« 2017年6月26日 | トップページ | 2017年6月28日 »

2017年6月27日

2017年6月27日 (火)

「アンケートに協力を」と車に乗せ…女子高生わいせつ誘拐容疑、24歳介護士を逮捕 青森(27日)産経

青森署は27日、女子高校生を車に乗せてわいせつな行為をしたとして、わいせつ目的誘拐と暴行の疑いで青森県蓬田村郷沢浜田、介護士、福士颯人容疑者(24)を逮捕した。
 逮捕容疑は、23日午後4時15分ごろ、青森市内のショッピングモール内を1人で歩いていた女子高生に「アンケートに協力してください」と言って誘い出し、駐車場に止めていた自分の軽乗用車に乗せて場内を走行して停車した後、車内で体を触った疑い。けがはなかった。
 青森署によると、2人に面識はないという。女子高生は車から逃げ出し、ショッピングモールの警備員が110番した。
http://www.sankei.com/affairs/news/170627/afr1706270024-n1.html

| トラックバック (0)

GPS「使ってない」捜査員が裁判で虚偽証言か 警視庁(27日)朝日

警視庁の捜査員が証人出廷した窃盗事件の公判で、GPS(全地球測位システム)端末を使った捜査が表面化しないように虚偽の証言をしていた。同庁が27日、偽証容疑で捜査していることを明らかにした。
 刑事総務課によると、この捜査員は捜査3課の30代の男性巡査部長。2014年に群馬県内で空き巣に入ったなどとして4件の窃盗罪などで起訴された被告の裁判で、東京地裁に出廷。弁護人にGPS端末を捜査で使用したのかを問われ、「使っていない」と答えた。地裁は昨年11月28日、被告に懲役3年の実刑判決を言い渡した。
 ところが、今年5月25日に開かれた控訴審の公判後、東京高検から同庁にGPS端末を使っていないか問い合わせがあり、上司が巡査部長に確認したところ、虚偽証言が発覚した。刑事総務課は「巡査部長は(捜査手法の)保秘徹底の範疇(はんちゅう)と思って誤った証言をしたと思われる。上司から(偽証の)指示はなかった」と説明している。
 GPS捜査については警察庁が06年、都道府県警に出した運用要領で、GPS端末の存在を捜査書類に書かない、取り調べでも明らかにしない、などと指示していた。
http://www.asahi.com/articles/ASK6W55ZRK6WUTIL02H.html

| トラックバック (0)

オレオレ詐欺グループの幹部少年逮捕 12億円超被害か (27日)NHK

オレオレ詐欺の電話を受けた80代の女性から現金4000万円をだまし取ったとして、東京の少年2人が逮捕され、警視庁は、このうち19歳の少年が詐欺グループの幹部で、全国で12億円を超える被害が出ていると見て、グループの実態解明を進めています。
 逮捕されたのは、いずれも都内に住んでいて職業不詳の19歳と17歳の少年です。
 警視庁によりますと、2人はおととし12月、京都市の80代の女性の自宅に息子を装って電話をかけ、「友人の会社の保証人になったら、問題になってしまったので現金を用意してほしい。知り合いの弁護士が受け取りに行く」とうそを言って、女性から現金4000万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いが持たれています。
 これまでの調べで、17歳の少年が京都市まで行き、弁護士のふりをして現金を受け取ったあと、東京で19歳の少年に渡していたということです。調べに対し、2人はいずれも容疑を認めているということです。
 警視庁によりますと、このグループを巡っては、これまでに60人以上が逮捕されていて、今回逮捕された19歳の少年は、現金の回収役としてグループの中で幹部にあたる役割を果たしていたと見られるということです。
 警視庁は、このグループによる被害は、おととし5月以降、全国で12億円を超えると見てグループの実態解明を進めています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170627/k10011032381000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

| トラックバック (0)

