« 2017年7月24日 | トップページ | 2017年7月26日 »

2017年7月25日

2017年7月25日 (火)

少女雇いわいせつ行為疑い=スカウト指示も、男逮捕-大阪府警(25日)時事

 13~16歳の少女7人を雇い、わいせつな行為をさせたとして、大阪府警少年課などは25日、児童福祉法違反容疑で、住所不定、無職井隼佳津巳容疑者(40)を逮捕、追送検したと発表した。雇った少女に別の少女をスカウトさせていたといい、容疑を認め、「100万円売り上げた」と供述しているという。
 逮捕、追送検容疑は2016年9月~17年1月、運営するデリバリーヘルスで雇った当時13~16歳の少女7人を客に引き合わせ、わいせつな行為をさせた疑い。
 同課によると、井隼容疑者は最初に雇った少女2人に対し、複数の出会い系アプリに「4万円稼いだ」「会員制高級店なので大丈夫」と書き込ませ、さらに少女を集めていた。府警は2人についても職業安定法違反容疑で摘発した。
 客も出会い系アプリで集め、少女の外見で料金を「JS(女子小学生)8万円」「JC(女子中学生)4万円」と設定し、売り上げは折半。雇った少女は9人おり、「事前講習」と称して全員にわいせつな行為をしていたという。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017072501143&g=soc

| トラックバック (0)

新橋の飲食店で女性従業員殴られ死亡 傷害容疑で男逮捕(25日)朝日

飲食店従業員の女性の顔を殴ってけがを負わせたとして、警視庁愛宕署は、住所、職業不詳の伊藤英治郎容疑者(31)を傷害容疑で逮捕し、25日発表した。女性は暴行された6日後に死亡し、署は容疑を傷害致死に切り替えて調べている。
 署によると、伊藤容疑者は4日午後10時40分ごろ、東京都港区新橋3丁目のビル内の飲食店で、この店の従業員与島稜菜(よじまりょうな)さん(19)の顔を複数回殴り、髪をつかんで引きずり、急性硬膜下血腫などの大けがを負わせた疑いがある。容疑を認めているという。
 与島さんは10日夜、搬送先の病院で死亡。2人は面識があり、トラブルがあったとの情報もあるという。
http://www.asahi.com/articles/ASK7T6H55K7TUTIL051.html

| トラックバック (0)

商品券567万円詐取、日経新聞社員を懲戒解雇(25日)読売

 日本経済新聞社は25日、グループ会社から567万円分の商品券をだまし取ったとして、東京本社販売局の男性社員(32)を懲戒解雇した。
 同社によると、男性社員は大阪本社販売局に勤務していた2015年1月~今年3月、担当エリアの新聞販売店から商品券の購入を依頼されたかのように装い、33回にわたりグループ会社に計567万円分を発注。受け取った商品券を現金化し、私的な飲食などに使った。グループ会社から代金を請求された販売店の指摘で不正が発覚したが、中には気づかずに代金を負担した販売店もあったという。
 同社広報室は「業務を装った不正行為で損害を被った販売店におわびいたします」としている。http://www.yomiuri.co.jp/national/20170725-OYT1T50106.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

車内で9歳男児死亡 熱中症か(25日)NHK

24日、奈良市の駐車場に止めた車の中で、9歳の男の子がぐったりしているのが見つかり、病院に搬送されましたが、その後、死亡しました。男の子はおよそ1時間半、窓を閉めた車内にとどまっていたということで、熱中症の疑いがあるということです。
奈良県などによりますと、24日午後3時ごろ、奈良市西大寺南町のコインパーキングに駐車した軽自動車の中で小学4年生の9歳の男の子がぐったりしているのを母親が見つけ、消防に通報しました。
車には鍵がかかり、窓も閉められていたため、駆けつけた救急隊員が窓を割って男の子を運び出し、奈良市内の病院に搬送しましたが25日未明、死亡しました。
医師によると、熱中症の疑いがあるということです。
奈良県などによりますと、母親は近くの病院に行くため、車を止めてエンジンを切ってから男の子に鍵を渡し、あとから来るよう伝えてその場を離れましたが、およそ1時間半後に母親が戻った時には、男の子はぐったりとしていたということです。
24日の奈良市は日中の最高気温が34度1分まで上がり厳しい暑さでした。
奈良県では今月21日にも葛城市の住宅で、70代の男性が熱中症の疑いで死亡しています。 http://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/2055465771.html

| トラックバック (0)

