« 2017年7月7日 | トップページ | 2017年7月9日 »

2017年7月8日

2017年7月 8日 (土)

電柱間の電線窃盗、北海道で10件超…停電少ない場所下見、専門技能も駆使 背景に銅価格上昇か(8日)産経

北海道中央部で、電柱の間にある電線が切断され、盗まれる被害が相次いでいる。今年に入って少なくとも10件確認されており、持ち去られた電線の長さは計約5・5キロに及ぶ。電線に使われる銅の取引価格が上昇傾向にあり、窃盗容疑で捜査している道警は、銅売却を目的とした犯行との見方を強めている。
 被害が確認されたのは滝川市や苫小牧市、厚真町などで、いずれも周囲に住宅が少なく、電線が切断されても停電が発生しにくい場所だった。捜査幹部は「犯行場所を下調べしたのではないか。切断の際に感電の危険もあり、専門的な技能がないと難しい」との見方を示した。高所作業車を使った可能性もある。
 銅価格も事件の背景にあるとみられ、電線事業者の業界団体によると、今月6日現在、価格は1トン当たり70万円と1年間で約1・3倍値上がりした。銅価格が高騰した平成19年ごろも、全国で電線窃盗が相次いだといい警戒している。
http://www.sankei.com/affairs/news/170708/afr1707080016-n1.html

| トラックバック (0)

兄弟げんか仲裁の母殺害、香川 容疑で45歳の三男逮捕(8日)共同

 兄弟げんかを止めに入った母の多田邦子さん(73)を草刈り機で殺害したとして、香川県警観音寺署は8日、殺人の疑いで同県観音寺市豊浜町、三男で無職の康典容疑者(45)を逮捕した。容疑を認めている。
 逮捕容疑は8日午後1時40分ごろ、自宅の敷地内で次男(47)とトラブルになり、草刈り機で殺害しようとした際、仲裁に入った邦子さんの太ももを切り付け死亡させた疑い。
 県警捜査1課によると、康典容疑者らは3人暮らし。ホースから水を出しっ放しにしていたことを次男に叱られ、けんかになったことが原因とみられる。

https://this.kiji.is/256403012117775862?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

酔って交番に保護された男性、暴れて意識失い死亡(8日)TBS

8日朝、東京のJR蒲田駅前の交番で酒に酔って保護された男性が暴れたため警察官が取り押さえたところ、男性は突然、意識を失い、まもなく死亡しました。
 8日午前6時前、大田区にあるJR蒲田駅の改札近くで、酒に酔った状態で寝ていた50代の男性が駅の交番に保護されました。男性は交番の中で「触るな」などと大声を出して暴れたうえ路上に出たため、警察官3人が肩や脚などを掴んで取り押さえたところ、突然、意識を失ったということです。
 男性は病院に運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。警視庁は「対応に問題はなかった」としています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3099906.html

| トラックバック (0)

無罪で釈放の男、窃盗容疑で逮捕 三重県警(8日)日経

 窃盗容疑で逮捕、起訴され昨年11月に無罪判決を受け釈放後に所在不明となっていた男が、今年3月と5月に三重県の住宅に忍び込み現金などを盗んだとして窃盗容疑で三重県警に逮捕されていたことが8日までに分かった。検察は控訴していた。県警は他にも数十件の窃盗事件に関わったとみて調べている。
 逮捕されたのは住所不定、無職、一丸貴人容疑者(32)。逮捕容疑は3月中旬、三重県四日市市の住宅から現金25万円などを盗んだ疑いで、6月19日に逮捕。同市の別の住宅から5月9日に商品券などを盗んだとして7月6日に再逮捕された。いずれも「分かりません」と容疑を否認している。
 昨年11月に無罪判決を受けたのは、四日市市の会社員宅で現金などが盗まれた事件。愛知県警が昨年6月に一丸容疑者を逮捕した。公判で一丸容疑者は「盗みに入っていない」と否認。名古屋地裁は無罪判決を言い渡し、検察側は控訴していた。
 三重県警によると四日市市を中心に昨年12月以降、住宅から金品が奪われる事件が数十件発生。手口から一丸容疑者の関与が疑われるといい、慎重に捜査している。〔共同〕

