« 2017年6月20日 | トップページ | 2017年6月22日 »

2017年6月21日

2017年6月21日 (水)

浜松市の避難勧告は25万人に 13万世帯、河川氾濫の恐れ(21日)産経

浜松市は21日、大雨の影響により、市内を流れる釣橋川などで氾濫の恐れがあるとして、同市中区、東区、北区、南区、浜北区の一部に避難勧告を出した。対象は13万6311世帯の25万8246人。
 静岡県などによると、県内では吉田町や磐田市の一部でも避難勧告が出されたほか、浜松市、磐田市、牧之原市、菊川市、焼津市の一部に避難準備・高齢者等避難開始などの情報が出た。鉄道やフェリーなどの交通機関に遅れや運休が出ているが、これまでに人的被害は確認されていない。
http://www.sankei.com/affairs/news/170621/afr1706210023-n1.html

| トラックバック (0)

女性警官に「夜のお仕事とか興味ないですか」 違法スカウト・客引き容疑で男5人逮捕 大阪府警(21日)産経

 大阪府警は21日、大阪市のキタとミナミの繁華街で20日深夜、悪質なスカウトや客引き行為の一斉取り締まりを行い、府迷惑防止条例違反容疑で、17~27歳の男5人を現行犯逮捕したと発表した。いずれも容疑を認めているという。
 逮捕容疑は20日深夜、私服の女性警察官に「夜のお仕事とか興味ないですか。風俗もヘルスもあります」と勧誘したり、私服の男性警察官に「キャバクラどうですか」と店に誘ったりしたとしている。
 府警保安課によると、今年の一斉取り締まりは5回目。今回の5人を含め計32人を摘発している。http://www.sankei.com/west/news/170621/wst1706210075-n1.html

| トラックバック (0)

TBS社員、危険ドラッグ所持か 警視庁が任意で聴取(21日)朝日

TBSの男性社員(51)が知人女性の顔に軽傷を負わせた疑いがあるとして、警視庁が今月、TBS本社(東京都港区)を家宅捜索し、社員の所持品から危険ドラッグを押収したことがわかった。同庁は、医薬品医療機器法違反(指定薬物の所持)などの容疑で社員を書類送検する方針で、任意で事情を聴いている。
 久松署によると、社員とインターネットを通じて知り合ったという30代の女性が4月に、「社員から危険ドラッグ『ラッシュ』の使用を勧められ、断った際に顔に液体をかけられ、けがを負った」などとして、署に被害を届け出ていた。
 署は今月8日、傷害容疑で家宅捜索を実施。都内の社員宅やTBS社内の社員のロッカー内から、危険ドラッグ入りの瓶数本を押収していた。
 これまでの任意の調べに、社員は「薬品はたまたまかかっただけだ」と、傷害容疑を否定。危険ドラッグについては「海外出張で購入していた」と説明し、所持を認めているという。
 TBS広報部は21日、朝日新聞の取材に対し「お答えすることはありません」とのコメントを出した。 http://www.asahi.com/articles/ASK6P6SF0K6PUTIL0FB.html

| トラックバック (0)

思い詰めた表情のコンビニ客に声かけ…詐欺防ぐ(21日)読売

コンビニ店で購入した電子マネーがだまし取られる特殊詐欺で、今年に入って400万円超の被害(5月末時点)が出る中、被害を未然に防いだとして、山形県米沢市の「ファミリーマート米沢通町店」店長の渡辺純さん(45)と、店員の白井めぐみさん(43)が、米沢署から感謝状を受けた。
 2人の“お手柄”のポイントは、来店客の不自然な様子を見逃さず、声かけをためらわなかったことだ。
 5月30日の昼前頃、レジを担当していた白井さんは、電子マネー5万円分を購入しようとした女性客(40歳代)の思い詰めたような表情を見逃さなかった。白井さんは会計をストップし、渡辺さんと相談した上で、米沢署に連絡。同署が女性から詳しく事情を聞いたところ、女性は犯人から、架空請求を受けていたことがわかった。
 同署で15日に行われた感謝状の贈呈式で、四釜明署長は「今後も(お客さんへの)声かけをお願いします」と、2人をたたえた。渡辺さんは「年配でない人も引っかかるので、気をつけなければと思った」と話した。白井さんは「怪しいと思ったら、店員に相談してほしい。これからも継続して声をかけていく」と気を引き締めていた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170620-OYT1T50027.html

| トラックバック (0)

