« 2017年7月20日 | トップページ | 2017年7月22日 »

2017年7月21日

2017年7月21日 (金)

注意され暴行...迷惑「ハト男」逮捕(21日)フジテレビ

ハトへの餌やりを注意されたことに逆上し、男性に暴行を加えた疑いで、61歳の男が逮捕された。男はこれまでにも、たびたびトラブルを起こしていた。
「相手がバーって走ってきて、いきなり暴力を振るったんです。あばらにひびが入っている」などと、事件当時の様子を語る被害者の男性。
男性に暴力を振るったのは、自転車に乗る男。
2016年2月、「ばかに答えることがあるかい!」と、暴言を吐きながら報道陣に水をかけていた。
20日、傷害の疑いで逮捕された、村永義雄容疑者(61)。
村永容疑者は7月11日、愛知・名古屋市内の公園でハトに餌をやっていたところ、近くに住む76歳の男性に注意されたことに腹を立て、暴行を加え、肋骨(ろっこつ)にひびが入るなどのけがをさせた疑いが持たれている。
被害に遭った男性は「臭いから餌をまくなって言った。(村永容疑者は)『年寄りは黙っとれ!』と、走ってきて言ってきた」、「まさかそんな、暴力を振るうことはないと思っていた」と話した。
周囲の人から、「ハト男」と呼ばれていた村永容疑者。
6年ほど前から、自宅アパートや公園などでハトを餌付けし、近隣住民とトラブルを起こしていた。
同じアパートの住人は「外で洗濯物は干せないし、ハトのふんだらけで、いつもハトのふんの掃除をしている」、「(ハトが大量で)鼻水と涙が出るようになった」などと話した。
餌を求め集まる、大量のハト。
2016年3月、名古屋市の職員も、餌やりをやめるよう指導するため、自宅を訪れていた。
市の職員が「(餌やりを)もうやらないのであれば、この書類にサインをしてください。それでわれわれ、引き揚げますから」と声をかけたが、村永容疑者は市の職員に水をかけ、全く耳を貸さなかった。
村永容疑者の迷惑行為はエスカレートし、話を聞こうとする記者に対して、バケツに入った水を勢いよくぶちまけた。
さらには、笑みを浮かべながらホースで水をかけていた。
別の日には、記者を鍋で殴ったり、足でける行為も...。
村永容疑者は、警察の調べに対し、男性にけがを負わせたことを認めているという。 (東海テレビ)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00364943.html

| トラックバック (0)

マンションから転落か、中学生とみられる男性死亡 愛知(21日)朝日

 21日午後4時25分ごろ、愛知県犬山市のマンションの敷地内で、男性が倒れていると119番通報があった。県警や消防によると、倒れていたのは中学生くらいとみられ、病院で死亡が確認されたという。犬山署は、マンションから転落した可能性もあるとみて調べている。http://www.asahi.com/articles/ASK7P6DKJK7POIPE03B.html

| トラックバック (0)

6年前の豪雨の不明女性 貯水池で遺体見つかる 奈良(21日)NHK

良県十津川村の貯水池で先月見つかった遺体について警察が確認したところ、6年前の紀伊半島豪雨で行方がわからなくなっていた当時37歳の女性とわかりました。
 奈良県十津川村の貯水池で先月30日に遺体が浮かんでいるのが見つかり、警察がDNA鑑定をして身元の確認を進めていました。その結果、平成23年9月の紀伊半島豪雨で行方がわからなくなっていた中西麻紀代さん(当時37)とわかりました。
 警察によりますと、当時、中西さんは十津川村に隣接する奈良県五條市に住んでいて、豪雨による土砂崩れで家ごと流され、その後のたび重なる捜索でも見つかっていませんでした。中西さんの自宅から遺体が見つかった貯水池までは直線で10キロ余りの距離だということです。
 中西さんの兄の勇次さんはNHKの取材に対し「父と母が元気なうちに妹が見つかったことはありがたいです」と話していました。
 奈良県内では、紀伊半島豪雨で中西さんを含めて15人の死亡が確認されましたが、依然9人の行方がわからないままです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170721/k10011068271000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| トラックバック (0)