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD08H02_Y7A700C1000000/

| トラックバック (0)

「手荒な真似はしない」と言いつつ包丁隠し持ち…(8日)テレビ朝日

埼玉県飯能市でコンビニ店に男が押し入り、「手荒な真似はしないから」などと話し、店員から現金を奪おうとしました。男は駆け付けた警察官に現行犯逮捕されました。
 無職の西宮吉勝容疑者(56)は8日午前4時ごろ、飯能市のコンビニ店で男性店員(27)に「手荒な真似はしないからお金を出して下さい」と指示し、レジから現金を奪おうとした疑いが持たれています。西宮容疑者は、駆け付けた警察官に現行犯逮捕されました。店員にけがはありませんでした。警察によりますと、西宮容疑者は上着の内側に包丁を隠し持っていましたが、取り出して脅すことはしなかったということです。取り調べに対し、西宮容疑者は「強盗するために店に入った」と容疑を認めていて「仕事がなく、生活が苦しかった」と話しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000104954.html

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(8。9日 単位・レベル) 
おれおれ詐欺が増加
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1013015

先日は振り込め詐欺の被害状況で認知件数は増えたが被害額が減少していると書いたが、その中のおれおれ詐欺は認知件数も被害額も増加していることが分かった。
 特殊詐欺には様々な形態があるがその96%を占めるのが振り込め詐欺。この中でも約半数の42.2%がおれおれ詐欺(平成28年の数字 )だから、その増加は詐欺犯全体に影響してくる。
 警察庁によると今年5月現在のおれおれ詐欺の認知件数は2899件で被害額は74億3735万5897円。認知件数で前年より658件、被害額で同8億7993万3418円とそれぞれ増加した。
 「おれおれ詐欺」―前はそう呼称したが、今は警察官や自治体の役人を騙るなどに変わってしまった。
 平成28年の数字になるが、おれおれ詐欺の被害者年齢で最も多いのは70歳以上で、女性は全体の71.7%を占め、男性は15.6%と女性の高齢者に集中している。
 当然、振り込め詐欺にはそのほかに「架空請求詐欺」「融資保証金詐欺」「還付金詐欺」などがあるわけだから、形態別の注意喚起とその対策が必要だ。
 日本は今、好景気なのか不況なのかは意見が割れるが、詐欺の世界は好景気のようだ。
 先日はオレオレ詐欺の電話を受けた80代の女性から現金4000万円をだまし取ったとして、少年2人が逮捕された。このうち19歳の少年が詐欺グループの幹部で、全国で12億円を超える被害が出ていると言う。
 未成年が何十億を手にするのだから、止められない〝商売〟だ。しかし「悪は悪」として淘汰されなければならないことは確かである。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| トラックバック (0)

三島刺殺 27歳容疑者、休職明け直前に凶行 仕事に悩み?布団に火 静岡(8日)産経

6日未明に静岡県三島市の路上で同市栄町の会社役員、増山謙二さん(53)が刺殺された事件で、殺人未遂の疑いで逮捕された会社員の花見祐季容疑者(27)=同市寿町=が事件直前に自宅マンションの布団に自ら火を付け、ぼや騒ぎを起こしていたことが7日、捜査関係者への取材で分かった。花見容疑者は心身の不調を理由に休職中で、6日に職場復帰する予定だったといい、三島署は花見容疑者の事件当時の責任能力についても慎重に捜査を進める方針だ。
 同署によると、花見容疑者は出頭時にナイフ2本を所持していたが、事件現場付近からもナイフ2本が見つかった。ナイフは刃渡り約15センチのものが3本と刃渡り約40センチのサバイバルナイフが1本。増山さんには腹部に1カ所ナイフで刺されたような傷があったが、ナイフ4本のうち、血液が付着していたのは1本だけだった。
 事件直前には花見容疑者の自室が燃えるぼや騒ぎも発生。捜査関係者によると、花見容疑者がライターのオイルを布団にまくなどして自ら火を付けた可能性が高いという。
 花見容疑者と刺された増山さんとの接点は不明で、同署は花見容疑者が仕事をめぐる悩みなどから無差別的に犯行に及んだ可能性もあるとみて動機や事件当時の精神状態などを慎重に調べている。
http://www.sankei.com/affairs/news/170708/afr1707080009-n1.html

| トラックバック (0)