1歳児を車内に放置し死亡させた疑い、25歳父親を逮捕(25日)TBS

静岡県湖西市でパチンコ店の駐車場の車に1歳の男の子を放置し、熱中症で死亡させたとして、父親が逮捕されました。
 逮捕された会社員・村田尋紀容疑者(25)は今月8日、午前11時から午後1時までの間、長男の陸くん(当時1歳11か月)を車内に放置し、死亡させた疑いが持たれています。
 この日、湖西市では最高気温32度を記録していました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3114551.html

| トラックバック (0)

住宅で女性縛られる 黒ずくめのマスク3人逃走中(25日)テレビ朝日

甲府市の住宅にマスク姿の3人組が押し入り、今も逃走中です。
 25日午後2時ごろ、甲府市寿町の住宅にマスクをした3人組が押し入り、この家に住む60代の女性の手足をひものようなもので縛りました。女性がけがをしているかや被害状況については分かっていません。警察によりますと、3人は今も逃走していて、1人は20代くらいで、黒色の半袖のTシャツに黒色のズボン、黒色のキャップ帽をかぶり、マスクをしていて、他の2人は上下黒色の服を着ていたということです。警察は、強盗事件として逃げた3人組の行方を追っています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000106151.html

| トラックバック (0)

警察官が呼びかけると…女が自宅に“放火” 松山市(25日)テレビ朝日

 住宅街が騒然となった全焼火災。その家に住む女が現行犯逮捕されました。
 火事があったのは松山市の住宅街です。警察によりますと、25日午前9時30分ごろ、「姉が家に火を付けると言っている」と110番通報がありました。現場に駆け付けた警察官が家の1階にいた女にガラス越しに声を掛けたところ、女は部屋の奥に入って火を放ったということです。この火事で、木造2階建ての住宅約110平方メートルが全焼しました。警察は、この家に住む油木陽子容疑者(70)を放火の疑いで現行犯逮捕しました。動機について詳しく調べています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000106150.html

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(25、26日 単位・レベル) 
放火が増加
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1013028

 重要窃盗犯に加え治安情勢を観察するうえでその指標となるのが重要犯罪。その中で放火事犯が増加傾向にあるという。
 警察庁によると今年上半期(1~6月)の重要犯罪の認知件数は5101件で前年同期より416件減少した。この中で最も多いのは強制わいせつで2671件。2位が強盗の895件、3位が放火の505件の順。
 強制わいせつや強盗、強姦、殺人などが減っているのに対して放火だけが前年より33件も増えている。しかも検挙率が72.3%と重要犯罪のなかでは低い。さらに平成12年には64.8%あった起訴率が25年には48.1%と落ちている。
 逆に強盗事犯は検挙率が86.8%で前年より6.7ポイントアップ。25年の起訴率は76.6%で重要犯罪の中では最も高かった。
 最近の強盗事犯捜査には防犯カメラというツールが大きな影響を与えているが、まさか放火の捜査力が落ちたわけではあるまいに…
 例によって認知件数のランキングは大阪が722件、東京の677件、埼玉の363件、神奈川の361件、愛知の340件の順。
 検挙率は全国が81.6%で前年より5.6ポイントアップした。ランキングではトップが山形の138.9%。以下、島根の125.0%、群馬の108.8%、沖縄の108.7%など100%以上が7県もあった。
 これに対して低かったのは福島の55.0%。それでも5割を超えている。次いで山梨の57.1%、千葉の60.4%、石川、長崎の62.5%など。
 刑法犯全体もそうだが重要犯罪でも警察力は確実に上がっている。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。 

| トラックバック (0)