JKビジネス 条例施行後初の立ち入り調査(21日)NHK

女子高校生との散歩や添い寝などのサービスをうたった「JKビジネス」を規制する東京都の新たな条例が、今月施行されたことを受けて、警視庁は「JKビジネス」の店が多い秋葉原で、条例の施行後、初めてとなる店舗への立ち入り調査を行いました。
 条例施行後初めての立ち入り調査は、店舗の実態を把握しようと、多くの高校が夏休みになるのに合わせて21日に行われました。
 警視庁によりますと、捜査員およそ70人が営業の届け出が出ていない東京・秋葉原の11店舗に立ち入り、営業の実態や違法行為がないかなどを調査したということです。新たな条例で禁止された18歳未満の少年・少女の接客はありませんでしたが、店の出入り口に少女などの立ち入りを禁止する表示がない店が4店舗あったほか、従業員名簿の記載が不十分な店が1店舗あり、それぞれ行政指導を行ったということです。
 警視庁によりますと、「JKビジネス」の店は先月末の時点で、店舗型と店舗を持たない無店舗型を合わせて都内に76店舗と減少傾向にありますが、新たな条例で定められた営業の届け出を出しているのは21日までに5店舗しかなかったということです。警視庁は引き続き営業実態の把握を進め、取締りを強化していく方針です。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170721/k10011068491000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| トラックバック (0)

自称「社交界のプリンス」逮捕、少年にわいせつ行為の疑い(21日)TBS

「社交界のプリンス」としてテレビに出演していた男が、高校生だった少年にわいせつな行為をしたなどとして警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは東京・新宿区に住む元芸能プロダクション経営、熊谷裕樹容疑者(32)で、2014年8月、都内のホテルで当時高校生だった少年(当時15)にわいせつな行為をしたうえ、少年の裸をスマートフォンで撮影した疑いが持たれています。熊谷容疑者は去年9月、この少年の頭を瓶で殴り、首に4針縫うけがをさせたとして先月、逮捕されていました。
 熊谷容疑者は「社交界のプリンス」と名乗り、テレビ出演するなど芸能活動をしていました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3110601.html

| トラックバック (0)

日本橋の首都高、地下化 国・都・首都高が本格協議へ(21日)日経

東京・日本橋の真上を走る首都高速道路について、国土交通省は21日、都や事業主体の首都高速道路会社と地下移設に向けた協議を本格化させる方針を明らかにした。周辺の再開発と連携した具体策を議論するほか、2020年東京五輪・パラリンピックの閉幕後の着工を目指し、費用負担も話し合う。
 地下化は首都高都心環状線の竹橋・江戸橋両ジャンクション(JCT)間の約2.9キロを軸に議論が進むとみられる。国交省によると、事業費は数千億円かかる見込みでコスト削減策を詰める。
 首都高は1964年の五輪開催に備えた都市開発の一環で整備された。用地買収などの手間を省くために日本橋川の上を通るルートとなり、国の重要文化財でもある日本橋の周辺の景観を損ねたとの批判が根強かった。老朽化も進んでおり、大規模更新の時期を迎えている。
 竹橋・江戸橋両JCT間は当初約1400億円をかけて高架のまま改築する計画だったが、地元関係者らで作る「日本橋再生推進協議会」が2008年に橋の上から道路をなくす案を提言。
 国交省の有識者会議も12年に地下移設を盛り込んだ報告書をまとめていた。
 石井啓一国土交通相は21日の閣議後の記者会見で「地下化で上空が澄み渡れば、日本橋は観光拠点にもなる」と話した。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG21H3O_R20C17A7CR0000/

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(21、22日 単位・レベル) 
戦後最大の抑止力だ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1013011

