« 2017年7月29日 | トップページ | 2017年7月31日 »

2017年7月30日

2017年7月30日 (日)

新宿の住宅敷地に20代男女の遺体 飛び降り自殺か(30日)産経

30日午前5時20分ごろ、東京都新宿区百人町の11階建て都営住宅の敷地内で、「男女2人が倒れている」と近くの住民から110番通報があった。2人は搬送先の病院で死亡が確認された。
 警視庁戸塚署によると、都営住宅の屋上にリュックなどが残されており、所持品から、2人は関西在住の20代男性と、東北在住の20代女性とみられる。
 同署は2人が飛び降り自殺した可能性があるとみて、身元の確認を進めている。
http://www.sankei.com/affairs/news/170730/afr1707300004-n1.html

| トラックバック (0)

自撮りの「裸」つい友だちに転送…児童ポルノ拡散相次ぐ(30日)朝日

中高生がスマートフォンで自ら撮った裸の画像などが、同級生の間で拡散する事例が相次いでいる。警察によると、ここ1、2年で目立ちはじめ、動機の多くは「面白半分」という。だが、これらは違法な「児童ポルノ」に該当するだけでなく、ひとたびネット上に流出すれば深刻な事態となる。専門家は「教育現場で踏み込んだ指導が必要だ」と指摘する。
 昨年3月。愛知県内の中学校で、複数の女子生徒の裸の画像が、無料通信アプリ「LINE」を通じて同級生の間で拡散した事件があった。県警によると、ある男子生徒が「裸の画像を(自分で)撮影して送って」と女子生徒に要求し、複数人分の画像を入手。その後、別の生徒らの間で転送が繰り返されたという。
 県警は、画像提供を求めた男子生徒を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造、提供)容疑で、画像を転送した男子生徒2人を同法違反(提供)容疑でそれぞれ書類送検。男子生徒と画像を交換し合った女子生徒1人も同法違反(製造)容疑で立件した。
 交際相手が関わるケースも。同県内の高校では一昨年から昨年にかけ、相手から求められて自画撮りした女子生徒の裸の画像が同級生17人に拡散したほか、別の学校では「元彼」が性行為の動画を別の生徒に送り、約20人の高校生に広まる事件も起きた。県警は、両事件でそれぞれ5人以上の生徒を同法違反容疑で書類送検した。

 

残り:1350文字/全文:1924文字
http://www.asahi.com/articles/ASK7F7H03K7FOIPE032.html

| トラックバック (0)

中央道で家族4人が乗った車が事故 7歳男児死亡(30日)NHK

30日正午すぎ、長野県富士見町の中央自動車道で東京・武蔵野市の家族4人が乗った乗用車がガードレールに衝突し、7歳の男の子が死亡しました。
 30日午後0時20分ごろ、長野県富士見町の中央自動車道の下り線で、東京・武蔵野市の会社員、宮田昌弥さんが運転する乗用車が道路左側のガードレールに衝突しました。
 警察によりますと、この事故で、助手席に乗っていた長男で小学2年生の慧悟くん(7)が意識不明の重体で病院に運ばれ、その後、死亡が確認されました。
 車には、家族4人が乗っていて、宮田さんのほか、後ろの座席に乗っていた妻と1歳の次男もけがをして病院に運ばれましたが、命に別状はないということです。
 現場は、見通しのよい直線道路で、警察が事故の原因を調べています。
 この事故で中央自動車道は、山梨県の小淵沢インターチェンジと長野県の諏訪南インターチェンジの間で一時、通行止めになりました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170730/k10011080911000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| トラックバック (0)

