« 2017年7月3日 | トップページ | 2017年7月5日 »

2017年7月4日

2017年7月 4日 (火)

生後2か月の娘を殺害 ミルクに薬溶かして飲ませたか(4日)NHK

東京・目黒区で生後2か月の娘に血圧などの薬を飲ませて殺害したとして、23歳の母親が逮捕された事件で、娘の胃には薬の成分が混ざったミルクが残っていたことが警視庁への取材でわかりました。警視庁は薬をミルクに溶かして飲ませた疑いがあると見て調べています。警視庁によりますと、母親は容疑を否認しているということです。
東京・目黒区八雲の無職、田畑幸香容疑者(23)は去年12月、長女で生後2か月の織音ちゃんに、自宅で血圧を下げる薬などを飲ませて薬物中毒にして殺害したとして、殺人の疑いで警視庁に逮捕されました。
 これまでの調べで、田畑容疑者は独身で、薬は一緒に暮らす母親のものだったということですが、織音ちゃんの胃には薬の成分が混ざったミルクが残っていたことが警視庁への取材でわかりました。
 警視庁によりますと、薬は錠剤で生後まもない織音ちゃんが飲み込めるものではなかったほか、死亡する直前にミルクを与えていたのは田畑容疑者だったということです。警視庁は薬をミルクに溶かして哺乳瓶で飲ませた疑いがあると見て調べるとともに、育児をめぐる悩みなどがあったとみて、詳しいいきさつを捜査しています。
 警視庁によりますと、調べに対し、田畑容疑者は「哺乳瓶に錠剤を入れてはいません」などと供述し、容疑を否認しているということです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170704/k10011042121000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_015

| トラックバック (0)

駐車場の車に男女2人の遺体 横須賀市(4日)NHK

4日午前、横須賀市の商業施設の駐車場に止められていた車の中で、男女2人が血を流して死亡しているのが見つかりました。車内からは刃物が見つかっていて、警察は詳しいいきさつを調べています。
 4日午前10時ごろ、横須賀市平成町にある商業施設の駐車場に止められていた車の後部座席で、男女2人が血を流して倒れているのをパトロール中の警察官が見つけました。
 警察によりますと、2人はいずれも40代くらいで、すでに死亡していて、刃物で刺されたような傷があったということです。これまでの調べで車内には刃物1つが残されていたということです。
 警察は2人の身元の確認を進めるとともに、死亡したいきさつについて詳しく調べています。現場は、京急線の横須賀中央駅から2キロほど離れた店舗や企業などが集まる地域です。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170704/k10011042511000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| トラックバック (0)

歓送迎会で自分の腹刺す 埼玉・志木市職員「衝動的に上り詰めてしまった」(4日)産経

埼玉県志木市は4日、居酒屋でカッターナイフを使って自分の腹を刺すなどして迷惑をかけたなどとして、環境推進課の男性主任(53)を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にしたと発表した。
 市によると、男性は4月、市内で開かれた同課の歓送迎会で、隣に座った男性課長(53)と話した後、近くのコンビニエンスストアでカッターナイフを購入して店に戻り、自分の腹を刺した。
 主任は腹部に刺し傷を負って12日間入院したが、命に別条はないという。その後、心療内科を受診し、現在は自宅療養中。
 市の調べでは、課長は主任に「仕事はきついところもあるかもしれないけど、自分もたくさん経験している」などと激励のつもりで声をかけたが、主任は叱責と受け止めたという。
 主任は市の調べに対し、「パワハラに近いことはなかった」「衝動的に上り詰めてしまった」などと説明している。当時、酒を飲んでいたという。
 志木市の合子知行企画部長は「公共の場で公務員としてふさわしくない迷惑行為を行い、市民の信頼を著しく損ねたことを深くおわびしたい」とコメントした。
 朝霞署は、銃刀法違反にあたる可能性があるとみて捜査している。
http://www.sankei.com/affairs/news/170704/afr1707040020-n1.html

| トラックバック (0)