 刑法犯の認知件数が戦後最も少なかった昨年同期よりさらに3万件も減少していることが警察庁の調べで分かった。
 警察庁によると今年上半期(1~6月)の刑法犯認知件数は45万0887件で前年同期より3万7829件も減らした。
 凶悪犯、粗暴犯、窃盗犯、風俗犯とほとんどが減っており、中でも窃盗犯は3万5228件も減り、認知件数は32万0312件となった。これは刑法犯全体を減らした数字に匹敵する。しかし、知能犯は逆に2280件も増えて2万4003件もあった。
 認知件数のランキングでは東京の6万0826件、大阪の5万2808件、愛知の3万2634件、埼玉の3万0891件、神奈川の2万6999件と続いた。
 この中で前年同期より減らしたランキングは大阪の-7541件、東京の-4969件、埼玉の-3981件、北海道の-2207件に福岡の-2004件と続いた。
 ほぼ全県が減らしているのに対して増えたのは三重の+209件、熊本の+60件の2県だけだった。
 あの警察バッシングが最悪だった平成12年、「どうすれば警察を立て直すことができるか。代役はないのです」と嘆いていた警察幹部のことが思い出されてならない。警察庁内で廊下ですれ違う人の多くの表情が暗かった。ここまで立て直した全国の警察官諸君に感謝したい。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| トラックバック (0)

中国産落花生からカビ毒検出…5万2千袋回収を命令(21日)産経

 岐阜市保健所は21日、同市の稲葉ピーナツが販売した中国産落花生から基準値を超えるカビ毒「アフラトキシン」が検出されたとして、食品衛生法違反に基づき27都府県に出荷した約5万2千袋の回収を命じた。アフラトキシンには発がん性がある。健康被害は確認されていないという。
■当該ピーナツ、27都府県に出荷

 同市によると、回収対象は、140グラムと300グラム入りの「さや付落花生」と260グラム入りの「クラフトさや付」の3種類で、賞味期限は8月19日~9月9日。三重県の検査で判明したという。

▼【関連ニュース】中国から68港…強毒ヒアリ、舗装の亀裂で繁殖か 定着防止へ国交省が補修
http://www.sankei.com/west/news/170721/wst1707210070-n1.html

| トラックバック (0)

部下に暴行、御料牧場の職員2人を懲戒処分 宮内庁(21日)朝日

 宮内庁は21日、同庁御料牧場(栃木県高根沢町)の40代男性職員2人が、部下の男性職員に暴力を加えたとして、それぞれ減給3カ月(10分の1)と戒告の懲戒処分にしたと発表した。
 同庁によると、職員2人は昨年11月~今年5月、施設のカギをかけ忘れなど部下に業務上のミスがあったとして、竹ぼうきの柄や平手などで暴行を加えた。暴行は週2~3回程度の頻度であり、部下はひじが腫れ、腰にあざができるなど負傷した。5月下旬に同僚職員から上司に相談があり、発覚した。(島康彦
http://www.asahi.com/articles/ASK7P5F9BK7PUTIL048.html

| トラックバック (0)

時効まで12日、7年前の強制わいせつで男逮捕(21日)読売

7年前、大阪市内の路上で女性の体を触ったとして、大阪府警は21日、無職の男(32)(起訴済み)を強制わいせつ容疑で逮捕したと発表した。
 逮捕は5月30日で、公訴時効(7年)の成立まで残り12日だった。
 府警によると、男は2010年6月12日未明、大阪市内の路上で、帰宅中の20歳代の女性の口を塞ぎ、体を触った疑い。男は当時会社員で、調べに容疑を認め、「仕事のストレスを発散するためだった」と供述しているという。
 府警は今年3月、別のわいせつ事件に関連して男のDNA型を採取。過去の事件について調べたところ、7年前の強制わいせつ事件の遺留物と一致した。
 男はこの事件ですでに起訴されており、府警は他に4件の強制わいせつ容疑などでも追送検した。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170721-OYT1T50081.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

スーパーで万引き・暴行 警視庁職員を停職処分(21日)NHK

さいたま市のスーパーで食料品を万引きしたうえ、呼び止めた警備員などに暴行してけがをさせたとして逮捕された警視庁の職員について、警視庁は停職3か月の懲戒処分にしました。
 警視庁大塚警察署の星光太郎主事(52)は、先月21日、さいたま市緑区のスーパーで粉チーズなどを万引きして、呼び止めた警備員や近くにいた人を傘でたたくなどしてけがをさせたとして、強盗の疑いで逮捕されました。
 警視庁によりますと、容疑を認め、その後、窃盗と傷害の罪で略式起訴されて、罰金50万円の略式命令を受けました。
 「家庭内の悩みでストレスがあった」などと話しているということで、警視庁は21日、停職3か月の懲戒処分にし、主事は辞職しました。警視庁は「警察職員にあるまじき行為で再発防止に努めたい」としています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170721/k10011067911000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006

| トラックバック (0)