バイオリン54台破壊容疑=制作者の元妻逮捕-愛知県警(25日)時事

バイオリン制作者だった夫の工房で、バイオリン54台を壊したとして、愛知県警中村署は25日、住居侵入と器物損壊の疑いで東京都江東区亀戸、自営業河宮碧容疑者(34)を逮捕した。侵入は認める一方、「壊していない」と一部否認しているという。
 逮捕容疑は2014年1月30日から2月19日の間、名古屋市中村区の男性(62)方に、窓を割って侵入し、1階の工房にあったバイオリン54台と弓70本を壊した疑い。
 同署によると、壊されたのは男性が作った商品と収集品で、バイオリンの胴体に穴を開けるなどしていた。男性の申告によると、最高額はイタリア製で1台5000万円、被害総額は計約1億600万円相当という。
 男性は当時、自宅兼工房でバイオリンを制作し、別にある店舗で販売していた。海外出張から帰国し被害に気付いた。2人は当時から別居しており、昨年、離婚が成立したという。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017072500879&g=soc

| トラックバック (0)

母子3人焼死で父親起訴 宮城・登米の放火事件(25日)産経

宮城県登米市で母子3人が死亡した放火事件で、仙台地検は25日、自宅に火を付けて全焼させ、3人を焼死させたとして、現住建造物等放火の罪で、父親の島谷嘉昭容疑者(40)を起訴した。
 捜査関係者によると、島谷被告は放火を認め「家族が死ぬと思った」と供述。地検と県警佐沼署捜査本部は殺人容疑での立件も視野に捜査していたが、殺意の立証は困難と判断したとみられる。
 起訴状などによると、4日午前2時半ごろ、自宅2階の布団にライターで火を付けて全焼させ、妻、美由さん(31)、長女、真央ちゃん(3)、次男、叶佑ちゃん(1)を焼死させたとしている。http://www.sankei.com/affairs/news/170725/afr1707250007-n1.html

| トラックバック (0)

【ZOOM】ツイッター「なりすまし」ご用心 嘘の情報、拡散の危険性(25日)産経

手軽に情報発信ができるインターネットの短文投稿サイト「ツイッター」。人気の半面、なりすましによる嘘の情報が拡散される危険性をはらむ。深刻なトラブルを招き、名誉毀損(きそん)や偽計業務妨害などの刑事事件に発展する可能性もある。(三宅令)
 ◆「姪の麻央が死去」
 6月23日未明、歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(39)の妻、小林麻央さんに関する情報が混乱を引き起こした。東京都港区に実在する法律事務所クロスの唐沢貴洋弁護士(39)になりすました人物が「私の姪(めい)の小林麻央、先ほど亡くなられたとの第一報。最期まで笑顔を絶やさなかった」という内容の投稿が発信された。同日、死去が発表される前に投稿は拡散。ネット上には無関係の唐沢弁護士に対し、「売名行為だ」「早く削除すべきだ」という批判が殺到した。マスコミからの問い合わせで、初めて騒動に気がついたという。続きを読む

| トラックバック (0)

ヒアリ、大分でも確認 北九州から陸送のコンテナで発見(25日)朝日

 大分県中津市の運送業者の敷地内で発見されたアリが、攻撃性が強く、強い毒を持つ特定外来生物のヒアリと確認された。環境省が25日、発表した。中国・広東省の港を出航した貨物船で、北九州門司区の港から陸揚げされ、中津市内に陸送された貨物コンテナ内で20日に見つかり、調べていた。

| トラックバック (0)

