« 2017年6月24日 | トップページ | 2017年6月26日 »

2017年6月25日

2017年6月25日 (日)

欅坂、手荷物検査は目視のみ 千葉・幕張メッセの握手会(25日)共同

アイドルグループ「欅坂46」の握手会イベントで果物ナイフを所持していたとして、銃刀法違反の疑いで札幌市白石区の無職の男(24)が逮捕された事件で、会場の幕張メッセ(千葉市)での金属探知機による検査は主に身体が対象で、手荷物は目視での確認のみだったことが25日、来場者らへの取材で分かった。
 複数の来場者によると、事件があった24日は金属探知機による身体検査と目視での手荷物検査を受けて会場に入った。手荷物検査は「数秒見るだけだった」(10代男性)という。
https://this.kiji.is/251634338610349562?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

飼い犬助けようとして電車にはねられ准教授死亡(25日)TBS

25日午後、岐阜市で散歩をしていた大学准教授の52歳の男性が、踏切の中に入った自分の犬を連れ戻そうとして電車にはねられて死亡しました。
 事故があったのは、岐阜市下川手にある名鉄名古屋本線の踏切です。
 岐阜県警によりますと、25日午後2時半ごろ、近くに住む大学准教授、羽賀新世さん(52)が踏切内で須ヶ口発名鉄岐阜行きの名鉄の普通電車にはねられました。
 救急隊が駆けつけましたが、羽賀さんは現場で死亡が確認され、そばで犬が1頭死んでいました。電車の乗客・乗員にけがはありませんでした。
 電車の運転士は「犬の散歩をしていた男性が、踏切内に入った犬を連れ戻そうとしていた」と説明しているということです。このため警察は、犬と散歩していた羽賀さんが、犬を踏切の外に出そうとしてはねられたとみて調べています。                                            
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3087996.html

                                  
               
                                  
               
                                  
                                  

| トラックバック (0)

「欅坂46」メンバーまで3メートル 握手会で発煙筒(25日)テレビ朝日

24日夜、人気アイドルグループ「欅坂46」の握手会で、逮捕された男が発煙筒のようなものに火を付けた場所からメンバーがいた場所まで3メートルほどしか離れていなかったことが分かりました。
 自称・札幌市の無職、阿部凌平容疑者(24)は幕張メッセで行われた欅坂46の握手会で、発煙筒のようなものに点火し、警備員に取り押さえられました。果物ナイフを持っていたことから現行犯逮捕されました。その後の警察などへの取材で、阿部容疑者はメンバーと握手する直前に手荷物を預ける際、発煙筒のようなものに点火していたことが分かりました。そこからメンバーがいた場所までは、わずか3メートルほどだったということです。
 握手会に参加した人:「1歩、2歩、歩けば手が届くような距離です」
 目撃した人:「(会場の入り口で)荷物自体は職員が手で開けて中をチェックする。全身は(職員が)金属探知機のようなものを使って検査をする」
 阿部容疑者は特定のメンバーの名前を挙げて、「刺し殺そうとした」などと供述しています。警察は、ナイフなどを持ち込んだ経緯や犯行の動機を調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103941.html

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(25、26日 単位・レベル) 
マフィアの動きが気になる
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012947

 佐賀県唐津市の206㌔にも及ぶ金塊密輸事件では日本人と3人の中国人の計8人が逮捕されているが、朝日新聞によるとこの事件には中国の犯罪グループが関与しており、その首謀者と見られる男は既には韓国経由で中国に帰国してしまったという。
 しかも、逮捕、起訴された中国人の1人は調べに対して「しゃべったら殺される」と供述しており、捜査当局は「中国のマフィア(犯罪組織)による犯行ではないか」とみているようだ。
 さらに逮捕された66歳の日本人は「複数の暴力団とつながりがある」と言われており、日本の暴力団と中国マフィアによる犯行との見方が強くなった。
 そうなると、日本の暴力団は摘発の強化により衰退するどころか、その隙をみて外国人マフィアの進出というさらなる治安の悪化が懸念される。
 密輸事件―金塊だけではない、特に最近5年間の密輸の摘発は増えているという。今年に入って3月にはトルコから入国したイギリス人の男2人が覚醒剤を密輸したとして逮捕された。このほかにも国際郵便を利用して中国から指定薬物を密輸入した中国人が山形県警に逮捕されている。
 財務省によると金の密輸事件で平成27年7月から28年7月までの1年間に摘発された件数は前年の1.7倍にあたる294件もあった。
 密輸が増加している背景には需要の高まりがある。金の輸入の際にかかる消費税の支払いを免れるためと見られているのだ。
 日本の暴力団だけでなく外国人マフィアの進出。さらには今回の事件のように連合しての犯行も懸念され、警察だけでなく各省庁あげた取り組みが必要だ。 
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。 

| トラックバック (0)

