« 2017年8月8日 | トップページ | 2017年8月10日 »

2017年8月9日

2017年8月 9日 (水)

ヒアリ200匹、岡山・水島港で確認 中四国で初(9日)朝日

 環境省岡山県は9日、水島港国際コンテナターミナル(岡山県倉敷市)で、強い毒を持つ外来種の「ヒアリ」約200匹が見つかったと発表した。国内では過去、兵庫、大阪、東京など7都府県で見つかっており、今回で12例目。中四国での確認は初めてとなる。

 県によると、5日に同ターミナルに粘着わな80個を仕掛け、6日に回収したところ、コンテナ置き場の1個で複数のアリを発見した。周辺を調べると、女王アリとみられる2匹を含む計約200匹が確認された。さなぎや幼虫、卵は見つからなかったという。
 その場で殺虫剤で駆除し、専門家の鑑定の結果、9日にヒアリであることが判明した。県は今後、わなの設置範囲を広げるなどの対策を取る方針。同ターミナルには、中国、韓国、ベトナムなどとを結ぶ定期コンテナ船が就航している。(小川奈々)
http://www.asahi.com/articles/ASK895JFQK89PPZB00X.html

| トラックバック (0)

成田空港で米貨物機あわやオーバーラン 運輸安全委が調査(9日)NHK

先月、成田空港でアメリカの航空会社の貨物機が離陸する際、滑走路の先端ぎりぎりまで滑走していたことがわかり、国の運輸安全委員会はオーバーランなどが起き、事故につながりかねない重大なトラブルだったとして、調査を始めました。
 国土交通省などによりますと、先月15日の午後10時半すぎ、アメリカの貨物航空会社、「ポーラーエアカーゴ」のボーイング747型機が成田空港から中国・上海に向けて離陸した際、異常に低い高度で空港周辺を飛行したと住民から空港会社などに通報が寄せられました。
 国土交通省が確認したところ、この機体が離陸した際、2500メートルある滑走路の先端から85メートルの地点まで加速しながら滑走して、ぎりぎりで離陸していたことがわかりました。
 航空機が離陸するまでの距離は、機体の重さや気象条件などによって異なりますが、通常この滑走路では、先端から300メートル以上手前で離陸するということです。
 会社側は国土交通省に対し「エンジン出力の設定に誤りがあった」と説明しているということで、国の運輸安全委員会はオーバーランなどが起き、事故につながりかねない重大なトラブルだったとして調査を始めました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170809/k10011094991000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| トラックバック (0)

「松本ぼんぼんで人を殺します」…投稿は東京の27歳無職男 威力業務妨害容疑で逮捕(9日)産経

長野県警松本署と県警捜査1課などは9日、同県松本市で5日に開催された夏祭り「第43回松本ぼんぼん」の開催前日に「人を殺します」などの書き込みをインターネットの掲示板に行い、主催者の業務を妨害したとして、威力業務妨害の疑いで、東京都東久留米市の無職、榑沼譲司容疑者(27)を逮捕した。
 逮捕容疑は4日午後0時55分ごろ、インターネットの掲示板に「明日の松本ぼんぼんの歩行者天国でたくさん人を殺します」などと書き込み、祭りを主催する松本ぼんぼん実行委員会に警備員を増強させるなどの安全対策を講じさせて、業務を妨害したとしている。
 書き込みを閲覧した掲示板利用者からの通報を受けて、県警が捜査していた。
 祭りには、踊りの参加者だけで約2万3500人(主催者発表)が来場。実行委は当日、現場の警備員を増員したほか、会場アナウンスで注意を呼びかけるなどして警戒を強化していた。書き込みを受けて、参加を取りやめた人もいたという。
http://www.sankei.com/affairs/news/170809/afr1708090023-n1.html

| トラックバック (0)

追い抜きざまに女性の胸触る 容疑で41歳男を逮捕 警視庁(9日)産経

自転車で追い抜きざまに女性の体を触ったとして、警視庁綾瀬署は強制わいせつ容疑で、東京都葛飾区青戸の派遣社員、五十嵐潤容疑者(41)=別の都迷惑防止条例違反容疑で逮捕=を再逮捕した。「やっていないと思う」と容疑を否認している。
 逮捕容疑は4月28日深夜、足立区内の路上で、30代の女性に後ろから自転車で近づき、追い抜きざまに胸を触るなどしたとしている。
 周辺の防犯カメラの画像などから浮上。五十嵐容疑者は同様の手口で6月、区内の別の女性の体を触ったとして、都迷惑防止条例違反容疑で逮捕されていた。
http://www.sankei.com/affairs/news/170809/afr1708090025-n1.html

| トラックバック (0)

