« 2017年6月23日 | トップページ | 2017年6月25日 »

2017年6月24日

2017年6月24日 (土)

湘南新宿ライン車内でキックスケーター、59歳男を書類送検「電車間違えむしゃくしゃ」(24日)産経

とっ手がつき片足で地面を蹴って進む「キックスケーター」と呼ばれる車輪付きの乗り物で電車内を走り、周囲に迷惑をかけたとして、神奈川県警中原署は軽犯罪法違反(粗野・乱暴な言動)の疑いで、横浜市金沢区の無職の男(59)を書類送検した。「乗る電車の路線を間違えてむしゃくしゃした。スリルがあった」などと容疑を認めている。
 書類送検容疑は5月14日午後2時50分ごろから約10分間、JR湘南新宿ライン横浜(横浜市)-武蔵小杉(川崎市)間を走行中の上り電車内で、4車両にわたってキックスケーターで走ったとしている。
 同署によると、乗客の男性が男を注意。男が武蔵小杉駅で下車して逃げようとしたため、男性や駅員らが取り囲み、110番通報した。
 男は「以前にも何回かやった」などと供述しているといい、同署は余罪があるとみて調べる。
 軽犯罪法は「汽車、電車、乗合自動車、船舶、飛行機その他公共の乗物の中で乗客に対して著しく粗野又は乱暴な言動で迷惑をかけた者」を拘留又は科料に処すると定めている。
http://www.sankei.com/affairs/news/170624/afr1706240019-n1.html

| トラックバック (0)

欅坂46の握手会、点火した発煙筒投げ込む 千葉・幕張メッセ、男を取り押さえ(24日)産経

千葉市美浜区の幕張メッセで24日に行われたアイドルグループ、欅坂(けやきざか)46の握手会で、ファンとみられる男が点火した発煙筒を投げ込む騒ぎがあった。
 発煙筒が投げ込まれたのは平手友梨奈さんらのレーンとみられる。メンバーやファンにけが人はないという。
 男は関係者に取り押さえられ、千葉西署は威力業務妨害容疑を視野に調べている。
http://www.sankei.com/affairs/news/170624/afr1706240025-n1.html

| トラックバック (0)

テロで多数の患者受け入れ想定 都内の医療機関で訓練(24日)NHK

東京オリンピック・パラリンピックを3年後に控え、都内の医療機関で爆破テロによる多数の患者の受け入れを想定した大規模な訓練が行われました。
 この訓練は大勢の人が集まる都内の観光施設で爆破テロが起き、100人に上るけが人が出たという想定で行われました。
 けが人の受け入れ先となった東京・墨田区の東京曳舟病院の駐車場には、応急手当て用のテントが設置され、訓練に参加した医師や看護師が、救急隊員が次々と運んで来るけが人の対応に当たりました。
 現場ではけがの程度によって優先順位をつけるトリアージが行われ、重傷の患者には病棟での治療や検査が、軽傷の患者にはロビーのいすなどで治療が行われ、患者が増えるとほかの病院に転院させるなどして、すべてのけが人に治療が行き届くようにしていました。
 東京曳舟病院の山本保博院長は「日本でもテロの脅威は差し迫っていると考えておくべきだ。1つの病院では対応できるものではないので、周辺の医療機関とも協議して行きたい」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170624/k10011029151000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006

| トラックバック (0)

90代男性の乗用車 商店街を暴走 佐渡市(24日)共同

23日午後4時ごろ、佐渡市河原田本町の国道350号線沿いの商店街で、同市の90代男性の乗用車が歩道に乗り上げるなど、約100メートルにわたって暴走した。男性は頭に軽傷を負った。ほかにけが人はいなかったという。
 佐渡西署によると、男性の車は駐車中の車や店舗のシャッターにぶつかりながら走行し、看板に衝突して止まった。同署は男性が運転操作を誤った可能性があるとみて調べている。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20170623331434.html

| トラックバック (0)

