« 2017年7月16日 | トップページ | 2017年7月18日 »

2017年7月17日

2017年7月17日 (月)

長野県の北アルプスで遭難相次ぐ 男女2人が死亡(17日)朝日

 3連休最終日の17日、長野県北アルプスで遭難が相次ぎ、男女2人が死亡した。
 県警によると、北アルプスの唐松岳で午前9時10分ごろ、夫と日帰り登山に来ていた新潟県糸魚川市の会社員今井智美さん(42)が、標高約2200メートルの登山道から数メートル滑落した。県警ヘリコプターで救助し、長野県松本市内の病院に搬送したが、死亡が確認された。
 北アルプス槍ケ岳東側付近でも正午ごろ、斜面の岩場に50~60代の男性が倒れているのを別の登山者が見つけた。男性は心肺停止状態で、県警ヘリで同市内の病院に運ばれたが、死亡が確認された。
http://www.asahi.com/articles/ASK7K6DN8K7KUOOB01P.html

| トラックバック (0)

中国公船が青森沖領海侵入 海警局の2隻、海保初確認(17日)共同

第2管区海上保安本部(宮城県塩釜市)によると17日、青森県沖で中国海警局の船2隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。2管本部は、この海域で中国公船の侵入を確認したのは初めてとしている。
 2管本部によると、午前8時5分ごろから20分ごろにかけて、海上保安庁の巡視船が青森県の艫作崎沖の領海に海警局の船2隻が相次いで侵入したことを確認。海保が無線で注意を呼び掛け、2隻は午前9時40~45分ごろにいったん領海を出た。
 約2時間後、2隻は津軽海峡の竜飛崎沖の領海に再び侵入、午後3時20~25分ごろに領海を出た。
https://this.kiji.is/259639338465297909?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

夫の「退職金」めぐりトラブルも、妻・娘2人“遺体放置”否認(17日)TBS

横浜市で夫とみられる男性の遺体を放置したとして、妻と娘2人が逮捕された事件。去年には夫の「退職金」をめぐり警察に通報するトラブルもあったというこの家族、何があったのでしょうか?
 17日朝、送検された自称・無職の山内真里子容疑者(60)。長女の桂容疑者(34)、次女の優香容疑者(29)とともに身柄を検察庁に送られました。3人は先月ごろから今月15日までの間、横浜市神奈川区の自宅で真里子容疑者の夫とみられる60代の男性の遺体を放置した疑いがもたれています。
 「気づいていた。変な臭いがするなと」(近所の住民)
 「異臭がする」との通報を受けて駆けつけた警察に対し、真里子容疑者は当初、部屋への立ち入りを拒否しました。このため、警察が捜索令状を取って立ち入ったところ、男性の遺体を発見したのです。
 15日夜、3人が自宅マンションで逮捕されたころ、現場付近で救急隊がストレッチャーを動かす姿が防犯カメラの映像から確認できます。
 「何のことだか分からない」(真里子容疑者)
 取り調べに対し、3人はいずれも容疑を否認しています。その後の警察への取材で、遺体は服を着たままの状態で部屋の布団の脇に放置されていたことがわかりました。遺体は一部が白骨化していて、目立った外傷はなかったということです。
 去年10月、「夫が退職金を渡さない」などと警察に通報した真里子容疑者。一方、男性は警察に対し・・・
 「妻から殴られ、娘2人には羽交い締めにされた」(男性)
 男性は同様の相談を区役所にもしていましたが、その後、再び訪れた警察官に「お金を渡しているので大丈夫です」と説明したということです。警察は、司法解剖して死因を調べる方針です。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3106970.html

| トラックバック (0)

父親刺し?現場から立ち去り 息子とみられる男逮捕(17日)テレビ朝日

刺された男性の息子とみられる男が殺人未遂容疑で逮捕されました。
 17日午前2時ごろ、愛知県岩倉市の集合住宅で「弟が父親を刺した」と110番通報があり、部屋の中で左胸を刺されて倒れている男性を警察官が見つけました。警察によりますと、男性は50代くらいで外国籍とみられます。命に別状はありません。その後の警察の調べで、現場から立ち去った男性の息子とみられる男が三重県川越町で見つかり、殺人未遂の疑いで逮捕されました。警察の調べに対し、男は容疑を黙秘しているということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000105566.html