復興補助金2・5億円詐取 再生エネ、会社役員2人起訴 東京地検特捜部(9日)産経

発注書などを偽造し福島県が交付する復興企業立地補助金約2億5千万円をだまし取ったとして、東京地検特捜部は9日、詐欺と有印私文書偽造・同行使の罪で、大阪府岸和田市の再生可能エネルギー関連会社「CKU」代表取締役、谷川章太(35)=同市=と、兄で同社取締役の茂利(38)=東京都台東区=の両容疑者を起訴した。
 起訴状によると、平成24年12月~26年9月ごろ、同社が福島県白河市に建設する熱交換器製造工場の機械設備の購入などをめぐり、虚偽の購入金額を記載した請求書を県に提出。26年9~10月に発注書などを偽造した上で虚偽の補助金交付請求書などを知事に提出し、同11月に「ふくしま産業復興企業立地補助金」約2億5千万円をだまし取ったとしている。
 県によると、この補助金は県内で工場などを新設した企業を対象に、地元で新規に5人以上雇用した場合、投資額の一部が補助される。24年から始まり、今年3月末時点で375件に適用され、約1560億円が支払われた。
 民間の信用調査機関によると、CKUの資本金は1千万円。本社は大阪府岸和田市で、従業員は10人余。太陽光発電関連の設計・施工のほか、エアコンなどに使用する熱交換器の研究開発も行っているとしている。
http://www.sankei.com/affairs/news/170809/afr1708090021-n1.html

| トラックバック (0)

富士山50カ所の落書きを除去 静岡、山梨両県(9日)西日本

静岡県小山町の富士山須走口7合目付近で、本来の登山ルートとは違う方向を示す矢印の落書きが見つかった問題で、静岡、山梨両県などは9日、落書きを除去した。
 作業は、環境省や林野庁の職員を含め静岡県側から約10人、山梨県側から約25人で行った。落書きされた岩に溶剤を吹きかけて浮き上がらせ、金属製のブラシでこすり落とした。岩にこびりついた古い落書きも見つかり、ガスバーナーで熱してから落とした。
 同日中に約50カ所の落書きを全て消した。参加した静岡県職員は「完全に消えたわけではないが、登山者が間違うことはないと思う」と話した。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/349801

| トラックバック (0)

竿燈“救出”に住民ら総出 倉庫近くで火災に騒然(9日)テレビ朝日

秋田市中心部の住宅街で火災が起き、あの有名祭りのちょうちんなどがピンチです。
 9日午前8時半すぎ、秋田市の米販売店を兼ねた住宅から火が出ているのを近くで工事をしていた人が見つけ、消防に通報しました。けがをした人はいませんでしたが、近くには竿燈(かんとう)まつりの道具を入れた倉庫があり、関係者が竿燈の竿やちょうちんなどを運び出し、現場は騒然となりました。警察は、火が出た状況を調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000107378.html

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(9、10日 単位・レベル) 
検挙率が低すぎる
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1013051

 栃木県内の小学校や中学校で職員室などのガラスが割られる事件が相次いでいる。
 先月30日にはさくら市立喜連川中学校で、生徒用の入り口のドアガラス32枚が割られているのが発見された。同校では同様被害が16日にもあった。
 今月に入って4日は同県矢板市の小学校で、職員室などのガラス12枚が割られているのが見つかった。同市内では3日には中学校でも同様の被害があったほか、那珂川町などガラス破壊事件が相次いでいる。栃木県警は連続器物損壊事件の可能性が高いとみて捜査している。
 さくら市の事件現場では防犯カメラにキャップをかぶった若い男が金づちのようなものでガラスを割る様子が映っている。嫌がらせなのか?悪戯か?目的が読めない犯罪だ。
 刑法261条の器物損壊は3年以下の懲役又は30万円以下の罰金だ。但し、器物損壊事犯の検挙率が低いことには驚きだ。
 警察庁によると今年上半期の認知件数は4万7404件で前年に比べて2739件も減少している。ランキングでは東京が6542件、愛知が4485件、大阪が4024件、埼玉が3456件、兵庫が3352件の順。
 問題は検挙率で、9.7%しかない。ランキングで最も高いのは沖縄で27.6%。秋田の24.4%、岡山の22.6%、和歌山の21.4%、宮崎と島根の21.1%など。
 これに対して低いのは愛媛の5.0%、三重の5.2%、千葉の6.5%、愛知の6.8%、大阪と兵庫の7.8%と続く。
 栃木の事件では防犯カメラの映像があることから、検挙して余罪を出せば率は上がるのだが…
 それにしても、奈良市にある世界遺産・東大寺の国宝・法華堂で、落書きが発見された。文字はハングルのようだという。犯人は八つ裂きにしても余りある。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。             

| トラックバック (0)

