« 筑後川流域で集中捜索 九州豪雨、不明なお10人(16日)日経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル3 »

2017年7月16日 (日)

警察官や銀行協会職員装う詐欺多発…都内(16日)読売

 今年上半期(1~6月)に警視庁が把握した東京都内の特殊詐欺被害は1513件、34億5800万円で、被害額は前年同期(25億3200万円)の約3割増になったことが同庁のまとめでわかった。
 被害額の67%にあたる23億2900万円は「オレオレ詐欺」で、「架空請求詐欺」(6億4800万円)、「還付金詐欺」(3億8000万円)と続いた。
 特に6月は、被害件数が前月より92件多い349件(6億2600万円)と急増。1か月の被害が300件を超えるのは2008年6月以来だという。
 同庁によると、昨年後半以降、警察官や銀行協会職員を装う詐欺が多発。「あなたの口座から現金が引き出されている」と言ってキャッシュカードをだまし取った上、暗証番号を聞き出して預金を引き出す手口が増加しているという。
 同庁は「電話で暗証番号を聞いたり、カードを受け取りに行くと言ったりするのは間違いなく詐欺だ」と注意喚起している。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170716-OYT1T50036.html?from=ycont_top_txt

« 筑後川流域で集中捜索 九州豪雨、不明なお10人(16日)日経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル3 »

振り込め詐欺」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65541276

この記事へのトラックバック一覧です: 警察官や銀行協会職員装う詐欺多発…都内(16日)読売:

« 筑後川流域で集中捜索 九州豪雨、不明なお10人(16日)日経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル3 »