巡査が信号無視、職務質問中に逃走 福井県警が減給処分に(21日)共同

福井県警本部の20代男性巡査が5月、自家用車を運転中に赤信号を無視した上、警察官の職務質問中に逃走したとして、減給10分の1(1カ月)の懲戒処分を受けていたことが20日、県警への取材で分かった。
 県警監察課によると、巡査は5月の公務時間外の夜間に、県内の信号交差点で乗用車を運転。赤信号を無視し、パトカーで取り締まり中の警察官に停止するよう求められた。巡査はいったん停止したが、職務質問中に車を発進させて逃走。その後上司に信号無視を申告し、反則切符を切られた。飲酒はなかった。
 県警は現場から逃走したことを重くみて、6月27日付で処分した。県警は警察庁の指針を参考に、懲戒処分を発表するか判断しており、今回は基準に当たらないとして発表していなかった。
http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/218339

| トラックバック (0)

知人男性を監禁し暴行か、暴力団幹部ら逮捕(21日)TBS

東京・港区で知人の男性を監禁し暴行したとして、住吉会系暴力団幹部ら5人が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、住吉会系暴力団幹部の金井博容疑者(51)ら男女5人です。金井容疑者らは去年6月、知人の男性(41)を港区内のマンションに呼び出し、鎖などで縛って監禁したうえ、スタンガンなどで暴行を加え、全治2週間のけがをさせた疑いが持たれています。
 金井容疑者らは男性と金銭トラブルになっていたということで、警視庁が詳しいいきさつを調べています。警視庁は5人の認否を明らかにしていません。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3110543.html

| トラックバック (0)

秋葉原の禁止地区で性的サービスか、「JKリフレ」経営者ら逮捕(21日)TBS

風俗店の営業が禁止されている東京・JR秋葉原駅近くのビルの一室で性的なサービスをさせたとして、経営者の男ら2人が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、千代田区外神田の個室マッサージ店経営者渡邉裕也容疑者(38)と、店長の田中章仁容疑者(27)の2人で、先月10日、営業禁止区域内にも関わらず従業員の専門学校生(19)に性的マッサージをさせたなどの疑いが持たれています。
 この店は従業員が女子高校生の制服姿で添い寝やマッサージをする「JKリフレ」をうたっていましたが、実際はカーテンで仕切った個室で裏オプションと称し、性的サービスが行われていたということです。
 調べに対し、渡邉容疑者は容疑を認めているということですが、田中容疑者は「性的サービスをしていることは知らなかった」と容疑を否認しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3110552.html

| トラックバック (0)

虐待児、治療後も入院356人 受け入れ先見つからず(21日)日経

虐待を受けて入院した子供のうち、医学的な問題がないにもかかわらず入院の継続を余儀なくされた子供が2016年までの2年間に356人いたことが小児科医の研究チームの調査で分かった。21日までに報告書を公表した。入院中に保護者から新たな虐待を受けた子供が28人いたことも明らかになった。
 虐待や養育力の不足などを理由に、子供が治療後も退院できない「社会的入院」については、厚生労働省も十分に実態を把握できていない。同省は今年度中に児童相談所への調査を進め、対策を検討する。
 前橋赤十字病院小児科の溝口史剛医師らによる研究チームが報告書をまとめた。社会的入院などの現状を調べるため、963医療機関を対象にアンケート調査を行い、454施設が回答した。
 調査では15~16年に虐待を受けた子供計2363人の入院が確認された。このうち治療が終わったにもかかわらず5日間以上、退院できなかった子供が509人(21.5%)いた。
 さらに詳しく調べると、医学的に何ら問題がないにもかかわらず、受け入れ先が見つからずに入院を続けた子供が356人に上ることが判明。頭部の外傷などにより退院後も医療ケアが必要だが、受け入れ先がないため退院させられない子供も143人いた。
 研究チームは詳細な報告があった126人分の状況を分析。年齢別では乳児が36人(28.6%)で最も多かった。社会的入院の期間については、14日以上だったのが68人(54.0%)と半数を超えていた。
 報告書では「2週間を超えて社会的入院が続くことは、大いに問題。子供にとっては『社会によるネグレクト(育児放棄)』にほかならない」と指摘している。
 一方、今回の調査では入院時に付き添った保護者による新たな虐待の発生状況も調べた。その結果、15~16年に28人が院内で虐待を受けていた。
 また、期限を設けず保護者による院内虐待について調べたところ、65人の事例が確認された。このうち35人は死亡につながりかねない重度の虐待だった。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG21H1S_R20C17A7CR0000/