有明海で3人の女性遺体発見 豪雨犠牲者の可能性(8日)朝日

佐賀県警によると、8日朝、有明海で3人の女性の遺体が見つかった。豪雨災害の犠牲者の可能性もあるとみて調べている。
http://www.asahi.com/articles/ASK78417DK78TIPE015.html

| トラックバック (0)

タクシー代払わずダッシュ 大阪府警巡査長を逮捕(8日)共同

兵庫県警西宮署は8日、詐欺の疑いで、大阪府警布施署刑事課巡査長の木谷康貴容疑者(31)=西宮市津門稲荷町=を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は同日午前3時ごろ、大阪市中央区から西宮市津門稲荷町までタクシーに乗り、料金6930円を支払わなかった疑い。容疑を認めているという。
 同署によると、木谷容疑者は当時、酒に酔っていたという。「財布に2千円しか入っていないので家から取ってくる」とタクシーを降りたが、突然走りだしたため、運転手(33)が追い掛けて取り押さえた。同容疑者は逮捕時、約8千円を所持していた。
 府警の宮田雅博監察室長は「警察官としてあるまじき行為。兵庫県警の捜査結果を踏まえ、厳正に対処する」とした。
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201707/0010351733.shtml

| トラックバック (0)

九州豪雨、不明なお15人 被災4日目、被害拡大(8日)西日本

九州北部を襲った記録的な豪雨で15人が犠牲になった福岡、大分両県は8日、行方不明者がなお15人に上ると明らかにした。自衛隊や消防などは捜索を続け、孤立している住民の救助活動も進めた。被災から4日目となったが、被害がさらに拡大する恐れがある。8日も激しい雨が降る可能性があり、気象庁は土砂災害などへの警戒を呼び掛けた。
 両県によると、行方不明者の内訳は福岡県14人、大分県1人。菅義偉官房長官は8日午前の記者会見で、これまでに計1022人を救助したと述べた。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/341608

| トラックバック (0)

“秘密にしてください”に注意(8日)NHK

ストップ!詐欺。
今回のキーワードは、
“秘密にしてください”に注意
です。
ことし5月、三重県松阪市の70代の女性の自宅に警察官や金融庁を名乗る男から、「あなたの銀行口座のお金が犯罪グループに狙われている。早急に300万円を引き出してください」などと電話がありました。
不安に感じた女性は、自宅近くの金融機関で現金をおろしました。
さらに、その後、警察官を名乗る男から「その札に偽札が入っています。警察官が行くので渡してください」と言われ、女性は警察官を装った男に300万円と通帳を手渡してしまいました。
お金を手渡したあと、再度電話があり、「あす、お金を返しに行きます。警察官に預けたことは極秘にしてください」と言われたため、誰にも話しませんでしたが、その後、返しに来なかったことから知り合いに相談し、詐欺に気づいたということです。
詐欺グループは、もっともらしい理由でお金をだまし取ったあと、誰にも話さないでほしいと言うことで、事件の発覚を遅らせようとします。お金が絡む不審な電話は詐欺と思い警察に通報してください。ストップ!詐欺でした。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/gifu/3084971341.html

| トラックバック (0)