別荘から腕時計など1750万円相当の装飾品盗まれる 滋賀・高島市(25日)産経

 滋賀県高島市新旭町の住宅で24日、腕時計や指輪などの装飾品(計約1750万円相当)が盗まれているのが見つかった。滋賀県警高島署が窃盗事件として調べている。
 同署によると、住宅は石川県七尾市神明町の飲食店経営の男性(69)の別荘。男性が午後5時ごろに外出先から戻ったところ、部屋が荒らされ、自身と友人の腕時計などがなくなっていた。
 無施錠だった台所の窓が開いたままになっており、侵入経路とみられる。男性に続いて友人が午前11時に出掛けた際に異常はなかったという。
http://www.sankei.com/west/news/170625/wst1706250013-n1.html

| トラックバック (0)

JR朝霧駅で女性がはねられ死亡 1・6万人に影響(25日)産経

24日午後2時15分ごろ、兵庫県明石市朝霧南町のJR山陽線朝霧駅で、通過中の米原発網干行き快速電車に女性がはねられ、死亡が確認された。乗客約300人にけがはなかった。兵庫県警明石署が事故原因を調べている。
 同署によると、女性は40~50代。ホームから線路に飛び降りたという。
 JR西日本によると、この事故で同線は須磨-西明石間の上下線で約1時間運転を見合わせ、約1万6千人に影響した。
http://www.sankei.com/west/news/170625/wst1706250016-n1.html

| トラックバック (0)

欅坂46 きょうも握手会 警察が警戒強化(25日)NHK

24日夜、千葉市の幕張メッセで行われたアイドルグループの握手会で発煙筒をたいた男がナイフを持っていたとして逮捕された事件を受けて、警察は、25日も握手会が行われているため、周辺を重点的に巡回するなど警戒を強めています。
 24日午後8時前、千葉市美浜区にある幕張メッセで行われていたアイドルグループ「欅坂46」の握手会の手荷物置き場で、自称、札幌市の無職、阿部凌平容疑者(24)が発煙筒をたいたことから警備員に取り押さえられ、その際、果物ナイフを持っていたとして銃刀法違反の疑いで逮捕されました。調べに対し、メンバー1人の名前を挙げ、「刺して殺そうと思っていた」と供述しているということです。
 幕張メッセでは、25日も握手会が行われていて、大勢のファンが訪れています。24日に続いて握手会に参加したという20代の女性は「メンバーがかわいそうです。ほかの人にも迷惑がかかるのでやめてほしいです」と話していました。
 一方で、24日の手荷物検査については「金属探知機で調べていましたが、混み合っている時は雑な感じがしました」と話していました。
 「欅坂46」のホームページなどによりますと、25日はふだんより警備態勢を強化し、手荷物検査を厳重にしているということです。
 警察は、周辺を重点的に巡回するなど警戒に当たるとともに、なぜ手荷物検査をすり抜けたのかなど調べています。

警察が厳重なチェックを要請

この事件を受けて千葉西警察署は、握手会の主催者と握手会の会場となっていた「幕張メッセ」の管理者に対し、刃物などの危険物を会場の中に持ち込ませないよう、手荷物検査などのチェックを厳しくするよう申し入れました。
また、今回の事件が起きた際、警察への通報がなかったことから、不測の事態が発生した場合は警察に通報するよう求めました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170625/k10011029731000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| トラックバック (0)