自宅に放火、焼け跡から3遺体…夫を容疑で逮捕(4日)読売

4日午前2時30分頃、宮城県登米市迫町佐沼の民家から出火、木造2階住宅を全焼し、2階から子供2人を含む3人の遺体が見つかった。
 県警は、この家に住む会社員島谷嘉昭容疑者(40)が「家に火をつけた」と認めたため、現住建造物等放火の疑いで緊急逮捕。殺人の疑いもあるとみて、佐沼署に捜査本部を設置した。県警には家族から家庭内トラブルに関する相談が寄せられていたといい、関連を調べる。
 県警によると、島谷容疑者は親子4世代の9人家族。70歳代の父親がやけどを負い、妻
美由さん(31)と長女・真央ちゃん(3)、次男・叶佑ちゃん(1)の行方がわからなくなっている。県警は、遺体はこの3人とみて確認を進めるとともに、5日に司法解剖を行い死因などを調べる。(ここまで337文字 / 残り314文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170704-OYT1T50014.html

| トラックバック (0)

「+675」で始まる着信に注意 通話料高額のおそれ(4日)NHK

パプアニューギニアからの着信を示す「+675」で始まる不審な国際電話がこのところ相次いでおり、大手携帯3社では、かけ直すと通話料が高額になるおそれがあるとして、注意を呼びかけています。
 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手携帯3社によりますと、先月末から「+675」で始まる不審な国際電話の着信が利用者に相次いでいるということです。
 「+675」は南太平洋のパプアニューギニアからの着信を示していて、利用者がかけ直すと、NTTドコモで30秒あたり63円から68円、KDDIは65円、ソフトバンクは249円の通話料が発生します。
 このため、携帯3社ではかけ直すと通話料が高額になるおそれがあるとして、「+675」で始まる心当たりのない番号が着信した場合、十分注意するよう呼びかけています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170704/k10011042301000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| トラックバック (0)

実在サイト装う架空請求、道内で急増 携帯にショートメール(4日)共同

 実在の有料動画配信サイトを装って携帯電話番号にショートメールを送り、サイト利用料名目などで電子マネーを要求する架空請求詐欺の被害が6月以降、道内で急増している。道警によると、6月の被害額は24日時点で、前月の13倍となる計約930万円に達し、過去最多のペースという。道警は、大手インターネット関連会社が運営する有料動画配信サービスの普及を受けた新たな手口とみて、注意を呼び掛けている。
 手口は、動画配信サイトを運営する「アマゾン」「ヤフー」などを名乗り、ショートメールで「サイト利用料を期限内に支払わないと法的措置を取る」などとうその内容を通知。メールに書かれた連絡先に電話すると、相手はプリペイドカード式電子マネーをコンビニエンスストアなどで購入し、利用料を支払うよう要求してくる。さらに、電子マネー購入後に折り返し電話をさせてカードに記載された暗証番号を聞き出し、電子マネーを換金する。 
 道警によると、ショートメールを使った同様の架空請求に関する相談は6月だけで663件に達した。道警が1月からの被害相談を分析したところ、5月までは月300件前後で推移しており、倍増した。また、実際の被害額は5月までが月70万~300万円前後だったのに対し、6月の被害額は3~13倍に膨らんだ。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0417402.html

| トラックバック (0)

老人ホーム入所者の女性殴った疑い、元職員の男逮捕(4日)TBS

今年5月、群馬県富岡市の有料老人ホームで入所していた84歳の女性の顔を殴り、けがをさせたとして、元職員の神戸佑介容疑者(30)が逮捕されました。女性は鼻の骨を折る全治1か月の重傷です。
 神戸容疑者は夜勤で勤務中、1人で介護中に女性を殴ったとみられ、調べに対し「殴ったことは間違いありません」と容疑を認めているということです。警察は、動機や当時の状況などを詳しく調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3096237.html

| トラックバック (0)