電車内で痴漢の疑い、司法書士の男を逮捕(24日)TBS

24日未明、JR京浜東北線の電車内で女性の身体を触ったとして司法書士の男が逮捕されました。
 強制わいせつの疑いで逮捕されたのは川口市に住む司法書士の手塚優(34)容疑者です。手塚容疑者は24日午前1時すぎ、JR京浜東北線の赤羽駅と西川口駅の間で20代の女性の身体を触った疑いが持たれています。
 警察によりますと、女性が体を触られていることに気付き、手塚容疑者の手をつかんで西川口駅で駅員に引き渡したということです。手塚容疑者は逮捕時、酒を飲んでいたということで、取り調べに対し「わいせつな行為をしたことは間違いありません」と容疑をおおすじ認めていますが、行為の詳細については一部否認しているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3087363.html

| トラックバック (0)

薬品が“爆弾”テロに…薬剤師が不審者への対処訓練(24日)テレビ朝日

海外で、市販の薬品が爆発物に調合されてテロに使われるケースが相次いでいることから、警視庁が薬剤師に対して不審者への対処訓練を行いました。
 東京・文京区で行われた訓練には薬剤師など約40人が参加し、不審な人物が薬品を買いにきた場合の対処方法について、警察官が実演を交えながら指導しました。海外では、薬局などで入手可能な薬品を調合して作られた爆発物によるテロ事件が相次いでいるほか、警視庁は今年3月、ネットで薬品を購入し、高性能爆薬「TATP」を製造したとして男を書類送検しています。薬局での模擬訓練では、不審な人物が「実験に使う」と塩酸などの劇薬を買いにきた想定で、薬剤師が販売を断り通報するまでをシミュレーションしました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103909.html

| トラックバック (0)

「態度が悪い」因縁つけ4人組の男が現金奪い逃走(24日)テレビ朝日

埼玉県所沢市の路上で、4人組の男が19歳の男性3人に「態度が悪い」と因縁をつけ、現金1万6000円を奪いました。4人は今も逃走中です。
 警察によりますと、男性は24日午前3時すぎ、路上で4人組の男から突然「態度が悪い」などと因縁をつけられ、現金1万円を奪われました。近くで男性を待っていた友人2人が心配して駆け付けたところ、4人組は男性らを公園へと連れ込み、「スパーリングをやろう」「お前らはサンドバッグ役な」などと言い、数時間にわたり殴るなどしたということです。男性らは4人組からさらに現金6000円を奪われた後、午前7時ごろになって逃げ出して通報したということです。4人組の男はいずれも18歳ぐらい、身長170センチほどで、警察が周辺の防犯カメラの映像を解析するなどして行方を追っています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103913.html

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(24、25日 単位・レベル) 
治安悪化が懸念されるのは…
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012898

 泥棒と言ってもいろんな泥棒があるものだ。家の中に侵入して金品を盗む者もあれば、橋の欄干の標示板や電線、農家が丹精込めて育てた農産物、海の中の資源まで〝手当たり次第〟とはこんなものだ。
 そんななかで、栃木県佐野市で初期消火用のホースなどを収納する格納箱からノズル計100本(約70万円相当)が盗まれる事件があった。被害は同地区内の全258カ所の4割近くでなくなっているという。
 東京都内では変圧器内の電線を盗もうとして約700世帯を一斉に停電させるという事件が起きた。北海道では今月に入って、電柱の間に張られた電線が相次いでなくなるという窃盗事件が計4件も発生している。
 このほか、群馬県安中市のJR信越本線横川駅では列車の行き先を案内する表示器などを盗んだ47歳の運転士が逮捕された。
 上越市の公園では自生するユリの球根が盗掘りされた。地面108カ所を掘り返していたという。                                                      
 警察庁によると泥棒は減少傾向にあり、今年5月現在の認知件数は26万3052件で前年に比べて3万0966件の減少。検挙率は30.6%だった。
 ランキングでは東京が3万4266件、大阪が3万2946件、愛知が1万8961件、埼玉が1万8784件、神奈川が1万6513件と続いた。
 前年に比べて増加したのは福島の17件と三重の2件だけだった。
 一方、検挙率ランキングで高かったのは山形の78.1%、秋田の75.5%、長崎の75.0%、大分の61.8%、岩手の60.5%など。
 低かったのは大阪の15、0%、埼玉の22,2%、東京の23.0%、兵庫の24.3%、千葉の25.5%と続いた。
 昭和の60年代の泥棒の新聞記事は読むのが楽しかった。発表のしかたが違った。泥棒の人生の物語を書かせるのだ。それが今は、書かないのではなく、人権などの問題もあり発表が控えられている。
 犯罪者がプライバシーや人権を主張するなら犯罪をおかさなければいい。被害者にだって人権があるのだ。他人の人権を侵して何が人権だ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。             