文化庁、移転先は京都府警…2021年度までに(25日)読売

政府は25日、文化庁の京都移転を検討する「文化庁移転協議会」を文部科学省で開き、遅くとも2021年度中に京都に全面的に移転することを決めた。
 移転先は京都府警本部本館(京都市上京区)とし、職員は現在の7割(非常勤職員を含む)に当たる250人程度を配置する。
 移転先については、京都市内の4施設が候補に挙がっていたが、府警本部本館は改修費が最も安く、工期も短かった。また、昭和天皇の「即位の礼」が京都で行われるのを機に1927年に建設され、近代建築物としての文化的価値が高いことも考慮された。
 府や京都市などが耐震化を含めた増改築を行い、文化庁が建物全体を借り受ける計画。工費は数十億円規模になるとみられるという。具体的な工事内容や賃料については今後、国と京都側で協議する。現在、本館に入っている府警の部署は、2019年度完成予定の府警本部新庁舎に移る。

(ここまで377文字 / 残り167文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170725-OYT1T50074.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

ディズニー株詐欺疑いで女逮捕 被害6億円(25日)共同

東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランド(千葉県浦安市)の株の売買名目で現金をだまし取ったとして、大阪府警泉佐野署は25日までに、詐欺の疑いでエステティシャンの高橋綾子容疑者(40)=同府守口市藤田町=を逮捕、送検した。
 同署によると、同様の手口による被害は全国で約100人、総額は計約6億1千万円に上るという。
 逮捕、送検容疑は2011年9月~15年9月、府内の20~50代の女性5人に「叔父がオリエンタルランドの役員で、同社の株を安く譲れる」などとうそを言い、現金計約1060万円を指定する銀行口座へ振り込ませ、だまし取った疑い。
https://this.kiji.is/262479676955444729?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

バスタ新宿前で追突事故、トラック運転手が死亡(25日)TBS

25日午後3時ごろ、東京・JR新宿駅前にある大型バスターミナル「バスタ新宿」の前の路上で、トラックがリムジンバスに追突しました。
 警視庁などによりますと、この事故でトラックの運転手の30代とみられる男性が病院に運ばれましたが、死亡が確認されたということです。
 また、バスの車内には当時、32人の乗客がいたということですが、これまでにけが人の情報はないということです。
 現場は道幅の広い国道の交差点で、警視庁は、ターミナルに入ろうと止まっていたバスにトラックが衝突したとみて、当時の状況を詳しく調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3114261.html

| トラックバック (0)

差し入れ失敗に「殺すぞ」 年下組員を“脅迫”(25日)テレビ朝日

 年下の組員の男性に対して「殺すぞ」などと脅迫したとして、指定暴力団山口組系の組員の男が逮捕されました。
 長野県の山口組系組員・荻原瞬容疑者(35)は今年2月、当時、組員だった男性(33)に収監中の知人への本の差し入れを頼んだもののうまくいかなかったことに、「ふざけたことやってると殺すぞ」などと電話で脅迫した疑いが持たれています。警視庁によりますと、男性は以前から組を脱退したいと荻原容疑者に伝えるたびに罵声をあびせられるなど妨害されていたということです。身の危険を感じた男性は長野県から車で逃げ、車中生活を送っていたところ、職務質問を受け、事件が発覚しました。荻原容疑者は「電話で怒鳴り散らしたことは間違いありません」と容疑を認めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000106118.html

| トラックバック (0)

首をタオルで絞め…娘は死亡、母親を逮捕 横浜市(25日)テレビ朝日

横浜市神奈川区で、同居している娘の首をタオルで絞めて殺害しようとしたとして、79歳の女が逮捕されました。娘はその後、死亡が確認されました。
 無職の八木下富子容疑者は24日午後11時半ごろ、神奈川区神大寺の自宅で、同居している娘の恭子さん(53)の首をタオルで絞めて殺害しようとした疑いが持たれています。恭子さんは、搬送先の病院で死亡が確認されました。警察によりますと、同じ家に住む長男から「母親が姉の首を絞めた。殺した、と起こされた」と110番通報があり、警察官が駆け付けると、1階の部屋で恭子さんが仰向けに倒れていて、意識のない状態だったということです。取り調べに対し、八木下容疑者は「私がやったことに間違いありません」と容疑を認めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000106117.html

| トラックバック (0)

