« 2017年7月15日 | トップページ | 2017年7月17日 »

2017年7月16日

2017年7月16日 (日)

九州豪雨の朝倉、2千人が捜索 佐賀・筑後川に男性遺体(16日)朝日

 九州北部の豪雨災害で、福岡県朝倉市では16日、警察や消防、自衛隊ら計約2千人が市内の河川を総延長26キロにわたって集中捜索した。ただ、10人の不明者は見つからなかった。16日夕には、佐賀県みやき町の筑後川で男性の遺体が見つかり、佐賀県警は豪雨災害の犠牲者の可能性があるとみて身元を確認している。

 16日の最高気温は、大分県日田市で35・6度、朝倉市で今年最高となる35度を記録し、猛暑日となった。厳しい暑さが続く中、福岡、大分両県の被災地には計4千人以上のボランティアが集まった。福岡県東峰村では、ボランティア3人が熱中症の症状を訴えた。
 朝倉市杷木(はき)林田を流れる赤谷川が筑後川に合流する地点では午前10時ごろ、福岡県警機動隊が捜索を開始。20人ほどが横一列になり、濁った川や川岸のやぶの中を捜した。集中捜索では車2台が見つかったが、車内に人はいなかった。17日も捜索を続ける。 
 福岡県の午後3時現在のまとめでは、避難者数は朝倉市で848人、東峰村で54人。大分県によると午後4時現在、日田市で92人。
 15日深夜には、朝倉市杷木志波の桜木トシ子さん(86)、朝倉市杷木星丸の本河くに子さん(59)の身元が判明した。
http://www.asahi.com/articles/ASK7J4T4XK7JTIPE01C.html

| トラックバック (0)

富士急ハイランド 新ジェットコースターが緊急停止(16日)NHK

16日午後、山梨県富士吉田市にある遊園地「富士急ハイランド」で、15日から運用が始まったばかりのジェットコースターが、運転中に緊急停止するトラブルがありました。乗っていた男女7人は係員の誘導で車両から降り、けがはありませんでした。
 16日午後3時ごろ、山梨県富士吉田市にある「富士急ハイランド」で、ジェットコースター「ド・ドドンパ」が、運転中に速度が落ちて緊急停止しました。運営会社によりますと、当時男女合わせて7人が乗っていて、係員の誘導を受けて車両を降りけがはありませんでした。
 このジェットコースターは、リニューアルをへて、15日から運用が始まったばかりで、時速180キロで急勾配を上り一回転するのを売り物にしていて、当時は急勾配の途中で速度が落ちて上ることが出来なくなり、その後、緊急停止したということです。
 運営会社のこれまでの調査では、51個あるタイヤのうち1個がパンクしていたということです。
 運営会社は、このジェットコースターの営業を休止し、警察と山梨県にトラブルを届け出るとともに、詳しい原因を調べています。 富士急ハイランドの羽田亮太遊園地本部長は「ご心配とご迷惑をおかけしました。今後、安全が確認できた段階で運転を再開したいと考えています」とコメントしています。

「ド・ドドンパ」とは

富士急ハイランドのジェットコースター「ド・ドドンパ」は、前身の「ドドンパ」をリニューアルしたものです。
 全長およそ1200メートルのレールのコースを8人乗りの車両が最高時速180キロで走り、コース上にある直径およそ40メートルのループでは、速度をあげて1回転するのが売り物です。
 富士急ハイランドは、スタートから1.56秒後に最高時速180キロに到達できるとし、この間の加速は、ほかの遊園地にはないとしています。
 富士急ハイランドは、コースにループの部分を加えるリニューアル工事を行い、15日に運用を始めたばかりでした。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170716/k10011061381000.html?utm_int=news_contents_news-main_004

| トラックバック (0)