女性警備員が足りない! 五輪で1日1000人、業界危機感(27日)日経

 2020年東京五輪・パラリンピックに向け、女性警備員の不足が懸念されている。全国の警備員のうち女性は約5%。女性客の身体検査などを円滑に行うため大幅な増員が求められる。警備会社の業界団体は、女性が働きやすい職場環境を整えたり、イメージ向上のため新たな制服や愛称を導入したりすることを検討している。
 「経営者が意識を変えることが最も大切」。東京都警備業協会(台東区)が6月に開いた研修会。警備会社の採…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG23HAW_X20C17A6CC0000/

| トラックバック (0)

京都新聞記者を逮捕 危険ドラッグ所持の疑い(27日)日経

危険ドラッグを所持したとして、近畿厚生局麻薬取締部は27日、京都新聞社ニュース編集部記者、西河公嗣容疑者(33)=大津市島の関=を医薬品医療機器法違反の疑いで逮捕した。同麻薬取締部によると「自分で使うために持っていた」などと述べているという。
 逮捕容疑は今月22日、京都市内の駐車場に止めた車内で、指定薬物の成分を含む液体7.1ミリリットルを医療目的以外で所持した疑い。
 同麻薬取締部は27日までに、京都新聞社本社(京都市中京区)や西河容疑者の自宅を家宅捜索し、入手経路などを調べている。
 京都新聞グループは「捜査に全面的に協力するとともに、社員教育を徹底する」としている。http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG27H56_X20C17A6CC0000/

| トラックバック (0)

SNS性被害が“過去最悪” 夏休み前に注意文配布へ(27日)テレビ朝日

SNSを通じて、児童買春などの性被害に遭った子どもの数は去年1年間で1736人と、過去最悪を記録しました。特に夏休み中に被害が増加しやすいことから、警察庁と文部科学省は、全国の中高生約600万人にリーフレットを配布する予定です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000104074.html

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(27、28日 単位・レベル) 
間抜けなひったくり犯も
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012919

 ひったくり事犯の認知件数が減少傾向にあるとはいえ、相変わらず、優位な状況を利用した追い剥ぎみたいな卑怯な犯罪が続いている。
 23日未明に東京・台東区の路上で、バイクで追い抜きざまに自転車に乗っていた47歳の男性がハンドバッグをひったくられる事件が発生。男性は犯人のバイクを自転車で追いかけた。犯人は執拗な追跡にとうとう奪ったバッグを路上に置いて逃走した。
 しかし、使用したバイクのナンバーからアルバイト店員の20歳の男とわかり、警視庁に逮捕された。なんとも間抜けな犯人ですね。一見して〝間抜けな犯人〟だが、余罪があるかどうか。北区や板橋区では今月、同じような被害が相次いでいるという。
 先日、今年に入ってから5月までのひったくりの検挙率が前年に比べて36.9ポイントもアップして74.4%を記録したと紹介したが、認知件数は最も少なかった平成28年よりもさらに減少しているという。
 警察庁によると今年5月現在の認知件数は1172件で前年より188件の減少。ランキングは大阪の282件、神奈川の120件、愛知の118件、東京の108件、埼玉の103件の順。
 平成に入り6年には1万8563件あったが15年には2953件と4桁台に落ち、さらに16年には平成で最も少ない2259件となった。
 しかし、それもつかの間で17年に急増して3万2017件と最高の数字になった。
 この時の都道府県のランキングでは大阪が5542件、神奈川が3570件、埼玉が3534件、東京が3406件、愛知が3388件の順だった。この年の各都府県の数字は平成15年の全国の数字より上回った。
 そして18年からは減少傾向に入り、25年には7907と4桁台になり、28年には3493件と減少している。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。 

| トラックバック (0)