クマに襲われ夫婦けが、藤里・素波里湖畔(25日)共同

24日午前10時ごろ、藤里町の素波里湖東岸から東に約2キロ離れた山林の渓流で、釣りをしていた秋田市飯島道東の会社役員男性(56)と同妻(61)がクマに襲われ、顔などに裂傷を負った。男性は全治約3カ月の重傷だが、命に別条はない。妻は軽傷だった。
 能代署によると、2人は午前9時ごろ林道に車を止め、30分ほど徒歩で移動してから渓流釣りを始めた。近くのやぶから体長約1メートルのクマが突然現れ、男性は顔や首、左腕などを引っかかれ、妻は上唇や顎を切った。クマは再びやぶの中に入って行ったという。2人はクマよけの鈴を身に付けていた。
 2人は襲われた後、素波里湖畔のレストハウスに車で避難し、女性従業員を通じて119番。男性はドクターヘリで秋田市の病院へ、妻は救急車で能代市の病院に搬送された。

(全文 643 文字 / 残り 301 文字)
http://www.sakigake.jp/news/article/20170624AK0026/

| トラックバック (0)

震度5強の王滝村、神社の駐車場に亀裂 墓石倒れる被害も(25日)TBS

長野県王滝村の中心部にある御嶽神社から報告です。
 こちらの駐車場には、長さにして30メートルほどの亀裂が入り、地面には50センチほどの割れ目が生じています。神社の関係者によりますと、25日朝の地震の影響ということです。この神社では、灯篭が倒れるなどの被害もあり、地震の大きさを物語っています。
 また、村の中心部を歩いていたところ、墓地ではいくつかの墓石が倒れているなどの被害も確認できました。王滝村では雨が降ったり止んだりしています。地面も水分を多く含んでいるとみられます。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3087768.html

| トラックバック (0)

「車が燃えている」1人の遺体 運転の男性やけど(25日)テレビ朝日

佐賀市の国道で乗用車が燃え、車内から1人の遺体が見つかりました。運転していたとみられる男性はやけどを負っています。
 25日午前0時すぎ、佐賀市三瀬村の国道で近くを通り掛かった人から「車が燃えている。運転手が外にいるが車が燃えてしまっているので事故かは分からない」と通報がありました。警察が駆け付けたところ、路肩に止まっていた乗用車が全焼していて、車の中から1人の遺体が見つかりました。また、近くにいた運転していたとみられる自称・福岡市に住む30代の男性が両足のひざ下にやけどを負うなどして病院へ運ばれています。現場は、福岡市と佐賀市を結ぶ幹線道路で、警察は遺体の身元の確認を急ぐとともに事故と事件の両面から捜査しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103929.html

| トラックバック (0)

83歳男性が大学院生が運転のバイクにはねられ死亡(25日)テレビ朝日

24日夜、西東京市の交差点で、83歳の男性が22歳の大学院生が運転するバイクにはねられて死亡しました。
 午後8時50分ごろ、西東京市中町の伏見通りの交差点を渡っていた無職の北村寛さんが、22歳の男子大学院生が運転するバイクにはねられました。北村さんは近くの病院に搬送されましたが、全身を強く打っていて、約3時間後に死亡が確認されました。警視庁によりますと、北村さんは交差点の横断歩道ではない場所を渡っていて、左側から直進してきたバイクにはねられたということです。バイクを運転していた大学院生も全身を強く打って入院しています。警視庁は、過失運転致死の疑いも視野に事故の原因を調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103932.html

| トラックバック (0)

賭博の損失補填と偽り詐欺…容疑の4人逮捕、被害総額1200万円か 警視庁(25日)産経

バカラ賭博による虚偽の損失補填名目に50万円相当の金品をだまし取ったとして、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊が詐欺容疑で名古屋市千種区の無職、吉原翼容疑者(35)ら4人を逮捕、起訴していたことが24日、関係者への取材で分かった。同種事件の摘発は警視庁で初という。
 平成27年3月から昨年11月までに東京都内や神奈川県内で同様の被害が続発しており、吉原被告らの関与が疑われる被害は約10件、被害総額は計1200万円に上るとみられる。
 逮捕容疑は、昨年9月上旬ごろ、バカラ賭博の損失補填と偽り、都内に住むアルバイトの男性(27)から現金とスマートフォンなど50万円相当の金品を詐取したとしている。
 関係者によると、4人は客やディーラー、被害者の勧誘役など役割を分担し、東京都台東区のマンションでバカラ賭博を行っているように偽装。勧誘役が男性に「客の紹介者になると、客が負けた場合に報酬が発生する。店が負けることは絶対ない」などとだまし虚偽の賭博に誘った。男性が誘いに応じると、客が勝って店が負けたように偽り、「損害金」と称し金品を支払うよう要求したという。
http://www.sankei.com/affairs/news/170625/afr1706250002-n1.html

| トラックバック (0)