アマゾン詐欺 被害未然に防ぐ(8日)NHK

インターネット通販大手の「アマゾン」をかたった偽のメールを受け取ってギフト券を買いに来た女性が金をだまし取られるのを防いだとして、伊達市のコンビニエンスストアに警察が感謝状を贈りました。
感謝状が贈られたのは、「セブンイレブン伊達インター店」で、7日、伊達警察署でオーナーの小野慎史さんに江口和男署長から感謝状が手渡されました。
このコンビニでは先月26日、店を訪れた60代の女性が「アマゾン」のギフト券を購入する際に、「裁判になる」などと話していたのを店員が不審に思い警察への通報を促しました。
女性が警察に相談したところ、アマゾンをかたって、「有料動画の利用料が未納になっている」などとメールを送りつけてギフト券を購入させて金をだまし取る詐欺の手口とわかったということです。
道内では、ことしに入って先月末までに合わせて133件の被害が確認され、特に先月以降急激に増えているということです。
小野さんは、「未然に防げてよかった。これからも被害防止に取り組みたい」と話していました。
伊達警察署の井上和範生活安全課長は、「まず電話をかけない。かけてしまったら店員に見破られないよう外で電話するよう言われたりするので、詐欺を疑ってほしい」と話していました。 http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20170707/4852331.html

| トラックバック (0)

孤立依然600人超、死者は15人=救助態勢1万2000人に増強-九州豪雨(8日)時事

九州北部を襲った記録的な豪雨で大きな被害が出た福岡、大分両県では7日も、安否不明者の捜索と孤立地域での住民の救出活動が続いた。福岡県警は新たに同県朝倉市で6人、東峰村で2人の遺体が見つかったと発表。両県の死者は15人となった。

〔写真特集〕2017年台風・大雨被害~九州豪雨~

 不明者は20人以上、孤立している住民は600人を超えており、政府は自衛隊や警察、消防、海上保安庁の救助態勢を7800人から1万2000人に増強。孤立集落の救助と不明者の捜索に全力を挙げている。福岡県の小川洋知事は激甚災害に指定するよう政府に要請した。
 梅雨前線が西日本に停滞しており、8日にかけて、九州北部、山口県を中心に大雨になる見込み。被害が拡大する恐れがあり、気象庁は厳重な警戒を呼び掛けている。北九州市では7日、約4万9000人に避難指示が出された。
 福岡、大分両県などによると、これまでに福岡県では朝倉市で11人、東峰村で3人、大分県日田市では12人が行方不明になっている。新たに見つかった遺体との関係は不明。両県警に110番があった通報のうち、大きな被害が出た朝倉市の杷木松末地区を中心に、12件22人の安否が確認されていないという。
 福岡県によると7日午後6時時点で、東峰村では道路が寸断されるなどして約340人が、朝倉市でも佐田地区などで約150人が孤立している。朝倉市には、住民から「人が流されている」「つぶれた家の中に人がいる」などと情報が寄せられている。
 福岡県では朝倉市で10人、東峰村で2人が死亡。大分県では7日に日田市で新たに高齢女性とみられる1人の遺体が発見され、同県内の死者は3人となった。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017070700965&g=soc

| トラックバック (0)

お二人望んだ発表延期、九州豪雨案じ 眞子さま婚約内定(8日)朝日

8日に予定されていた秋篠宮家の長女眞子さま(25)と小室圭さん(25)の婚約内定の発表が延期されることになった。九州地方の記録的豪雨を受け、被災地の状況を案じたお二人が延期を望んだ。復旧状況などを考慮し、日程を再調整する。また天皇、皇后両陛下は7日、河相周夫侍従長を通じて福岡、大分の両県知事にお見舞いの気持ちを伝えた。熊本県の被害にも心を痛めているという。
 関係者によると、眞子さまは7日、天皇陛下に延期を報告。両陛下や秋篠宮ご夫妻もお二人の気持ちを尊重したという。
 災害被害の影響で皇室の慶事が延期されたことは過去にもある。2004年に婚約内定した両陛下の長女の黒田清子さん(紀宮さま)の場合は、新潟県中越地震で内定発表が約1カ月半近く延期され、さらに高松宮妃喜久子さまの逝去で再延期された。
 昭和天皇も皇太子時代の1923年、関東大震災発生を受けて香淳皇后との結婚を翌年に延期した。昭和天皇実録によると、被災状況を視察した昭和天皇自らが「婚儀を行うに忍びず」として延期を希望した。