西部劇ファン 改造拳銃所持の疑い モデルガンでは満足できず(27日)NHK

殺傷能力がある改造拳銃10丁などを自宅に隠し持っていたとして、千葉県の66歳の男が警視庁に逮捕されました。「西部劇のファンで、自分でモデルガンを改造して作った」と供述しているということです。
 逮捕されたのは、千葉県袖ケ浦市の無職、山川晴男容疑者(66)で、警視庁の調べによりますと、ことし4月、殺傷能力がある改造拳銃10丁などを自宅に隠し持っていたとして、銃刀法違反の疑いが持たれています。
 警視庁がことし4月、自宅を捜索したところ、2階の部屋に改造拳銃6丁が壁に飾られていたほか、改造に使ったと見られる工具なども見つかったということです。
 警視庁によりますと、自宅には西部劇のビデオが多数あり、調べに対し、山川容疑者は「西部劇のファンで、30年くらい前からモデルガンを集め始めた。本物の拳銃と同じ構造の銃でないと我慢できなくなり、自分でモデルガンを改造して作った」などと供述し、容疑を認めているということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170627/k10011031941000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| トラックバック (0)

セガサミー会長宅発砲事件で暴力団関係者逮捕 指示役か(27日)NHK

ゲームやパチンコの大手メーカー「セガサミーホールディングス」の会長の自宅に銃弾を撃ち込んだとして、神戸山口組系の暴力団幹部ら3人が逮捕された事件で、大阪の暴力団関係者が銃刀法違反などの疑いで新たに逮捕され、警視庁は指示役だったと見て調べを進めています。調べに対し、容疑を否認しているということです。
 新たに逮捕されたのは、大阪・天王寺区の暴力団関係者、山下宏佳容疑者(64)です。
 この事件は、神戸山口組の傘下の中心団体、山健組系の暴力団幹部、山本孝博容疑者(54)ら3人が、おととしの1月8日、「セガサミーホールディングス」の里見治会長(75)の東京・板橋区にある自宅に向けて、拳銃の弾1発を発射し、玄関脇の照明を壊したとして、警視庁に逮捕されたものです。
 警視庁は、神戸市にある「山健組」の本部を捜索するなど捜査を進めた結果、山下容疑者も事件に関わったとして、銃刀法違反と器物損壊の疑いで逮捕したということです。
 警視庁は山下容疑者が指示役だったと見て調べを進めています。警視庁によりますと、調べに対し、「全く身に覚えがない」と供述し、容疑を否認しているということです。
 また事件の6日後にも、里見会長の自宅に銃弾を撃ち込んだなどとして、山本容疑者ら3人が銃刀法違反などの疑いで再逮捕されました。警視庁は、山下容疑者が6日後の銃撃についても指示していたと見て捜査しています。

| トラックバック (0)

交際男性の体に火、殺人未遂容疑で女逮捕=大阪府警(27日)時事

堺市西区の電器店に火だるまの男性が駆け込んできた事件で、大阪府警西堺署は27日、男性に火を付けた殺人未遂容疑で、交際相手の無職の女(42)=同区=を逮捕した。「消毒液を掛けたら引火した。殺すつもりはなかった」などと容疑を否認しているという。同署は責任能力の有無も含め、詳しい経緯を調べている。

電器店に火だるまの男性=現場去る不審な女、関連捜査-大阪

 逮捕容疑は19日午後5時半ごろ、堺市内の路上に止めた車の中で、男性の体に火を付け殺害しようとした疑い。
 同署によると、男性は全身やけどで意識不明といい、身元確認を急いでいる。車で現場を走り去る不審な女が目撃され、近くで運転席が焦げた車も発見。同署が行方を捜していたところ、26日夜に女が出頭した。
 女は男性が浮気をしたとして車内で口論になったと説明。「汚れた体を消毒するため、用意したエタノールを振り掛けた。男性がたばこを吸おうとライターを使ったら引火して燃え上がった」などと話しているという。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017062700553&g=soc

| トラックバック (0)

TBS女子アナに「誘拐します」脅迫文…男逮捕(27日)読売

 警視庁赤坂署は27日、住所不定、無職の被告の男(66)(強要未遂罪で起訴)を威力業務妨害容疑で逮捕したと発表した。
 発表によると、男は4月17日頃、東京都港区赤坂のTBSテレビに、20歳代の女性アナウンサー宛てで「4月22日にホテルに来てください。来なければあなたを誘拐してコンクリート詰めにして海に捨てます」と書かれた封書を郵送し、同社に女性の警護をさせるなど業務を妨害した疑い。容疑を認めている。
 男は名古屋市の民放テレビ局の女性アナウンサー2人に類似の文書を郵送したとして、愛知県警に5月に強要未遂容疑で逮捕され、その後に起訴された。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170627-OYT1T50059.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

