« 詐欺集団拠点に2000人分名簿(30日)NHK | トップページ | 火元の押し入れから女性遺体 住人の同棲相手か(30日)テレビ朝日 »

2017年6月30日 (金)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(30、1日 単位・レベル) 
声無きに聴き 形無きに見る
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012993

  平成8年に栃木県市貝町で布団袋に入った男性の遺体が見つかったが、21年経った今も身元が分かっていない。このため栃木県警はこのほど情報提供を求めるチラシを配った。
 発見当時、腐乱が激しく身元が分からなかったが、ズボンのタグに「トナリ山本」という文字があり、公開したところ千葉市内のクリーニング店が名乗り出たが、その人物についてはいまだに特定できていない。
 警察庁によると全国で平成28年に家出など不明者として届けを受けた人数は8万4850人もいる。うち64.4%にあたる5万4664人が男性。35.6%にあたる3万0186人が女性だった。
 年齢別にみて一番多いのは10代の1万7118人、次いで20代の1万6038人、30代の1万0495人と続き、70歳以上が1万9707人で全体の23.2%にもなっている。
 行方不明者の受理数の年間推移をみると、統計のある昭和31年の8万5719人以降は8万人台で推移。41年に9万人を超えた。それ以降は増減を繰り返し58年に11万5236人と最高を記録。
 その後は9万人から8万人台を繰り返し平成13年には再び10万人台になり、28年には8万4850人となった。同年はこのうち8万3865人の身元が判明している。
 栃木県警の事件があった平成8年には8万5157人の届け出があったが7万7127人は確認できている。
 小欄が警視庁捜査1課を担当していた昭和60年代に〝穴掘り〟と呼ばれている部署があった。第2係で行方不明者の中から事件に巻き込まれた人を割り出して、捜査する専門の班だった。
 多くの不明者は埋められていて、遺体を掘り起こしてはじめて殺人事件と認定されることから〝穴堀り〟と言われていたもの。
 まさに「声無きに聴き、形無きに見る」なのである。すべてが極秘で行われ、犯人検挙で明らかになるので、報道の特ダネ合戦が多かった。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。   

« 詐欺集団拠点に2000人分名簿(30日)NHK | トップページ | 火元の押し入れから女性遺体 住人の同棲相手か(30日)テレビ朝日 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65477030

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 詐欺集団拠点に2000人分名簿(30日)NHK | トップページ | 火元の押し入れから女性遺体 住人の同棲相手か(30日)テレビ朝日 »