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(17、18日 単位・レベル) 
安寧のために
【治安うんちく】

2009_1228_222559212_2

F1012888

 匿名通報ダイヤルなる制度があるのをご存じか?
 暴力団が関与する犯罪や組織に打撃を与えるような事件情報や組織実態に関する情報。例えば「対立抗争事件に関わる情報」「賭博、覚せい剤取締法違反及びノミ行為」。今問題になっている「振り込め詐欺」。防犯ビデオで映像が公開されることの多い「強盗」。さらには「企業・行政対象暴力」「みかじめ料や用心棒料の要求」。「薬物の所持や譲渡、又は譲受け」。輸出入情報や製造、栽培等などの情報を受け付けている。
 中でも振り込め詐欺のように被害者に電話をかけるなどして対面することなく信頼させ、指定した預貯金口座へ振り込ませたり、受け子が受け取るなど不特定多数の者から現金等をだまし取る犯罪(現金等を脅し取る恐喝を含む)に関する情報を求めているもの。検挙に結びつく有力情報には賞金も支払われる。
 警察庁によると平成28年度に通報を受理した件数は2万0271件。前年度の約1.8倍にあたり過去最多を更新したという。
 暴力団の組織犯罪など7種の対象犯罪のうち、最高10万円の支払いが対象となる有力情報は、4年連続で30件を超えた。
 内容的に最も多かったのは「薬物・拳銃」の2557件。これに「少年福祉」の733件、「児童虐待」の612件、「特殊詐欺」の247件、「人身取引」の182件と続いた。
 このうち検挙に発展した通報は31件で、特殊詐欺のアジト摘発に貢献したものもあったという。
 警察は犯人を検挙して身柄を拘束する権限があっても情報に勝るものはない。国家の安寧は警察だけでなく国民ひとり一人が協力しあうことが必要だ。
   首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。             

| トラックバック (0)

居留守に逆ギレ…消火器で殴りドア壊す 容疑で30歳女逮捕(17日)産経

叔母宅の玄関ドアを消火器で殴って壊したとして、滋賀県警草津署は16日、建造物損壊容疑で、同県草津市野路町のアルバイトの女(30)を現行犯逮捕した。容疑を認め、「金銭トラブルがあった」という趣旨の供述をしているという。
 逮捕容疑は、同日午前11時40分ごろ、同市野路町のマンションに住む無職の叔母(51)宅を訪れた際、叔母が居留守を使って応じなかったため、近くにあった消火器で玄関ドアを十数回にわたって殴りつけ、損壊したとしている。
 叔母からの110番で駆けつけた同署員が、マンション駐車場にいた女を現行犯逮捕した。同署で詳しい動機などを調べている。
http://www.sankei.com/west/news/170717/wst1707170017-n1.html

| トラックバック (0)

北アルプス・唐松岳で女性滑落、ヘリ搬送も死亡(17日)読売

17日午前9時10分頃、長野・富山県境の北アルプス・唐松岳(2696メートル)の長野県側にある扇雪渓付近で、新潟県糸魚川市、会社員今井智美さん(42)が滑落したと一緒に登山をしていた夫から110番があった。
 今井さんは長野県警ヘリで病院に搬送されたが、約2時間後に死亡が確認された。
 長野県警大町署の発表によると、2人は日帰りの予定で入山していた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170717-OYT1T50049.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

東京・板橋で住宅火災、殺虫剤がろうそくに引火(17日)TBS

17日未明、東京・板橋区の住宅で火事がありました。ゴキブリの殺虫剤がろうそくに引火したということです。
 午前1時前、板橋区稲荷台の2階建ての住宅から出火し、火はおよそ2時間後に消し止められましたが、2階建ての住宅80平方メートルが焼けました。
 この火事で住人の男性(60)が煙を吸うなどして病院に運ばれましたが、命に別状はないということです。
 警視庁によりますと、男性は1人暮らしで電気が使えず、ろうそくで明かりをとっていましたが、ゴキブリにスプレー型の殺虫剤をまいたところ、ろうそくに引火し、さらに周りのごみに燃え移ったということです。警視庁などが当時の状況について、さらに詳しく調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3106757.html

| トラックバック (0)