「痴漢して」誘いに乗った男性を痴漢と通報の疑い 男を逮捕(21日)NHK

女と共謀して「痴漢をしてほしい」などとインターネットの掲示板に書き込み、誘いに乗った男性を犯人に仕立ててうその通報をしたとして、21歳の男が逮捕され、警察は示談金をだまし取る目的だった疑いがあると見て調べています。男は容疑を否認しているということです。
 逮捕されたのは大阪・茨木市のアルバイト、生田佑馬容疑者(21)です。
 警察によりますと、生田容疑者は先月、26歳の女と共謀してインターネットの掲示板に「電車で痴漢をしてほしい」などと書き込み、誘いに乗って実際に電車の中で女に痴漢をした50代の男性を犯人に仕立てて警察にうその通報をしたとして、虚偽告訴の疑いが持たれています。
 女に被害者役をさせてその様子をスマートフォンで撮影し、ホームに降りたところで、「痴漢だ」と訴えていたということです。
 男性の弁解に基づいて捜査を進めた結果、事件が明らかになりました。
 警察は示談金をだまし取る目的だった疑いがあると見て調べるとともに、被害者役の女についても近く同じ容疑で書類送検する方針です。
 警察によりますと、生田容疑者は容疑を否認しているということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170621/k10011026221000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| トラックバック (0)

一度目で顔バレて、また同じ店に…所持金数十円の男(21日)テレビ朝日

木の棒で脅して金を奪おうとした男。10日前にも同じ店で強盗した疑いがあります。
 11日、札幌市のコンビニ店に顔を隠さず堂々と押し入り、金を奪って逃走した男。警察が写真を公開して行方を追っていました。21日未明、同じ店で強盗未遂事件が起き、自称・住所不定、無職の加賀屋忠美容疑者(58)が逮捕されました。加賀屋容疑者は11日の犯行についても認めているということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103685.html

| トラックバック (0)

スマホで動画撮影してたら「このやろう」…帰宅途中の20代女性、後ろから暴行されけが 30~40代?男が逃走(21日)産経

21日午前4時50分ごろ、東京都江戸川区東葛西の浦安橋の上で、帰宅途中の20代の会社員女性が後ろから来た男に押し倒され、蹴られるなどして顔や右肘に軽傷を負った。男は走って逃げており、警視庁葛西署が傷害事件として捜査している。
 同署によると、女性がスマートフォンで景色を動画撮影していると、後ろから来た男に「このやろう」などと言われ襲われた。男は30~40代で身長約160センチ。ボサボサ頭で白色の上着に黒色のズボン姿だった。
http://www.sankei.com/affairs/news/170621/afr1706210026-n1.html

| トラックバック (0)

ゲームのID販売、現金詐取か 運営会社の契約社員逮捕(21日)朝日

人気オンラインゲーム「剣と魔法のログレス いにしえの女神」の利用者のIDやパスワードを販売して現金をだまし取ったとして、大阪府警は21日、大阪市東淀川区豊里4丁目、同ゲーム運営会社の契約社員宮口大介容疑者(23)=不正アクセス禁止法違反罪で起訴=を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。宮口容疑者は「金に困っていた」と容疑を認めているという。
 サイバー犯罪対策課によると、宮口容疑者は4月中旬、同ゲームの利用者のIDとパスワードをインターネットのサイトに出品し、兵庫県内の男子高校生(16)に販売。代金約4万円を詐取した疑いがある。
 同ゲームは、スマートフォン向けのロールプレイングゲームで、ダウンロード数は約800万回に上る。宮口容疑者はゲームの利用者のIDやパスワードを自由に閲覧できたという。
 府警は、宮口容疑者が昨年9月から今年4月にかけて約70人分を出品し、約20件計約35万円を売り上げたとみている。
http://www.asahi.com/articles/ASK6P5QJQK6PPTIL016.html

| トラックバック (0)

ホーム転落事故相次ぎ 大学生が駅で声かけボランティア(21日)NHK

視覚障害のある人が駅のホームから転落する事故が相次いだことを受け、東京都内の地下鉄の駅できょうから大学生が視覚障害者や高齢者に手助けが必要か、声をかけるボランティア活動を始めました。
 この取り組みは東京メトロと法政大学が協力して行うもので、きょうは飯田橋駅に大学生の男女11人が集まりました。
 専用のベストを着た学生たちは駅の構内を歩いて1人でいる高齢者に「何かお困りですか」と声をかけたり地図を見ていた女性に目的地に近い出口を教えたりしていました。
 視覚障害者のホームからの転落は、平成27年度の1年間だけで94件と相次いでいて、去年8月には東京メトロの駅のホームから盲導犬を連れた男性が転落して死亡するなど、去年から死亡事故も3件相次いでいます。
 このため東京メトロではホームドアの設置や警備員の増員などを進めるとともに、乗客に対しても積極的に声をかけるよう呼びかけていて、こうした取り組みを通じて困っている人に声かけするきっかけにしてもらいたいとしています。
東京メトロは来年春まで飯田橋駅で取り組みを続け今後、ほかの駅にも広げていきたいとしています。
 参加した大学3年生の女性は「断られたらと考え、緊張しましたが空いている時間を使って活動を続けていきたいです」と話していました。
 東京メトロの梅川勇太課長補佐は「見守る人は少しでも多いほうがいいので、取り組みを通じてより多くの人が手助けする環境を作っていきたい」と話していました。
続くdownwardleft