準強姦の元研修医に懲役8年求刑、検察「計画的、常習的で悪質」 さいたま地裁(9日)産経

酒に酔った女性に暴行したとして準強姦などの罪に問われた船橋中央病院(千葉県船橋市)の元研修医、上西崇被告(32)=同市=の論告求刑公判が9日、さいたま地裁(高山光明裁判長)であり、検察側は「計画的、常習的で犯行態様が悪質」として懲役8年を求刑した。
 論告などによると、昨年8~9月、上西被告が契約していた東京都大田区のマンションの一室で、20代女性らに酒を飲ませて暴行したり、酒を飲ませた後にタクシーで女性宅に送って暴行したりしたなどとしている。
 判決は9月11日に言い渡される予定。
http://www.sankei.com/affairs/news/170809/afr1708090022-n1.html

| トラックバック (0)

特殊詐欺、現金受け取り型からカード預かり型に(9日)読売

今年上半期(1~6月)に警視庁が把握した特殊詐欺事件1513件のうち、キャッシュカードをだまし取る手口が407件に上り、前年同期(30件)の約13倍に増えたことが同庁のまとめでわかった。
 従来の「現金受け取り型」は493件で、前年同期比で約2割減った。同庁は、被害者が訪れた金融機関での犯行発覚を避けるため、詐欺グループが手口を変更したとみている。
 特殊詐欺事件は前年同期から648件増え、被害額も約34億5800万円と、前年同期(約25億3200万円)の約3割増だった。
 急増する「カード詐取型」の約9割(380件)は、親族などを装ったオレオレ詐欺で、約4億9700万円が引き出された。百貨店員を名乗った電話で、「カードが他人に利用されている」と偽り、再発行手続きに必要などと称して暗証番号を聞き出した後、カードを預かる手口が多いという。
 昨年の上半期は、金融機関の窓口で現金を引き出そうとした高齢者らに職員が声かけをし、特殊詐欺の被害を未然に防いだケースが541件あった。今年は、被害者が金融機関に出向かないカード詐取型が増えたことで、未然防止は約1割減の489件だった。
 同庁幹部は「百貨店、警察、銀行協会がカードを預かることはない。『怪しい』と感じたら警察に相談してほしい」と呼びかけている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170809-OYT1T50017.html

| トラックバック (0)

45年ぶり審理再開で実刑判決も被告は行方不明(9日)NHK

覚醒剤取締法違反などの罪に問われ、2審の途中で保釈されたあと行方不明になり、先月45年ぶりに審理が再開された、韓国籍の女の被告に、広島高等裁判所岡山支部は、1審と同じく懲役4年の実刑判決を言い渡しました。しかし被告の行方はわからないままで、見つからない場合刑の執行ができなくなります。
 三重県に住んでいた韓国籍の朴福蓮被告(79)は、覚醒剤7キロ余りを複数の人物に譲り渡したなどとして、覚醒剤取締法違反などの罪に問われ、岡山地方裁判所は、昭和44年懲役4年の実刑判決を言い渡しました。
 被告は、罪を認めた一方刑が重すぎるとして控訴し、2審の途中で保釈されたあと韓国に出国したまま行方がわからなくなったため、昭和47年以降審理が中断されていましたが、広島高等裁判所岡山支部は、先月45年ぶりに審理を再開しました。
 9日の判決で、長井秀典裁判長は、「覚醒剤の害悪を社会に拡散させた程度は、非常に大きい」などとして、1審と同じく懲役4年の実刑を言い渡しました。
しかし被告の行方はわからないままで、今後広島高等検察庁岡山支部が行方を捜すことになりますが、見つからない場合刑が確定しても執行できなくなります。
続くdownwardleft
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170809/k10011094601000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006

| トラックバック (0)

