« 路上で暴れた男性、警察官が制圧後に死亡(9日)読売 | トップページ | 電柱間の電線窃盗、北海道で10件超…停電少ない場所下見、専門技能も駆使 背景に銅価格上昇か(9日)産経 »

2017年7月 9日 (日)

高級梅干しをたるごと盗難13トン…「悔しい」和歌山の農家で被害相次ぐ(9日)産経

 梅の生産量が日本一の和歌山県で、田辺市とみなべ町の高級品種「南高梅」の梅干しが農家の倉庫から10キロ入りのたるごと盗まれる事件が相次いでいる。
 5月にはたる67個が盗難。県警や地元JAによると、平成26年以降で被害は8件目、総量は計約13トンに。闇ルートの他、正規流通に紛れ込んだ可能性もあり、県警は窃盗容疑で捜査している。
 「悔しい。高く売れるものが狙われた」。昨年11月、倉庫からたる約300個、約3トンを盗まれたみなべ町の男性(62)が話した。出荷前日の最上の「A級」ばかりで被害総額は約210万円に上った。
 地元JAによると、梅は近年、ダイエット食品として注目。南高梅の梅干しは例年A級10キロ当たり5千~6千円だったが、昨年は約8千円の値が付いた。
 農家は完熟梅を塩漬けし、天日干しした後でたる詰めする。8件はこの段階で盗まれたが、塩抜きや味付けが必要で、これらの作業を担うJAや梅干し加工業者などに売却された可能性があるという。
http://www.sankei.com/affairs/news/170709/afr1707090004-n1.html

« 路上で暴れた男性、警察官が制圧後に死亡(9日)読売 | トップページ | 電柱間の電線窃盗、北海道で10件超…停電少ない場所下見、専門技能も駆使 背景に銅価格上昇か(9日)産経 »

窃盗事件」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高級梅干しをたるごと盗難13トン…「悔しい」和歌山の農家で被害相次ぐ(9日)産経:

« 路上で暴れた男性、警察官が制圧後に死亡(9日)読売 | トップページ | 電柱間の電線窃盗、北海道で10件超…停電少ない場所下見、専門技能も駆使 背景に銅価格上昇か(9日)産経 »