取手市教委、自殺隠して調査 茨城、中3女子いじめ(30日)共同

2015年11月に「いじめられたくない」と日記に書き残して茨城県取手市立中3年の中島菜保子さん=当時(15)=が自殺した問題で、学校や取手市教育委員会が直後に生徒や保護者に自殺と伝えない方針を決め、自殺の事実を隠したまま学校でのいじめの有無を調査していたことが30日、市教委への取材で分かった。
 市教委と学校は15年12月以降、全校生徒へのアンケートや同級生の聞き取りによる調査を実施し、菜保子さんへのいじめが確認できなかったと結論付けた。
 市教委は当初の方針について「受験を控えた生徒への影響を考え、遺族の意向も確認した」と説明している。
https://this.kiji.is/264335027223086581?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

行方不明の53歳女性殺害か、20歳男から任意で聴取(30日)TBS

先月中旬から行方不明になっていた名古屋市西区の53歳の女性が殺害された疑いが強まり、警察は岐阜県内に住む20歳の男から任意で事情を聴いています。容疑が固まり次第、殺人などの疑いで逮捕する方針です。
 午前6時15分、男が姿を現しました。ジャンパーのようなものを頭からかぶっていて、表情はわかりません。
 30日朝早く、愛知県警の捜査員から任意同行を求められた岐阜県大垣市の20歳の男。先月から行方不明になっている名古屋市西区の53歳の女性について事情を知っているとみられています。
 女性は今年6月、セミナーに参加した後、行方がわからなくなり、家族が捜索を依頼していたということです。
 女性は先月中旬、愛知県内で食品や化粧品などを口コミで販売するネットワークビジネスのセミナーに参加。行方不明になる直前、岐阜県内で男と会っていました。
 セミナーを終えた女性は、JR大垣駅前で男の運転する車に乗り込んだということです。
 インターネット上での投資を勧誘する事業で知り合ったと見られる2人。警察は30日、行方不明になる直前、女性が乗り込んだとみられる男の車や男の自宅などを捜索しました。男の自宅からは、女性のものとみられるスマートフォンや、トートバックなどが見つかったということです。
 警察は女性が殺害され遺棄されている疑いが強いとみていて、男から事情を聴き、殺人などの疑いで逮捕する方針です。                                            
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3118425.html

                                  
               
                                  
               
                                  
                                  

| トラックバック (0)

同級生らが母校で追悼礼拝 八王子3人射殺から22年(30日)日経

1995年、東京都八王子市のスーパー「ナンペイ大和田店」で3人が射殺された事件が30日で発生から22年を迎える。被害者の1人、矢吹恵さん(当時17)が通っていた東京都町田市の私立桜美林高校では29日、追悼礼拝が行われた。
 礼拝があった会議室の前方には、笑顔の矢吹さんの写真とひまわりの花束が置かれ、集まった同級生や教員ら約20人は賛美歌を歌い、黙とうをささげた。中高時代の同級生だった会社員鷹野めぐみさん(39)は「家族も友人もどこかで立ち止まっている。一歩進むためにも、解決してほしい」と話した。〔共同〕
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG29HCQ_Z20C17A7000000/

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(30、31日 単位・レベル) 
現場100回
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1013064