那珂の農道遺体、身元・死因特定できず 現場周辺に不安 茨城(25日)産経

茨城県那珂市菅谷の農道で身元不明の男性の遺体が地中から発見された事件で、県警捜査1課と那珂署は24日、司法解剖の結果、遺体は死後1カ月以上が経過して腐敗が激しく、身元と死因の特定には至らなかったと発表した。県警は、遺体が行方不明の男性の可能性があるとみて引き続き捜査を進めている。一方、住宅や店舗が立ち並ぶ現場周辺の住民らからは「なぜ、こんな場所で」と不安の声が広がっている。
 現場となった農道は、JR水郡線の上菅谷駅から北に約800メートル。店舗や住宅と水田に挟まれ、人がすれ違える程度の細い道だった。人や車の往来が多い道路側からは住宅に遮られて、様子は見えない。
 近くの会社で働いている女性は「5日前から警察官が大勢きていたけど、何も分かっていないみたいで怖い」と心配そうな表情。60代の男性は「住宅の近くに(遺体を)埋めるなんて信じられない…」と言葉を詰まらせた。
 県警によると、遺体は行方不明届が出されていた高齢男性の捜索過程で発見された。住民たちによれば、6月中旬から県警捜査員が「80代男性の行方が分からない。知りませんか?」などと男性の写真を見せながら住民に聞き回っていた。男性は長野県から遺体発見現場の近くに住む親類の介護のために来ていたという。近くに住む60代の女性は「男性は近所の人とは付き合いはないけど、元気よくあいさつしてくれる人だった」と話していた。(鴨川一也)http://www.sankei.com/affairs/news/170725/afr1707250004-n1.html

| トラックバック (0)

女子高生のスカートにスマホ「学生時代から30回ぐらいやった」 男性講師を懲戒免職処分 奈良県教委(25日)産経

奈良県教委は、盗撮目的で女子高校生のスカートにスマートフォンを差し入れたとして大阪府警に府迷惑防止条例違反(卑わいな言動)容疑で検挙された奈良市の市立小の男性講師(23)を懲戒免職処分にしたと発表した。
 県教委などによると元講師は先月22日午前6時50分ごろ、通勤途中に大阪府八尾市の近鉄八尾駅のエスカレーターで、女子高生のスカート内にスマホを差し入れ、女子高生に取り押さえられた。県教委の事情聴取に対し、「学生時代から30回ぐらいやった」などと話したという。
 また、県内の道路路側帯に車を駐車中、基準値を超えるアルコールが検出されたとして、県警西和署に事情聴取された奈良市立京西中学校の男性教諭(42)を停職3カ月の懲戒処分にした。
http://www.sankei.com/west/news/170725/wst1707250012-n1.html

| トラックバック (0)

刑務所通訳、テレビ電話で…訪日外国人急増受け(25日)読売

法務省が、通訳が必要な刑務所・拘置所の外国人収容者向けに、テレビ電話による通訳を導入する方針を固めた。
 訪日外国人の急増で、外国人収容者も増えることが見込まれるためで、11月から開始予定だ。
 通訳や翻訳の能力がある「国際専門官」が配置されている栃木、府中、横浜、名古屋、大阪の各刑務所と他の施設を回線でつなぎ、テレビ電話で会話を行う方向で調整している。一部刑務所では昨年8月から試験導入されていたが、全国の施設に拡大することになった。5か所の刑務所にタブレット端末を1台ずつ配備、その他の施設は既存のテレビ会議用機器を使用する。

(ここまで265文字 / 残り169文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170724-OYT1T50088.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