ゴミ処理所から大量の1万円札片 裁断され…674枚(4日)テレビ朝日

ごみ処理施設で、裁断された1万円札が大量に見つかりました。
 3日正午ごろ、三重県伊賀市にある資源ごみの処理施設で、従業員がごみの中から大量の1万円札の破片を見つけ、警察に届け出ました。警察によりますと、見つかったのは約1センチの破片からお札の状態のものまで合わせて674枚で、なかには黒く変色したものもあったということです。1万円札は、粗大ごみと一緒に裁断された可能性が高いとみられ、警察によりますと、現金をなくしたという届け出はないということで、警察が拾得物として保管し、持ち主を捜しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000104609.html

| トラックバック (0)

がれきから4251万円 持ち主判明も既に死亡で親族へ(4日)テレビ朝日

 群馬県沼田市にある廃棄物の収集運搬会社の敷地内で、がれきの中から見つかった現金4251万円について、持ち主が特定されましたが、すでに亡くなっていることから、親族の男性(51)に返還されていたことが分かりました。
 4月に、沼田市にある廃棄物の収集運搬会社の敷地内で、住宅解体現場から収集されたがれきの中から現金4251万円が見つかりました。現金は、日付の書かれた金融機関の帯封がされていて、その日に多額の現金が引き出されていた口座から持ち主が特定されました。ところが、持ち主はすでに死亡していたことから、前橋市に住む親族の男性に先月30日に返還されたということです。男性は「お騒がせしました。発見してくれた方に心からお礼を申し上げたい」と話しているということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000104622.html

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(4、5日 単位・レベル) 
1日も早い検挙を
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012992

 千葉県松戸市で住宅に銃弾が撃ち込まれる事件が相次いでおり、住民からは「早く犯人を逮捕してほしい」と悲痛な声がでている。
  今回、撃ち込まれたのは松戸市緑ケ丘の3階建てマンション1階。近くには公園があるほか小学校もある閑静な住宅街だけに不安が多い。
 同市内では、5月に暴力団関係者の乗った車が襲われる発砲事件を皮切りに、6月7日には同市岩瀬、同30日には同市五香西でアパートに銃弾が撃ち込まれた痕跡が見つかっている。暴力団による犯行か否かは断定はできていないが、全国的にみて今年に入り銃刀法事件が増えている。
 暴力団と言えば警視庁はこのほど東京・銀座の高級クラブなどから、みかじめ料として現金を脅し取っていた山口組系の暴力団組長らを逮捕した。1億円以上と見られており、組にとっては大変な収入源となっていた。
 今年に入り、大麻取締法違反の事件が多くなっているなど、今の暴力団は堅気の人に迷惑かけるは、薬はするわ、泥棒での検挙件数は増えるなど、「任侠道」なんていうものではなく、単なる愚連隊以下になりさがってしまった。
 警察庁によると今年5月現在の暴力団による刑法犯検挙件数は7676件で検挙人員は3868人。前年に比べて件数で-2253件、人員で-602人。
 最も多かったのは窃盗犯の4350件。次が詐欺の885件、傷害の694件続いた。
 特別法犯の認知件数は3990件で検挙人員は2940人。件数で-264件、人員で-69人。最も多かったのは覚醒剤取締法の2622件、迷惑防止条例212件。覚醒剤取締法は前年より214件、迷惑防止条例で22件のそれぞれ減少した。
 但し大麻取締法は410件を検挙したが同78件の増加。しかも同法は近年は増加し続けている。
 問題の発砲事件だが銃刀法班は97件の検挙で検挙人員は71人。10件、7人のそれぞれ増加となった。
 松戸市の事件は一日も早い解決に来たいしたい。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| トラックバック (0)

元市職員、詐欺未遂容疑で逮捕 家に放火し保険金詐取か(4日)朝日

空き家に放火し火災保険金をだまし取ろうとしたとして、福岡県警は4日、宮若市上大隈、無職で元飯塚市教委係長の堀内茂容疑者(50)=非現住建造物等放火罪で起訴=を詐欺未遂の疑いで再逮捕し、発表した。容疑を認めているという。
 捜査1課によると、堀内容疑者は昨年5月18日、所有する飯塚市内野の木造2階建ての空き家を全焼させ、同年6月15日に火災保険金を請求した疑いがある。
 火災の約1カ月前に補償額4千万円の火災保険に加入したばかりで、不審に思った保険会社は支払いに応じなかったという。