| トラックバック (0)

焼酎グラスに「運転やっせん!」 飲酒運転撲滅呼びかけ 鹿児島の警察署員提案(21日)西日本

鹿児島県霧島市の横川警察署と横川地区安全運転管理協議会は、地元の方言を使って飲酒運転撲滅の意識を徹底しようと「飲んだら運転 やっせん!」と記した焼酎グラス=写真=を1300個作った。
 やっせんは鹿児島弁で「駄目」の意味。管内の飲酒運転摘発は昨年3件で、このグラスでゼロを目指す。ちなみにお湯割り用だが、「夏場の飲酒機会が多くなる時期の啓発用に」と署員が提案し、作製。協議会加盟の90事業所に配った。
 署は「やっせんの文字を見ながら飲めば、運転できないはず」。管内外から強い関心が寄せられ、協議会は市販も検討中。=2017/07/21付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/344675

| トラックバック (0)

米、世界最大の闇サイト摘発 アルファベイ 違法薬物など販売 20万人超が利用(21日)産経

【ワシントン=小雲規生】米司法省は20日、世界最大の闇サイト「アルファベイ」を欧州やアジアの司法当局と連携して摘発したと発表した。アルファベイでは摘発時、違法薬物や毒性のある化学物質の販売告知が25万件以上出ていたほか、偽造身分証明書、銃器なども販売されていた。4万人の売り手が参加し、20万人超の顧客が利用していたという。
 司法省は、サイトの創設者でカナダ人のアレクサンドル・カゼス容疑者(25)が居住先のタイで5日に逮捕されたことも公表。カゼス容疑者は拘留中の12日に自殺した。
 カゼス容疑者と妻がタイ、キプロス、リヒテンシュタインなどで保有していた資産は押収された。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)はカゼス容疑者はランボルギーニなどの高級車10台、1800万ドル(約20億円)相当の金融資産を保有していたとしている。
 摘発にはタイ、オランダ、リトアニア、カナダ、英国、フランスの司法当局と欧州警察機関(ユーロポール)が協力した。オランダ当局は20日、別の闇サイト「ハンザ・マーケット」を摘発したと発表した。続きを読む

| トラックバック (0)

機関銃手に観客人質…競馬場で対テロ訓練(21日)テレビ朝日

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、東京・府中市の東京競馬場でテロが発生した想定の対処訓練が行われました。
 機関銃と化学剤を持ったテロリストの男が観客を人質に取ったという想定で行われた訓練には、警視庁の銃器対策部隊や近隣住人など約140人が参加しました。訓練では競馬場職員がテロリストの手荷物検査をしたところ、機関銃と化学剤が見つかり、テロリストが観客の女性を人質に取りました。その時、駆け付けた銃器対策部隊がテロリストを狙撃して制圧し、女性を救出する流れを確認しました。また、化学剤はNBCテロ捜査隊によって回収されました。警視庁は3年後の東京オリンピック・パラリンピックを見据え、「ソフトターゲット」と呼ばれる多くの人が利用する施設などでのテロ対策を強化しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000105857.html

| トラックバック (0)

50代男性刺され死亡 洲本の精神障害者生活施設(21日)共同

21日午前1時50分ごろ、兵庫県洲本市上加茂の精神障害者生活訓練施設で、50代の入所者の男性が背中を刃物で刺されて倒れているのを、別の入所男性が見つけ110番した。男性は約1時間後に死亡が確認された。洲本署は施設から逃走していた入所者の60代の男を約1キロ離れた路上で確保し、殺人の疑いで調べている。
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201707/0010390205.shtml

| トラックバック (0)