| トラックバック (0)

【隣人トラブル】「自分が我慢すれば」風呂にも入れなかった46歳男が、理由なく怒鳴り続けてきた隣の女性に手をあげて裁判に…(24日)産経

隣の住宅に住む高齢女性を殴って死亡させたとして、傷害致死罪に問われた栃木県足利市緑町、電気工事業の男性被告(46)の裁判員裁判の判決公判が6月1日、宇都宮地裁で開かれ、佐藤基(もとい)裁判長は懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役5年)を言い渡した。アパート暮らしの被告は約2年前から、隣の一軒家に住む被害女性に理由もなく怒鳴られるようになり、黙って耐えていたが今年1月、平手で一発たたいて転倒させ、死亡させたのだった。(※6月15日にアップされた記事を再掲載しています)
 最悪の選択に同情論
 「自分だけが我慢していれば…」。裁判で浮かび上がったのは、最後まで他人に相談できず、最悪の選択をしてしまった被告の姿だった。一人で問題を抱え込んだ結果の代償は大きかったが、被害者の親族を含めて同情的な証言が法廷で示され、被告は人生をやり直す機会が与えられた。
 人にけがをさせ、死亡させる傷害致死事件は、国民から選ばれる裁判員裁判の対象だ。判決によると、今年1月30日午後10時5分ごろ、自宅前の路上で、隣の無職女性=当時(92)=の顔面を殴って転倒させ、外傷性くも膜下出血などで死亡させた。
 2階の男うるさい!
 被告は平成20年ごろから、アパートの角部屋に一人で住み始めた。隣の一軒家に住む被害女性が、被告のアパートに向かって怒鳴りつけるようになったのは、27年8月ごろからだった。
 「2階の男! 音がうるさい!」。2階に住んでいるのは自分だけ。被告は、自分が標的にされていると感じた。検察側の冒頭陳述によると、女性には精神疾患があったとみられる。続きを読む

http://www.sankei.com/affairs/news/170624/afr1706240001-n1.html

| トラックバック (0)

官舎に盗難自転車、警視ら「路上で発見」と偽る(24日)読売

島根県警松江署の幹部らが、警察官舎敷地で見つかった盗難自転車について、発見場所を路上と偽った捜査書類を作っていたことが捜査関係者への取材でわかった。
 県警は23日、警視2人と警部補の計3人を虚偽有印公文書作成・同行使容疑で書類送検し、減給100分の10(1か月)の懲戒処分にした。
 捜査関係者によると、3人は同署の前副署長で県警本部警備部調査官・諌山宗明警視(53)、同署地域官・山根三郎警視(47)、元同署員で県警本部勤務の男性警部補(34)。いずれも「官舎の警察官が自転車盗を疑われたら県民の信頼を裏切ると思った」と動機を説明しているといい、警部補は同日付で辞職した。
 発表などによると、3人は昨年6月、松江市内の警察官舎の駐輪場で見つかった盗難自転車について、発見場所を官舎から約50メートル離れた路上などとするうその内容の捜査書類を作るなどした疑い。
 村上紀明・首席監察官は「県民の皆様に心から深くおわび申し上げます」とのコメントを出した。http://www.yomiuri.co.jp/national/20170624-OYT1T50019.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