10年で自殺率3割減目指す 政府対策大綱「非常事態続く」(25日)共同

政府は25日、国の自殺対策の指針となる新たな自殺総合対策大綱を閣議決定した。自殺者は減少傾向にあるものの「非常事態はまだ続いている」と指摘し、自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺者数)を今後10年で30%以上減らすとの数値目標を掲げた。
 大綱の見直しは5年ぶり。2007年の初の大綱では「10年で20%減」という目標を掲げ、達成しているが、新大綱ではさらにハードルを上げた。自殺対策を、生きることの阻害要因を取り除いていくことと定義し、長時間労働の解消や産後うつのケア、性的マイノリティーに対する周囲の理解促進など、多様な対策を打ち出した。
https://this.kiji.is/262368192253558789?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

警察白書、高齢ドライバー対策「喫緊の課題」(25日)日経

警察庁は25日、2017年版の警察白書を公表した。「交通安全対策の歩みと展望」と題して、事故防止の現状や取り組みを特集。交通事故による死者数が全体的に減少傾向にあるなか、割合を高める高齢ドライバーの事故対策について「喫緊の課題」と指摘した。将来的な展望としては、自動運転などの先端技術を積極的に活用することが必要としている。
 白書が交通分野を特集したのは高齢化社会への対応が主なテーマだった05年以来、12年ぶり。
 16年の交通事故死者は前年比213人減の3904人で、1949年以来67年ぶりに4千人を下回った。このうち65歳以上の高齢者は54.8%を占め、過去最高を記録。75歳以上の高齢ドライバーによる死亡事故は同1件増の459件で割合は13.5%に上昇した。
 今年3月には認知症対策を強化した改正道路交通法が施行したが、高齢ドライバーの事故はブレーキとアクセルの踏み間違いなども目立つ。白書は「事故は必ずしも認知機能の低下に起因するものに限られない」と指摘。それぞれの高齢者が抱える運転リスクに応じた対策の強化が重要としている。
 政府は20年までに年間死者数2500人以下を目標に掲げるが、白書は従来の総合的な対策では「達成は困難」と強調。事故原因を科学的に分析して傾向をつかみ、効果的な対策が「極めて重要」とした。
 警察庁が段階的な取り組みを進める自動運転については、事故の多くはドライバーのミスが原因として「交通安全の飛躍的向上に資する可能性がある」と評価。先端技術を積極的に取り入れた対策で「世界一安全な道路交通の実現を目指していく」として特集を締めくくった。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24HAD_V20C17A7CR0000/

| トラックバック (0)

電車内で寝ている乗客狙いスリ 容疑で68歳男を逮捕 警視庁 (25日)産経

電車内で酔って寝ている乗客から財布を盗んだとして、警視庁捜査3課は窃盗の現行犯で、住居・職業不詳の鈴木茂雄容疑者(68)を逮捕した。調べに対し「話したくありません」と黙秘している。
 逮捕容疑は22日午前5時50分ごろ、JR山手線の神田-秋葉原駅間を走行中の電車内で、座席で居眠りしていた川崎市宮前区の男性(52)のズボンのポケットから現金約1万8千円の入った財布を盗んだとしている。
 捜査3課によると、今年2月以降、山手線内では深夜から明け方などにかけ、寝ている乗客を狙ったスリ被害が78件(被害総額約145万円)発生しているといい、同課が関連を調べている。
http://www.sankei.com/affairs/news/170724/afr1707240012-n1.html

| トラックバック (0)

【東京五輪】五輪に向けテロ対処の海上訓練 警視庁と海上保安庁(25日)産経

2020年東京五輪の開幕まで3年となった24日、警視庁と海上保安庁は、ボートなどの水上競技の会場に近い東京湾や有明客船ターミナル(東京都江東区)でテロ対処合同訓練を実施した。
 訓練は、東京湾を警戒中の東京湾岸署の警備艇が、ボートとカヌー・スプリントが開催される「海の森水上競技場」付近でテロリストの乗った不審船2隻を発見したと想定。二手に分かれて逃走する不審船を海保と協力して追跡し、一方は海保の特別警備隊が船に飛び移って制圧。もう一方はターミナルに上陸したテロリストを、機動隊や警備犬が取り押さえた。
 水上競技場の警備は海上と陸上の連携が重要となる。同署の宮崎勉署長は「残された3年間で各関係機関と連携を深めて、五輪を成功させるため努力していく」と話した。