神戸5人死傷事件、逮捕された親族の男は殺人に関与か(16日)TBS

16日朝、神戸市北区で3人が刃物で刺されて死亡し2人が重傷を負った事件で、警察は殺人事件として捜査本部を設置しました。警察は現場近くで血のついた包丁を所持していた親族の男を逮捕しましたが、この男が殺人にも関与したとみて調べる方針です。
 神戸市北区の民家で男女2人が死亡し、警察は、近くの神社で血のついた包丁や金属バットを所持していた、亡くなった2人の孫の男を逮捕しました。
 銃刀法違反の疑いで逮捕されたのは、神戸市北区の無職・竹島叶実容疑者(26)です。警察によりますと、午前6時すぎに、この家に住む南部達夫さん(83)から「誰か来てください」と110番通報があり、警察官が駆けつけると、竹島容疑者の祖父母の南部さんと観雪さん(83)が胸や背中を刃物で刺されていて、まもなく死亡が確認されました。
 「人柄は温厚で優しくて、誰にでも好かれるタイプ。(Q.奥さんはどんな人?)奥さんは優しそうな、仲の良い夫婦でしたよ。(Q.孫については?)それは全然聞いたことないです」(南部達夫さんの知人)
 現場では母親の知子さん(52)も頭を切られるなどの重傷、また、2軒隣に住む辻やゑ子さん(79)が血まみれの状態で駐車場で見つかり、その後、死亡しました。さらに近くに住む前北操さん(65)も頭や顔から血を流して重傷だということです。
 「ショックやったわ。血で頭も髪の毛も全部、顔も腫れてた。やられたところより家の方に帰ってきて、そこで倒れていた。必死で帰ってきたんだろう」(前北さんを目撃した人)
 警察は、近くの神社で血のついた包丁や金属バットを所持していた竹島容疑者を逮捕し、取り調べに対して、「家にあった包丁で刺してやろうと思った」と供述しているということです。
 警察は捜査本部を設置。母親の知子さんが「息子にやられた」などと話していることから、竹島容疑者から事情を聴き、容疑が固まり次第、殺人容疑で逮捕状を請求するということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3106340.html

| トラックバック (0)

茨城県でヒアリ24匹発見 東京港から移動のコンテナ(16日)テレビ朝日

茨城県の常陸太田市で、東京港で陸揚げされた後に運ばれたコンテナからヒアリ24匹が見つかりました。
  茨城県の会見:「常陸太田市において発見されたアリが本日、環境省でヒアリであると確認された」
 茨城県などによりますと、常陸太田市の工業団地で2つのコンテナから合わせて24匹のヒアリが見つかりました。ヒアリはすでに死んでいて、女王アリはいないということです。このコンテナは先月、台湾の高雄港を出て3日に東京港の青海ふ頭に陸揚げされ、12日、常陸太田市に搬送されました。茨城県は業者などに目視による確認やヒアリを捕獲する罠を設置するように呼び掛けています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000105503.html

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル3

首都東京体感治安(16、17日 単位・レベル) 
厳しさに欠ける
【治安うんちく】

2009_1228_22521931

F1013023

 産経新聞の7日付朝刊1面に、警察官2人がそれぞれ子供を抱えて流木をくぐり抜け救助する写真が掲載された。
 福岡県朝倉市の孤立した小学校からの子供たちの救助活動にあたっているもので、写真は背景などから臨場感が伝わり、それが警察官の命をかけた緊張感の表情を醸し出し、警察官に抱きかかえられて救助された子供の安堵感に満ちた表情が対照的だった。
 この写真を見た福岡県内の67歳の男性は、同社に次のような投稿文を寄せている。
 「孤立した小学校の子供たちを抱きかかえて避難する警察官の写真に目頭が熱くなりました」。
 そして16日現在もこうした救助活動は続いている。
 こんな最中の7月14日に山梨県警の男の警部補(47)が酒に酔って車を運転して交通事故を起こした。さらには、滋賀県警の20歳代の男の巡査が自家用車ばかりでなく公用車を無免許で運転していて書類送検されたという。無免許を知らなかった同僚や上司も罰金ものだ。
 所属する県警は違っても同じ警察官。こんなギャップがあるとは…あぁ恥ずかしい。
 警察官のプライドはどうした。
 茨城県稲敷郡にある予科練平和記念館―ここにお国のために厳しさに耐えた当時10代の若者の心理と生活がわかる資料がある。警察官も勉強して来い。そして「国民=国を守る」厳しさを叩き込んで来い。
 拝啓 坂口正芳警察庁長官殿 全警察官に「俺は警察官である」というプライドを持たせるような教育をしてほしい。警察学校と言う教育の場所で個室を与えるなんて甘すぎる。