青酸連続殺人、無罪主張へ=筧被告、26日に初公判-状況証拠めぐり争い・京都地裁(25日)時事

京都や大阪、兵庫で起きた男性らの連続不審死事件で、3人の殺人罪と1人の強盗殺人未遂罪に問われた筧千佐子被告(70)の裁判員裁判が26日から京都地裁で始まる。殺害に使ったとされる青酸化合物の入手ルートは特定されておらず、弁護側は全事件で無罪を主張するとみられる。検察側は状況証拠を積み上げて立証する方針だ。
 起訴状などによると、筧被告はいずれも致死量の青酸を服用させ、2013年12月に京都府向日市の自宅で夫の筧勇夫さん=当時(75)=を殺害。12年3月と13年9月には、内縁関係にあった大阪府貝塚市の本田正徳さん=同(71)=と兵庫県伊丹市の日置稔さん=同(75)=を殺害し、07年12月には借金返済を免れるため、交際していた神戸市の末広利明さんを殺そうとしたとされる。末広さんは09年5月、胃悪性リンパ腫により79歳で死亡した。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017062400372&g=soc

| トラックバック (0)

「クズ」罵声の日々、社員自殺 法規制なきパワハラ(26日)朝日

 「殺してえな」「むかつく」――。ヤマト運輸で宅配ドライバーとして働いていた46歳の男性は、上司からの叱責(しっせき)に悩んでうつ病を発症し、自ら命を絶ったとして、昨年労災が認められた。深刻な被害が後を絶たないのに、パワハラを防ぐ法規制はない。パワハラは「野放し」にされているのが実情だ。

 2015年1月28日、ヤマト運輸長野県内の営業所で宅配ドライバーをしていた男性が行方不明になり、6日後に県内で遺体で見つかった。46歳だった。1月末ごろに自ら命を絶ったとみられる。
 「25年もヤマトで働いて頑張ってきたのに、俺のやってきたことは何だったんだろう」。失踪の前日、男性は妻に涙目でそう繰り返したという。
 遺族の代理人の鏡味(かがみ)聖善(まさよし)弁護士によると、男性は営業所をまとめる「センター長」からパワーハラスメント(パワハラ)を受けていた形跡があった。
 14年5月10日と同12日、男性は妻の助言を受けてセンター長との会話をスマートフォンで録音していた。
 「俺マジいらないコイツ、殺してえなホントに」「小学生以下だお前は。クソ。クソだ」「どこでも空いてるセンターへ行け」「引きずり殺してやろうかと思った」。10日の録音には、センター長のこんな言葉が残っていたという。会話の内容から判断すると、センター長は男性の営業手法が強引だったとして叱っていたようだ。罵声は約2時間も続いたという。
 12日も2時間以上にわたる叱責(しっせき)が録音されていた。
 「本当に役に立たねえ」「バカなんだよコイツ。それがむかつくんすよ」「ここまでクズだと思ってもなかった」「俺の気に障るようなことが起きたら、その場でたたき殺すぞ」
 センター長の上司にあたる「支店長」も同席していた。録音内容からは、支店長がセンター長の叱責を制止しようとした形跡は確認できなかった。支店長は男性に「まあ逃げ道ねえっすからと思って、やるしかないと思うんですよね」などと話したという。
 男性は1989年7月に入社したベテランのドライバー。11年には「物販個人実績部門第1位」の表彰を受けたこともあった。だが、翌年秋ごろから、センター長を務める年下の男性社員の叱責に悩むようになったという。
 同県内の労働基準監督署は16年3月、「『殺してえ』などといった発言を継続的に受けていたことは事実と認められる」として労災認定した。そうした叱責の結果、14年9月下旬ごろにはうつ病を発症し、自殺に至ったと判断した。
 男性の妻子は今年2月、2年以上にわたるセンター長のパワハラが自殺の原因だとして、会社とセンター長に慰謝料など約9500万円の損害賠償を求めて長野地裁に提訴した。
 ヤマトは4月に提出した答弁書で、センター長が強い口調で注意・指導したことは認める一方、こうした指導は仕事上のミスや勤務態度などで男性に原因があった場合だけだったと反論した。自殺する前の6カ月間は「パワハラなるものが日常的に継続して行われていたとは認められない」と主張。「センター長の注意・指導が男性を自殺に至らしめるほどのものだったか疑義がある」として請求の棄却を求めている。ヤマトの広報担当者は「係争中の事案なのでコメントを差し控える」としている。