ソフト大会の打順巡り、受刑者けんか 容疑で書類送検(9日)共同

 ソフトボール大会の打順を巡って口論となり、殴り合いのけんかをしたとして、神戸刑務所(兵庫県明石市)は9日、傷害の疑いで40代の受刑者の男を、暴行の疑いで50代の受刑者の男を、それぞれ神戸地検明石支部に書類送検した。
 40代の男の書類送検容疑は、5月1日午後6時ごろ、同刑務所の受刑者が共同で生活する部屋で、50代の男の額に複数回頭突きをし、喉や鼻にかみつくなどの暴行を加え、全治約1カ月の重傷を負わせた疑い。50代の男は40代の男の顔を殴り、後ろに抱え投げた疑いが持たれている。
 同刑務所によると、2人は同じ部屋で生活。直前に、刑務所内で開かれるソフトボール大会の打順の決め方を巡って口論となり、50代の男が40代の男を殴ったという。
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201708/0010447340.shtml

| トラックバック (0)

宅配便を使って覚醒剤密売か、暴力団組員逮捕(9日)TBS

宅配便を使って覚醒剤を密売していたとみられる暴力団組員が警視庁に逮捕されました。逮捕のきっかけは、組員が誤った宛先に覚醒剤を送ったことでした。
 逮捕されたのは、六代目山口組系暴力団組員の鈴木真也容疑者(32)で、去年9月、福島県白河市で覚醒剤およそ2グラムを所持していた疑いが持たれています。
 鈴木容疑者が覚醒剤の入った小包を福島県内の宅配会社から東京・台東区にある雑貨の製造会社に誤って送り、不審に思った製造会社の担当者が警視庁に届け出たことから事件が発覚したということです。
 警視庁は、鈴木容疑者が宅配便を使って覚醒剤の密売をしていた可能性もあるとみて、さらに詳しく調べる方針です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3126140.html

| トラックバック (0)

八王子の河川敷で大麻栽培か、31歳の男逮捕(9日)TBS

東京・八王子市の河川敷で大麻を栽培し、使用していたとみられるアルバイトの男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、八王子市に住むアルバイトの小笠原雅俊容疑者(31)で、去年10月、八王子市の河川敷で大麻草7本、およそ170グラムを栽培した疑いが持たれています。
 小笠原容疑者は、外国人から譲り受けた大麻の種を使い、インターネットの情報などを参考に栽培していたということで、取り調べに対し、「自分で使用するためにやった」と容疑を認めているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3126156.html

| トラックバック (0)

道路景観向上へデザイン指針 国交省、ガードレールなど(9日)日経

国土交通省は、道路の景観を向上させるため、ガードレールや照明灯などのデザインや色彩を周辺と調和させるよう促す指針を作成した。2020年に外国人旅行者を4千万人に増やす政府目標の達成に向け、日本遺産や各地の歴史的街並みなどの魅力を高める。意見公募を経て、近く地方自治体に配布するほか、インターネットでも公開する。
 指針は「訪日客の増加も踏まえ、良好な道路の景観形成への要請は高まっている」と強調。道路脇にあるガードレールや遮音壁などを周囲の景観に調和させる際の留意点を解説した。例えば、ガードレールの部材を細くして車内から海岸などの風景を見やすくした例も取り上げた。
 また、日本遺産や古くからの宿場町、門前町などで、歴史的価値を損なわないよう目立たない色彩や形状に工夫する必要があるとして、京都市が道路の舗装を落ち着いた色合いにした取り組みを紹介した。
 美しい夜景をつくり出すため、伝統的な街並みや公園などで照明を暖色に統一している金沢市や山口県下関市、長崎市の事例も掲載した。
 道路景観を巡っては、景観法が施行された04年に国交省がガードレールのデザインに関する指針を作成。10年以上経過したことを踏まえ、内容を大幅に拡充した。〔共同〕
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO19817590Z00C17A8CR0000/

| トラックバック (0)

経産省がメール誤送信 北海道で「電力がひっ迫」(9日)テレビ朝日

9日午前、経済産業省から「電力がひっ迫している」という誤ったエリアメールが北海道に送信され、各地で混乱する事態となりました。
 午前9時40分ごろ、北海道内のドコモの携帯電話に電力需給ひっ迫のため節電を呼び掛けるエリアメールが届きました。30分後には誤りを伝えるおわびメールも緊急速報を通じて送られてきたことで、さらに混乱が生じました。経産省によりますと、9日、報道機関の登録した人向けにテストメールを送る予定だったということで、一般のユーザーにも送られた原因を調べています。北海道電力にはメールが送られた直後から問い合わせが相次いでいますが、「需給がひっ迫している事実はない」ということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000107341.html

| トラックバック (0)