 平成7年7月30日にその事件は起きた。
 東京・八王子市のスーパーでアルバイトの女子高生ら3人の射殺死体が発見された。そして22年―いまだに犯人は挙がっていない。当時、私は都内版のデスクをしていたので、この事件に対する思いはひと塩だ。
 私が警察庁担当になって3年後の平成11年ごろ捜査1課の名刑事と異名をとる〝落としの金ちゃん〟こと小山金七刑事と会った。金ちゃんが捜査1課時代から仕事でお世話になっていた同県人だ。
 金ちゃんは事件発生時には捜査1課にいたが、重要未解決事件を担当しており現場には行っていなかった。発生現場の所轄の刑事課長になったのは発生から2年が過ぎていた。
 そして金ちゃんが私に言ったことは「驚いたよ。来てみたら捜査本部の向いている方向は違うんだ。外国人ばかりに目を向けている。確かに使用された拳銃もそうだが犯行手口が日本人離れしていたのだが…」
 刑事課長になった金ちゃんは捜査を1からやり直すため、毎日午後8時を過ぎると現場に行っていた。犯行時間帯の午後9時20分前後の現場の状況を知るためだった。
 それでも犯人を検挙することなく刑事課長から捜査1課に戻った。その時の金ちゃんの言葉は「俺、現場を100回踏んだよ」…
 昭和の名刑事と言われたあの平塚八兵衛刑事も言っていたが、「現場には色々な資料がある。迷ったら現場に行くのが鉄則さ。『現場100回』という教えがあるんだ」。金ちゃんはそれを忠実に実行したのだ。
 この事件では犯行現場から犯人のものと見られるDNAが検出されたタバコの吸い殻が発見されている。
 平成12年に起きたあの世田谷1家殺人事件でも、壁から血の付いた犯人の手形が発見されている。こんな確たる遺留品があるのに…
 八王子の刑事課長当時、金ちゃんは既に癌におかされており、それから1年後の平成12年に帰らぬ人となった。金ちゃんも天国で唇を噛んでいることだろう。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。 

| トラックバック (0)

八王子“ナンペイ3人射殺”から22年、警視庁幹部が献花(30日)TBS

東京・八王子市のスーパーで女子高校生ら3人が射殺された事件が起きてから、ちょうど22年となる30日、警視庁の幹部らが現場で献花しました。
 この事件は1995年7月30日、八王子市のスーパー「ナンペイ」で、アルバイトの女子高校生・矢吹恵さん(当時17)ら3人が頭を拳銃で撃たれ、殺害されたものです。
 事件発生から22年となった30日、警視庁の露木康浩刑事部長ら捜査幹部が現場となったスーパーの跡地で献花を行いました。
 事件は未解決のままですが、この事件について犯人に結びつく有力な情報の提供者には最高で600万円の懸賞金が支払われることになっていて、警視庁は情報提供を呼びかけています。【警視庁八王子署】042ー646-4240
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3118263.html

| トラックバック (0)

多数のブランド品バッグなど盗まれる(30日)フジテレビ

東京・八王子市のリサイクルショップに何者かが侵入し、ブランド品のバッグなどが盗まれた。
30日午前4時ごろ、八王子市松木のリサイクルショップで、何者かがドアをバールのようなもので壊して侵入し、ショーケースから多数のブランド品のバッグなどを盗み、逃走した。
周辺では、バールを使って侵入する手口の窃盗が連続していて、警視庁は関連を調べている。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00365780.html

| トラックバック (0)

割れた瓶で男性刺した容疑 韓国籍の男逮捕、警視庁(30日)産経

 口論になった男性(24)の首を割れたビール瓶で刺してけがを負わせたとして、警視庁麻布署は30日、殺人未遂の疑いで韓国籍の住所不定、自称エンジニアのキム・ドンコン容疑者(39)を現行犯逮捕した。「暴力を振るった覚えはない」と否認している。
 逮捕容疑は30日午前3時45分ごろ、東京都港区六本木5丁目にあるビルの地下通路で、米国籍の男性(24)の首を割れたビール瓶で刺し、10日間のけがを負わせた疑い。
 麻布署によると、キム容疑者は通路で寝ていた男性の妹(23)の足を誤って踏み、男性と口論になった。通行人に制止されていったん現場を離れたが、割れたビール瓶を持って戻って来たという。キム容疑者と男性は酒を飲んだ状態だった。
http://www.sankei.com/affairs/news/170730/afr1707300007-n1.html

| トラックバック (0)

毒ヘビにかまれ小5男児が重体 兵庫・伊丹の公園で(30日)共同

 29日午後6時ごろ、兵庫県伊丹市荻野8丁目の公園で、近くに住む小学5年の男児(10)がヤマカガシとみられる毒ヘビに右手首をかまれた。男児は病院に搬送されたが、意識不明の重体。
 県警伊丹署によると、男児は友人と公園で遊んでいたという。ヘビは友人がリュックサックで捕獲し、男児の母親に渡した。午後9時ごろになっても出血が止まらず、頭痛があるため母親が119番した。ヘビは同署が引き取った。
 ヘビは体長60センチ程度とみられ、男児の症状からヤマカガシの可能性が高いという。現場はJR福知山線中山寺駅の南東約1.5キロの住宅街。
https://this.kiji.is/264274504154138108?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