惨状伝えたシリアの少女「ネット影響力25人」に(27日)NHK

アメリカの雑誌「タイム」は、「インターネット上で最も影響力のある25人」を発表し、このうちの1人に内戦で激しい戦闘が続いていたシリアのアレッポの惨状をツイッターで伝え続けた8歳の少女が選ばれました。
 「タイム」誌はおととしから毎年、インターネット上で最も影響力のある人たちを選んでいて、これまでにアメリカのオバマ前大統領や世界的な人気歌手のビヨンセさんなどが選ばれています。
 ことしの25人が26日発表され、このうちの1人にシリアの8歳の少女、バナ・アベドさんが選ばれました。アベドさんは、去年12月まで内戦で激しい戦闘が続いていたシリアのアレッポ東部にとどまり空爆で街が破壊されたり友人が亡くなったりした体験をツイッターを通じて世界に伝え、戦闘の停止を訴えてきました。
 隣国のトルコに避難した今も、難民としての生活の様子を発信し、アベドさんのアカウントのフォロワーは36万人を超えています。
 今月20日の世界難民の日には、動画のメッセージを投稿し、「きょう、世界中に大勢の難民がいることを忘れないで。住む家も病院も仕事もない難民の姿を想像して」と英語で訴えました。
 「タイム」誌はアベドさんを選んだ理由について、「ごくわずかのジャーナリストしかアレッポ東部に立ち入れない中、シリアの内戦の恐ろしさを気付かせてくれた。アベドさんは多くの報道を引き寄せ、シリアで苦しむ大勢の子どもたちの象徴となった」としています。

| トラックバック (0)

アイマスクの45歳男、女性に下半身露出 公然わいせつ疑い逮捕(27日)共同

会津若松署は26日午後5時40分ごろ、公然わいせつの疑いで会津若松市、会社員、容疑者男(45)を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年11月16日と今年3月31日、6月19日のいずれも午後11時ごろ、同市の路上で通行人の女性に対し、下半身を露出した疑い。
 同署によると、容疑者男は顔にアイマスクを付けて突然、女性の前に現れたという。現場近くの防犯カメラには容疑者男が服を脱ぐ姿などが映っていた。
 周辺では、昨年4月から同様の目撃や不審情報が約10件寄せられており、同署が関連を調べている。
 同署は県警機動捜査隊と情報通信部と捜査した。
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170627-183504.php

| トラックバック (0)

架空請求相談867件 「探偵業者」で二次被害も 16年度鹿児島県(27日)共同

鹿児島県消費生活センターと大島消費生活相談所が2016年度に受けた相談件数は計5398件で、前年度より357件減ったことが26日、分かった。センターは「全体として減少したが、架空請求などの被害は依然として多い。困ったらまずは相談してほしい」と呼びかけている。
 センターによると、架空請求に関する相談は867件(前年度比54件減)と全体の6分の1を占めた。不正請求を救済するとうたった「探偵業者」による二次被害の相談は89件(同51件増)と急増。うち15件(同12件増)では既に代金まで支払ってしまっていた。
http://373news.com/_news/?storyid=85308

| トラックバック (0)