観光バスと軽乗用車が正面衝突 1人死亡 愛知(24日)NHK

24日正午すぎ、愛知県田原市の国道で軽乗用車が観光バスと正面衝突し、軽乗用車を運転していた75歳の女性が死亡したほか、バスの乗客9人が軽いけがをしました。
 24日正午すぎ、田原市和地町の国道で軽乗用車が観光バスと正面衝突しました。警察によりますと、この事故で軽乗用車を運転していた近くに住む農業、葉山設子さん(75)が胸などを強く打って病院に搬送されましたが、死亡しました。
また、バスに乗っていた男女9人も軽いけがをして病院で手当てをうけました。
 バスは名古屋市に本社のある名鉄観光バスの貸し切りバスで、会社によりますと、24日午前7時前にメロン狩りのツアー客40人を乗せて愛知県碧南市を出発し、田原市の伊良湖岬に向かっていたということです。
 警察の調べに対し、バスの運転手は「軽乗用車がセンターラインを越えて向かってきた」と話しているということです。
 現場は渥美半島の海岸近くを走る片側1車線のほぼ直線の国道で、警察が詳しい状況を調べています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170624/k10011029081000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| トラックバック (0)

消防用ノズル100本なくなる 佐野市葛生地区で、盗難事件か(24日)共同

佐野市葛生地区で初期消火用のホースなどを収納する格納箱から管そうと呼ばれるノズル計100本(約70万円相当)がなくなっていたことが、23日までに分かった。ノズルは、消火栓用のホースの先端部分に装着し使用するもので各格納箱に1本ずつ置かれていた。なくなったのは同地区内の全258カ所の4割近く。佐野署は窃盗事件として捜査している。
 佐野市危機管理課によると、格納箱は消火栓近くに設置されており、火災などの緊急時に誰もが使用できるようにと施錠はされていない。各格納箱には約20メートルのホース4~6本とノズル1本が収められている。ノズルは主に真ちゅう製。
 同地区内で管理を行っている自治会関係者が16日、格納箱を点検したところ、ノズルがなくなっているのに気付いた。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20170624/2731731

| トラックバック (0)

バイクで追い抜きざまにひったくり容疑、男を逮捕(24日)TBS

東京・台東区の路上で、原付バイクで追い抜きざまに男性からハンドバッグをひったくったとして、アルバイト店員の男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、アルバイト店員・福澤駿容疑者(20)で、23日未明、台東区の路上で、自転車に乗っていた会社員の男性(47)からハンドバッグを原付バイクで追い抜きざまにひったくった疑いが持たれています。
 男性が自転車で追いかけたところ、福澤容疑者はバッグを路上に置いて逃走しましたが、警視庁が原付バイクのナンバープレートから福澤容疑者を特定したということです。福澤容疑者は「単純にお金が欲しかった」と、容疑を認めているということです。
 北区や板橋区では今月、同じような被害が相次いでいて、警視庁は関連を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3087175.html

| トラックバック (0)

大阪・羽曳野市で父の車にひかれ2歳男児死亡(24日)TBS

23日夜11時すぎ、大阪府羽曳野市で2歳の男の子が父親の運転する車にひかれ、運ばれた先の病院で死亡しました。
 23日夜11時すぎ、大阪府羽曳野市東阪田の路上で「2歳の子どもが下敷きになった」と母親から通報がありました。
 警察などによりますと、35歳の男性会社員が外出しようと自宅前に車を止めていましたが、後ろからきた別の車を避けるために動かした際に誤って車の右前にいた2歳の四男をひいたということです。
 四男は、当初は意識はあったものの搬送先の病院で容体が急変し、午前3時半ごろ死亡しました。男性は妻と子ども5人の7人家族で、全員でレジャーに出かけるところだったということです。
 事故当時、四男は1人でいたということで、車の死角になっていたとみられていて、警察は事故の原因を詳しく調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3087169.html

| トラックバック (0)