土の中に埋められた状態で死亡…知人の女を再逮捕へ(9日)テレビ朝日

 茨城県那珂市で、土の中に埋められた89歳の男性の遺体が見つかった事件で、警察は知人の女を死体遺棄の疑いで逮捕する方針を固めました。
 先月23日、那珂市の農道で、島津一春さんが土の中に埋められた状態で死亡しているのが見つかりました。その後の捜査関係者への取材で、先月、窃盗容疑で逮捕された島津さんの知人の女の自宅周辺を警察が捜索した際、体を丸めた状態で土の中に埋められていた島津さんの遺体を発見していたことが分かりました。警察は、この知人の女が島津さんの遺体を遺棄した疑いが強まったとして、9日午後にも再逮捕する方針です。警察は、女が島津さんが死亡した経緯についても事情を知っているとみて慎重に捜査するとしています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000107339.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

地場外市場の火災受け立ち入り検査 500事業所対象(9日)朝日

 東京都中央区の築地場外市場で店舗7棟が全焼する火災があったことを受け、東京消防庁は9日、場外市場にある飲食店などの立ち入り検査を始めた。対象は約500の事業所。8月末までに点検を終え、検査結果を市場側と共有する。

 今回の火災の原因は、店舗内のコンロ周辺の熱が近接する壁に伝わってこもり、自然発火する「伝導過熱」だった疑いがあることが、警視庁などの調べで明らかになっている。
 立ち入り検査では、消防職員が温度を測れる装置を持って店舗内に入り、コンロや鍋に近い壁付近の温度などを測定。使用しているコンロと鍋がどのくらい壁から離れていれば安全なのか助言した。また、伝導過熱の特徴などが書かれたリーフレットを配布し、店内の消火器の位置や使い方を確認した。
 京橋消防署の佐藤雄二予防課長は、「木造で小規模な店舗も多いので、防火と安全を指導していきたい」と話した。
http://www.asahi.com/articles/ASK892HNTK89UTIL002.html

| トラックバック (0)

慶應大の学生6人 酒を飲ませ集団で乱暴か 書類送検(9日)NHK

「ミス慶應」を選出するイベントなどを運営していた慶應大学の学生団体の男子学生6人が、去年、10代の女子学生に酒を飲ませて集団で乱暴したとして書類送検されたことが、捜査関係者への取材でわかりました。
学生の一部は女子学生と示談していて、検察は、処分の内容について慎重に判断するものと見られます。
 書類送検されたのは、慶應大学の公認団体だった「広告学研究会」のメンバーの当時18歳から21歳の男子学生6人で、去年9月、神奈川県葉山町の宿泊施設で同じ大学の10代の女子学生に酒を飲ませたうえ、集団で乱暴した疑いが持たれています。
 「広告学研究会」は「ミス慶應」を選出するイベントや、「海の家」などを運営していた団体で、女子学生もこの団体に参加し、男子学生らと顔見知りだったということです。
 警察によりますと、男子学生らは「海の家」の運営が終わった後、「合宿所」と呼ばれる宿泊施設に女子学生を誘ったということです。
捜査関係者によりますと、男子学生の一部はすでに女子学生側と示談しているということで、検察は、飲酒の状況などを調べた上で処分の内容について慎重に判断するものと見られます。
 慶應大学は、男子学生の一部について、現場となった施設で未成年で飲酒をしたなどとして、無期停学などの処分にしています。

| トラックバック (0)

公立碓氷病院 診療時間 虚偽記載で調査(9日)共同

安中市原市の公立碓氷病院で職員が診療報酬の請求文書に虚偽記載した疑いがあり、病院が調査していることが八日、分かった。病院は一部で実際の診療と文書の記載に差異があるのを確認しており、診療報酬の不正請求につながる恐れがあるとみて調べている。この職員が有給休暇を不正に取得していた疑いもあり、併せて調査している。(菅原洋)
 前橋市の市民団体「市民オンブズマン群馬」に寄せられた情報により、疑惑が発覚した。