 

残り:42文字/全文:285文字
http://www.asahi.com/articles/ASK743SLJK74TIPE00R.html

| トラックバック (0)

北朝鮮が弾道ミサイル発射 40分飛行、EEZ内に落下(4日)共同

【ソウル共同】北朝鮮は日本時間4日午前9時40分ごろ、北西部の平安北道亀城市付近から日本海に向け、弾道ミサイルを発射した。菅義偉官房長官は、ミサイルが日本海の排他的経済水域(EEZ)内に着水したとみられ、約40分間飛んだと明らかにした。韓国軍によると、飛距離は約930キロ。防衛省は2500キロを大きく超える高度に達したと発表した。
 ラヂオプレス(RP)によると、北朝鮮の朝鮮中央放送(ラジオ)は日本時間4日午後3時半から「特別重大報道」を行うと予告した。
 米太平洋軍は、発射したのは大陸間弾道ミサイル(ICBM)ではなく、中距離弾道ミサイルだと発表した。
https://this.kiji.is/254774656155485693?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

筑邦銀行発砲事件、強盗未遂容疑で暴力団幹部逮捕(4日)TBS

福岡県久留米市の銀行で、おととし発生した拳銃強盗事件で、暴力団幹部を逮捕です。
 強盗未遂容疑で逮捕された指定暴力団・道仁会系組幹部、下川大容疑者(40)は、おととし、久留米市の筑邦銀行の支店に押し入り、「金を出せ」と行員を脅したうえ、天井に向けて拳銃を3発、発砲した疑いが持たれています。
 警察によりますと、行員が要求を拒否したところ、下川容疑者は何も取らずに逃走し、けが人はいませんでした。警察が容疑の裏付けを進めています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3095945.html

| トラックバック (0)

駅員への暴力、減少 鉄道各社まとめ(4日)日経

2016年度に駅や列車で起きた駅員、乗務員への暴力行為は712件だったことが日本民営鉄道協会(東京)やJR各社などのまとめで4日までに分かった。16年度は15年度よりも1事業者増えたが、80件減少した。
 大手私鉄やJRなど全国の計34事業者の報告を集計した。防犯カメラの設置や、トラブル時の対応について駅員らへの指導を進めたことが減少につながったとみられる。
 集計によると、これまでと同様に飲酒後や深夜に起きているケースが目立った。加害者の62%(440件)は飲酒しており、時間帯は午後10時以降が37%(260件)で最も多かった。場所は改札が38%(272件)、ホームが34%(240件)、車内が15%(106件)だった。
 依然として700件を上回る高い水準にあるとして各社は7日から「暴力は犯罪」と呼び掛けるポスターを駅構内や列車内に掲示する。〔共同〕
www.nikkei.com/article/DGXLZO18446790U7A700C1CR0000/

| トラックバック (0)

20年に渡り女性下着“盗む” 61歳男「着るために」(4日)テレビ朝日

 東京・荒川区で、配達中に女性の下着を盗んだとして61歳の男が逮捕されました。男は、20年ほど前から約1000枚の下着を盗んでいたとみられています。
 小林安茂容疑者は今年4月、荒川区の舞台用衣装のレンタル店で干してあったストッキングなど女性の下着9点を盗んだ疑いが持たれています。警視庁によりますと、小林容疑者はトラックで印刷物を配達しながら干してある女性の洗濯物などを物色していたということです。小林容疑者は取り調べに対し、「20年ほど前から盗んでいた。自分で着るためにやった」と容疑を認めています。自宅からは約1000点の女性の下着が見つかっていて、警視庁は余罪についても詳しく調べる方針です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000104578.html

| トラックバック (0)

