« 覚醒剤譲渡事件の裁判 被告不明のまま45年ぶり審理(26日)NHK | トップページ | 暴力団やめたのに…生活保護却下 県警リストに「組員」(26日)朝日 »

2017年7月26日 (水)

グーグル偽サイト誘導…「スミッシング」初摘発(26日)読売

ショート・メッセージ・サービス(SMS)で大手検索サイト「グーグル」の偽サイトに誘導する「スミッシング」の手口で現金を詐取したとして、警視庁は26日、男2人を電子計算機使用詐欺などの疑いで再逮捕したと発表した。
 2人が昨春以降、不特定多数にSMS約30万件を送り、全国の約1000人から計約2000万円をだまし取ったとみている。スミッシングの摘発は全国で初めて。
 逮捕されたのは東京都豊島区南長崎、会社役員佐藤真容疑者(35)と横浜市港北区新羽町、建築業山本直樹容疑者(52)の2人。今月になって別の電子計算機使用詐欺容疑で逮捕されていた。
 同庁幹部によると、2人は昨年9月19日、グーグルを装い、岩手県の男性のスマートフォンに「ウイルス感染が確認されました。感染防止ソフトをお申し込みください」などのSMSを送信。記載したURLからグーグルの偽サイトに誘導し、ソフト購入のためと偽って入力させたクレジットカード情報を使って、1万9000円をだまし取るなどした疑い。

(ここまで434文字 / 残り216文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170726-OYT1T50035.html?from=ycont_top_txt

« 覚醒剤譲渡事件の裁判 被告不明のまま45年ぶり審理(26日)NHK | トップページ | 暴力団やめたのに…生活保護却下 県警リストに「組員」(26日)朝日 »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65583906

この記事へのトラックバック一覧です: グーグル偽サイト誘導…「スミッシング」初摘発(26日)読売:

« 覚醒剤譲渡事件の裁判 被告不明のまま45年ぶり審理(26日)NHK | トップページ | 暴力団やめたのに…生活保護却下 県警リストに「組員」(26日)朝日 »