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170621/k10011025871000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006

| トラックバック (0)

“悪質客引き”繰り返す、トルコ国籍の兄弟を逮捕(21日)TBS

東京・六本木で悪質な客引き行為を繰り返していたとみられるトルコ国籍でケバブ店店員のイシ・メメット容疑者(24)と弟のジョシィクン容疑者(20)が警視庁に逮捕されました。
 イシ容疑者らは今月3日、六本木の路上で通行人の男性に対し、「オー、大先輩」「ケバブ食べよう」「ビール、ビール、ビールだけだよ」と声をかけ、腕をつかみ、執ように客引きをした疑いなどが持たれています。取り調べに対しイシ容疑者は、「親しみを込めてやっただけで悪気はない」などと供述しているということです。
 六本木ではおととし4月以降、ケバブ店の強引な客引きによる被害がおよそ30件相次いでいて、警視庁が関連を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3084665.html

| トラックバック (0)

「担任だったらぶち殺す」…女性教諭が小5年児童に(21日)テレビ朝日

小学校の先生が児童に「ぶち殺す」などと言っていたことが分かりました。
 松山市の教育委員会によりますと、問題発言をしたのは市内の小学校に勤める女性教諭です。今年4月、授業中にふざけていた5年生の児童に「私が担任だったらぶち殺す」などと言ったということです。教育委員会への匿名の電話で発覚し、女性教諭は児童に謝罪しました。他の児童に対しても「馬鹿」や「あほ」などと言っていたことが分かり、教育委員会は感情で子どもを指導しないよう市内の小中学校に注意喚起しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103682.html

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(21、22日 単位・レベル) 
支払用偽造カード偽造が増える
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012985

 偽物が横行しているなかで人命にかかわる薬の偽造品が出回っているとは人の不幸につけ込んだ卑劣な犯罪だ。
 偽造品はC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」。このため厚生労働省は有識者検討会を開き再発防止策に乗り出すことになった。卸売業者が医薬品を仕入れる際には、相手が医薬品の販売業許可証を持っているかどうか確認することを義務付けることとし今夏にも省令を改正するという。
 偽造品と言えば、中国から偽ブランドのアクセサリーを輸入してネットオークションで販売。得た金で9年間も生活してきた70歳の男が警察に捕まった。このネットオークションだが、よく犯罪に利用されている。今月に入って高級ブランド時計「ロレックス」の偽物を販売したとして53歳の男が和歌山県に逮捕された。
 偽造事犯は減少傾向にあるが、今年に入り支払用カード偽造が急増している。
 警察庁によると今年5月現在の偽造犯の認知件数は1292件で前年に比べて142件の増。うちわけは通貨偽造が201件で−23件。文書偽造が722件で−58件。ところが支払用カード偽造が298件で前年より3倍近い204件も増加した。
 通貨偽造も含めて平成14年には1万0883件、翌年の15年には1万2103件と多かったが同26年には万件を切り2665件と減少。昨年は若干増えて3176件だった。
 一方、検挙率は平成14年が60.7%で15年には71.7%、28年には77.7%と比較的高い数字で推移していたが、今年に入って66.6%落ちた。その大きな要因は支払用偽造カードの検挙率が前年の97.9%から38.5ポイントも下がり59.4%になったことだ。事件数が増え、検挙率が落ちるとは安全・安心に大きな不安を与える。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| トラックバック (0)

「寝るところあるよ」63歳男 女子中学生を“誘拐”(21日)テレビ朝日

女子中学生が知人に電話で助けを求め、事件が発覚しました。女子中学生を誘拐し、アパートに連れ込んだとして63歳の男が逮捕されました。
 無職の上拾石勇次容疑者は先月5日朝、路上で横になっていた家出中の女子中学生に「寝るところはあるよ」と声を掛け、2日間にわたって鹿児島市内のアパートに連れ込んだ誘拐の疑いが持たれています。女子中学生が知人に助けを求める電話を掛け、事件が発覚しました。警察が現場へ駆け付けたところ、女子中学生が自分で鍵を開けて出てきたため保護しました。女子中学生にけがはありません。上拾石容疑者は容疑を認めていて、警察が詳しい状況などを調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103671.html

| トラックバック (0)