世界の“海の警察”会議を東京で 中国も参加の予定(17日)テレビ朝日

世界の海上保安機関のトップが集まり、テロや密輸対策、海難事故での連携など海洋問題を解決する世界で初めての長官級会議が、9月に東京で開催されることが分かりました。
 海の日を記念して行われているイベントで、安倍総理大臣がメッセージを出しました。世界との連携が重要だと開催の意義を強調しました。世界で初めてとなる海上保安機関の長官級会議は、日本の海上保安庁と日本財団が共同で主催して、9月に東京で開催します。関係者によりますと、参加するのはアメリカの沿岸警備隊やロシアの連邦保安庁、タイの海事局など40以上の国と地域の組織です。会議ではテロや密輸対策における国際協力の在り方、海洋汚染の監視などを3日にわたり議論した後、問題の解決に向けた「共同声明」を発信するということです。尖閣諸島などで領海侵入を繰り返す中国も参加を予定していて、日本にどこまで協力するのかも焦点となります。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000105532.html

| トラックバック (0)

祖父殺害容疑、26歳孫再逮捕 「黙秘」と供述、神戸5人殺傷(17日)西日本

神戸市北区の住宅などで5人が殺傷された事件で、兵庫県警有馬署捜査本部は17日、死亡した無職南部達夫さん(83)に対する殺人の疑いで、南部さんの孫の無職竹島叶実容疑者(26)を再逮捕した。捜査本部によると、竹島容疑者は取り調べに対し「黙秘します」と供述している。
 県警は事件直後、近くの神社で、包丁を持っていたとして銃刀法違反の疑いで竹島容疑者を現行犯逮捕した。その際、血のようなものが付いた包丁や金属バットを持っていた。
 再逮捕容疑は16日、同居していた南部さんを包丁で刺したり、金属バットで殴打したりして殺害した疑い。http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/343812

| トラックバック (0)

空き巣に入った女性宅で母親の口ふさぐ…強盗致傷容疑で31歳男逮捕 淡路市(17日)産経

空き巣に入った女性(19)宅で訪ねてきた女性の母親(51)に暴行を加えたとして、兵庫県警淡路署は16日、強盗致傷容疑で住所不定、無職、菊尾好(よし)員(かず)容疑者(31)を逮捕した。容疑を認めているという。
 逮捕容疑は15日午後2時50分ごろ、淡路市志筑新島のワンルームマンションの窓ガラスを割って侵入、現金2万6千円などを盗み、訪ねてきた母親の口を両手でふさいで軽傷を負わせて逃走したとしている。
 同署によると、防犯カメラの画像と似た男を発見し、職務質問して所持品などから容疑者を割り出した。
http://www.sankei.com/west/news/170717/wst1707170014-n1.html

| トラックバック (0)

サイバー対策待ったなし=攻撃進化、狙われる開会式-東京五輪(17日)時事

2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、サイバーセキュリティー対策が喫緊の課題となっている。世界が注目する五輪はハッカー集団の格好の標的で、万一被害が出れば国の威信にも関わる。サイバーテロというえたいの知れない「敵」にどう対処するか、政府の姿勢が問われている。
 「対策に『やり過ぎ』という文字はない」。政府関係者は今年5月に世界規模で拡大したサイバー攻撃を念頭にこう気を引き締める。攻撃をめぐり北朝鮮犯行説も飛び交ったが、真相はやぶの中だ。
 五輪では12年のロンドン大会開会式に電力システムが狙われ、大会期間中、約2億件のサイバー攻撃が発生した。大事には至らなかったが、サイバーディフェンス研究所の名和利男上級分析官は「攻撃は日々進化している。ロンドンでの対処が通用しないものも多い」と警鐘を鳴らす。
 新国立競技場で五輪開会式が挙行されるのは20年7月24日。サイバー攻撃による停電で真っ暗となった競技場が全世界へテレビ中継されるという最悪の事態が起こらないとは限らない。
 実際、日本へのサイバー攻撃は年々増加している。情報通信研究機構(NICT)によると、16年のサイバー攻撃関連の通信は前年比2.4倍の約1281億件に上る。
 ◇本格稼働は五輪直前
 英国はロンドン大会の6年前からサイバー攻撃対策の準備に入っていたが、日本政府の対応は遅れているとの見方がもっぱらだ。しびれを切らした自民党の「サイバーセキュリティ対策推進議員連盟」は5月23日、安倍晋三首相に提言書を手渡し、司令塔組織の速やかな設置を求めた。
 ただ、政府はサイバー対策を担う「対処調整センター」の本格稼働時期について、東京大会開幕の約1カ月前を想定している。専門家からは「急ごしらえの組織が緊急事態に対処できるとは思えない」と厳しい声も上がる。
 人材育成も急務だ。提言は大会に向け、最低10人の指揮官、200人の高度技術者が必要としているが、「圧倒的に不足している」のが現状という。
 本番まで3年。不安を募らせる議連メンバーの一人はこう指摘する。「大惨事が起こってからじゃ遅い」。(2017/07/17-10:28)http://www.jiji.com/jc/article?k=2017071700202&g=soc