池袋暴走、医師に懲役5年 東京地裁、危険運転と認定(27日)日経

東京・池袋で2015年8月、てんかんの発作で乗用車を暴走させて5人を死傷させたとして自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)罪に問われた医師、金子庄一郎被告(55)の判決公判で、東京地裁(家令和典裁判長)は27日、懲役5年(求刑同8年)を言い渡した。被告が発作で意識障害に陥る恐れを認識していたとして、危険運転に当たると判断した。
 金子被告は「発作で意識障害に陥るとは認識していなかった」と述べ、危険運転には当たらないと主張していた。
 家令裁判長は、危険運転とした理由について「事故までの2年間で意識障害を伴う発作を2回起こし、事故直前には発作の前兆も感じていた」と説明。「精神科医として、てんかんの知識があったのに運転中の危険を軽視しており、厳しい非難は免れない」と述べた。
 判決によると、被告は15年8月16日夜、車でJR池袋駅近くの地下駐車場から出た後、てんかんの発作を起こして急発進。時速約50キロメートルで歩道を暴走し、歩いていた薬剤師の江幡淑子さん(当時41)を死亡させ、男女4人に重傷を負わせた。
 14年6月施行の改正道路交通法は、免許の取得・更新時に運転に支障を及ぼす可能性のある病状の申告を義務付けた。金子被告は同法施行前に免許を更新しており、病状を申告していなかった。
 判決後、亡くなった江幡さんの父、龍司さんは「被告は判決を素直に受け入れ、事故について深く考えて反省してほしい」とコメントした。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG27H2E_X20C17A6CC0000/

| トラックバック (0)

振り込め詐欺を見破る お手柄の女性行員に感謝状(27日)テレビ朝日

多額の現金を下ろそうとしている客の様子から振り込め詐欺を看破し、被害を未然に防いだとして銀行員に警視庁から感謝状が贈られました。
 麻布警察署から感謝状が贈られたのは、みずほ銀行広尾支店に勤務する渉外担当の女性行員です。警視庁によりますと、1日、東京・港区に住む80代の女性に息子を名乗る男から「商談で至急200万円必要だ」などと電話がありました。女性は金を用意しに銀行に行きましたが、対応にあたった行員は女性が多額の現金を急ぎ必要としていることに違和感を覚え、すぐに詐欺だと見破りました。この行員は女性とは普段から付き合いがあり、女性の家で家族などにも話を聞いたうえで、警視庁に通報したということです。
 感謝状を渡された行員:「前から知っているお客様だったので、今回、違うなと気付けたきっかけだった」
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000104003.html

| トラックバック (0)

かけ子・受け子・シナリオ「全部オレ」 “劇団ひとり”と呼ばれた男、前橋地裁で初公判 被害額8千万円超の手口と背景(27日)産経

 被害者に電話する「かけ子」、現金を受け取る「受け子」、シナリオの作成役-。今や組織犯罪の典型といえる特殊詐欺は細分化された役割が特徴だが、すべてを1人でこなした男の公判が前橋地裁で始まった。「数え切れないほどだまし取ってきた」と語る男は、手口から「劇団ひとり」と呼ばれ、被害総額は8000万円をくだらないとみられる。その手口と背景は-。(吉原実)
 国税局職員名乗る

 詐欺容疑で県警に再逮捕され5月2日に起訴されたのは、群馬県みなかみ町出身で住所不定、無職の本多努被告(54)。起訴状によると、本多被告が、同県昭和村で農業を営む被害男性A=当時(61)=をだますためにひねり出した手口は、「現金運搬のためのセキュリティー費用」だった。
 昨年11月17日、Aさん宅の電話が鳴った。国税局職員「オカダ」を名乗り、国税局内にAさんの現金4500万円が保管されていて返却したいが、運搬には警備が必要で、経費11万円を沼田市の会社役員Bに預け、元国税局職員「セキネ」に手渡してほしいと伝えた。Aさんは現金12万円を役員Bに預け、JR大宮駅でBの交通費を引いた11万円がセキネに渡った。もちろん現金など保管されていない。続きを読む

| トラックバック (0)