錯乱状態で拘束→尿検査陽性→覚醒剤使用で逮捕→裁判所・錯乱してなかったと判断→「違法捜査」と無罪(21日)産経

覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた群馬県高崎市の配管工の男性(41)について、前橋地裁高崎支部(永井秀明裁判官)は県警の捜査方法に問題があったとして証拠の採用を却下し無罪判決を言い渡した。19日付。男性は昨年1月8日ごろ、同市剣崎町の自宅で覚醒剤を使用したとして逮捕、起訴されていた。
 判決文などによると、男性は同月9日午後、同市内において通報で駆けつけた複数の高崎署員から職務質問を受けた。その際、頬が痩せこけ肌の色に生気がないなどの身体的特徴により覚醒剤の使用を疑われ、尿の提出を求められた。それを拒否した男性が興奮し大声を出したため、錯乱しているとして同署に強制保護名目で拘束された。尿鑑定の結果は陽性だった。
 ところが男性が職務質問中に弁護士と連絡をとり、その指示で撮影した動画や目撃者らの証言などから錯乱状態になかったと認定。永井裁判官は3月15日の証拠決定で令状なしの身体拘束について手続き上違法と指摘。県警が作成した尿の鑑定書は手続き上重大な違法があるとして却下した。
 男性の弁護士は「違法収集証拠を排除した本判決は、人権保障の観点から高く評価される」と話した。県警は「判決は確定ではないので、現時点でのコメントは差し控える」とした。
http://www.sankei.com/affairs/news/170621/afr1706210009-n1.html

| トラックバック (0)

「自分が会津小鉄会長の後継」文書偽造容疑 傘下組長ら(21日)朝日

指定暴力団会津小鉄会(京都市下京区)の新会長に自分が指名されたなどとする文書を偽造したとして、京都府警は21日、同会傘下の組長、原田昇容疑者(64)=京都市伏見区=と、指定暴力団山口組直系の司興業(名古屋市)組長の森健次容疑者(67)を有印私文書偽造・同行使の疑いで逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。
 捜査関係者によると、原田容疑者は同会の中で山口組側とされる。原田容疑者らは共謀し、1月、引退を表明した指定暴力団神戸山口組側とされる同会6代目会長の馬場美次(みつぐ)容疑者(76)=暴力行為等処罰法違反などの容疑で逮捕=の後継会長に自らが指名されたなどとする虚偽の文書を作り、関係者に流した疑いがある。
 同会をめぐっては1月11日、京都市下京区の本部事務所周辺で、神戸山口組側の組員と山口組側の組員らによる乱闘事件が発生。府警は今月に入り、乱闘に関与したとして、神戸山口組組長の井上邦雄容疑者(68)ら数人を暴力行為等処罰法違反(集団暴行)と傷害の疑いで逮捕している。
http://www.asahi.com/articles/ASK6P44FXK6PPTIL00H.html

| トラックバック (0)

中学生を押さえつけ バイクで衝突、傷害容疑で少年2人逮捕(21日)TBS

東京・江東区の路上で中学3年の男子生徒を押さえつけ、原付バイクで衝突するなど暴行を加え大けがをさせたとして少年2人が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは都内の高校に通う少年(16)ら2人です。2人は江東区の路上に中学3年の男子生徒(14)を呼び出し、馬乗りになって顔を地面に叩きつけたり、ガードレールに少年を押さえつけて原付バイクで衝突したりするなどの暴行を加え、全治3週間の大けがをさせた疑いが持たれています。
 少年(16)は男子生徒と顔見知りで、「けんかで勝てると言われ頭にきた」と容疑を認めているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3084293.html

| トラックバック (0)

強い殺意で頭に傷8カ所 自転車通勤の女性に通り魔(21日)テレビ朝日

東京・品川区で20日に自転車で通勤中の女性が何者かに鈍器のようなもので頭を殴られた事件で、女性の頭には8カ所以上の傷があったことが分かりました。
  午前9時40分ごろ、品川区南大井で、通勤で自転車に乗っていた68歳の女性が後ろから突然、鈍器のようなもので頭を複数回、殴られました。女性は頭蓋骨骨折と脳挫傷で意識不明の重体でしたが、夜に意識が回復したということです。女性は事件の直後、「後ろから複数回、殴られた」などと話していましたが、その後の警視庁への取材で、女性の頭には少なくとも8カ所の傷があったことが分かりました。なかには頭蓋骨が陥没するほどの傷もありました。警視庁は強い殺意を持って執拗(しつよう)に女性を殴った通り魔事件とみて、犯人の行方を追っています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103650.html

| トラックバック (0)