 市民団体と同病院によると、診療技術部に所属する女性の療法士は七月十~二十五日、男女の患者約十人にリハビリテーションなどの診療をしたが、実際と異なる時間帯に診療したと請求文書に十数回にわたって虚偽記載した疑いがある。
 診療実態と違う記載は、患者の証言と、同僚職員のメモや証言などで裏付けられるという。実際の診療時間より、虚偽記載の時間が上回った場合には、診療報酬の不正請求につながる恐れがある。虚偽記載は長年続いていたとみられる。
 同病院は診療報酬の調査状況を踏まえ、関東信越厚生局の群馬事務所などへの報告を検討する。
 一方、有給休暇の不正取得の疑いは、昨年一月~今年二月、実際は休暇を取っていたにもかかわらず、約四十回にわたって勤務記録に一日数時間程度の休暇を記載しなかったという。同僚職員のメモや証言などで裏付けられるとみられる。有給休暇の不正取得も長年続いていた恐れがある。
 同病院の調査に対し、この療法士は「記憶があいまいだ」などと説明しているという。
 同病院の運営は診療報酬の他に、安中市からの年間数億円の補助金などで賄っている。累積欠損金は約十四億円と厳しい運営が続いている。
 さらに、同病院では今回疑惑が持ち上がった診療技術部で、医療機器の選定を巡る二〇一一~一二年の贈収賄事件により、元臨床工学科長が収賄罪で懲役一年、執行猶予三年の判決が確定している。この事件を受け、同病院は診療技術部を中心に内部管理体制の見直しに取り組んできた。
 同病院の神宮潔事務部長は「同じ部でまた問題が起きてしまった。市民に対して申し訳ない」と謝罪している。
 同病院の病床数は一般百四十九床、療養五十床で、昨年度の延べ患者数は外来約五万六千人、入院約三万九千人だった。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/list/201708/CK2017080902000190.html

| トラックバック (0)

茨城・ひたちなか市の住宅で火事、2人死亡(9日)TBS

9日朝早く、茨城県ひたちなか市の住宅で火事があり、親子とみられる2人の遺体が見つかりました。
 午前5時半ごろ、ひたちなか市馬渡で「建物が燃えている」と近所に住む人から警察と消防に通報がありました。ポンプ車など13台が出動し、火はおよそ3時間後に消し止められましたが、木造2階建ての住宅1棟が全焼しました。
 この火事で、焼けた住宅の中から2人の遺体が見つかりました。この住宅には、無職の黒澤ふく江さん(81)と長男の一浩さん(57)が2人で暮らしていたということで、警察は、見つかった遺体がふく江さんと一浩さんとみて、身元の確認を急ぐとともに出火の原因を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3126163.html

| トラックバック (0)

“グルメンピック詐欺”主催者の男ら4回目の逮捕(9日)テレビ朝日

日本最大級の「グルメイベント」を開催すると嘘を言い、飲食店経営者らから金をだまし取ったとして、警視庁は主催者の男ら5人を再逮捕しました。
 田辺智晃容疑者(42)ら5人は、去年12月上旬ごろから今年1月ごろにかけて、大分県、大阪市、名古屋市の飲食店経営者3人などから約170万円をだまし取った疑いで再逮捕されました。5人は全国の飲食店経営者らにグルメイベントへの出店を持ち掛け、「売り上げが少ない場合は出店料金を返金します」などと嘘を言い、金をだまし取った疑いで逮捕・起訴されています。田辺容疑者らの逮捕は今回で4回目となります。田辺容疑者らは約500店以上から1億円以上を集めたとみられていて、警視庁はだまし取った金の行方などを捜査しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000107320.html

| トラックバック (0)

【山梨市長逮捕】「行政の信頼揺らぐ」市役所に抗議30件以上 市長室からパソコンなど押収(9日)産経

職員採用で不正があったとして、虚偽有印公文書作成・同行使容疑で山梨県山梨市長の望月清賢容疑者(70)が逮捕された事件で、警視庁捜査2課は8日、市役所に家宅捜索に入った。捜査員は市長室のパソコンや採用試験関連の書類を押収した。市役所に捜査のメスが入る異例の事態に、市民は大きな衝撃を受けた。市には30件以上の抗議などが殺到した。
 午後1時過ぎ、山梨市役所に7台の捜査車両が到着した。職員採用を担当する秘書人事課の前には、午前から約30人の報道陣が待ち構えており、緊張した空気が流れる。
 約15人の捜査員は、エレベーターで4階の応接室に直行。打ち合わせを行った後、隣接する市長室、副市長室など幹部の部屋に入って捜索を始めた。捜査員は、秘書人事課で採用試験の関連書類が保管された倉庫も調べた。
 捜索開始から約4時間。捜査員が押収品を詰めた段ボールを台車に載せ、次々と出てきた。丸山一朗秘書人事課長は報道陣に「捜査中の案件で細かいことは話せないが、市長が使っていたパソコンが押収されたと思う」と話した。
 同課には8日朝から「いったいどうなっているのか説明しろ」など、市民の問い合わせや抗議が30件以上も殺到。職員らが対応に追われた。
 同市牧丘町の主婦(60)は「不正で採用された職員がいると思うと行政の信頼が揺らぐ」と戸惑いを隠さなかった。
http://www.sankei.com/affairs/news/170808/afr1708080034-n1.html

| トラックバック (0)