 同業の佐川急便では11年12…

 

残り:2283文字/全文:3637文字http://www.asahi.com/articles/ASK6R75F8K6RULFA02V.html

| トラックバック (0)

交代の車掌が仮眠で寝過ごし、JR特急に遅れ(25日)読売

JR東海は24日、金沢発名古屋行きの上り特急「しらさぎ12号」の男性車掌(29)が米原駅(滋賀県米原市)で乗務する際に寝過ごしたため、別の車掌が乗務して同駅を12分遅れて出発したと発表した。
 乗客約120人が影響を受けたが、後続の遅れなどはなかった。
 JR東海によると、この特急は米原駅で車掌が交代し、午後4時50分に出発予定だったが、時間になっても車掌が来なかったため駅員が捜したところ、駅構内の休憩室で仮眠していた。車掌は「アラームをセットしていなかった」と話しているという。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170624-OYT1T50073.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

性犯罪被害者ら集会「さらに法整備検討すべき」(25日)NHK

性犯罪の刑罰の引き上げなどを盛り込んだ刑法の改正を受けて、今後の課題を考える集会が24日夜、都内で開かれ、参加者からは、被害者の救済のためにはさらに法整備を検討すべきだという意見が出ました。
 集会を開いたのは、刑法の改正を訴えてきた性犯罪の被害者や支援者でつくる団体で、東京・渋谷区の会場には70人余りが集まりました。
 来月施行される改正刑法では、性犯罪の刑罰が一部引き上げられるほか、親などの「監護者」が未成年の子に乱暴するなどした場合、これまでとは異なり、暴行や脅迫によって脅していなくても処罰できるようになります。
 集会で大阪大学の島岡まな教授は今回の改正を評価したうえで、13歳以上の人が「監護者」以外から被害を受けた場合は、暴行や脅迫によって脅され、抵抗したことを証明するよう求められる状況が続くことについて、被害者の負担になると指摘しました。
 その後のパネルディスカッションで、性暴力の被害者の山本潤さんは「被害者は突然襲われた恐怖で抵抗できないことも多く、実態に合うように改善していく必要がある」と述べ、暴行や脅迫を要件とする規定を見直すことも検討すべきだと訴えました。参加者からは、こうした残された課題について議論を続け、法律のさらなる改正を訴えていくべきだといった意見が出されました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170625/k10011029391000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| トラックバック (0)

長野県で震度5強 津波の心配なし(25日)NHK

25日午前7時2分ごろ、長野県南部を震源とする地震があり、長野県の王滝村と木曽町で震度5強の強い揺れを観測しました。この地震による津波の心配はありません。
各地の震度は、震度5強を観測したのは、長野県の王滝村と木曽町でした。また震度4が長野県の上松町と大桑村、石川県輪島市、岐阜県の高山市、中津川市、それに下呂市でした。
 このほか震度3から1の揺れを関東甲信越と北陸、東海、近畿、中国地方、それに四国の各地で観測しました。
気象庁の観測によりますと、震源地は長野県南部で震源の深さはごく浅く、地震の規模を示すマグニチュードは5.7と推定されています。 長野県南部で震度5強の強い揺れを観測する地震が起きたことを受け、政府は、午前7時5分に、総理大臣官邸の危機管理センターに官邸連絡室を設置して情報収集にあたっています。

震度5強観測した木曽町

震度5強を観測した長野県木曽町と王滝村を管轄する木曽広域消防本部によりますと、これまでのところ被害の通報は寄せられていないということです。木曽町にある消防本部の建物では5秒程度の強い揺れを感じたということで、現在、情報収集を進めています。
 震度5強の揺れを観測した木曽町の役場の職員によりますと「強い揺れが数秒続いた。棚からものが落ちたりはしていない。建物の中にも被害はない」と話していました。
これまでのところ町の中での被害の情報も入っていないということで、情報収集を進めているということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170625/k10011029511000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| トラックバック (0)

