« 2017年6月14日 | トップページ | 2017年6月16日 »

2017年6月15日

2017年6月15日 (木)

金塊盗難事件 売却関与の疑いで逮捕の建設業者 釈放(15日)NHK

福岡市の博多駅前で去年7月、およそ7億5000万円分の金塊が盗まれ、愛知県の会社役員など5人が起訴された事件で、盗まれた金塊と知りながら売却に関わったとして逮捕されていた建設業者について、福岡地方検察庁は処分保留のまま釈放しました。
検察は、釈放の理由について明らかにしていません。
 去年7月、福岡市の博多駅前で、貴金属取引会社の男性などが運んでいた160キロの金塊、およそ7億5000万円分が警察官を装った男らに盗まれた事件では、これまでに10人が逮捕され、愛知県尾張旭市の会社役員、野口和樹被告(42)や、名古屋市の会社役員、沓掛祐介被告(38)ら5人が起訴されています。
 一方、盗まれた金塊と知りながら貴金属店への売却に関わったとして逮捕されていた37歳の建設業者について、福岡地方検察庁は15日、処分保留のまま釈放しました。検察は釈放した理由について明らかにしておらず、今後は任意で捜査を続けるとしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170615/k10011019111000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| トラックバック (0)

金塊25億円分密輸か、2年半で 容疑のグループ(15日)共同

韓国から金塊約33キロ(1億5千万円相当)を密輸しようとしたとして無職早川和男容疑者(40)=服役中=ら10人のグループが関税法違反(無許可輸入未遂)などの疑いで逮捕された事件で、同グループは、2年半の間に約553キロ、25億円相当の金塊を密輸していた可能性があることが15日、千葉県警への取材で分かった。
 県警によると、国内の買い取り業者との売買記録などを調べた結果、2014年11月ごろから密輸を始めた疑いがあり、裏付けを進めている。10人のうち早川容疑者ら8人が容疑を認め、2人は「売買の仲介はしたが、密輸とは知らなかった」と否認している。
https://this.kiji.is/248005304016830469?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

床下から金庫がせり上がり・・・ マルサ摘発161億円(15日)TBS

国税庁は、2016年度に全国の査察、いわゆる「マルサ」が摘発した脱税額が160億円に上ると発表しました。
 金庫が置かれた住宅の押し入れ。次の瞬間、床下からさらに2つの金庫がせり上がってきました。これは福岡国税局が摘発した脱税事件で、隠されていた金庫から現金1億600万円が見つかりました。
 一方、大阪国税局が摘発した事件では、無造作に置かれた段ボール箱やタンス、バッグから合わせて現金3億4300万円が見つかりました。
 国税庁によりますと、2016年度、全国のマルサが摘発した脱税事件は178件で、脱税額は161億円に上ります。
 「査察官の捜索の中で金庫の設置業者との契約書が発見されましたので、それに基づいて金庫を捜索した上で発見したと」(国税庁 八原正夫査察課長)
 国税庁は、「経済活動の複雑多様化に伴い、脱税手口も巧妙化しているので、対応して摘発したい」としています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3079762.html

| トラックバック (0)

“絶滅の恐れ”トラの毛皮が…サイトに53万円で出品(15日)テレビ朝日

オークションサイトに出品されたのは、絶滅の恐れのあるトラの毛皮でした。
 東京都の古物商の男(38)と千葉県市川市の警備員の男(69)2人は、絶滅の恐れのあるトラの毛皮を販売に必要な登録票を持たずにインターネットのオークションサイトに出品し、販売しようとした疑いで書類送検されました。古物商の男が警備員の男から自宅にあったトラの毛皮を売れるか相談され、約53万円で出品していました。トラの毛皮は全長約2.5メートルあり、警備員の男が20年ほど前に知人から譲り受けたということです。2人は容疑を認めています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103223.html

| トラックバック (0)

スタンガン押し当て逃走 帰宅途中の女性がやけど(15日)テレビ朝日

スタンガンで女性にけがをさせたとして、20歳の男が逮捕されました。
 無職の嵜川強太容疑者は4月、千葉県木更津市の路上で、自転車で帰宅途中の19歳の女性にスタンガンを押し当て、首などに軽いやけどをさせた疑いが持たれています。嵜川容疑者は現場から逃走していましたが、15日未明、周辺を警戒していた警察官が不審な様子の嵜川容疑者を発見し、犯行を認めたため逮捕しました。取り調べに対し、「憂さ晴らしのためにやった」などと容疑を認めています。市内では同じ月に同様の事件が他に1件あり、警察が関連を調べています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103218.html

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(15、16日 単位・レベル) 
沖縄の重要犯罪増える
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012899