| トラックバック (0)

札幌日大高の野球部監督を逮捕 交通事故、チームは出場(17日)共同

札幌市内で女性を車ではねて重傷を負わせたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで16日に逮捕された札幌日大高教諭、森本卓朗容疑者(36)=同市中央区南14条=が、同校野球部監督だったことが17日、分かった。チームは全国高校野球選手権南北海道大会に出場しており、監督を交代して17日の試合を戦った。
 豊平署は16日夜、同市豊平区中の島1条2丁目の市道で、道路を横断していた近くの無職、福島節子さん(91)を乗用車ではねて腰の骨を折る重傷を負わせた疑いで、森本容疑者を現行犯逮捕した。「前をよく見ていなかった」と容疑を認めているという。
https://this.kiji.is/259515016851193864?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

金属バット振り回し歩く=血付着Tシャツの男-「キャッ」と叫び声も・神戸3人刺殺(17日)時事

 「キャッ」という叫び声が聞こえた-。神戸市北区で16日に起きた5人殺傷事件で、男が血の付いたTシャツ姿で金属バットを振り回して歩き、犠牲となった辻やゑ子さん(79)の襲撃に向かったとみられる様子が周辺住民の証言で分かった。

〔写真特集〕希代の犯罪者

 辻さんの隣の家に住むパート従業員の女性(53)は同日午前6時半ごろ、「キャッ」という叫び声を聞いた。「今、思えば辻さんの声だったかもしれない」と声を震わせる。
 女性は普段から、辻さんと庭先で会話するような仲。「辻さんはご飯のお裾分けをしてくれたり、竹やぶの掃除をしてくれたり、いろいろ世話をしてくれる方だった」と振り返る。
 辻さんは自宅の車庫で倒れているところを見つかった。付近の住民の男性(70)が設置した防犯カメラには、辻さんが襲われたとみられる前後の様子が映っていたという。
 男性によると、竹島叶実容疑者(26)とみられる男が、腹の部分に血が付いた白いTシャツ姿で、左手で金属バットを振り回しながら堂々と歩いていた。
 数回後ろを振り返ったが、焦った様子はなく、辻さん宅の車庫に入った。30秒ほどたって出てきたという。(2017/07/16-20:37)

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017071600386&g=soc

| トラックバック (0)

【神戸5人殺傷】増える傾向の親族間殺人 昨年は殺人事件総数の55% 「将来を悲観」や「不仲・トラブル」(17日)産経

全国の警察が摘発した未遂を含む殺人事件の総数のうち、今回の事件と同様の、親族間の事件の割合は増加傾向にある。警察庁によると、昨年1年間では全体の半数を超えており、動機は「将来を悲観」や「不仲・トラブル」が多い。
 平成16年8月、兵庫県加古川市で男が両隣の家に包丁と金づちを持って相次ぎ侵入し、おばら7人を刺殺した。親族間や近隣とのトラブルで怒りを募らせたとされる。25年2月には同市で40代の長男がバットで父と弟を殴るなどして殺害し、60代の母に重傷を負わせた。27年には同県洲本市(淡路島)でも、当時40歳の男が近隣住民5人を殺害する事件が起きている。
 警察庁によると、親族間の事件の割合は増加傾向にある。昭和54年に摘発された未遂を含む殺人事件の総数1557件のうち親族間の殺人事件の件数は678件(44%)だったが、昨年1年間では総数770件のうち、親族間は425件(55%)に上った。総数が半減したのに対し、親族間の事件の減少は約4割にとどまったことが親族間事件の割合を押し上げた要因で、子供が被害者となるケースが減少し、父母が殺される事件が増えている。続きを読む

| トラックバック (0)