【事件】16日夜、東武浅草駅構内で男性が突然、刃物で腹などを刺される事件があった。警視庁は近くにいた無職の男(64)を現行犯逮捕した。被害男性は突然、フルフェイスのヘルメットをかぶった男に刃物で腹などを刺されたという。男は「男性の名前は知らないが、腹が立って刺した」と供述している。幸い、被害者の命に別状はなかった。
 今月2日になるがJR武蔵境駅前のベンチで寝ていた男性が襲われて現金約2万5000円が入ったかばんを奪われる事件があった。男は警視庁に逮捕されている。これらの事件は「駅」という多くの利用者がいる場所での事件だけに治安に不安を与える。
 首都東京体感治安は「レベル3(イエロー)」とする。 

| トラックバック (0)

警察官や銀行協会職員装う詐欺多発…都内(16日)読売

 今年上半期(1~6月)に警視庁が把握した東京都内の特殊詐欺被害は1513件、34億5800万円で、被害額は前年同期(25億3200万円)の約3割増になったことが同庁のまとめでわかった。
 被害額の67%にあたる23億2900万円は「オレオレ詐欺」で、「架空請求詐欺」(6億4800万円)、「還付金詐欺」(3億8000万円)と続いた。
 特に6月は、被害件数が前月より92件多い349件(6億2600万円)と急増。1か月の被害が300件を超えるのは2008年6月以来だという。
 同庁によると、昨年後半以降、警察官や銀行協会職員を装う詐欺が多発。「あなたの口座から現金が引き出されている」と言ってキャッシュカードをだまし取った上、暗証番号を聞き出して預金を引き出す手口が増加しているという。
 同庁は「電話で暗証番号を聞いたり、カードを受け取りに行くと言ったりするのは間違いなく詐欺だ」と注意喚起している。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170716-OYT1T50036.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

筑後川流域で集中捜索 九州豪雨、不明なお10人(16日)日経

 九州北部の豪雨は16日、依然10人と連絡が取れていない福岡県朝倉市の筑後川とその支流の流域で集中捜索が行われた。これまで自宅やその周辺を中心に捜索してきたが有力な手掛かりが見つからず、川沿いも重点的に調べることにした。
 市によると、集中捜索の対象は筑後川とその支流の赤谷川、寒水川、北川で、総延長は約26キロ。特に赤谷川とその支流の流域の被害は甚大だった。
 この日は朝から自衛隊員や消防隊員ら約2千人が展開し、河川敷のほか、川底も棒を使うなどして捜索した。
 森田俊介市長は「災害発生から10日経過し、残念ながらまだ安否が確認されていない人がいる。一人でも多くの方が発見されることを望む」と話した。
 豪雨の死者は大分県の3人を合わせて32人。〔共同〕
http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK00040_W7A710C1000000/

| トラックバック (0)

神戸で3人死亡、2人けが 包丁持った26歳男逮捕(16日)西日本

6日午前6時20分ごろ、神戸市北区有野町の住宅から男性の声で助けを求める110番があった。駆け付けた警察官が敷地内で高齢男女2人が倒れているのを見つけ、その後死亡が確認されたほか、付近で女性1人も死亡しているのが見つかった。また女性2人がけがをした。
 兵庫県警は殺人と殺人未遂容疑で捜査。住宅近くの神社で包丁を持っていたとして、銃刀法違反の疑いで、通報があった住宅に住む無職の男(26)を現行犯逮捕し、関連を慎重に調べている。男は敷地内で倒れていて死亡した高齢男女の親族。
 現場は神戸電鉄三田線岡場駅の南約600メートルにある住宅街の一角。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/343637

| トラックバック (0)

