紋、唾液もとられ、本当に事件を起こしたのだと再認識させられた」などと心境を告白。逮捕後に乗っていたミニバイクを見た際には「サイドカバー付近が割れて破損し、人身事故を起こさなくて良かったと思うと同時に、私自身が妻と子供を残して死んでしまった可能性もあったと恐ろしくなった」と振り返る。
 釈放後、父親は事故で入院したと聞かされていた小学生の一人娘から「事故に遭わないように」と手作りのお守りをもらった。その場は笑ってごまかしたが「当時を思い出すと、今でも涙がこみ上げる」。
 男性は略式起訴され、罰金刑を受けた。勤めていた会社は懲戒解雇になり、運転免許も取り消された。妻からは「子供がいなかったら離婚していた」と言われた。
 手紙の最後はこう締めくくる。「今回の過ちで私は数え切れない大切なものを失った。事件後に見える景色は、不安と後悔で全く違うものとなった」
 署の古城彰義交通管理官は「『少しだけなら』『自分は大丈夫』と思っている人にぜひ読んでほしい。飲酒運転は絶対に許されない犯罪だ」と話している。
=2017/08/25付 西日本新聞朝刊=                     
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/353382

 
   
     

| トラックバック (0)

原料メーカー不法投棄「見て見ぬふり」慣例化認める(25日)テレビ朝日

 岐阜県の中央道で起きた産業廃棄物を含む土砂崩れで、家宅捜索を受けた会社の会長が不法投棄が慣例化していたことを認めました。
 18日、瑞浪市の中央道で産業廃棄物を含む土砂が崩れ、6人が重軽傷を負った事故で、警察は24日、産廃処理業の許可を得ずに斜面に陶磁器の原料を不法に捨てた疑いで陶磁器原料メーカー「丸釜釜戸陶料」を家宅捜索しました。
 丸釜釜戸陶料・水野辰英会長:「先代からずっと(投棄を)やってきたので、私も見て見ぬふりでいた。こんな言い方は良くないかもしれないが、『土じゃないか』『同じ岩石じゃないか』ということもあったかも」
 警察は、不法な投棄が事故を引き起こした可能性もあるとみて今後、業務上過失傷害の疑いも視野に捜査を進めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000108475.html

| トラックバック (0)

« 2017年8月24日 | トップページ | 2017年8月26日 »