パトカー追跡中の車が接触事故 車放置し4人逃走 愛知(17日)朝日

 16日午後8時45分ごろ、愛知県大治町西條の県道交差点で、パトカーに追跡されていた乗用車が車2台に接触する事故があった。2台の車に乗っていた男性2人にけがはなかった。乗用車に乗っていた4人は車を放置して逃走した。県警が行方を追っている。
 中村署によると、「不審車両が走行している」と県警本部から指令を受けて、近くにいた同署のパトカーが出動。同県あま市の交差点で乗用車を発見した。停止を求めたところ逃走したため、サイレンを鳴らしながら約1・8キロを2分間にわたり追跡。乗用車は信号待ちをしていた2台の間をすり抜けようとして接触したという。
http://www.asahi.com/articles/ASK7K02Q1K7JOIPE01X.html

| トラックバック (0)

都市の空き家・空き地 取り引き活発化の対策検討へ(17日)NHK

人口減少などの影響により空き家や空き地が増え、都市がいわば「スポンジ」のように空洞化しているとして、国土交通省は空いた建物や土地の取り引きを活発化させる対策などを検討することになりました。
 国土交通省などによりますと、全国の空き家は平成25年の時点でおよそ820万戸と、10年間で24%増えるなど、有効に利用されていない建物や土地が都市のあちらこちらに存在し、いわば「スポンジ」のように空洞化が進んでいるとしています。
 このため、国土交通省は専門家の委員会を設けて今後の対策の方向性をまとめました。この中で、価格が安い空き家や空き地は仲介手数料も安く、不動産会社が敬遠しがちで取り引きが進まない現状があるとして、自治体が所有者と購入希望者を仲介する仕組みづくりが必要だとしています。
 また、空き家の所有者が建物を取り壊す際に自治体が金銭面での支援を行うことも検討すべきとしています。
 このほか、住民の生活に欠かせない病院やデパートなどが中心市街地から撤退する場合、事前に自治体に届け出ることを義務づけ、自治体側が撤退をとどまるよう働きかけたり別の事業者を探したりする期間を確保する必要があるなどとしています。
 国土交通省は、今年度中をめどに必要な法制度や財政支援の制度をまとめることにしています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170717/k10011061601000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| トラックバック (0)

「民泊」利用者に乱暴疑い、福岡 ワンルーム提供の男を逮捕(17日)共同

福岡県警中央署は16日、「民泊施設」として提供した福岡市のワンルームマンションで、利用者の外国人女性に乱暴したとして、強制性交等致傷の疑いで、同県古賀市、自称自営業長部聡一容疑者(34)を逮捕した。容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は16日午前6時半ごろ、民泊用に借りていた福岡市中央区のワンルームマンションの一室で、利用客の韓国人女性(31)に乱暴し、けがを負わせた疑い。
 中央署によると、女性はインターネットで部屋を予約し、一緒に旅行していた女性と宿泊した。韓国総領事館を通じて110番し、発覚した。民泊施設の実態や許可の有無などを調べる。
https://this.kiji.is/259356976437429757?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

防衛省、サイバー部隊千人規模へ 攻撃手段も研究(17日)共同

防衛省が同省・自衛隊内部のネットワークの監視や、サイバー攻撃を受けた際の対応を担う「サイバー防衛隊」の規模と能力を大幅に強化する方向で検討に入ったことが16日、分かった。現在の約110人から将来的に約千人に増やし、サイバー攻撃を自ら仕掛ける研究をする担当部門を新たに設ける構想だ。サイバー攻撃の方法を研究することで防御能力の構築に役立てるとしている。
 政府は2020年の東京五輪・パラリンピックを控え、サイバー攻撃への対応力強化を課題にしている。攻撃方法の研究は自衛隊によるサイバー攻撃能力の保有に向けた動きと見られる可能性があり、今後議論を呼びそうだ。
https://this.kiji.is/259364402415468548?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