福岡県警の警部補逮捕、大麻所持容疑(30日)TBS

福岡県警の警部補の男が、大麻を所持した疑いで逮捕されました。落とし物として駅に届いた大麻入りのバッグの持ち主を調べたところ、警部補のものだったということです。
 「県民の皆様に深くお詫び申し上げます」(福岡県警 近藤康徳 首席監察官)
 逮捕されたのは、福岡県警南警察署総務課の警部補・佐藤昭義容疑者(42)です。佐藤容疑者は29日、福岡県内で乾燥大麻4グラムを所持した疑いが持たれています。
 警察によりますと、29日午後、列車内の落とし物としてJR久留米駅に届けられたバッグからポリ袋入りの大麻を発見し、持ち主を調べたところ佐藤容疑者が浮上しました。佐藤容疑者は29日、勤務を終えた後に列車を利用していて「大麻だと思っていなかった」と容疑を一部否認しているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3118261.html

| トラックバック (0)

小田急線、“倒木”で一時運転見合わせ(30日)TBS

30日朝、小田急小田原線内の線路上に木が倒れているのが見つかり、この影響で、およそ3時間にわたり運転が見合わされました。
 30日午前5時10分すぎ、小田急小田原線の鶴川駅と玉川学園前駅の間で、線路沿いにある複数の木が線路内に倒れているのを始発電車の運転士が見つけました。
 この影響で新百合ヶ丘駅から町田駅間でおよそ3時間運転を見合わせ、上下線73本、およそ2万5000人に影響が出ました。また、小田急小田原線と直通運転を行う千代田線でも上下線のおよそ28本が運転を見合わせたということです。小田急電鉄では、木が線路に倒れていた原因を詳しく調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3118265.html

| トラックバック (0)

中学校でガラス32枚被害 2週間前にも同じ数が(30日)テレビ朝日

栃木県さくら市の中学校で、ドアガラス32枚が割られているのが見つかりました。この中学校では2週間前にも同じ被害が確認されていて、警察は同一犯とみて捜査しています。
 30日午前6時すぎ、さくら市立喜連川中学校で、生徒用の入り口のドアガラス32枚が割られているのを出勤した教師が見つけて110番通報しました。
 さくら市教育委員会・戸村敏之課長:「(前回を受けて)対応はしてきたが、結果的にまた同じような事件で非常に残念」
 警察によりますと、16日朝にも同じ場所のドアガラス32枚が割られ、修理されていました。付近の防犯カメラには、キャップをかぶった若い男が金づちのようなものでガラスを割る様子が映っていたということです。警察は同一犯による連続器物損壊事件の可能性が高いとみて、男の行方を追っています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000106527.html

| トラックバック (0)

中2女子にわいせつの疑い “援交”書き込みで浮上(39日)テレビ朝日

中学2年の女子生徒に現金を渡す約束をしてわいせつな行為をしたとして、群馬県に住む27歳の団体職員の男が逮捕されました。
 群馬県渋川市の団体職員・湯山孝志容疑者は4月下旬、さいたま市内のホテルで、当時13歳で中学2年の女子生徒に、18歳未満と知りながら現金3万円を渡す約束をしてわいせつな行為をした疑いが持たれています。警視庁によりますと、サイバーパトロールで援助交際の相手を募集する女子生徒の書き込みを発見して警察官が確認したところ、湯山容疑者の関与が浮上したということです。取り調べに対して、湯山容疑者は「高校2年生か3年生と思った」「性欲を抑えきれなかった」と容疑を認めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000106529.html

| トラックバック (0)