警部補「ビール数杯飲んだ」 駐車場で車ぶつける(16日)テレビ朝日

山梨県警の警部補が酒を飲んだ状態で車を運転したとして逮捕されました。ビールなどを数杯、飲んだと話しています。
 山梨県警日下部警察署の警部補・早川幸仁容疑者(47)は14日午後11時すぎ、甲府市の飲食店の駐車場で、酒を飲んだ状態で車を運転した疑いが持たれています。警察によりますと、早川容疑者は別の飲食店から代行業者を使って現場の駐車場まで移動した後、自分で車を動かそうとして別の車に衝突したということです。駆け付けた警察官が呼気を調べたところ、基準を超えるアルコールが検出されました。衝突された車の男性は軽傷です。早川容疑者は「ビールなどを数杯、飲んだ」と容疑を認めています。山梨県警は「信頼を著しく失墜させるものであり、深くおわび申し上げます」としています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000105451.html

| トラックバック (0)

ドローン活用の点検実用化で連携(16日)NHK

各務原市は、岐阜大学と連携し、ドローンなどを活用した橋の点検の実用化を目指すことになりました。
各務原市では来年度、全長が600メートル近くある各務原大橋が定期点検を迎え、足場の設置なども含めると5000万円以上の費用がかかる見込みとなっています。
高い場所での作業が必要な橋の点検を、費用を抑え、より効率的に行えるようにしようと、市は点検に機械を活用する研究を進めている岐阜大学と連携し、ドローンなどを使った点検の実用化を目指すことになりました。
今後、各務原大橋で実証実験を重ねて橋の部位ごとにどのような機器が適切かを確かめ、十分な精度を保てると確認できれば、来年度、実際にドローンなどを使った点検を行うことにしています。
5年前に起きた、中央自動車道の笹子トンネルでの崩落事故の後、道路法が改正され、2メートル以上のすべての橋で、5年に1度の定期点検が義務づけられたため、各務原市が点検を行なわなければならない橋は500余りに上っています。
市は、できるだけ早く新たな点検方法を実用化し、安全性の向上と財政負担の軽減を同時に実現したいとしています。 http://www3.nhk.or.jp/lnews/gifu/3086496331.html

| トラックバック (0)

1都5県に高温注意情報 (16日)NHK

東京都内は、16日の日中の最高気温が35度以上の猛暑日となるところがある見込みで、気象庁は「高温注意情報」を出して熱中症に十分注意するよう呼びかけています。
気象庁によりますと16日の日中の最高気温は東京の都心で34度と予想され、気温が30度以上となる時間帯は午前10時ごろから午後5時ごろまで続く見込みです。
 埼玉県内では、16日の日中の最高気温が35度以上の猛暑日となるところがある見込みで、熊谷地方気象台は、「高温注意情報」を出して熱中症に十分注意するよう呼びかけています。
 熊谷地方気象台によりますと、日中の最高気温は▼さいたま市と▼熊谷市、▼秩父市でいずれも35度と予想されています。
気温が30度以上の時間帯は最も長いところで午前10時ごろから午後6時ごろまでの見込みです。
 千葉県内では、16日の日中の最高気温が35度以上の猛暑日となるところがある見込みで、銚子地方気象台は「高温注意情報」を出して熱中症に十分注意するよう呼びかけています。
 気象台によりますと、日中の最高気温は▼千葉市で33度、▼館山市で32度、▼銚子市で31度と予想されています。
 気温が30度以上の時間帯は最も長いところで午後6時ごろまでの見込みです。
群馬県内は、16日の日中の最高気温が35度以上の猛暑日になるところがある見込みで、前橋地方気象台は高温注意情報を出して熱中症に注意するよう呼びかけています。
気象台によりますと、群馬県内の日中の最高気温は▼前橋市で34度、▼みなかみ町で30度と予想されています。
 気温が30度以上となる時間帯は、▼前橋市で午前9時ごろから午後6時ごろまで▼みなかみ町で正午ごろの見込みです。
続くdownwardleft
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20170716/5215671.html

| トラックバック (0)