女性を刺し携帯奪った容疑、ベトナム国籍の男逮捕(17日)TBS

今月15日、熊本県あさぎり町で男が女性を刺し、逃走していた事件で、ベトナム国籍の男が強盗殺人未遂の疑いで逮捕されました。
 逮捕されたのは、ベトナム国籍のグエン・ゴツク・ズアン容疑者(23)です。
 警察によりますと、グエン容疑者は15日午前2時ごろ、熊本県あさぎり町の路上で通りがかった女性の背中を刃物で刺して、殺害しようとし、女性の携帯電話を奪った疑いです。女性は全治3か月の大けがです。
 グエン容疑者は16日、福岡空港からベトナムに帰国しようとしていたところを捜査員に発見されました。
 グエン容疑者は今年3月に来日し、あさぎり町内の土木建築会社で技能実習生として働いていたということです。グエン容疑者は、警察の調べに対し「電話は拾ったものだ。何も言うことはない」と話しているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3106466.html

| トラックバック (0)

浅草駅で男性刺される、殺人未遂容疑で男を逮捕(17日)TBS

16日夜、東武浅草駅の構内で男性が突然、刃物で腹などを刺されました。警視庁は近くにいた無職の64歳の男を現行犯逮捕しました。
 16日午後9時半ごろ、東京・台東区の東武浅草駅の近くで「暴れている人がいる」と交番に届け出がありました。
 警視庁によりますと、20代の男性が突然、フルフェイスのヘルメットをかぶった男に刃物で腹などを刺されたということです。男性は重傷とみられますが、病院に運ばれる際には意識があったということです。
 「(刺した人は)ヘルメットを被ってナイフを持っていた」(目撃した人)
 警視庁は、駅の構内でうずくまっていた台東区に住む無職の64歳の男を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕しました。警視庁は男の刑事責任能力の有無も含め、捜査を進める方針です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3106453.html

                                  
               
                                  
               
                                  
                                  

| トラックバック (0)

BBQで飲酒 溺死か 川底から男性遺体(17日)テレビ朝日

 神奈川県相模原市の道志川の川底で50代の男性が沈んでいるのが見つかり、その後、死亡しました。男性は川原でバーベキューをしていて、飲酒していました。
 警察によりますと、16日午後0時半すぎ、相模原市の道志川の川底で神奈川県寒川町に住む崎原聡さん(52)が沈んでいるのが見つかりました。崎原さんは病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。溺れたとみられています。崎原さんは会社の同僚ら30人と現場近くのキャンプ場に宿泊予定で、事故当時、川原でバーベキューをしていて、飲酒をしていたということです。警察は当時の詳しい状況を調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000105511.html

| トラックバック (0)

バイパスで落し物拾おうと歩き… 男性ひかれ死亡(17日)テレビ朝日

横浜市の保土ケ谷バイパスで、40代の男性が車にはねられ死亡しました。男性はバイクで走行中に落とした物を拾おうとバイパス上を歩いていました。
 16日午後3時すぎ、横浜市旭区の保土ケ谷バイパスの下りで「男性がひかれたのを目撃した」と通報がありました。警察などによりますと、49歳の男性が10歳の息子を乗せてバイクで走行中、物を落としました。男性は、落とし物を拾うため路側帯にバイクを止めて、約200メートル歩いて戻りました。そして、路側帯から車線に入って落とし物を拾った直後、車にはねられたということです。男性は心肺停止の状態で病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。現場は片側3車線の直線道路で、警察は、男性をはねた車の運転手から事情を聴くなどして、事故のいきさつと原因を詳しく調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000105510.html

| トラックバック (0)

強風で露店飛び、男性7人女性4人軽いやけど 埼玉・上尾(17日)日経

16日午後6時半ごろ、埼玉県上尾市のJR上尾駅前で開かれていた「上尾夏まつり」で、出店していた露店が次々と、強風で飛ばされた。露店に設置されていた調理用油の入れ物が倒れて油が飛び散り、周囲にいた男性7人と女性4人が軽いやけど。火災の発生はなかった。熊谷地方気象台によると、周辺には当時、竜巻注意情報が出ていた。
 上尾駅前に出店していた露店の男性従業員(44)は「前兆無く風が吹いて、一瞬で周りのテントが吹っ飛んだ」と驚いた様子で話した。16日は上尾駅周辺を通行止めにするなどして、夏祭りが開かれていたという。
 また、同日午後6時50分ごろ、上尾市と隣接する同県桶川市の「桶川祇園祭」でも、露店が強風で倒れ、調理用油で男性1人がやけどを負った。〔共同〕
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG16H4E_W7A710C1000000/

| トラックバック (0)

« 2017年7月16日 | トップページ | 2017年7月18日 »