宿泊先に家族へ別れ告げる手紙(30日)フジテレビ

北海道で1人旅をして行方不明になっている中国人女性について、女性が宿泊先に残した手紙には、家族に別れを告げる内容が書かれていたことが新たにわかった。
行方不明となっている中国の小学校教師・危秋潔さん(26)は、これまで両親への感謝を述べた手紙が、宿泊した札幌市のゲストハウスに残されていたが、手紙の一部に家族に別れを告げるような内容も書かれていたことが、新たにわかった。
危さんの父親・危華先さんは29日、親戚ら3人と警察署を訪れ、ゲストハウスに残された手紙を見て、「娘のだと思う」と話したという。
危さんは18日に北海道に来て、25日に出国予定だったが、阿寒湖温泉のホテルを23日に出たあと、消息を絶っている。 (北海道文化放送)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00365749.html

| トラックバック (0)

県警が事件対応で問題か(30日)NHK

兵庫県尼崎市の住宅で、若い女性が虐待されている疑いがあるという情報が警察に寄せられたのに、対応がとられず、3か月後に女性が同居していた男女のもとから逃げ出すまでの間に、鼓膜が破れるなどのけがをしていたことが捜査関係者への取材で分かりました。
警察は、情報の扱いに問題がなかったか調査しています。
捜査関係者によりますと、ことし1月、尼崎市のマンションの部屋で、「若い女性が顔にあざを作っているのを見た」という情報が近所の人から交番に寄せられました。
兵庫県警では、虐待などに関する情報はすべて本部に報告され、専門の部署が対応することになっていますが、この情報については記録が作成されず、報告されなかったということです。
情報が寄せられた3か月後のことし4月、27歳の女性がマンションの部屋から逃げ出して警察に保護されました。
保護されたとき、顔などにけがをし、鼓膜が破れていたということで、警察は同居していた元夫婦が、女性の顔を殴ったりシャワーで熱湯をかけたりしていたとして、今月、傷害の疑いで逮捕しました。
女性は身寄りがなく、数年前から知り合いの元夫婦らと同居するようになり、「繰り返し暴力を受け、しだいに激しくなり、逃げ出した」などと話しているということです。
捜査関係者によりますと、情報が放置されている間に暴行を受けていた疑いがあり、警察は、情報の扱いに問題がなかったか調査しています。
兵庫県警は、「現在、相談の有無を含めて調査中だ」とコメントしています。
DVや虐待など、家庭内のトラブルに詳しい西片和代弁護士は、「周囲の人が気づくことは非常に大きな端緒であり、今回のようなケースでは、警察が動けば女性が逃げるチャンスになったと思う。警察は、問題がなかったのか徹底的に調べてほしい」と話していました。

【全国に先駆けて仕組み作り】
兵庫県警察本部では、11年前、ストーカーの被害を警察に相談していた16歳の少女が殺害された事件を教訓に、ストーカーやDVなどの相談を専門の部署に集約する仕組みを全国に先駆けて作りました。
いまは「人身安全関連事案指導室」という部署が、各警察署から報告された情報をもとに、独自のチェックシートを使って緊急性の高さを判断し、対応しています。
警察に相談が寄せられたストーカー被害やDVがエスカレートして、重大な事件に発展するケースが相次いだことから、いまでは全国の多くの警察で同じ仕組みが導入されています。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/2025552911.html

| トラックバック (0)