軽トラ炎上、運転席に遺体 伊豆半島の空き地(16日)産経

15日午後7時50分ごろ、静岡県松崎町小杉原の空き地で軽トラックが燃えていると119番があった。約30分後に鎮火し、運転席から性別不明の遺体が見つかった。下田署が事件と事故の両面から調べている。
 同署によると、遺体は上半身が助手席の方に倒れていた。車のナンバーは判別できず、16日に実況見分し、車台番号などを調べる。
 現場は伊豆半島南部で、同町中心部から西約9キロの県道沿い。
http://www.sankei.com/affairs/news/170716/afr1707160003-n1.html

| トラックバック (0)

住宅で男性の死体遺棄か、家族とみられる3人を逮捕(16日)TBS

横浜市の住宅で夫とみられる男性の遺体を放置したとして、警察は、60歳の女と2人の娘を逮捕しました。
 死体遺棄の疑いで現行犯逮捕されたのは、いずれも自称、横浜市の無職・山内真里子容疑者(60)と長女の桂容疑者(34)、次女の優香容疑者(29)です。
 3人は、先月ごろから15日までの間、横浜市・神奈川区の自宅で真里子容疑者の夫とみられる60代の男性の遺体を放置した疑いが持たれています。警察によりますと、マンションの管理会社から「異臭がする」と通報があり事件が発覚したということで、3人は容疑を否認しています。
 遺体は一部が白骨化していて、目立った外傷はなかったということで、警察は、身元の確認を急ぐとともに遺体を司法解剖して死因の特定を急いでいます。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3105882.html

| トラックバック (0)

口げんかになり包丁使い殺した 容疑の19歳少年供述(16日)日経

新潟県長岡市の住宅で、男性会社員(46)が包丁で首を切り付けられ死亡した事件で、殺人未遂容疑で逮捕された高校3年の少年(19)が「(父と)口げんかになり殺した」と供述していることが15日、長岡署への取材で分かった。
 男性は、少年の母親と数年前に再婚し、少年とも一緒に暮らしていた。署によると、少年は「父と母が口げんかし、母が出て行った。父から出て行くように言われて口げんかになり殺した。包丁を使った」と供述し、容疑を認めている。
 司法解剖の結果、死因が失血死だったことも判明。死亡推定時刻は14日午後11時ごろで、119番があった時には既に死亡していたとみられる。
 14日夜、母親が約30分間外出して帰宅すると、1階のリビングで男性が倒れているのを発見し、119番した。
 少年は14日深夜、男性を殺害しようとしたとして、15日未明に殺人未遂容疑で逮捕された。署は殺人容疑に切り替えて調べている。〔共同〕
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG15H69_V10C17A7000000/

| トラックバック (0)

暗証番号で自宅に…知人関与か 山中から姉妹の遺体(16日)テレビ朝日

男は姉妹の自宅の暗証番号を知っていました。
 13日、神奈川県秦野市の山林で、中国人の姉妹・陳宝蘭さん(25)と宝珍さん(22)の遺体が入ったスーツケース2つが見つかりました。その後の捜査関係者への取材で、姉妹がいなくなった6日ごろに、2人の自宅マンションに30代とみられる知人の男が暗証番号を打ち込んで入っていたことが分かりました。2人の部屋には、鍵を使って入っていたということです。その後、男はスーツケースを持って部屋から出てきたことや数日間の間に何度も部屋に出入りしていることから、警察はこの男が事件に関与しているとみています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000105474.html

| トラックバック (0)

対馬沖と沖ノ島沖で領海侵入 中国公船が立て続けに(16日)テレビ朝日

長崎県の対馬沖と福岡県の沖ノ島沖の領海に、中国の公船が立て続けに侵入しました。どちらの海域も領海侵入は初めてです。
 海上保安庁によりますと、15日正午ごろ、中国海警局の船1隻が対馬の沖合の日本の領海に侵入し、約30分にわたって領海内を航行したということです。その4時間後には、同じ船が別の船とともに沖ノ島の沖合の領海に侵入しました。どちらの海域も、中国の公船が領海に侵入したのを確認したのは初めてです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000105484.html

| トラックバック (0)