品川通り魔事件 自宅出た直後に襲われる(21日)NHK

東京・品川区の路上で、自転車の68歳の女性が殴られて一時、意識不明の重体になった事件で、女性は自宅を出た直後に襲われていたことがわかり、警視庁は周辺で不審な人物がいなかったか調べを進めています。
20日、東京・品川区南大井の路上で近くに住む68歳の会社員の女性が自転車で通勤していたところ、突然、後ろから頭を鈍器のようなもので殴られました。警視庁は面識の無い人物に襲われたと見られることなどから、通り魔事件と見て殺人未遂の疑いで捜査しています。
 警視庁によりますと、女性は傷の状態から10回近く殴られ、頭の骨を折って意識不明の重体になりましたが、20日夜、意識が回復したということです。
 これまでの調べで、女性は住宅街を通る細い路地から比較的、大きな通りにさしかかる場所で襲われたと見られていますが、この場所は、女性の自宅からおよそ150メートル離れた場所で、女性は自宅を出た直後に襲われていたことが警視庁への取材でわかりました。
警視庁は、周辺で女性のあとを追ったり、住宅街をうろついたりする不審な人物がいなかったか、防犯カメラの映像を解析するなど調べを進めています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170621/k10011024991000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| トラックバック (0)

「生活費がほしかった…」生活保護費50万円を不正受給の疑い 京都府警、67歳女を逮捕 (21日)産経

パート収入があるのに無収入と偽り、生活保護費約50万円をだまし取ったとして、京都府警山科署は20日、詐欺容疑で、京都市伏見区石田大受町、アルバイト、伊藤とも子容疑者(67)を逮捕した。「生活費がほしかった」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、京都市内のホテルでパート清掃員として働いた収入があったのに同市醍醐福祉事務所に無収入だとする生活保護費の申告書を提出し、平成27年8月31日~28年2月1日で生活保護費計約50万円をだまし取ったとしている。
 同署によると、27年8月に市職員が面談して就労確認をしたところ、「病気なので外出できず働けない」などとして虚偽の収入申告書を提出したという。
http://www.sankei.com/west/news/170621/wst1706210021-n1.html

| トラックバック (0)

食用そっくり有毒植物、10年11人死亡 見分けつく?(21日)朝日

毒性がある植物を誤って食べて食中毒になり、死亡するケースが後を絶たない。昨年までの10年で11人が死亡し、今年も1人が亡くなった。専門家は、食用に似た有毒植物の特徴を知り、採らないでと注意を呼びかけている。
 厚生労働省などによると、11人のうち6人の原因はイヌサフラン。今年5月に亡くなった80代の女性も、この植物を北海道富良野保健所管内で口にしたという。薄紫やピンクの花が咲くイヌサフランは有毒成分を含み、食後2~12時間で腹痛や下痢の症状が出る。重症化すると、白血球血小板が減り、死に至ることもある。
 葉の形が似ているため、ギョウジャニンニクと間違われやすい。イヌサフランにはニンニクのようなにおいがない。
 死者3人と次に多いのがトリカブト。神経系に作用する毒性成分を含む。食後10~20分で唇や舌がしびれ、次第に手足のしびれや吐き気が起きる。不整脈や呼吸不全を起こす危険もある。ニリンソウと同じ場所に生えることがあり、間違われやすい。ニリンソウは春に白い花が、トリカブトは秋に主に紫の花が咲く。
 軽いものも含めて食中毒の報告数が44件179人と最も多いのが、ニラに間違われやすいスイセンだ。食後30分以内で吐き気や嘔吐(おうと)などに襲われることがある。ニラは独特のにおいが葉にあるが、スイセンの葉ににおいはない。
 国立医薬品食品衛生研究所安全情報部第三室の登田美桜(とだみおう)・室長は「最近はスイセンやイヌサフランなど園芸植物による食中毒が多い。同じ家庭菜園で植えて、交じってしまった例もある。一緒に植えず、確実に食用とわかる物以外は食べないほうがいい」と話している。(福地慶太郎)
http://www.asahi.com/articles/ASK6141F9K61ULBJ009.html

| トラックバック (0)

鶏舎が損壊、クマ侵入か 奥州で10羽被害(21日)共同

20日午前5時ごろ、奥州市江刺区、自営業佐々木良治さん(60)が自宅敷地内の鶏舎が壊れてニワトリ10羽がいなくなっているのに気付き、江刺署に通報した。鶏舎の柱にはクマのものとみられる爪痕、周辺には足跡も多数あった。同署などは周辺住民に警戒を呼び掛けている。
 佐々木さんは採卵のためニワトリ約60羽を飼っていた。飼っている犬とニワトリの鳴き声で異変に気付いた。確認のために鶏舎に駆け付けた時にはクマの姿はなかった。同署などによると、鶏舎の網が4カ所壊れ、近くには羽根が散乱していた。足跡から成獣とみられる。付近では最近、クマの目撃情報はなかった。
 佐々木さんは「クマにニワトリが直接襲われるのは初めて。恐怖でおびえているのもいる」と肩を落とした。
<盛岡でも目撃情報>
 20日午後4時20分ごろ、盛岡市黒川の民家の庭にクマ1頭がいるのを家人が目撃し110番通報した。民家は乙部中から約100メートルと近い場所にあり、県立盛岡聴覚支援学校も近いことから、盛岡東署がパトカーで付近を巡回し警戒を呼び掛けている。
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170621_2

| トラックバック (0)