このニュースの写真

| トラックバック (0)

野良猫にかまれマダニ感染症、50歳代女性死亡(25日)読売

マダニを介してうつるウイルス性の重症熱性血小板減少症候群(SFTS)を発症したとみられるネコにかまれ、50歳代の女性が死亡していたことが分かった。
 このウイルスが哺乳類から人に感染したことが確認されたのは初めて。厚生労働省は24日、日本獣医師会などに診察時の感染予防を促す通知を出した。
 女性がかまれたのは昨年夏頃。弱った野良猫に手をかまれ、SFTSを発症し、約10日後に死亡した。このネコには異常行動があったといい、その後死んだことなどから、SFTSを発症していたとみられる。

(ここまで240文字 / 残り259文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170724-OYT1T50070.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

米国便で銃・実弾の持ち込み相次ぐ 国交省が改善要請(25日)NHK

先月、羽田空港で、アメリカから到着した便の乗客の荷物から拳銃1丁が見つかっていたことがわかりました。アメリカの空港での保安検査が不十分だったと見られ、同じように日本国内に拳銃や実弾が持ち込まれるケースが相次いでいることから、国土交通省はアメリカ運輸保安局に改善を要請しました。
 警視庁によりますと、先月21日、羽田空港で、アメリカから到着した便の70代のアメリカ人の男の乗客が別の便に乗り継いでフィリピンに向かう際、荷物の中から拳銃1丁が見つかり銃刀法違反などの疑いで逮捕されました。
乗客はその後釈放されて出国していますが、調べに対し、「拳銃はアメリカの自宅にあったもので誤って荷物に入れていた」などと供述したということです。
 羽田空港では、今月4日、アメリカ人の乗客が持ち込んだ拳銃の実弾100発がごみ箱から見つかり、成田空港でも今月15日に客室乗務員が拳銃の実弾30発を所持しているのが見つかっていて、いずれもアメリカの空港を出発する際に保安検査が不十分だったと見られています。
 アメリカからの便で、拳銃や実弾が持ち込まれたケースはことし5月以降合わせて4件に上り、国土交通省は安全上問題だとして、アメリカ運輸保安局に原因の究明や保安検査の改善を要請しました。
国土交通省は「アメリカ側は原因を調べたうえで、対策をきちんととってほしい」としています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170725/k10011072841000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| トラックバック (0)

障害者殺傷事件 被告の幼い頃の記憶が差別意識に変化か(25日)NHK

相模原市の知的障害者施設で46人が殺傷された事件から、26日で1年、殺人などの罪で起訴された27歳の元職員は「障害のある子どもの親がいつも疲れている様子なのを幼いころに見て不幸だと思った」と供述していることが、捜査関係者への取材でわかりました。捜査当局は、こうした記憶が施設で働く中で差別意識に変わったとみています。
 この事件は、去年7月26日の未明、相模原市緑区の知的障害者の入所施設「津久井やまゆり園」で、入所していた障害のある人たちが次々に刃物で刺されて19人が殺害され、27人が重軽傷を負ったもので、元職員の植松聖被告(27)が殺人などの罪で起訴されています。
 これまでの調べに対し、植松被告は「障害者は不幸を作ることしかできない」などと供述していることがわかっていますが、ほかにも「障害のある子どもの親がいつも疲れている様子なのを幼いころに見て不幸だと思った」と供述していることが、捜査関係者への取材でわかりました。
 植松被告は、小中学校のころから障害のある同級生と接していたほか、当時のやまゆり園の入所者とも交流していたということです。
 植松被告は、施設で働き始めた当初は、入所者について「かわいい存在だ」などと周囲に話していましたが、その後、重い障害がある人について「生きていることがむだだと思わないか」などと発言していたということです。
 捜査当局は、障害者やその家族に対する幼いころの記憶が、施設で働く中で差別意識に変わったとみています。 この事件については、25日夜の「クローズアップ現代+」でも詳しくお伝えします。事件を起こした植松被告の手紙には何が?、事件の深層に迫ります。そしてこれまで語ることがなかった遺族がその胸中を語りました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170725/k10011072851000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| トラックバック (0)

