« 駅員への暴力712件 28年度、飲酒後が6割超(3日)産経 | トップページ | 矢野死刑囚きょう逮捕 96年失踪の男性殺害の疑い(4日)日経 »

2017年7月 4日 (火)

山辺節子被告が自殺図る 熊本県警東署、命別条なし(4日)西日本

投資名目で会社役員の男性から2千万円をだまし取ったとして、詐欺罪で起訴された無職山辺節子被告(62)が、勾留先の熊本東署の留置場で自殺を図っていたことが4日、熊本県警関係者への取材で分かった。命に別条はないという。4日には熊本地裁で初公判が開かれる。
 県警関係者によると、山辺被告が自殺を図ったため、勾留されていた部屋から別の部屋に移し、監視を強めた。病院に搬送されるようなことはなかった。山辺被告の弁護士によると、6月末からは、熊本刑務所京町拘置支所に収容されている。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/340028

« 駅員への暴力712件 28年度、飲酒後が6割超(3日)産経 | トップページ | 矢野死刑囚きょう逮捕 96年失踪の男性殺害の疑い(4日)日経 »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65491672

この記事へのトラックバック一覧です: 山辺節子被告が自殺図る 熊本県警東署、命別条なし(4日)西日本:

« 駅員への暴力712件 28年度、飲酒後が6割超(3日)産経 | トップページ | 矢野死刑囚きょう逮捕 96年失踪の男性殺害の疑い(4日)日経 »