« 辺野古で車両進行妨害疑い 反対派60歳男を逮捕(12日)産経 | トップページ | 大分、警察官の速度違反もみ消し 県警、犯人隠避疑いで捜査(12日)西日本 »

2017年6月12日 (月)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(12、13日 単位・レベル) 
知能犯の検挙率落ちる
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012913

 知能犯の認知件数が増えたのに対して検挙率が落ちている。
 警察庁によると今年5月現在の全国の検挙率は34.8%で、前年同期より1.5ポイントアップした。最も検挙率が高かったのは凶悪犯の82.5%。その中でも殺人は1.2ポイントアップして96.1%だった。
 次いで高かったのは粗暴犯の80.9%。最も高かったのは傷害致死で100%。これに対して恐喝が低く70.4%。
 風俗犯は72.1%で0.2ポイントアップした。中でも強制わいせつは7.2ポイントもアップして75.0%だった。
 そして最も低いのは窃盗犯で30.6%だがそれでも前年より2.0ポイント上がった。侵入盗が49.6%で前年より6.3ポイントも下げてしまった。
 ところで振り込め詐欺などの知能犯は43.9%で前年より6.3ポイントも下げてしまった。要因は詐欺で6.5ダウンした40.7%だった。
 例によってランキングで高かったのは秋田の76.2%で、これに山形の75.9%、長崎の70.3%、大分の62.0%、宮城の59.2%と続いた。
 低かったのは大阪の20.3%、埼玉の26.9%、千葉の27.3%、兵庫の29.7%、岐阜の30.8%の順。
 あの昭和の時代の検挙率は50%から60%台もあったが、低いのはやはり捜査環境の変容と警察の取り組みの変容にあるのかなぁ~
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

« 辺野古で車両進行妨害疑い 反対派60歳男を逮捕(12日)産経 | トップページ | 大分、警察官の速度違反もみ消し 県警、犯人隠避疑いで捜査(12日)西日本 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65403318

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 辺野古で車両進行妨害疑い 反対派60歳男を逮捕(12日)産経 | トップページ | 大分、警察官の速度違反もみ消し 県警、犯人隠避疑いで捜査(12日)西日本 »