高濃度の「大麻ワックス」押収 所持容疑の男「自分で作った」 麻薬取締部(30日)産経

厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部が大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕した男の自宅マンションから、自生大麻の約65倍という、これまでで最高レベルの濃度の「大麻ワックス」を発見、押収していたことが29日、捜査関係者への取材で分かった。男は調べに「より強い刺激を求め、自分で作った」と供述している。
 大麻ワックスは乾燥大麻を、ライターなどに使われるブタンガスを使って濃縮したもので、少量でも効果が強く、危険性も高い。昨年から摘発が相次ぐようになり、製造方法を紹介する雑誌、インターネットサイトもある。取り締まり強化で入手が困難となった危険ドラッグの代用品として乱用者が急増している恐れもある。
 捜査関係者によると、男は東京都練馬区、無職、西村尚容疑者(43)。6月27日に自宅マンションで乾燥大麻を所持していた疑いで現行犯逮捕された。大麻栽培容疑での再逮捕を経て、7月27日には同法違反罪で起訴されている。
 麻薬取締部の家宅捜索で、自宅マンションから約150グラムの乾燥大麻のほか、キッチン付近では、計5グラムの大麻ワックスが見つかった。また、室内に張られたテントの中では、48本の大麻草も栽培されていた。続きを読む

| トラックバック (0)

「3万」約束し、女子中学生とわいせつ行為 容疑で団体職員を逮捕(30日)産経

女子中学生に現金を渡す約束をしてわいせつな行為をしたとして、警視庁中央署は児童買春・ポルノ禁止法違反の容疑で、群馬県渋川市半田の団体職員、湯山孝志容疑者(27)を逮捕した。調べに対し、「(女子生徒は)高校2、3年だと思った」などと供述している。
 逮捕容疑は4月22日、さいたま市内のホテルで、当時13歳で中学2年の女子生徒に現金3万円を渡す約束をして、わいせつな行為をしたとしている。
 警視庁がサイバーパトロールで援助交際の相手を募集する女子生徒の書き込みを発見。女子生徒の話やメッセージのやりとりなどから湯山容疑者が浮上した。
http://www.sankei.com/affairs/news/170729/afr1707290025-n1.html

| トラックバック (0)

観光の中国人女性教師、不明=北海道警が情報提供呼び掛け(30日)時事

観光で北海道を訪れた中国・福建省の小学校教諭危秋潔さん(26)が行方不明になっており、北海道警が29日までに公開捜査を始めた。危さんの画像を公開し、情報提供を呼び掛けている。
 危さんは18日に1人で北海道を訪れ、20日から札幌市のゲストハウスに宿泊。22日に外出した。帰国予定の25日までの宿泊代金を前払いしていたが、同日までに戻らなかった。不審に思ったゲストハウスが届け出た。
 道警によると、23日朝に釧路市の阿寒湖温泉のホテルを出たことが確認されたが、その後の足取りが分かっていない。スーツケースには家族に宛てたメモが残されていたという。危さんは身長約163センチ。黒髪で肩までのロングヘア。
 父親が急きょ来日し、29日に札幌南署を訪れ、捜索状況などについて説明を受け、危さんの荷物を受け取った。父親は「出国前、変わった様子はなかった」と話しているという。

| トラックバック (0)

秋田知事のどあめCMも中止 豪雨中ゴルフに怒る被災地(30日)朝日

豪雨災害のさなかに県外でゴルフをして酒を飲み、虚偽の釈明をした秋田県佐竹敬久知事に対し、批判が高まっている。県庁には抗議の声が250件以上寄せられた。県議会は来月、知事から説明を受ける方針だ。

 今回の豪雨災害では、判明分だけで県内17市町で住宅1872棟が浸水した。人的被害は出なかった。
 佐竹知事は29日、石井啓一国土交通相らと初めて被災地を視察。住宅浸水被害の4割強が集中した大仙市では、床上1・2メートルまで水につかって大型精米機が使えなくなった酒蔵など6カ所を回り、国に激甚災害の指定を要望した。だが、市民は厳しい目を向ける。同市内の親類宅が床上浸水し、この日も片付けを手伝っていた男性(75)は「うそをついたことが許せない。知事は辞職するのが当然」と語気を強めた。
 佐竹知事は豪雨が降った22日、宮城県でゴルフをし、酒を飲んで宿泊。翌日、土砂崩れによる通行止めなどの影響で、自らが召集した災害対応の緊急連絡会議を欠席した。その後の記者会見で、ゴルフを一緒にプレーした中に県の部長2人がいたことを隠すなど、虚偽の説明をしていたことが明らかになった。
 県によると、県に寄せられた電…
残り:434文字/全文:917文字

http://www.asahi.com/articles/ASK7Y5D7FK7YUBUB00J.html

| トラックバック (0)