速報 「共謀罪」法を公布、7月11日施行 夏にも国際条約締結(21日)日経

犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の構成要件を改め「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法が21日午前、公布された。同法の付則で公布から20日後に施行すると定めており、7月11日に施行されることが確定した。
 政府は施行を受け、各国と組織犯罪の捜査情報を共有できる国際組織犯罪防止条約(TOC条約)を締結する手続きを進める。今夏にも締結する方針だ。
 新設するテロ等準備罪の適用対象はテロリズム集団などの「組織的犯罪集団」。2人以上で重大犯罪を「計画」し、少なくとも1人が現場の下見などの「準備行為」に及んだ段階で、計画した全員を処罰できるようになる。組織的な殺人や人身売買など277の重大犯罪が対象になる。
 政府は法改正の目的について、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けたテロ対策強化のために条約を締結する必要がある、と説明してきた。国会審議では捜査当局による法律の乱用への懸念の声もあった。施行後は、適正な運用がなされているかを司法が厳しくチェックする取り組みが求められている。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS21H1J_R20C17A6EAF000/

 
 
 

| トラックバック (0)

頭部ない猫の死骸 動物愛護法違反容疑で捜査 東京・三鷹(21日)産経

20日午前8時35分ごろ、東京都三鷹市牟礼のアパート駐輪場で頭部のない猫の死骸が見つかったと市が警視庁三鷹署に通報した。刃物で切られたような痕があり、動物愛護法違反の疑いもあるとみて調べている。
 同署によると、猫は体長約25センチで首輪は付けていなかった。住民が死骸を発見し市に連絡した。
http://www.sankei.com/affairs/news/170621/afr1706210002-n1.html

| トラックバック (0)

【大分で震度5強】政府、官邸対策室設置(21日)産経

政府は20日夜、大分県南部で震度5強を観測する地震の発生を受け、首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置した。
http://www.sankei.com/politics/news/170620/plt1706200064-n1.html

大分県南部で震度5強 震源地は豊後水道

 20日午後11時27分ごろ、大分県南部で震度5強を観測する地震があった。気象庁によると、震源地は豊後水道で、震源の深さは約40キロ、地震の規模はマグニチュード(M)5.0と推定される。この地震による津波の心配はない。
 大分、熊本両県によると、20日午後11時45分現在、地震による被害の情報は入っていない。
 各地の主な震度は次の通り。
 震度5強=佐伯鶴見(大分)▽震度4=高森(熊本)佐伯市役所(大分)延岡北川(宮崎)など▽震度3=伊方(愛媛)宿毛桜(高知)阿蘇一の宮(熊本)大分(大分)高千穂(宮崎)など▽震度2=府中町(広島)柳井(山口)宇和島(愛媛)宿毛(高知)久留米(福岡)神埼千代田(佐賀)人吉(熊本)別府(大分)宮崎(宮崎)霧島福山(鹿児島)など▽震度1=益田市役所(島根)北九州若松(福岡)佐賀諸富(佐賀)諫早森山(長崎)鹿屋(鹿児島)など

| トラックバック (0)

「アレフ」活動拠点の周辺住民が撤退求め集会(21日)NHK

オウム真理教から名前を変えた「アレフ」の活動拠点がある東京・足立区の住民が20日夜、集会を開き、教団の活動が拡大しないよう運動を続ける必要があると訴えました。
 足立区などによりますと、「アレフ」は区内のビルを国内最大級の拠点としておよそ50人の信者が生活しているということで、周辺の住民で作る協議会は20日夜、撤退を求める集会を開きました。
 オウム真理教による一連の事件のあと、「アレフ」は団体規制法に基づいて国への活動報告などが義務づけられる「観察処分」を受けていて、来年1月に期限を迎えます。
 集会で住民の代表は「施設内の行動をうかがうことはできず不安が続いている」と述べ、「観察処分」を更新するよう国に求める署名への協力を呼びかけました。
 また、地下鉄サリン事件で夫を亡くした高橋シズヱさんは「私たちが声を上げ続けたことで、被害者を経済的に救済する法律が制定されるなど成果もありました。教団を増大させないために取り組みを続けましょう」と訴えました。
 住民協議会の水上久志会長は「教団が再び事件を起こさないかどうかが心配で、安心して暮らせるよう運動を続けていきたい」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170620/k10011024371000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_011

| トラックバック (0)