振り込め詐欺 「カード受け取り型」急増 目立つ百貨店員装う手口 静岡(21日)産経

今年に入り、静岡県内で「振り込め詐欺」の被害が増加している。18日時点の被害件数は前年比32件増の232件で、被害額は4億4755万円(同5818万円減)。オレオレ詐欺が162件と前年の1.4倍に増えているのが特徴で、中でも百貨店従業員などを装い高齢者からキャッシュカードをだまし取る手口が急増している。
 振り込め詐欺の件数を手口別でみると、最多がオレオレ詐欺の162件(同46件増)。以下、架空請求詐欺49件(同13件増)▽融資保証金詐欺12件(同4件増)▽還付金詐欺9件(同31件減)-となっている。
 このうち、「税金の還付がある」などとだまして現金自動預払機(ATM)で現金を振り込ませる還付金詐欺は、県内の金融機関で高齢者のATMの利用を制限するなどの対策が進んだため、前年から被害件数が大幅に減少した。
 しかし、ATMの利用者への対策が強化された結果、犯行グループの手口も変化。キャッシュカードやクレジットカードを直接だまし取る形の“新種”のオレオレ詐欺が急増しているという。
 県警によると、「カード受け取り型」とも呼ばれる同詐欺の今年6月末時点の被害件数は39件(被害額は6592万円)で、年間で18件(被害額は5776万円)だった昨年を既に上回っている。続きを読む
1
2 次へ
http://www.sankei.com/affairs/news/170720/afr1707200021-n1.html

| トラックバック (0)

【中国人姉妹死体遺棄】姉の交際相手 遺棄容疑で逮捕へ 神奈川県警(21日)産経

横浜市に住む中国籍の職業不詳、陳宝蘭(ちん・ほうらん)さん(25)と妹の専門学校生、宝珍(ほうちん)さん(22)の遺体がスーツケースに入れられた状態で神奈川県秦野市内の山林で見つかった事件で、県警が21日にも死体遺棄容疑で、宝蘭さんの交際相手で日本人の男(39)=横浜市青葉区=を逮捕する方針を固めたことが20日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、姉妹が失踪する直前の6日未明、姉妹が同居する横浜市中区のマンションを男が出入りする様子が防犯カメラで確認されたことなどから関与が浮上。カメラには、男がロープのようなものを落とす様子や、7日にスーツケースを運び出す様子も写っていた。
 県警捜査1課は10日に男を姉妹への監禁容疑で逮捕。死体遺棄事件にも関与したとみて裏付けを進めていた。
http://www.sankei.com/affairs/news/170721/afr1707210003-n1.html

| トラックバック (0)

警察の懲戒処分122人 逮捕者29人、上半期(21日)産経

今年1~6月の上半期に免職や停職などの懲戒処分を受けた全国の警察官や警察職員は計122人(前年同期比1人増)だったことが20日、警察庁のまとめで分かった。このうちセクハラによる処分は6人(4人減)で、パワハラは3人(1人減)。逮捕者は29人(8人減)だった。
 具体的な処分理由では、セクハラを含む「異性関係」が39人(10人減)で最も多かった。次いで「窃盗、詐欺、横領など」の25人(7人減)、「交通事故、違反」が19人(5人増)などだった。
http://www.sankei.com/affairs/news/170720/afr1707200022-n1.html

| トラックバック (0)

スーツケースに姉妹遺体、監禁容疑で30代男を逮捕(21日)朝日

 神奈川県秦野市の山林に放置されたスーツケースから、横浜市に住む中国籍の姉妹が遺体で見つかった事件で、県警が、日本人の30代の男を姉妹に対する監禁容疑で逮捕していたことが捜査関係者への取材でわかった。県警は近く、死体遺棄容疑で再逮捕する方針。
 県警によると、遺体で見つかったのは、いずれも横浜市中区日ノ出町2丁目に住む飲食店従業員の陳宝蘭さん(25)と専門学校生の陳宝珍さん(22)。
 捜査関係者によると、監禁容疑で逮捕されたのは姉の宝蘭さんが勤める飲食店の客で、横浜市に住む男。今月6日未明に姉妹が住むマンションの部屋に侵入し、7日にかけて姉妹を監禁した住居侵入と監禁の疑いがある。調べに対し容疑を否認しているという。
 マンションの防犯カメラには、…

