« 稲田朋美防衛相、省・隊内で求心力失いスケープゴートに 日報問題(20日)産経 | トップページ | 振り込め詐欺の相談窓口を開設 深大寺の僧侶が助言(20日)テレビ朝日 »

2017年7月20日 (木)

「サッカーには踏み込まない」「脅迫の状況つくり反省」…上西小百合衆院議員、「殺害予告」で警視庁に被害相談(20日)産経

上西小百合衆院議員は19日、記者会見し、15日のサッカーJ1浦和とドイツ1部リーグのドルトムントとの親善試合で浦和が負けたことについて、自身のツイッターに感想を書き込むと「殺すぞ」などの投稿が寄せられたとして、警視庁麹町署に被害相談したと明らかにした。脅迫罪などで被害届の提出も検討しているという。
 上西氏の説明やツイッターによると、15日の試合をテレビで観戦。浦和の逆転負けを受け「酷(ひど)い負けかた。親善試合は遊びなのかな」と書き込んだ。「一生懸命戦った選手に大変失礼」などと反論が寄せられたが、上西氏は「サッカーの応援しているだけのくせに、ムカつく」などと投稿し、ツイッターが炎上、事務所にも脅迫めいたメールが届いた。
 上西氏は「今後はサッカーに関しては表現方法を変え、踏み込まない。脅迫(めいた文言)が届く状況をつくったことは反省する」と述べた。
http://www.sankei.com/affairs/news/170719/afr1707190032-n1.html

« 稲田朋美防衛相、省・隊内で求心力失いスケープゴートに 日報問題(20日)産経 | トップページ | 振り込め詐欺の相談窓口を開設 深大寺の僧侶が助言(20日)テレビ朝日 »

スポーツ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「サッカーには踏み込まない」「脅迫の状況つくり反省」…上西小百合衆院議員、「殺害予告」で警視庁に被害相談(20日)産経:

« 稲田朋美防衛相、省・隊内で求心力失いスケープゴートに 日報問題(20日)産経 | トップページ | 振り込め詐欺の相談窓口を開設 深大寺の僧侶が助言(20日)テレビ朝日 »