 

残り:479文字/全文:926文字
http://www.asahi.com/articles/ASK774HN5K77UTIL01J.html

| トラックバック (0)

東京芸大卒の警察官、似顔絵捜査官を目指し奮闘(8日)読売

 得意な絵で犯人を捕まえたい――。
 東京芸術大学出身の警察官が、似顔絵捜査官を目指して日々腕を磨いている。警視庁多摩中央署の

渡部

わたなべ

慶太巡査長(25)。刑事だった父に憧れて歩み出した警察官の道で、異色の経歴を犯罪捜査に役立てたいと意気込んでいる。
 渡部さんは2015年3月、東京芸大美術学部を卒業。警察学校で半年間学び、多摩中央署に配属された。現在は同署永山駅前交番に勤務している。
 警察官を志したのは高校時代。警視庁の刑事だった父の背中を見て育ち、採用試験を受けるつもりだった。だが、その父に「お前には無理だ」と反対された。
 進路に迷った渡部さんは、美術部でコンクールに入賞した経験を生かそうと美大の受験を決意。デッサンを1日12時間するなど猛勉強し、1年間の浪人の末に東京芸大に入学した。
 同級生はみんな、芸術家を志したり、大学院に進もうとしたり。それでも「事件解決のために奔走する父のような警察官になりたい」との決意は揺るがず、今度は内緒で採用試験を受けた。
 採用が決まっても不機嫌だった父が認めてくれたのは、警察学校の卒業式の時。熱意が通じたのか、ようやく「頑張れよ」と声をかけてくれた。
 多摩中央署に配属されてしばらくは「刑事になって犯人を捕まえたい」と刑事課を希望していた。しかし、今春、ある事件で犯人の似顔絵を描く機会があり、将来を似顔絵捜査官に定めた。
 送別会で上司や先輩に似顔絵をプレゼントしていたため、その腕の高さは知られていた。渡部さんが宿直勤務中に事件が起き、急きょ似顔絵づくりを依頼されたのだ。
 画力には自信があった。だが、被害者は動揺して、記憶もあいまい。そんな状態で犯人の特徴を聞き出しながら描くことは、「モデルを前にしたデッサンと全く違った」。何度も描き直した後、被害者から「あ、こんな感じ」と言われた達成感も味わった。
 今秋、似顔絵捜査官になるために必要な講習を受ける予定だ。休日はタレント名鑑を見ながら、様々な目や鼻、髪質の特徴を捉える練習を続けている。
 渡部さんは「犯人を捕まえたい。犯罪被害者を生まないようにしたい。その思いを、絵が得意だという自分の能力でかなえたい」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170707-OYT1T50034.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

神戸山口組組長 処分保留のまま釈放(8日)NHK

配下の暴力団員に指示して、京都市内で別の暴力団の組員に暴行を加え、けがをさせたとして逮捕された指定暴力団、神戸山口組の組長について、検察庁は処分保留のまま釈放しました。
 指定暴力団、神戸山口組の井上邦雄組長(68)は、配下の組員に指示して、ことし1月、京都市に本部がある指定暴力団、会津小鉄会の事務所で、対立する山口組系の組員9人に暴行を加え、このうち1人にけがをさせたとして、傷害などの疑いで先月逮捕されました。
 京都地方検察庁は、井上組長について、7日、処分保留のまま釈放しました。井上組長は午後2時すぎ、車で留置先の京都市の下京警察署を出ました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170707/k10011049081000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_008

| トラックバック (0)