ツイッターの偽HPで他人のIDなど入手 高校生を逮捕(21日)NHK

ツイッターに似せた偽のホームページを作り、他人のIDやパスワードを入手したなどとして、千葉市に住む16歳の男子高校生が不正アクセス防止法違反の疑いで逮捕されました。高校生のパソコンからはコンピューターウイルスと見られるプログラムが複数見つかり、警察はウイルスを作成した疑いでも調べることにしています。
 逮捕されたのは千葉市に住む16歳の高校2年の男子生徒です。警察によりますと、男子生徒は去年7月、自宅のパソコンでツイッターに似せた偽のホームページを作り、アクセスしてきた人からIDやパスワードを入手したなどとして、不正アクセス禁止法違反の疑いが持たれています。
 警察の調べに対して男子生徒は「国際的なハッカー集団『アノニマス』に憧れていた。悪いことだと知っていたが、軽い気持ちでやってしまった」と供述しているということです。
 また、その後の調べで、押収したパソコンからコンピューターウイルスと見られるプログラムが複数見つかったということです。
 警察は、男子生徒がほかにも10人以上からIDなどを入手していたと見て捜査するとともに、コンピューターウイルスを作成した疑いでも調べることにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170620/k10011024351000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_010

| トラックバック (0)

品川通り魔事件 「やめて」と叫ぶも執ように殴る(21日)NHK

東京・品川区の路上で、自転車の68歳の女性が頭を鈍器のようなもので殴られて意識不明の重体になっている通り魔事件で、現場近くの住民が「やめて、やめて」と女性が叫ぶ声を聞いていたことが警視庁への取材でわかりました。警視庁は、犯人が抵抗する女性を執ように殴りつけていたと見てさらに調べを進めています。
 20日、東京・品川区南大井の路上で、近くに住む68歳の会社員の女性が自転車で通勤していたところ、突然、後ろから頭を複数回、鈍器のようなもので殴られました。
 女性は頭の骨を折って意識不明の重体になっていて、警視庁は現場の状況などから通り魔事件と見て殺人未遂の疑いで捜査しています。
 これまでの調べで、女性は住宅街を通る細い路地から比較的、大きな通りにさしかかる場所で襲われたと見られていますが、当時、現場近くに住む住民が「やめて、やめて」と女性が叫ぶ声を聞いていたことが警視庁への取材でわかりました。また、声を聞いて、この住民が駆けつけたときにはすでに犯人の姿は見当たらなかったということです。
 警視庁は、犯人が抵抗する女性を執ように殴りつけていたと見て、詳しい状況についてさらに調べを進めています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170621/k10011024481000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006

| トラックバック (0)

「アスクル」火災教訓に特殊火災のアドバイザー制度創設へ(21日)NHK

ことし2月に発生し鎮火までに12日間を要したオフィス用品の通販大手「アスクル」の倉庫火災を教訓に、総務省消防庁は、大規模倉庫の火災など特殊な火災に関する知識や経験を持つ専門家などが消火活動の助言を行うアドバイザー制度を新たに創設する方針を固めました。
 ことし2月、埼玉県三芳町にある「アスクル」の物流倉庫で起きた火災では、倉庫に窓や出入り口が少なかったことなどから効果的な放水ができずに鎮火まで12日間かかるなど消火活動に課題が残りました。
 延べ床面積が5万平方メートル以上の大規模な倉庫は、全国で10年前のおよそ3倍に増えていて、地方の消防本部などでは消火活動のノウハウが十分に備わっていないのが実情です。
 このため、総務省消防庁は大規模な倉庫や危険物の火災など特殊な火災の際に、地元の消防本部に対して消火活動に関する助言を行う「アドバイザー制度」を新たに創設する方針を固めました。
 具体的には、専門的な知識を持つ外部の火災の専門家や、政令指定都市など消火活動の経験が豊富で比較的規模が大きな消防本部の職員などがアドバイザーとなり、助言を行う計画です。
 総務省消防庁は今後、アドバイザーの選定や具体的な支援方法について全国の消防本部などと協議する方針で、「過去に得られた消火活動に関する知見を今後に生かし、迅速な消火につながる仕組みづくりを進めていきたい」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170621/k10011024581000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| トラックバック (0)

明治物流センターで火災、東京 解体工事中、火花で引火か(21日)共同

20日午後4時10分ごろ、東京都江東区新砂1丁目にある解体工事中の食品会社「明治」の物流センターで火災が起きていると119番があった。東京消防庁によると、20代の男性作業員がやけどを負い、重傷。約5千平方メートルにわたって延焼し、ポンプ車など約50台が消火活動に当たって約3時間半後にほぼ消し止められた。
 警視庁や東京消防庁によると、物流センターは4階建てで、出火当時は20人以上が解体作業をしていた。2階で鉄骨をバーナーで切断していたところ、火花が壁のウレタン製断熱材に飛び、一気に燃え広がったという。
 明治によると、解体作業は3月に始まった。
https://this.kiji.is/249813469445636099?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

