« ロンドンのテロ事件 ベストに偽の爆発物巻きつけ犯行に(5日)NHK | トップページ | 25歳女医、知人男性の実名挙げ「最低最悪の人間」とトイレに貼り紙、名誉毀損容疑で逮捕 大阪府警(5日)産経 »

2017年6月 5日 (月)

やけどや破裂 ライターの事故が7年半余で722件(5日)NHK

ライターの残り火でやけどをしたり、車の中に放置したライターが破裂したりする事故が、7年半余りの間に700件以上起きていることがわかり、消費者庁が注意を呼びかけています。
 消費者庁によりますと、ライターに関する事故はことし3月までの7年半余りの間に722件報告され、このうち死亡事故が1件、重傷事故が22件起きているということです。
 最も多いのは、ライターの内部に入り込んだ小石などの異物の影響で残り火が発生し、やけどなどの事故につながったケースで、209件ありました。
おととしには、使用後に胸ポケットに入れていた使い捨てライターの残り火で服が燃え、男性が死亡したということです。
 また、直射日光が当たる車の中など、高温になる場所に放置していたライターが破裂する事故も目立っています。
国民生活センターの実験では、気温が20度ほどの屋外に車を駐車した場合、2時間半後には車内の温度はおよそ46度、直射日光の当たるダッシュボードの表面温度は80度近くにまで達し、ライターを放置すると非常に高温となり、破裂などの危険があるということです。
 このほか、子どものいたずらで火災につながったケースも報告されているということです。
 消費者庁は、ライターを使ったあとは火が完全に消えているのを確認することや、車のダッシュボードの上やガスコンロの近くなど高温になる場所にはライターを放置しないこと、子どもの手の届くところにライターを置かないことなどを呼びかけています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170605/k10011006541000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

« ロンドンのテロ事件 ベストに偽の爆発物巻きつけ犯行に(5日)NHK | トップページ | 25歳女医、知人男性の実名挙げ「最低最悪の人間」とトイレに貼り紙、名誉毀損容疑で逮捕 大阪府警(5日)産経 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やけどや破裂 ライターの事故が7年半余で722件(5日)NHK:

« ロンドンのテロ事件 ベストに偽の爆発物巻きつけ犯行に(5日)NHK | トップページ | 25歳女医、知人男性の実名挙げ「最低最悪の人間」とトイレに貼り紙、名誉毀損容疑で逮捕 大阪府警(5日)産経 »