クマ被害を減らすにはどうすればいいのか 「観光」しかない(9日)産経

熊に襲われる被害が最近増えている。2000年代に入って死傷者が増えているが、どのようにすれば被害を減らすことができるのか。その方法は……。(窪田順生)
 この季節、野山でアウトドアを楽しむ方も多いが、そこで心配なのが「熊」の存在ではないだろうか。
 ニュースでもちょこちょこ報じられているように、熊に襲われる被害が最近増えている。環境省によると、1980~90年代の熊による死傷者数は年間20~40人で横ばいが続いていたが、2000年代に入ると年間50人以上に跳ね上がり、時には100人超という年もあるという。
 その襲われ方もかなりヤバくなっている。
 2016年、秋田県鹿角市で起きた男女4人が殺害され、3人が重症を負った痛ましい事件では、3~4頭のツキノワグマが人を食べたのではないか、と専門家はみている。もともと熊は臆病な動物で、人間の気配を察すると自ら去っていくくらいだが、一方で非常に高い学習能力を持っているため、一度でも「人間の味」を知ってしまうと、人間を「獲物」とみてしまうという。
 つまり、キャンプ場や登山道で大自然を満喫していたら、「殺人熊」にバッタリなんて可能性もゼロではないのだ。
 熊が出て危ないと警告されるような場所にズカズカと足を踏み入れるからそういう痛い目に遭うのだ、と自己責任論を唱える方もいらっしゃるかもしれないが、近年では山深い場所だけではなく、住宅地や人の多い観光地のような場所にまで熊が出没している。続きを読む

| トラックバック (0)

新幹線が出庫中に脱線、踏切ふさぎ 市道一時通行止め(9日)TBS

8日午後、静岡県浜松市中区のJR東海浜松工場の中で新幹線が脱線しました。この車両が踏切をふさぎ、現場付近の市道が一時、通行止めになりました。
 「新幹線が踏切で立往生しています。警報機はずっと鳴り続けています」(記者)
 8日午後4時45分ごろ、浜松市中区のJR東海浜松工場で出庫のために走行していた新幹線N700系の16両編成の車両が脱線し、動けなくなりました。JR東海によりますと、脱線したのは9号車から11号車にかけてで、車内に乗客はおらず、けが人はいませんでした。新幹線は踏切内で立往生したため、一時、現場付近の市道は通行できない状況になりました。
 この踏切付近では2008年にも同様の事故が起きていて、JR東海が脱線の原因を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3125994.html

| トラックバック (0)

大麻所持容疑で外国人2人逮捕=警察官2人負傷-大阪府警(9日)時事

 大量の大麻を所持したとして、大阪府警薬物対策課などは8日、麻薬特例法違反容疑でウガンダ人の無職男(29)=池田市=と米国人の職業不詳の男(35)=豊中市=を逮捕した。いずれも容疑を否認しているという。
 逮捕の際、車で逃走を図った米国人の男が事故を起こし、巻き込まれた警察官2人が骨折するなどの負傷をした。命に別条はないという。
 逮捕容疑は池田市内の駐車場で、段ボール箱に入れた大麻を譲り受け、所持した疑い。
 同課によると、大麻密輸の情報を受け、大阪税関などと合同で捜査したところ、ウガンダ人の男が8日、自宅から段ボール箱を運び出すのを発見。男は近くの駐車場で待機していた米国人の男が乗る車に箱を積み込もうとした。
 捜査員が制止したため、米国人の男は車を急発進させて逃走し、近くの電柱に衝突して止まった。車に乗り込んで停止させようとした40歳と45歳の男性巡査部長が衝撃で頸椎(けいつい)骨折や頭部打撲裂傷などのけがをした。
 ウガンダ人の男も走って逃げたが、すぐに取り押さえられた。
 同課は大麻取締法違反容疑で入手経路や所持目的を調べるとともに、公務執行妨害容疑などでも捜査する。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017080801181&g=soc

| トラックバック (0)