主催者の男ら5人再逮捕 グルメンピック詐欺事件(24日)テレビ朝日

日本最大級の「グルメイベント」を開催すると嘘を言い、飲食店経営者らから金をだまし取ったとして、警視庁は24日に主催者の男ら5人を再逮捕しました。
 田辺智晃容疑者(42)ら5人は、飲食店経営者らに「グルメイベントが開催される」などと嘘を言い、金をだまし取った疑いで逮捕されていました。警視庁は24日、新たに京都市の飲食店経営者らからも出店料名目で約40万円をだまし取った疑いで5人を再逮捕しました。警視庁によりますと、田辺容疑者らはインターネットのグルメサイトや雑誌に載っている店を対象に「特別枠として半額で出店できます」「特別枠なら売り上げが伸びなかった場合、出店料全額をお返しします」などと勧誘の電話を掛け、出店希望者を募っていたということです。警視庁は田辺容疑者ら5人の聴取を続け、それぞれの役割についても調べを進める方針です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103896.html

| トラックバック (0)

横浜市のマンションに布団袋入り女性遺体 孫の住人男性は意識不明 死体遺棄容疑で捜査(24日)産経

22日午後9時55分ごろ、横浜市中区麦田町のマンションで「知人女性を訪ねてきたが、応答がない」などと高齢の男性から山手署に通報があった。同署員が室内で、布団の圧縮袋に入った状態の女性を発見。その場で死亡が確認された。近くの布団の上で男性が倒れており、病院に搬送されたが意識不明の重体。女性は死後7~10日が経過しているとみられ、同署が死体遺棄事件として捜査している。
 同署などによると、女性は同区大和町の無職、水野悠紀子さん(76)。意識不明の男性はこの部屋に住む職業不詳の30代で、水野さんの孫だという。
 男性は精神面などが不安定で、水野さんはたびたび男性宅を訪れていた。男性は同署員の到着時、大量の睡眠薬を飲んでいたとみられる。
 水野さんは胸の前で膝を抱えるような体勢で袋の中に入っていた。目立った外傷は確認されておらず、司法解剖して詳しい死因などを調べる。
 現場はJR山手駅から北東に約800メートルの住宅街。
http://www.sankei.com/affairs/news/170624/afr1706240008-n1.html

| トラックバック (0)

マンションで性的サービス...3人逮捕(24日)フジテレビ

都心の高級マンションでマッサージ店を経営し、客に違法な性的サービスを提供した疑いで、経営者の男らが警視庁に逮捕された。
中国人の王雪瑶容疑者(21)と謝于義容疑者(39)は、留学などの資格で入国したにもかかわらず、男性客に性的なサービスをした疑いが持たれている。
2人を働かせていた男は、東京・千代田区など都心の高級マンション12部屋で、違法マッサージ店を経営した疑いなどで逮捕されたが、体調不良で釈放された。
男は2年4カ月で、4億2,000万円余りを売り上げていたとみられ、3人は容疑を認めている。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00362279.html

| トラックバック (0)

教諭3人を懲戒免職、大阪府 51万円着服や酒気帯び運転(24日)産経

大阪府教育庁は23日、部活動の物品購入を装うなどして約51万円を着服したとして、府立みどり清朋高の山本孝司教諭(63)を懲戒免職処分とした。
 教育庁によると、山本教諭は平成26年2月~17年2月、スポーツ用品販売業者に虚偽の書類を用意させ、部活用ボールなどの物品を購入したように装って経費申請するなどして着服した。既に全額返納した。
 酒気帯び運転をした岸和田市立土生中の石川緑教諭(28)と、顧問を務める部活動の女子生徒とわいせつな行為をした府立高の男性教諭(37)も懲戒免職処分とした。
http://www.sankei.com/west/news/170623/wst1706230068-n1.html

| トラックバック (0)

「支援センター」かたり詐欺=高齢女性ら8700万円被害-消費者庁(24日)時事

「高齢者支援センター」などと公的機関を連想させる団体を名乗り金銭をだまし取る詐欺が発生し、消費者庁が注意を促している。少なくとも70~80代の女性6人が計8700万円の被害に遭った。
 同庁によると、高齢者らの自宅に同センターを名乗る男の声で「個人情報が漏れ、複数の団体に名前が登録されている」という電話があった。不安になった被害者が登録の取り消しを申し出ると、最終的に宅配便で現金を送るよう指示されたという。
 2014年7月~17年5月に各地の消費生活センターで、関東、近畿地方を中心に48件の相談があり、うち栃木、千葉、東京、神奈川の計6人が送金していた。最高で2500万円の被害を受けた人もいた。
 団体は架空のもので、在宅介護の支援を目的に各区市町村に設置されている地域包括支援センターなど公的機関とは無関係という。消費者庁は「不審な電話を受けたら、警察や消費生活センターに相談してほしい」と呼び掛けている。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017062400148&g=soc

| トラックバック (0)