英国会にサイバー攻撃 議員メールアカウント狙う(25日)共同

【ロンドン共同】英国会は24日、議員のメールアカウントを狙ったサイバー攻撃を受け、上下両院議員と職員のメール使用を制限したと明らかにした。情報流出など被害の有無は不明。
 英メディアによると、23日に不正アクセスがあったことが判明した。国会は被害防止のためメールの使用を制限する措置を取り、議員らは国会外でメールを送受信することができなくなった。
 スカイニューズ・テレビによると、攻撃発覚後に当局が状況説明のため議員に送ったとみられるメールには「ハッカーは脆弱なパスワードを特定する目的で、国会関係の全ユーザーのアカウントを執拗に攻撃した」と書かれていた。
https://this.kiji.is/251442328090396156?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

マンションに無断侵入し動画配信か、建造物侵入容疑 少年逮捕(25日)TBS

死亡した知人が住んでいたマンションの敷地内に無断で侵入し、建物の様子を動画配信していた少年が警視庁に逮捕されました。
 建造物侵入の疑いで逮捕されたのは、横浜市に住む17歳のアルバイトの少年です。少年は今年3月、東京・杉並区のマンションで住人がオートロックの自動ドアを開けた際に、あとを付けて無断で建物内に侵入した疑いが持たれています。
 警視庁によりますと、少年はこのマンションに住むすでに死亡した知人男性の「安否確認」と称して、マンションの様子を動画配信していたということですが、取り調べに対し、「無断で入ってはいない」と容疑を否認しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3087626.html

| トラックバック (0)

欅坂46イベント、男が発煙筒点火 刃物所持容疑で逮捕(25日)日経

24日午後7時45分ごろ、千葉市の幕張メッセであったアイドルグループ「欅坂46」の握手会のイベントで発煙筒のようなものがたかれた。千葉西署は、点火した男が果物ナイフを所持していたとして銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した。千葉西署によると、男はメンバーの女性の名前を挙げ「刺して殺そうと思った」と供述している。けが人はいなかった。
 男は札幌市白石区、無職、阿部凌平容疑者(24)。メンバーと握手する場所近くの手荷物置き場で、発煙筒のようなものをたいたのを警備員が目撃して取り押さえ、駆け付けた署員が所持品のナイフを押収した。
 グループのホームページによると、24日はCD発売を記念した「握手会」があった。
 来場者によると、複数のレーンでメンバーと来場者が握手しており、発煙筒のようなものは、このうち一つのレーン付近でたかれた。会場入り口で金属探知機による所持品検査があったが、バッグの中身などの入念な確認はなかった。イベントは一時中断したが、その後、一部メンバーを除いて再開した。
 会場にいた20代男性は「何かから煙が出て、光も見えた。火事かなと思った」と驚いた様子だった。
 2014年5月には、「AKB48」が岩手県滝沢市で開いた握手会で、メンバーらが男にのこぎりで切りつけられる事件も起きている。〔共同〕
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24H8U_U7A620C1CC1000/

| トラックバック (0)

布団圧縮袋で死亡の高齢女性 死因は外傷性ショック(25日)テレビ朝日

横浜市のマンションで76歳の女性が布団の圧縮袋に入れられて死亡しているのが見つかった事件で、女性は打撲による外傷性ショックで死亡したことが分かりました。
 22日、横浜市中区のマンションで、無職の水野悠紀子さんが布団の圧縮袋に体育座りのような姿勢で入れられて死亡しているのが見つかりました。その後の警察への取材で、司法解剖の結果、水野さんは打撲による外傷性ショックで死亡していたことが分かりました。遺体の腐敗が進んでいたため、死因の特定に時間がかかったということです。警察は、大量に睡眠薬を飲んで意識不明の状態で病院に搬送された水野さんの孫の30代の男に逮捕状を請求していて、男の回復を待って水野さんが死亡した経緯を聞く方針です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103922.html

| トラックバック (0)

« 2017年6月24日 | トップページ | 2017年6月26日 »