ブリュッセル中央駅で自爆テロ ベルギー、負傷者情報なし(21日)共同

【ブリュッセル共同】ベルギーの首都ブリュッセルのブリュッセル中央駅で20日夜、小規模な爆発があった。自爆を図ったとみられる男に警備中の兵士が発砲。警察はこの男以外、負傷者はいないとしている。検察の報道官は記者会見で「テロ攻撃と考えられる」と述べた。欧州メディアが伝えた。
 男はアラビア語で「神は偉大なり」と叫んでいたとの目撃証言があり、イスラム過激派の可能性がある。治安当局は駅と周辺を立ち入り禁止にした。爆発音で人々が一斉に逃げ出すなど現場はパニック状態となった。男の生死は不明。
https://this.kiji.is/249994158973257206?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

象牙不正取引の疑い、社長ら書類送検(21)TBS

無登録のアフリカゾウの象牙を不正に取引したとして、東京・台東区の貴金属買い取り会社の社長や、その客らが書類送検されました。
 書類送検されたのは台東区上野にある貴金属買い取り会社の社長(35)や従業員、あわせて9人で、国に登録が必要なアフリカゾウの象牙が無登録であることを知りながら、象牙18本をおよそ350万円で不正に譲り受けた疑いが持たれています。また、譲り渡した客ら18人も書類送検されました。
 警視庁によりますと、この店は客から無登録の象牙を譲り受けたあと、国への登録を代行して、その後、別の会社に転売していたということです。調べに対し、社長は「5年ほど前から象牙の取引を始め、これまでに500本ほど譲り受けた」と容疑を認めているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3084118.html

| トラックバック (0)

乳児重傷、傷害容疑で母親と元交際相手を逮捕(21日)TBS

後8か月の長男に暴行を加え太ももの骨を折る重傷を負わせたとして、母親と元交際相手の男が逮捕されました。
Q.なぜ骨折したんですか?簡単に骨折しないと思うが・・・
 「わからへん」(田中一貴容疑者、今年2月)
Q.警察にはどう説明しているんですか?
 「・・・」(田中一貴容疑者、今年2月)
 記者の問いかけに答えず、電話をかけ始める男。傷害の疑いで逮捕された兵庫県尼崎市の建設作業員・田中一貴容疑者(22)です。
 警察によりますと、田中容疑者は去年12月、交際相手だった大阪市のアルバイト・大神渚容疑者(23)が生後8か月(当時)の長男を連れて自宅を訪れた際、2人で暴行を加え右太ももの骨を折る重傷を負わせた疑いがもたれています。
 2人は当初、「昼寝をしていた長男が泣き出したため、確認したところ、足がはれていたので病院に連れて行った」と話していましたが、その後の鑑定などで、けがは外部から強い力が加えられたことによるものと分かったということです。
 取り調べに対し、2人は「暴力をふるったことは一度もありません」などと容疑を否認しているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3083626.html

| トラックバック (0)

神戸港に強毒の「ヒアリ」、国交省が主要港湾を調査(21日)日経

強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」が神戸港のコンテナヤードから見つかったことを受け、国土交通省は20日までに、全国125カ所の主要港湾を管理する地方自治体などに、ヒアリがいないか調査するよう求めた。
 また、山本公一環境相は20日の記者会見で、地方自治体などと連携し侵入対策を急ぐ考えを示すとともに、「ヒアリは小さく公園の芝生にいても見つけるのは難しい」と国民に注意を呼び掛けた。
 国交省の要請文書では、神戸港でヒアリが発見された経緯や現状を説明。他地域の港湾でも、神戸港にヒアリを運んだとみられる中国・広州市から送られた荷物や、荷物を取り扱った場所を調べ、発見した場合は、国交省と環境省に通報することを求めた。調査結果の報告期限は今週後半とした。
 国交省の担当者は「外来生物対策は、水際対策が重要だ。徹底的に点検してほしい」と話している。
 同省は港湾での運送に関わる業界団体にも別途、注意を呼び掛けた。
 ヒアリは、広州市から神戸港に届いたコンテナ内から5月26日、国内で初めて見つかり、6月16日には神戸港のコンテナヤードで新たに発見された。〔共同〕
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO17916780R20C17A6000000/

| トラックバック (0)

石川県の2つの神社に古い砲弾 信管のある不発弾も(21)日

石川県の2つの神社で古い砲弾が飾られていたことが分かりました。なかには、信管のある不発弾も含まれていました。
 石川県中能登町の久て比古神社では、境内にある台座の上に直径約20センチ、長さ60センチの砲弾が飾られていて、警察などが調べています。地元住民が日露戦争などの戦勝記念として奉納したのではないかとみられています。また、石川県川北町の中島神社では、砲弾7発が本殿などに置いてあり、うち2発は信管がある不発弾でした。この神社の砲弾はすべて自衛隊が回収しました。石川県では神社などから砲弾ではないかという通報が相次いでいて、警察や自衛隊で調べを進めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103608.html

| トラックバック (0)

« 2017年6月20日 | トップページ | 2017年6月22日 »