改造拳銃3丁・空気銃等99丁所持の疑い 医師を逮捕(27日)朝日

 改造拳銃3丁と空気銃・準空気銃計99丁を隠し持っていたとして、兵庫県警は26日、神奈川県小田原市本町1丁目の医師、清水昭男容疑者(60)を銃刀法違反容疑で逮捕し、発表した。清水容疑者は所持は認めているが「大半がインターネットで買ったもので、合法か違法か判断できなかった」と話しているという。
 生活環境課によると、清水容疑者は小田原市内の診療所院長。昨年2月と11月、自宅マンションなどに改造拳銃3丁と殺傷力のある空気銃19丁、人を傷つける威力のある準空気銃80丁を保管していた疑いがある。拳銃はモデルガンの銃口などに穴を開け、発射できるよう改造されていた。
 兵庫県警が昨年、銃刀法違反容疑で逮捕した神戸市の男(35)が、清水容疑者にネットオークションで準空気銃を売却していたことが捜査の端緒という。県警は清水容疑者宅の家宅捜索でモデルガンなど302丁を押収し、違法なものか鑑定を進めていた。
http://www.asahi.com/articles/ASK6V6410K6VPIHB031.html

| トラックバック (0)

金塊密輸、消費税法違反などの疑いで告発 門司税関(27日)朝日

 佐賀県唐津市の金塊密輸事件で、門司税関は26日、消費税約7440万円を免れたとして、青森県むつ市の会社員、山崎竹助容疑者(66)=関税法違反の疑いで逮捕=を消費税法違反などの疑いで佐賀地検に告発し、発表した。

 積み荷を陸揚げした第36旭丸の船長の斎藤靖昭被告(49)や中国人3人を含む計8被告=いずれも関税法違反の罪で起訴=についても、26日、消費税法違反などの疑いで告発した。
 門司税関によると、山崎容疑者らは5月30日、東シナ海で国籍不明の船から金塊約206キロ(約9億3千万円相当)を受け取り、31日午後3時ごろ、唐津市の漁港に揚げ、国内に持ち込む際に課される約7440万円を免れた疑いがある。
http://www.asahi.com/articles/ASK6V4VLRK6VTLLS008.html

| トラックバック (0)

毒アリ、大阪でも発見…刺されると激しい痛み(27日)読売

環境省などは26日、大阪・南港に到着したコンテナ内から、毒を持つ特定外来生物の「アカカミアリ」が見つかったと発表した。
 今月20日にも神戸港で見つかっているが、同省は別ルートで侵入したとみている。
 同省によると、コンテナは、フィリピン・マニラから17日に到着。20日に大阪府岸和田市で荷出し後、同府枚方市に運ばれた22日、内部に数匹いるのを業者が発見した。同省の調査で26日までに5匹見つかったが、コンテナの外では確認されていないという。
 アカカミアリは中米などの原産。腹部の針で刺されると激しい痛みがあり、

水疱

すいほう

を生じる。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170627-OYT1T50022.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

住宅で高齢者3人の遺体 埼玉 越谷(27日)NHK

26日午後、埼玉県越谷市の住宅で、高齢と見られる男女3人が遺体で見つかり、警察は、この家に住む60代から70代のきょうだいと見て、死因などを調べています。
 26日午後3時半すぎ、越谷市千間台西の住宅を訪問した民生委員の女性から、「新聞がたまっているので安否の確認をしてほしい」と警察に通報がありました。
 警察が調べたところ、この住宅で、60代から70代くらいの男性1人と女性2人の合わせて3人が、遺体で見つかりました。警察によりますと、3人とも死後しばらくたっていると見られ、目立った外傷はなく、家の中が荒らされた形跡もなかったということです。
 この家には、75歳の兄と73歳の妹、それに67歳の妹の3人が暮らしていて、先月下旬ごろに近所の人が兄を見かけて以降、3人を見たという情報はないということです。
 警察は、亡くなったのはこの3人と見て確認を進めるとともに、死因やいきさつなどを調べています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170626/k10011031311000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_007

| トラックバック (0)