福岡の豪雨被害1197億円 大分合わせ1400億円超に(25日)共同

福岡県は24日、九州北部の豪雨による県内の被害額が1197億円に上ると発表した。23日までに把握した分の取りまとめで、額はさらに増える可能性がある。県は補正予算の編成などで本格的な復旧・復興に取り組む方針。大分県は被害額を少なくとも206億円としており、両県で被害は1400億円を超える。
 福岡県によると、被害の内訳は、公共土木施設関係が道路施設275億円、河川施設409億円、砂防施設89億円。
 農林水産関係は計288億円で、農作物17億円のほか、ため池の損壊など農地・農業用施設が130億円。山崩れによる林業被害も大きく、133億円としている。
https://this.kiji.is/262200463309571576?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

駅エスカレーターの手すりで女性けが、横浜市営地下鉄(25日)TBS

24日午前、横浜市営地下鉄の駅でエスカレーターの手すりからワイヤーが飛び出し、20代の女性が手に軽いけがをしました。
 午前11時20分ごろ、横浜市港南区にある横浜市営地下鉄・上大岡駅で「エスカレーターでけがをした」と20代の女性客から申し出がありました。女性は左手に軽いけがをしていて、業者が点検したところ、エスカレーターの手すりベルト表面からワイヤーが1.5センチほど突き出ていました。
 横浜市交通局によりますと、ベルト内のワイヤーが老朽化のため断線し、表面から突き出たということです。交通局は、市営地下鉄の全ての駅でエスカレーターを点検しましたが、異常はなかったということです。                                            
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3112982.html

                                  
               
                                  

| トラックバック (0)

被害者は匿名で審理へ 横浜地裁が決定(25日)日経

相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で昨年7月、入所者19人が殺害されるなどした事件で、今後開かれる見通しの裁判員裁判について、横浜地裁が被害者を匿名にして審理する決定をしたことが24日、関係者への取材で分かった。
 横浜地検は2月、殺人や殺人未遂などの罪で元施設職員、植松聖被告(27)を起訴し、報道機関に被害者の名前などを伏せて発表。裁判での扱いについては「遺族や家族、当事者の意向を踏まえ検討する」としていた。
 横浜地裁は「現時点で決定の有無や内容について回答を控える」としている。
 関係者によると、被害者側の「公開の法廷で氏名や住所を明らかにしないでほしい」との意向を受けて地裁が匿名での審理を決定し、地検が被害者側に伝えた。
 捜査関係者によると、起訴状には被害者全員の氏名などが記載されている。地裁の決定により、検察側は被害者名を伏せて起訴状の読み上げや冒頭陳述などを行う。〔共同〕
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24H7D_U7A720C1CZ8000/

| トラックバック (0)

元暴力団組長を殺人罪で追起訴 別事件への関与告白(25日)テレビ朝日

 死刑確定後に別の2件の殺人事件への関与を告白した元暴力団組長の男について、東京地検は24日、殺人の罪で追起訴しました。
 住吉会系の元暴力団組長・矢野治被告は1996年、暴力団関係者ら3人と共謀し、神奈川県伊勢原市の不動産会社社長・津川静夫さん(当時60)を殺害した罪に問われています。矢野被告は、2003年に前橋市のスナックで4人が殺害された事件で死刑が確定していましたが、「津川さんの殺害にも関わった」と告白し、実際に遺体が見つかったことから警視庁に逮捕されていました。矢野被告は別の男性(当時49)の殺害についても関与を告白していて、殺人の罪ですでに起訴されています。今後、確定死刑囚が被告となる初めての裁判員裁判が開かれる見通しです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000106095.html

| トラックバック (0)

« 2017年7月24日 | トップページ | 2017年7月26日 »