無差別に襲撃か、静岡・三島 被害者と容疑者に面識なし(8日)共同

静岡県三島市の路上で同市の人材派遣会社社長増山謙二さん(53)が刺されて死亡した事件で、殺人未遂の疑いで逮捕された同市の会社員花見祐季容疑者(27)は増山さんと面識がなかったことが7日、捜査関係者への取材で分かった。
 増山さんは刺された直後に「通りすがりの男に刺された」と自ら119番しており、三島署は花見容疑者が無差別に人を襲った可能性があるとみている。同署は7日、花見容疑者を殺人容疑で送検した。
 逮捕容疑は6日午前0時半ごろ、三島市の路上で増山さんの腹部をナイフのようなもので刺して殺害しようとした疑い。
https://this.kiji.is/256054215100760068?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

民家に高齢女性遺体、死体遺棄事件として捜査 埼玉・八潮市(8日)TBS

埼玉県八潮市の民家で高齢の女性が死亡しているのがみつかり、警察は死体遺棄事件として捜査を始めました。
 7日午前、八潮市役所の福祉関係の担当職員から「80代の女性と連絡が取れない」と警察に通報があり、警察官が女性の自宅を訪れたところ高齢の女性が部屋の中で死亡しているのが見つかりました。警察によりますと、死亡していたのはこの家に住む88歳の女性とみられ、遺体には目立った外傷はないものの、死後数日がたっているとみられるということです。女性は50代の息子とみられる男性と一緒に暮らしていましたが、男性は警察に対して意味のわからない説明をしているということです。警察は死体遺棄事件として捜査を始め、遺体を司法解剖して死因の特定を進める方針です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3099402.html

| トラックバック (0)

東京・大井ふ頭で100匹以上のヒアリ見つかる(8日)テレビ朝日

環境省は7日、東京の大井ふ頭を緊急に調査し、新たに100匹以上のヒアリが見つかったと発表しました。
 東京・品川区の大井ふ頭では3日、コンテナから強い毒を持つヒアリ1匹が見つかりました。これを受けて、環境省や東京都などが緊急調査に入り、ヒアリの見つかったコンテナやその周辺を詳しく調べました。その結果、このコンテナのべニヤ板の床の上で新たに100匹以上のヒアリを確認し、殺虫剤ですべて駆除しました。繁殖力のある女王アリはいなかったということです。環境省は8日、このコンテナが一度、陸送されて中身が取り出された千葉県君津市で、ヒアリがいないか県や市とともに調査する予定です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000104910.html

| トラックバック (0)

息子抱く妊婦に濁流、福岡・朝倉 「神も仏もない」、遺体で発見か(8日)西日本

いくのか。九州北部を襲った豪雨から3日目の7日、自衛隊や警察などによる救出、捜索活動は広範囲で行われた。被災状況は徐々に明らかになり、住民たちは変わり果てた故郷にぼうぜんと立ち尽くした。まだ孤立した集落もある。「この先、どうすれば」。見上げた空には、黒い雨雲がなおも垂れ込めた。
 5日の豪雨被害発生から孤立状態が続いていた福岡県朝倉市黒川。7日朝、自衛隊による捜索がようやく始まり、新たに3人の遺体が発見された。黒川と佐田を合わせた高木地区は、周辺からつながる道路が土砂や流木で寸断され、多くの住民が孤立していた。自衛隊の捜索は難航を極めた。
 7日午後5時ごろ、朝倉市の中心地にある甘木公園には自衛隊のヘリで救出された高木地区の住民が次々に降り立った。そんな中、毛布にくるまれた遺体が2台のストレッチャーに乗せられ運ばれた。
 「神も仏もないのか」。様子を見ていた女性は涙を流し、周りの人たちもハンカチで目を覆った。近くにいた男性によると、3人は親子で60代女性と20代の娘、孫の男児といい、娘は妊娠中だったという。
 男性が消防団から聞いた話では、3人の自宅は鉄砲水で流され、60代女性は自宅2階で、娘は男児を抱きかかえた状態で1階から見つかったという。「娘さんは近く子どもが生まれる予定でおなかがだいぶ大きくなっていた。一気に3人の命が奪われるとは。旦那さんの気持ちを考えると言葉もない」
続くdownwardleft
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/341559

| トラックバック (0)

« 2017年7月7日 | トップページ | 2017年7月9日 »