避難指示全て解除、九州豪雨 新たに4遺体の身元判明(16日)西日本

3連休の初日となった15日、記録的豪雨に見舞われた福岡県朝倉市や東峰村、大分県日田市などには、災害復旧のために約3千人のボランティアが駆け付けた。東峰村と日田市は同日、罹災(りさい)証明書の発行に必要な家屋被害調査を開始。日田市の一部地域に出されていた避難指示は解除され、福岡、大分両県の避難指示区域は全てなくなった。
 福岡県によると、朝倉市の死者のうち4人は、杷木志波の坂本俊一さん(76)▽杷木林田の坂本ヨリ子さん(89)▽杷木星丸の本河くに子さん(59)▽杷木志波の桜木トシ子さん(86)-と新たに判明した。死者は福岡、大分両県で32人、安否不明者は福岡県に10人おり、自衛隊や警察などが捜索を続けている。
 15日に被災地を訪れたボランティアは、朝倉市1497人▽東峰村577人▽日田601人▽添田町121人-など。近隣のほか熊本地震の被災地や東京などからも駆け付け、炎天下、被災者宅に流れ込んだ土砂をかき出す作業などに当たった。
 東峰村と日田市の職員らは同日、公的支援金などを申し込む際に必要な罹災証明書の発行に向け、被災家屋の浸水の程度や損壊状況を調べた。15日時点で罹災証明書の申請件数は東峰村95件、日田市549件。朝倉市では被災規模が大きいため、家屋被害調査の見通しは立っていないという。
 日田市で避難指示が解除されたのは、土砂崩れによってできた「土砂ダム」で12日まで孤立状態だった日田市の小野地区と大鶴地区。市によると、土砂災害危険箇所の監視態勢が整ったことなどから「避難準備・高齢者等避難開始」情報に引き下げた。=2017/07/16付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/343589

| トラックバック (0)

3000人、被災地の力に 九州豪雨 地元球児、地震被災者、外国人、恩返しのボランティア(16日)西日本

 3連休に入り、九州豪雨の被害を受けた福岡県朝倉市、東峰村、大分県日田市などには、復旧作業のために約3千人のボランティアが駆け付けた。地元の高校生、熊本地震の被災地の人たち、日本で暮らす外国人…。共通するのは「恩返ししたい」という思い。被災者が少しでも前向きになれるようにと、うだるような暑さの中、民家や庭などにたまった土砂を懸命にかき出した。 
 分厚く積もる土砂、大量に舞う土ぼこり、鼻を突くにおい。地元の朝倉高野球部の生徒40人は朝倉市杷木古賀の住宅地で、土砂の撤去作業に取り組んだ。二手に分かれ、民家にたまった泥をスコップでかき出す。「練習よりきついばい」「暑か」。生徒たちは、くるぶしまで泥に埋まり、練習着は泥だらけになった。
 夏の大会は3回戦で敗退。新チームになって初めての活動がボランティアになった。「いつも応援してくれるので、どうしても恩返ししたかった」と主将の江上隼矢さん(16)は汗をぬぐった。
 熊本県宇城市職員の吉崎奨馬さん(22)は同僚5人と同市板屋地区の民家で土砂の撤去作業にあたった。6人は床上浸水した民家の床板や畳を外したり、たんすを動かしたりした後、スコップで土砂をかき出した。「腰を曲げ続けての作業。想像以上に大変です」
 熊本地震で1300戸以上が全半壊するなどの被害を受けた宇城市。吉崎さんは「熊本地震では、ボランティアや支援物資などで本当に助けられた。今度は自分たちが支える番だと思っている」。市職員は16日もボランティアに参加する予定だ。
続くdownwardleft
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/343582

| トラックバック (0)

« 2017年7月15日 | トップページ | 2017年7月17日 »