電線盗原因か、700世帯が一斉に停電…練馬区(24日)読売

23日午前3時40分頃、東京都練馬区平和台で約700世帯が一斉に停電し、約3時間半後に復旧した。
 電気を各世帯に供給する際の変圧器は、この地域にある解体中のマンション敷地内に設置されており、送配電を行う会社が調べたところ、変圧器内の電線(6600ボルト)のビニール製被覆の一部が刃物で切られていた。何者かが電線を盗もうとして切りつけた際に停電したとみられ、練馬署が窃盗未遂容疑で捜査している。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170624-OYT1T50000.html

| トラックバック (0)

処分場で2000万円発見、半分を5人で山分け(24日)読売

廃棄物処分場で見つかった現金2000万円のうち1000万円を拾得物として届け出ずに盗んだとして、奈良県警は23日、施設のパート従業員の男5人(60~78歳)を窃盗容疑で書類送検した。
 5人は200万円ずつ山分けしていたという。
 発表では、5人は5月24日未明、その数時間前に奈良県御所市の処分場でごみの中から見つかった2000万円のうち1000万円を盗んだ疑い。いずれも容疑を認めているという。
 現金を発見したのは5人のうち60歳の男で、当初は1000万円を自分のかばんに隠したうえで、残りを「見つけた」と報告。5人で山分けしたという。男はその後、1000万円を隠していたことを仲間に告白。これだけを同26日に拾得物として警察に届け出た。だが、大金発見の新聞報道などを見た男が同29日、「おおごとになった」と会社側に真相を打ち明け、発覚した。5人のうち3人が生活費などで計15万円を使っていた。現金は100万円ずつ帯封で巻かれた状態。県警が持ち主を捜している。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170624-OYT1T50001.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

捜査書類にうその記載の疑い 警視らを書類送検(24日)NHK

島根県の松江警察署の前の副署長ら3人が警察官舎の敷地で見つかった盗難自転車について「近くの路上で見つかった」などと事実と異なる内容を捜査書類に記載したとして、虚偽有印公文書作成などの疑いで書類送検されました。3人は「自転車の盗難が警察官の犯行と疑われないよう、うそを書いた」と供述しているということです。
 書類送検されたのはいずれも松江警察署に勤務していた、前の副署長で53歳の警視と、47歳の警視、それに34歳の警部補の3人です。
 警察の調べによりますと、3人は去年6月、松江市内の警察官舎の駐輪場で見つかった盗難自転車について、「およそ50メートル離れた路上で見つかった」などと、事実と異なる内容を捜査書類に記載していたということです。
 盗難自転車は官舎に住む別の警察官が見つけたもので、相談を受けた警視が前の副署長に報告したあと、警部補にうそを書くよう指示したということで、3人は虚偽有印公文書作成などの疑いで書類送検されました。
 警察によりますと、いずれも容疑を認め、「自転車の盗難が警察官の犯行と疑われないよう、うそを書いた」と供述しているということです。
 島根県警察本部は3人を減給1か月の懲戒処分にしたほか、前の副署長ら警視2人については本人の申し出を受けて警部に降格しました。また警部補は23日付けで依願退職しました。
島根県警察本部の村上紀明首席監察官は「警察官がこのような罪を犯したことを深くおわび申し上げます。指導を徹底し信頼回復に努めます」とコメントしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170623/k10011028711000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_007

| トラックバック (0)