 治安情勢を観察する際の指標となる重要犯罪で強盗が減少傾向にある。防犯カメラの効果か…
 警察庁によると今年5月現在の重要犯罪の認知件数は4078件で前年同期に比べて375件の減少。この減少の大半は強盗で257件も減らして認知件数は741件。
 さらに殺人は356件で−15件。放火が403件で前年と同数。強姦が378件で−20件。略取誘拐・人身売買が93件で+11件。最も認知件数が多い強制わいせつは2104件で−94件だった。
 認知件数の都道府県ランキングでは大阪が577件、東京が542件、神奈川が294件、埼玉が292件、愛知が279件といつもの顔ぶれだ。
 全体が減少傾向にあるなかで増えたところは沖縄が+29件で認知件数は62件。次いで富山が+14件の22件、石川が+13件の36件。
 これに対して全体の検挙率は78.3%。強盗が80.3%、殺人が96.1%、放火が69.5%、強姦が87.6%、略取誘拐人身売買が67.7%、強制わいせつが75.0%となっている。
 検挙率が高かったランキングは山形の153.3%、香川の115.8%、群馬114.3%、島根の112.5%、宮城の112.0%の順。
 低かったのは千葉の58.0%、福島の58.1%、岩手の58.3%、鳥取の62.5%、大阪の64.3%と続いた。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 【テロ等準備罪が成立】ようやく成立した。「思想及び良心の自由を侵害するものだ」と反対する意見が多い。しかし、大原則として市民団体や企業には適用されず、あくまでも組織的犯罪集団の構成員や関係者を対象としている。
 テロだけでない。犯罪組織は国際化し国境もない。グローバル化する犯罪組織から国民をどうして守るかだ。学問や思わくで論じてはいけな。日本にひとつしかない警察組織。それを信じないでどうする。
 イギリス・ロンドンで起きたテロ事件。警察は、容疑者の男の一人について以前から過激な思想を持つとして警戒していたが防げなかったことで、メイ首相は、過激派と疑われる人物の捜査について「人権法が妨げるなら法改正も必要」と主張している。実際にイギリスのようなテロに遭ってみないと分からないのではどうしようもない。

| トラックバック (0)

愛好家、偽物の増加を懸念 東京五輪のピンバッジ(15日)朝日

 2020年東京五輪・パラリンピックの偽ピンバッジが違法に販売されていた事件で、愛好家らが憤りの声をあげている。

 「あまりにもひどい偽物だ。摘発されてよかった」。こう話すのは、ピンバッジ愛好家でつくる「東京ピンクラブ」(会員数約100人)事務局長の竹之内勇さん(62)。
 竹之内さんによると、国内で五輪のピンバッジ収集が本格的に広まったのは、1998年の長野五輪がきっかけ。五輪やW杯、万博など、大きな催しの度に愛好家が増えるという。「イベントの後、ピンバッジに思い出を託して仲間と交流するのがコレクターの楽しみです。
 主催者側が公式に販売しているもののほか、スポンサー企業やメディアが販売促進や謝礼用につくったり、各国の選手団が交流のためにつくったりする非売品もあり、コレクターの間で特に人気がある。中には一個あたり5万~6万円ほどで取引される「プレミアもの」も。リオ五輪パラリンピックの際は、日本のテレビ局がつくったドラえもんやピカチュウのバッジが人気を集めた。
 一方、ネットを中心に出回る偽物も後を絶たないという。素人には見極めるのが困難なほど精巧なものもあり、竹之内さんらクラブのメンバーはブログ上で偽物情報を公表。「東京五輪本番が近づくにつれて、偽物も増えていくでしょう」と注意を促している。(荒ちひろ)

http://www.asahi.com/articles/ASK6H3JLWK6HUTIL00R.html

| トラックバック (0)

幹部自衛官を再逮捕 女性隊員へ強盗傷害の疑い 福岡(15日)NHK

青森県内の女性に対して、ことし4月、乱暴した罪などで起訴されていた航空自衛隊の元幹部自衛官が、その数日後に、かつて勤務していた福岡県内の航空自衛隊の寮に侵入し、女性隊員を暴行し、けがをさせたうえ、金を奪おうとしたとして警察に再逮捕されました。
 再逮捕されたのは、航空自衛隊三沢基地の第3航空団に所属していた元2等空尉の谷尚弓容疑者(28)です。
 警察によりますと、谷元2等空尉はことし4月、福岡県にある航空自衛隊芦屋基地の寮の部屋に侵入し、20歳の女性隊員に「金を出せ」などと脅して暴行しけがをさせたうえ、金を奪おうとしたとして強盗傷害と住居侵入の疑いが持たれています。
 谷元2等空尉は、かつて芦屋基地に勤務したことがあり、調べに対し容疑を認めているということです。
 また谷元2等空尉は、今回の逮捕容疑の数日前のことし4月、青森県内のアパートの部屋に侵入し30代の女性に乱暴するなどしたとして、すでに逮捕、起訴されていて、13日付けで懲戒免職となっていました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170615/k10011018801000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| トラックバック (0)