各地の海で事故相次ぐ 死亡3人、不明1人(30日)共同

7月最後の土曜日となった29日、全国の海で事故が相次いだ。午後10時現在の共同通信のまとめでは、兵庫、愛媛、沖縄の3県でそれぞれ1人が死亡、大分県の川で1人が行方不明になっている。
 兵庫県香美町の海水浴場では、大阪府摂津市の会社員礒野正臣さん(36)が浮いているのが見つかり、死亡を確認。愛媛県今治市大三島町野々江では、海岸から約50メートル沖で広島県福山市の会社員佐藤嘉高さん(45)が溺れているのを妻が発見、搬送先の病院で死亡が確認された。
 沖縄県の伊良部島沖では、浜松市の医師八田峰夫さん(65)がダイビング中に心肺停止になり、病院に運ばれたが死亡した。
https://this.kiji.is/264007998466065909?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

公園で70歳男性殺害、司法解剖で「脳に損傷が死因」(30日)TBS

東京・墨田区の公園で70歳の男性が殺害されているのが見つかった事件で、司法解剖の結果、脳に損傷を与えられたことが死因と判明しました。
 この事件は墨田区・横網の公園で、70歳の柳原英二さんが公園のベンチの近くで殺害されているのが見つかったものです。柳原さんの頭と額には鈍器のようなもので殴られた傷があったことがわかっていますが、29日に行われた司法解剖の結果、柳原さんは脳が激しく傷ついたことで死亡したことがわかりました。
 柳原さんが倒れていた現場の近くには、重さ5キロほどの工事用の保安灯が置かれていて、土台のコンクリートには血痕のようなものがついていたということです。警視庁は柳原さんが公園で寝ているところを襲われた可能性が高いとみて調べを進めています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3118164.html

| トラックバック (0)

横浜で路線バスにはねられ男性死亡 運転手を逮捕(30日)テレビ朝日

横浜市で、路線バスが道路を横断していた84歳の男性をはねました。男性は死亡しました。
 29日午後4時すぎ、横浜市鶴見区の市道で、道路を横断していた近くに住む野口文男さんが路線バスにはねられました。野口さんは約3時間半後に病院で死亡しました。バスには約40人が乗っていましたが、けがをした人はいませんでした。野口さんは自宅から近くの畑に向かう途中だったということです。現場は片側1車線で、信号や横断歩道はありませんでした。警察は、路線バスの運転手・関口成春容疑者(54)を現行犯逮捕し、事故の原因を調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000106519.html

| トラックバック (0)

隅田川花火大会で警視庁が警備 五輪向けた試金石(30日)テレビ朝日

日本最大規模の隅田川花火大会が行われました。警視庁は3年後の東京オリンピックに向けて、テロを警戒した厳重な警備を行いました。
 95万人が集まった隅田川花火大会。3年後の同じ時期には東京オリンピック・パラリンピックが開催されていることから、警視庁はテロを防ぐため、これまでで最大規模の警察官を動員して警戒にあたりました。警備犬を使って植え込みなどで不審物を捜索したほか、警視庁本部にリアルタイムで映像を送ることができるカメラを頭に取り付けた警察官を配置しました。また、今年は観客の持つスマートフォンの電波から混雑を把握するシステムも初めて導入しました。警視庁は「東京オリンピックに向けた試金石。問題点を洗い出して備えたい」としています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000106520.html

| トラックバック (0)

« 2017年7月29日 | トップページ | 2017年7月31日 »