「遠回りしたやろ」タクシー代1080円しか“払わず”(4日)テレビ朝日

 「遠回りしたやろ」などとタクシーの運転手を脅し、乗車料金の一部を支払わなかったとして、暴力団幹部の男らが逮捕されました。
 指定暴力団山口組弘道会傘下組織の幹部・伊藤雅隆容疑者(52)と組員の森脇晋作容疑者(44)の2人は、今年5月、東京・港区の路上でタクシー運転手の男性(66)に因縁を付けて脅迫し、乗車料金2080円のうち1080円を支払わなかった疑いが持たれています。警視庁によりますと、2人は5キロほど離れた中目黒駅周辺から乗車しましたが、「遠回りしたやろ。お前どうなっても知らんぞ。1000円にしろや」などと脅したということです。そして、森脇容疑者が5000円札を投げ付けるように運転手に渡し、おつりの4000円とレシートを受け取ったということです。タクシーにドライブレコーダーは付いていませんでしたが、周辺の防犯カメラや目撃者の証言などから2人の犯行が浮上したということです。取り調べに対し、2人は容疑を否認しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000104581.html

| トラックバック (0)

歩道に車乗り上げ4人はねる 大阪キタの交差点 50代女性重傷 信号無視か(4日)産経

日午後6時25分ごろ、大阪市北区堂島の国道2号交差点で乗用車2台が接触し、1台が歩道に乗り上げて歩行者の男女4人をはねた。大阪府警天満署によると、4人は20~60代でいずれも負傷し、このうち同市西淀川区の派遣社員の女性(52)が腰の骨を折って重傷。乗り上げた車を運転していた同市福島区の男性会社員(20)もけがをした。男性の車が現場の信号を無視したとの目撃証言があり、同署は男性から詳しい事情を聴いている。
 同署によると、交差点を直進しようとした男性の黒い車と、右折しようとした別の車が接触。黒い車が弾みで歩道に乗り上げて歩行者4人を次々とはね、街灯に衝突して停止した。別の車を運転していた同市都島区の男性(45)にけがはなかったという。
http://www.sankei.com/west/news/170703/wst1707030073-n1.html

| トラックバック (0)

「道路族」トラブル深刻=住宅街路上で遊ぶ子と親-地域モラル希薄化・専門家(4日)時事

新興住宅街の袋小路になった路上で子どもを遊ばせ、騒ぐ声などで近隣住民とのトラブルになるケースが各地で問題化している。こうした親子は、一部で「道路族」などと呼ばれ、住民同士の裁判や刑事事件になることも。専門家は、地域のモラルが希薄化している危険性を指摘する。
 京都市内の住宅街に住む女性(42)は、分譲開始に伴い2009年に入居。12年春ごろから、自宅前の道などで遊ぶ子どもの大声に悩まされている。長男が中学受験を控え、母親らに注意すると、脅迫めいた手紙を送り付けられたり暴言を浴びせられたりするようになったという。
 今年3月、この女性に威嚇行為を繰り返したとして、住民の男性(43)が京都府迷惑防止条例違反罪で略式起訴され、罰金30万円を科せられた。男性の弁護士によると、男性は「カメラを付けて監視されたので抗議のつもりだった」と話しているという。
 女性の代理人の豊福誠二弁護士は、東京や神奈川などの新興住宅街でも同様の事例があると指摘。母親らが世間話に熱中し、子どもが野放し状態のケースが多く、「子どもを注意している姿を撮影された」「嫌がらせを受け引っ越しを決めた」などの声があるという。横浜地裁では、「道路族が原因で重度のストレス障害になり引っ越しを余儀なくされた」として、家族が相手方に慰謝料など計1100万円を求めた訴訟が係争中だ。
 一方、路上で遊ばせる親は、子どもを近くで見守ることができる自宅前の道路の方が安心という意識が強いとみられる。ボール遊びや自転車を禁止する公園もあり、思いきり遊べないとの意見もある。ただ、車による死亡事故も起きており、危険な面は否めない。
 京都大大学院教育学研究科の明和政子教授は「同世代のみで構成されがちな振興住宅街では、その世代間の価値観に偏ったルールが形成される傾向がある」と指摘。「高齢者らを含む多様な年齢層から成るコミュニティーでは、規範や文化の継承がそれに歯止めをかけているのだろう」と話している。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017070400133&g=soc

| トラックバック (0)