残り:218文字/全文:530文字
http://www.asahi.com/articles/ASK7N621VK7NULOB01R.html

| トラックバック (0)

知らない間に悪用され口座凍結 大阪の団体が抗議文(21日)NHK

通帳を盗まれたり落としたりした人の口座が、知らない間に振り込め詐欺などに悪用された結果、口座凍結の措置を受け、新たな口座の開設もできなくなるなど甚大な人権侵害が続いているとして、大阪の弁護士らの団体が銀行協会や警察庁などに抗議文を提出しました。
 銀行口座が振り込め詐欺などの犯罪に悪用されたことがわかると、警察庁の「凍結口座名義人リスト」に名前が載って金融機関に周知され、名義人は口座が使えなくなるうえ、新たに口座を開設できなくなります。
 多重債務者やヤミ金融の被害者の支援に取り組む弁護士や司法書士などでつくる「大阪いちょうの会」によりますと、去年10月以降、知らない間に口座を凍結されたという相談が50件ほど寄せられ、中には車上荒らしで通帳を盗まれた人や外出先で落とした人など、犯罪と関わりのない人が半分以上含まれていたということです。
 このため、会では見直しを申し入れましたが改善されておらず、新たに口座を開設できないため、勤め先から給与の振り込みが受けられないなど甚大な人権侵害が続いているとして、20日、全国銀行協会や警察庁などに抗議文を提出しました。
 大阪いちょうの会のメンバーで、司法書士の前田勝範さんは都内で記者会見し「今後、賠償を求める裁判を起こすことも検討したい」と述べました。
 一方、全国銀行協会はこれまでのNHKの取材に対し、「口座凍結の運用方法は改善を協議していて、すでに改善した点もある。具体的な内容は犯罪対策に関わることなので明らかにできない」としています。

| トラックバック (0)

茨城・水戸で意識不明の男性見つかる、事件に巻き込まれたか(21日)TBS

茨城県水戸市にある建設会社の敷地内で男性が意識不明の状態で倒れているのが見つかりました。頭の骨が折れていて、警察は事件に巻き込まれた可能性があるとみて調べています。
 20日午前11時半ごろ、水戸市泉町にある建設会社の敷地内で、人が倒れているのを敷地の裏の飲食店の従業員が見つけました。警察が駆けつけたところ、50代から60代と見られる男性が、うつぶせの状態で倒れていて意識がありませんでした。
 警察によりますと、男性は頭の骨が折れていて、顔の一部が黒っぽく変色していたということで、病院に運ばれましたが重体です。警察は男性の身元の確認を進めるとともに、事件に巻き込まれた可能性があるとみて調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3109696.html

| トラックバック (0)

患者のべ1700人の個人情報紛失 名古屋市消防局、誤廃棄か(21日)日経

 名古屋市消防局は20日、救急搬送された患者のべ約1700人分の個人情報を含む文書を紛失したと発表した。病人やけが人の氏名や住所、病名・症状のほか、初診時の医師の氏名などが記載されていた。誤って廃棄した可能性が高く、悪用などの報告はないという。同局は関係者に説明と謝罪の文書を郵送した。
 発表によると、紛失したのは港消防署稲永出張所(港区)で保管していた文書。搬送時に救急隊員が書く「傷病者収容書」約1500件と、搬送後に記載する「救急活動報告書」約1700件で、2012年に作成された。文書にはのべ1698人の患者と、同1511人の医師の個人情報が含まれていた。
 今月6日、個人情報の開示請求を受け同出張所を調べたところ、紛失が判明した。外部から侵入された痕跡はないという。
 市消防局総務課は「深くおわびする」としている。文書の保管・廃棄のルールを徹底し、関係者の処分を検討する。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD20H2J_Q7A720C1CN8000/

| トラックバック (0)