痴漢と訴えられた男が線路逃走 JR赤羽駅(24日)共同

23日午後11時すぎ、東京都北区のJR赤羽駅の埼京線ホームで、20代女性から痴漢と訴えられた男が下り方面の線路に飛び降り、逃走した。警視庁赤羽署が行方を追っている。
 同署によると、女性は埼京線の車内で痴漢の被害に遭ったとして男とホームに降りていた。女性は男の逃走後に駅員に届け、駅員が同日午後11時35分ごろ110番した。男は40~50代、ワイシャツ姿のようだったとの目撃証言があるという。
https://this.kiji.is/251023187483017221?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

人気ブランドの貴金属盗んだ疑い、中国籍の少年逮捕(24日)TBS

先月、東京・渋谷区の貴金属販売店で販売価格合わせて900万円以上する人気ブランドのアクセサリー11点を盗んだとして、中国籍の19歳の少年が警視庁に逮捕されました。
 窃盗などの疑いで逮捕されたのは、江戸川区に住む中国籍の19歳の少年です。少年は、先月6日、渋谷区神宮前にある貴金属販売店のドアのガラスを割って店内に侵入し、100万円以上するネックレスなどのアクセサリー11点、905万円相当を盗んだ疑いが持たれています。
 通報を受けた警察官が駆けつけるまでの5分ほどの間に少年は現場から立ち去っていたということです。
 取り調べに対し、少年は容疑を否認していますが、警視庁は、少年が盗んだアクセサリーを売却した可能性もあるとみて調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3086812.html

| トラックバック (0)

75歳以上のドライバー、認知症の恐れ1万人超 3~5月(24日)日経

 75歳以上の高齢ドライバーの認知機能検査を強化した改正道路交通法が施行された3月から5月末までの間に、運転免許更新時などに「認知症の恐れがある」と判定された人が1万1617人(暫定値)に上ることが23日、警察庁のまとめで分かった。このうち8.5%の987人が医師のアドバイスなどで免許を自主返納した。
 警察庁が高齢ドライバー事故対策の有識者会議で報告した。
 改正道交法は、3年ごとの免許更新時などに行われる認知機能検査で「認知症の恐れ」と判定された場合に、医師の診断を受けることを義務化。認知症とされると免許取り消しか、停止になる。
 逆走などの違反をした際は更新とは関係なく、臨時検査が課される。
 改正法施行後、5月までに検査を受けたのは免許更新時の41万6608人と、臨時の1万4730人。1万1617人が「認知症の恐れ」と判定された。1299人が医師の診断を受け、14人が認知症とされて免許を取り消された。自主返納は改正法施行後から5月末までに10万2990件(暫定値)で、75歳以上が半数超の5万6488件を占めた。
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO18065180T20C17A6CR8000/

| トラックバック (0)

警視庁が飲酒運転の公開取り締まり 夏の行楽期控え(24日)テレビ朝日

バーベキューやビアガーデンなどで酒を楽しむ人が増える夏を控え、警視庁が飲酒運転の公開取り締まりを行いました。
 飲酒検問は、東京・葛飾区で23日午後8時半から約2時間にわたって実施されました。警視庁によりますと、東京都内では去年、飲酒による交通事故が202件起きていて、おととしより40件以上、増加しているということです。警視庁は、バーベキューなど酒を楽しむ機会が増える夏に向けて、事故を防ぐとともにドライバーらの交通安全の意識を高めるために取り締まりを強化していくということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103876.html

| トラックバック (0)

受け子の大学生逮捕 現金だまし取ろうとした疑い(24日)テレビ朝日

東京都内の91歳の女性から現金をだまし取ろうとしたとして大学生の21歳の男が現行犯逮捕されました。女性は嘘に気付き、だまされたふりをしていました。
 広沢駿容疑者は、仲間とともに孫を装って、東京・中野区に住む91歳の女性に「100万円を貸してほしい」などと嘘の電話を掛けて現金をだまし取ろうとした疑いが持たれています。警視庁によりますと、不審に思った女性が息子を通じて孫に連絡を取り、嘘だと分かりました。女性はだまされたふりをして、広沢容疑者が女性の自宅に現金を取りに来たところを警察官が現行犯逮捕しました。広沢容疑者は容疑を否認しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103874.html

| トラックバック (0)

« 2017年6月23日 | トップページ | 2017年6月25日 »