警視庁、組幹部ら3人を再逮捕へ セガサミー会長宅発砲容疑(27日)共同

2015年にセガサミーホールディングス(東京都港区)の里見治会長(75)の自宅が銃撃された事件で、警視庁組織犯罪対策4課は26日、銃刀法違反(発射、加重所持)などの疑いで、指定暴力団神戸山口組系組幹部の山本孝博容疑者(54)ら3人を、27日に再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。
 組対4課は6日と7日に、山本容疑者らが15年1月8日未明、東京都板橋区双葉町の里見会長宅に向けて拳銃1発を発射し、門灯を壊したとして、同法違反などの疑いで逮捕していた。
 山本容疑者らは15年1月14日未明にも拳銃を発射し、会長宅の一部を壊した疑いが持たれている。https://this.kiji.is/252047187620052999?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

「渋谷暴動事件」の大坂正明容疑者を起訴へ(27日)TBS

46年前の渋谷暴動事件で、殺人などの疑いで再逮捕された大坂正明容疑者について、東京地検が起訴する方針を固めたことが分かりました。
 この事件は、中核派の活動家・大坂正明容疑者が、渋谷暴動事件で警察官を殺害したなどとして、警視庁に再逮捕されたもので、28日に勾留期限を迎えます。
 これについて東京地検は、大坂容疑者を殺人などの罪で起訴する方針を固めたことが関係者への取材でわかりました。
 大坂容疑者は警視庁の調べなどに対して黙秘を貫き、弁護側は「事実無根」などと主張しています。
 警視庁は、DNA鑑定などをもとに大坂容疑者を本人と特定したとしていて、共犯者から再度聴取するなど裏付けを進めています。                                            
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3088769.html

                                  
               
                                  
               
                                  
                                  

| トラックバック (0)

乗用車の下敷きになり女性死亡、運転手の前方不注意が原因か(27日)TBS

東京・板橋区で歩いていた61歳の女性が乗用車の下敷きになって死亡する事故があり、警視庁は乗用車を運転していた67歳の男を逮捕しました。
 26日夕方、板橋区前野町の交差点で、近くに住むパート従業員の村上容子さん(61)が歩いて道路を渡っていたところ、右折してきた乗用車にひかれ、下敷きになりました。村上さんは病院に運ばれましたが、その後、死亡しました。
 警視庁は、乗用車を運転していた宮竹光男容疑者(67)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。宮竹容疑者は「歩行者にぶつかるまで気が付かなかった」と話しているということです。
 現場は信号機や横断歩道のない交差点で、警視庁は宮竹容疑者の前方不注意が事故の原因とみて、当時の状況を詳しく調べています。                                            
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3088766.html

                                  
               
                                  
                                  

| トラックバック (0)

山梨市長の元妻再逮捕へ 1億数千万円詐取の疑い(27日)日経

山梨県山梨市の望月清賢市長(69)の元妻らによる詐欺事件で、実態のない石材の事業話でさらに1億数千万円をだまし取った疑いがあるとして、警視庁捜査2課は26日、市長の元妻で「差出石材」(同市)社長、望月治美容疑者(61)を詐欺の疑いで近く再逮捕する方針を固めた。
 捜査関係者によると、治美容疑者は埼玉県内の60代男性に対し、石材の仕入れ費に充てるなどと偽り1億数千万円を詐取した疑いがある。今月6日に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。http://www.nikkei.com/article/DGXLZO18142070X20C17A6CC1000/

| トラックバック (0)

国外逃亡7年 覚醒剤密輸容疑の元暴力団幹部逮捕(27日)テレビ朝日

覚醒剤を台湾から密輸して約7年間、逃亡していた指定暴力団極東会系の元幹部の男が逮捕されました。
 清瀬一朗容疑者(64)は2010年9月、覚醒剤約9キロ、時価6億5000万円相当を航空機内の郵便物に隠し、台湾から販売目的で密輸した疑いが持たれています。警視庁によりますと、清容疑者は20日、逃亡先の中国で身柄を拘束され、日本へ向かう機内で警視庁に逮捕されました。警視庁は、清容疑者が長年、覚醒剤の中国や台湾からの密輸の多くに関与していたとみて捜査を進めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000104024.html

| トラックバック (0)

« 2017年6月26日 | トップページ | 2017年6月28日 »