違法ネットカジノ店摘発 従業員7人と客ら逮捕(21日)テレビ朝日

さいたま市の雑居ビルの地下で営業していた違法インターネットカジノ店が摘発され、従業員7人と客らが逮捕されました。
 違法インターネットカジノ店「テッカマン」の従業員・隅一信容疑者(53)ら7人は、JR大宮駅近くの雑居ビルの地下でパソコンを使って客にルーレットやバカラなどの賭博をさせた疑いが持たれています。警察によりますと、去年10月、情報提供を受けて捜査を続け、19日、捜査員が店に踏み込んで従業員4人と客5人を現行犯逮捕しました。その後、さらに従業員3人も逮捕されたということです。店は口コミで客を集め、カメラで顔を確認してから入店させるなどして摘発を逃れていました。先月の売り上げは約2500万円で、延べ1500人の客が出入りしていたということです。警察は他にも関わっている人物がいるとみて、売上金の流れなどを調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000105830.html

| トラックバック (0)

“ハトに餌”注意され暴行 61歳男を逮捕 名古屋市(21日)テレビ朝日

 名古屋市の公園でハトへの餌(えさ)まきを注意されたことに逆上し、男性を暴行して骨折などのけがをさせたとして61歳の無職の男が逮捕されました。
 警察によりますと、傷害の疑いで逮捕された南区の無職・村永義雄容疑者は11日、南区の大江川緑地で76歳の男性に足で蹴るなど暴行し、肋骨(ろっこつ)を折るけがをさせた疑いが持たれています。警察の調べに対し、村永容疑者は「ハトへの餌まきを注意されたことに腹を立てた」と容疑を認めているということです。名古屋市は、村永容疑者のハトへの餌やりについて去年以降、数回にわたって指導をしていましたが改善されず、近隣住民ともトラブルになっていました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000105842.html

| トラックバック (0)

激甚災害4市町村指定へ 九州豪雨被害1000億円超 死者35人に、新たに1人確認うきは市の男性(21日)西日本

 政府は九州豪雨を激甚災害に指定することを決めた。松本純防災担当相が21日に表明する。なお国内で豪雨被害の恐れもあることから、閣議決定は全国の梅雨明けを待って行う。また激甚指定の根拠にもなる道路、河川、農産物などの被害額について、福岡県で5年前の九州北部豪雨を大きく上回る900億円程度に達する見通しとなっていることが県関係者への取材で判明。公表済みの大分県の約206億円と合わせ、被害総額が1千億円を超えるのが確実となった。
 福岡県によると佐賀県みやき町の筑後川岸で16日に発見された遺体は福岡県うきは市浮羽町田篭の小塩正さん(89)と確認された。大分県を含めた犠牲者は35人、行方不明者は福岡県の6人となった。
 閣議決定に先立つ激甚指定の表明には、被災自治体の財政面での不安を払拭(ふっしょく)する狙いがある。指定されると災害復旧事業に対する国庫補助率は最大9割程度まで引き上げられる。
 政府は農地などの復旧については九州豪雨を含め、全国で被害が相次いだ豪雨に「激甚災害」を適用。公共土木や公立学校施設などの復旧は福岡県朝倉市、添田町、東峰村、大分県日田市を対象として「局地激甚災害」に指定する。また朝倉市、東峰村を対象に被災中小企業への復旧支援を適用する。
 九州豪雨の被害額は一部地域での調査が進んでおらず、全体額は今後さらに増える可能性がある。福岡県は調査を急ぎ、来週早々にも公表したい考え。
 同県関係者によると、19日時点での被害総額は約830億円だが、東峰村で農地の調査がほとんどできておらず、森林被害の全容もつかめていない。県幹部は20日、調査が進めば被害額は900億~1千億円程度になる可能性もあるとの見方を示した。九州北部豪雨の県内被害額は670億円だった。
 大分県の15日時点での被害額は約206億8千万円。熊本、福岡、大分3県で死者31人を出した九州北部豪雨の被害総額は約2千億円で、大分県は502億円だった。
 インフラ復旧では20日、福岡県朝倉市が断水中の杷木地区の1654戸について7月末までに8~9割の世帯が解消される見通しになったと発表した。東峰村でも58戸の断水が22日までに解消される見通し。http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/344679

| トラックバック (0)

« 2017年7月20日 | トップページ | 2017年7月22日 »