« 87歳女性が「だまされたふり」 特殊詐欺の受け子逮捕 警視庁(28日)産経 | トップページ | 猫の死骸で警察が捜査 殺した後に縛ってつるす?(28日)テレビ朝日 »

2017年7月28日 (金)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(28、29日 単位・レベル) 
暴力団検挙件数減少
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1013044

 公務員や民間企業でも近年は「パワーハラスメント」が問題になっているが、暴力団の社会にもあったとは…
 なんと指定暴力団山口組系の35歳の男が、年下の33歳の組員に指示したにもかかわらず、思い通りにいかなかったことに腹をたて「ふざけたことをやっていると殺すぞ」と脅した容疑で警視庁に逮捕された。さすがに特殊な社会だけあって「パワハラ」と騒ぐ者はいない。むしろ「リンチ」だろう。
 脅された組員は身の危険を感じたが、訴えることもできずに車で逃げて車中生活を送っていたというから堅気の人には考えられない社会である。
 その暴力団に関する事件だが、警察庁によると今年上半期の刑法犯の検挙件数で最も多いのは窃盗で検挙件数は5393件で前年に比べて1350件も減少した。
 次いで多いのは特別法犯の覚醒剤取締法で3367件。これは同193件の減だが、暴力団も含めた特別法犯の覚醒剤総検挙件数6991件で前年比105件も増えていることから、覚醒剤がいかに一般に浸透しているかが伺える。
 また覚醒剤に比べて検挙件数こそ少ないが大麻取締法は516件で51件の増。大麻取締法全体の件数も219件増えており、数字的には約4分の1に過ぎず、やはり一般の増加が著しいようだ。
 刑法犯の詐欺の暴力団の検挙件数は1140件で425件の減少。逆に全体的には2000件も増えていることから、薬物同様に一般社会の治安の悪化か…
首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。 

« 87歳女性が「だまされたふり」 特殊詐欺の受け子逮捕 警視庁(28日)産経 | トップページ | 猫の死骸で警察が捜査 殺した後に縛ってつるす?(28日)テレビ朝日 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65591593

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 87歳女性が「だまされたふり」 特殊詐欺の受け子逮捕 警視庁(28日)産経 | トップページ | 猫の死骸で警察が捜査 殺した後に縛ってつるす?(28日)テレビ朝日 »