名古屋高速道路で車4台が関係する事故 病院に5人搬送(9日)NHK

9日朝、名古屋市中村区の名古屋高速道路で、トラックと乗用車合わせて4台が関係する事故がありました。消防によりますと、5人が病院に搬送されましたが、いずれも運ばれた際に意識はあったということです。
 9日午前5時半ごろ、名古屋市中村区運河町の名古屋高速道路万場線の黄金入り口付近で事故が起きていると警察や消防に通報がありました。
 警察によりますと、最初にトラックどうしの追突事故が起きたあと、別のトラックと乗用車が巻き込まれたと見られるということです。
また、消防によりますと、トラックや乗用車に乗っていた20代から50代の男性5人が病院に搬送されましたが、いずれも運ばれた際には意識があったということです。警察が事故の状況を詳しく調べています。
 この事故で、名古屋高速道路は、万場線の烏森出口から東山線の丸田町ジャンクションまでの間の東行きで一時、通行止めとなりました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170809/k10011093941000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| トラックバック (0)

東大寺にハングル落書きか 国宝・法華堂、奈良(9日)共同

奈良県警は8日、奈良市にある世界遺産・東大寺の国宝・法華堂で、ハングルのような落書きがあるのが見つかったと明らかにした。文化財保護法違反の疑いで調べている。
 県警によると、落書きがあったのは法華堂礼堂の高欄(欄干)の側面。8日午前に東大寺の職員が見つけた。県警は周辺の防犯カメラの映像を調べる。
https://this.kiji.is/267651381390147589?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

警視庁と拓殖大、大規模災害時に連携で覚書締結(9日)TBS

警視庁は8日、大規模な災害の発生時にボランティアの大学生と連携して救助活動を行うため、 都内の大学と覚書を締結しました。
 覚書を締結したのは警視庁高尾署と拓殖大学で、地震などの大規模災害が起きた際、警察官が救助活動に専念するため、大学が学生の災害ボランティアを警察署に派遣し、炊き出しなど後方支援を行うことを確認しました。警視庁が警察官への後方支援を大学に依頼するのは、初めてだということです。
 警視庁は「学生の力を活用して被災者の速やかな救助を行いたい」としています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3125967.html

| トラックバック (0)

千葉・印西市の射撃場で男性死亡、事故・自殺両面で捜査(9日)TBS

千葉県印西市の射撃場で、男性が血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。
 8日午後6時半ごろ、印西市山田にある「成田射撃場」で、50歳くらいの利用客の男性が顔から血を流し倒れているのを、併設するガンショップの店員が発見しました。男性は病院に運ばれましたが、その後、死亡が確認されました。
 警察によりますと、当時、射撃場の利用客は、この男性だけで、うつぶせの状態で散弾銃を抱えるようにして倒れていたということです。警察は事故と自殺の両面で調べを進めています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3125998.html

| トラックバック (0)

強制わいせつ容疑で男を懲戒免職 過去に5回逮捕(9日)テレビ朝日

勤務先の小学校で児童にわいせつな行為をしたとして、臨時講師の男が懲戒免職となりました。
 愛知県教育委員会に処分されたのは、強制わいせつ容疑で5回逮捕されている知立市立小学校の臨時講師・大田智広被告(30)です。警察によりますと、大田被告は去年11月以降、児童に対し、わいせつな行為をした疑いで相次いで逮捕・起訴されています。大田被告は、埼玉県で教員をしていた4年前にも、児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕されていて、停職処分を受けた後、名前を変えるなどして愛知県で採用されていました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000107314.html

| トラックバック (0)

「別れた妻と男を切り付けた」元夫を逮捕 大阪(9日)テレビ朝日

大阪市で男女が刃物で切り付けられてけがをした事件で、警察は女性の元夫である54歳の男を逮捕しました。
 8日午前8時すぎ、大阪市阿倍野区松崎町の路上で、会社員の女性(35)と同僚の男性(40)が男に突然、カッターナイフで首や顔などを切り付けられました。女性は「元夫にやられた」と話し、警察が行方を追っていたところ、京都府内で村上徹容疑者を発見。「別れた妻と男をカッターナイフで切り付けた」と話したため、殺人未遂の疑いで逮捕しました。女性は村上容疑者と去年8月に離婚しましたが、その後、「出勤途中に待ち伏せされる」と同僚の男性に相談していたことから、この男性が出勤に付き添っていたところを襲われたということです。村上容疑者は調べに対し、2人を切り付けたことは認めていますが、殺意については否認しています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000107307.html

| トラックバック (0)

« 2017年8月8日 | トップページ | 2017年8月10日 »