被告少年に懲役刑を求刑 埼玉・東松山の16歳暴行死(4日)朝日

埼玉県東松山市で昨年8月、当時16歳の少年を死なせたとして傷害致死罪に問われた無職少年(18)=同市=の裁判員裁判が3日、さいたま地裁(栗原正史裁判長)であった。検察側は論告で「態様が執拗(しつよう)で強烈。5人で1時間以上、一方的に暴行した」と述べ、懲役6年以上10年以下の不定期刑を求刑。弁護側は少年院での指導が必要と訴えた。
 起訴状によると、少年は他の15~17歳の少年4人とともに昨年8月22日未明、東松山市の河川敷で同県吉見町のアルバイト井上翼さんに暴行し、川に沈めて溺死(できし)させたなどとされる。
 検察側は「発言力が強い立場。役割は主導的で重大。少年刑務所での服役や教育が必要」と訴えた。弁護側は少年が「複雑な家庭で育った」などとして「十分な育て直しがないまま社会復帰すれば再犯の恐れが高まる」などと主張。刑事罰でなく、少年院送致などの保護処分が適切だとして、家庭裁判所に事件を移すよう求めた。
 少年は「改めて申し訳ない。自分が変わらないといけない」と述べた。(小笠原一樹
http://www.asahi.com/articles/ASK734QTQK73UTNB00T.html

| トラックバック (0)

宮城 登米で住宅全焼3人死亡 放火容疑で男を逮捕(4日)NHK

4日未明、宮城県登米市で住宅が焼ける火事があり、焼け跡から子どもを含む3人が遺体で見つかりました。警察はこの家に住む40代の男を放火の疑いで逮捕し、詳しく調べています。
 4日午前2時半ごろ、宮城県登米市迫町佐沼で、「自宅に火がついている。家族3人が逃げ遅れてその中に子どもがいる」と、この家に住む人から警察に通報がありました。
 消防車7台が出て消火にあたり、火はおよそ2時間後に消し止められましたが、焼け跡から子どもを含む3人が遺体で見つかりました。
警察によりますと、遺体は3歳と1歳の子どもと、30代の母親と見られるということです。
また、この家に住む70代の男性が手首に軽いやけどをしたということです。
 警察はこの家に住む40代の男を放火の疑いで逮捕し、詳しく調べています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170704/k10011040971000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| トラックバック (0)

日テレ収録で女性スタッフ重傷 放送を取りやめ(4日)共同

日本テレビ系の番組「うわっ! ダマされた大賞」の収録準備中に、女性の制作スタッフが重傷を負っていたことが3日、分かった。収録は2日に静岡県内で行われた。
 同局によると、スタッフは池に浮いているウレタン製のセットに飛び移った際に後頭部を強打した。関係者によると、命に別条はないという。
 同局は22日に予定していた番組の放送を取りやめた。同局は「スタッフがけがをする結果となり誠に遺憾です。事実確認をした上で安全管理をさらに徹底してまいります」としている。
https://this.kiji.is/254624670347001858?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

新潟・中2男子自殺、「いじめられている」と学校に相談(4日)TBS

新潟県新発田市で先月、中学2年生の男子生徒が自殺した問題で、生徒はいじめられていると学校に相談していたことがわかりました。
 「当該生徒に対して、複数の生徒があだ名や嫌なことを言ってからかっていた。当該生徒に対して、複数の生徒が悪口を言っていた」(中学校の校長)
 新発田市教育委員会と中学校は会見を開き、いじめが確認されたことを明らかにしました。この問題は、先月25日、中学2年の男子生徒が自宅で首をつってしんでいるのが見つかったもので、2日前には学校でのいじめを家族に告白していました。
 会見では、自殺する前の月の5月中旬、担任への教育相談で生徒から「悪口を言われている」と報告を受けていたことがあきらかになりました。
 「教育相談の時にそのように話をしたと聞いている。ただそれは深刻な内容ではなかった」(中学校の校長)
 このほか複数の教諭が生徒が追いかけられている様子を確認していたということですが、いじめとは考えていなかったということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3095752.html

| トラックバック (0)

3億円超を隠し“脱税” 職業訓練会社を刑事告発(4日)テレビ朝日

求職者に職業訓練などを行う会社が約3億5100万円を隠して脱税したとして、東京国税局から刑事告発されました。
 法人税法違反の疑いで刑事告発されたのは、東京・豊島区の「メディアクリエイト」と橋本一星代表取締役(43)、それに、経理業務の委託を受けていたコンサルタント会社の河合滋代表取締役(55)です。東京国税局によりますと、橋本代表らは架空の手数料を計上するなどの方法で、2014年までの2年間に約3億5100万円の所得を隠し、法人税約8800万円を脱税した疑いが持たれています。脱税した金は、関係会社への貸付金などに充てていたということです。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000104546.html

| トラックバック (0)

「大崎事件」即時抗告 再審認める決定に不服(4日)テレビ朝日

鹿児島県で38年前に変死体が見つかった「大崎事件」で裁判のやり直しを認めた鹿児島地裁の決定を不服として、鹿児島地方検察庁が即時抗告しました。
 1979年、鹿児島県大崎町で原口アヤ子さん(90)の義理の弟が遺体で見つかり、原口さんら4人が殺人などの疑いで逮捕されました。原口さんは一貫して無実を訴え、先月、鹿児島地裁は3回目の再審、裁判のやり直し請求に対して「殺害や死体遺棄がなかった疑いを否定できない」として、原口さんと元夫の再審開始を認めました。弁護団は原口さんが90歳と高齢であることから、最高検察庁などに即時抗告しないよう求めていましたが、鹿児島地検は「再審開始の決定は承服できず、是正すべき」として福岡高裁宮崎支部に即時抗告しました。
 大崎事件弁護団・鴨志田祐美事務局長:「私に言わせると言い掛かりに近い。本当にこんな内容でまだ1年も2年もやるのか、怒りを禁じ得ない」
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000104529.html

| トラックバック (0)

矢野死刑囚きょう逮捕 96年失踪の男性殺害の疑い(4日)日経

1998年に知人の会社社長を殺害したとして今年5月に起訴された元暴力団会長、矢野治死刑囚(68)について、警視庁組織犯罪対策4課は96年に失踪した不動産業の男性の殺害にも関わった疑いが強まったとして、殺人容疑で4日に再逮捕する方針を決めた。
 捜査関係者によると、男性は96年8月に自宅を出たまま行方不明となった神奈川県伊勢原市の津川静夫さん(当時60)。矢野死刑囚は暴力団関係者の男3人と共謀し、津…
[有料会員限定]
この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG03H8M_T00C17A7CC1000/

| トラックバック (0)

山辺節子被告が自殺図る 熊本県警東署、命別条なし(4日)西日本

投資名目で会社役員の男性から2千万円をだまし取ったとして、詐欺罪で起訴された無職山辺節子被告(62)が、勾留先の熊本東署の留置場で自殺を図っていたことが4日、熊本県警関係者への取材で分かった。命に別条はないという。4日には熊本地裁で初公判が開かれる。
 県警関係者によると、山辺被告が自殺を図ったため、勾留されていた部屋から別の部屋に移し、監視を強めた。病院に搬送されるようなことはなかった。山辺被告の弁護士によると、6月末からは、熊本刑務所京町拘置支所に収容されている。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/340028

| トラックバック (0)

« 2017年7月3日 | トップページ | 2017年7月5日 »