聴取の男性8階から飛び降り死亡 大阪府警枚岡署、たばこ奪われる強盗事件で(15日)産経

 大阪府警枚岡署は15日、大阪府東大阪市内で14日に発生した強盗致傷事件の捜査で、任意で事情を聴いていた男性が同日午後、同市鳥居町のマンションのベランダから飛び降り、死亡したと明らかにした。同署は自殺とみて身元の確認を急いでいる。
 同署によると、14日午後5時半ごろ、同市喜里川町のスーパーで、男がたばこを奪って車で逃走する事件が発生。逃走した車のナンバーと一部が一致する車を所有する40代男性の自宅が現場近くにあったため、捜査員が同日午後6時半ごろ、マンション8階の部屋を訪れた。
 部屋にいた男性は、玄関先で捜査員と約10分間にわたって応対していたが、突然ベランダの手すりを乗り越えて転落死したという。
http://www.sankei.com/west/news/170615/wst1706150053-n1.html

| トラックバック (0)

新宿で車盗み、「東京湾」の標識で富津に…逮捕(15日)読売

千葉県警富津署は14日、兵庫県西宮市の自称無職の男(35)を窃盗容疑で逮捕した。
 発表によると、男は12日午後6時45分頃~13日午前6時50分頃、東京都新宿区のビル敷地内の駐車場で、鍵がついたままの軽ワゴン車1台(時価30万円相当)を盗んだ疑い。そのまま湾岸沿いを約100キロ走行し、13日夜に千葉県富津市内の国道127号を走っていたところ、パトカーで警戒中の署員に発見されたという。
 調べに対し、男は「仕事を探しに東京に来た。仕事を見つけるためには車が必要だと思った」と話しているという。
 同署は男が土地鑑がないまま、「東京湾」の標識に従って盗んだ車を運転しているうちに、同市内まで来たとみて調べている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170615-OYT1T50056.html

| トラックバック (0)

「テロ等準備罪」警察庁長官 組織犯罪対策を推進(15日)NHK

「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法が参議院本会議で可決・成立したことについて、警察庁の坂口正芳長官は15日の記者会見で、「捜査の適正の確保を図りつつ、テロを含む組織犯罪対策を推進するよう指導していきたい」と述べました。
 警察庁の坂口長官は15日の会見で、「この法律についてはテロを含む組織犯罪対策上、意義がある。国民の信頼に応えるべく捜査の適正の確保を図りつつ、テロを含む組織犯罪対策を推進するよう都道府県警察を指導していきたい」と述べました。
 一方、福岡県小郡市の住宅で母親と小学生の子ども2人の親子3人が殺害され、3人のうち母親を殺害した疑いで夫で38歳の警察官が逮捕された事件について、坂口長官は「警察官が逮捕されたことはあってはならないことで極めて遺憾だ。国民の期待と信頼に応える警察の確立に向けて取り組みを進めたい」と述べました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170615/k10011018691000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| トラックバック (0)

施設で入浴中、8歳児死亡 大阪・太子町、溺れたか(15日)

14日午後6時50分ごろ、大阪府太子町山田の福祉施設「四天王寺太子学園」の職員から、小学3年の男児(8)が「風呂場で溺れている」と119番があった。男児は15日未明、搬送先の病院で死亡が確認された。
 富田林署によると、男児は軽度の障害があり、施設の寮で暮らしていた。他の十数人の子どもと一緒に大浴場で入浴中、浴槽に沈んでいるのを付き添いの男性職員が発見した。
 付き添いの職員は計3人で、別の子どもの介助などをしていたといい、同署が状況を調べている。
 四天王寺太子学園によると、学園は心身に障害がある児童が対象の入所施設で、約50人が寮で暮らしている。
https://this.kiji.is/247944399900591606?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

マウンテンバイクで女性ひき逃げし重傷負わせた疑い、男を逮捕(15日)TBS

今年4月、東京・江戸川区で歩道を歩いていた84歳の女性を自転車でひき逃げし、全治3か月の重傷を負わせたとして、派遣社員の男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは墨田区に住む派遣社員の高橋勲容疑者(49)で、今年4月、江戸川区で歩道を歩いていた女性(84)をマウンテンバイクではね、そのまま逃走した疑いが持たれています。女性は、腰の骨を折る全治3か月の重傷を負いました。
 現場付近の防犯カメラの映像を解析した結果、マウンテンバイクの特徴から、高橋容疑者の関与が浮上したということです。調べに対し、高橋容疑者は「下を向いていたら衝突した。怖くなって逃げてしまった」と容疑を認めているということです。                                            
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3079555.html

                                  
               
                                  
               
                                  
                                  

| トラックバック (0)

“神の手”で保険金80万円詐取か 元院長を再逮捕(15日)テレビ朝日

「早稲田のゴッドハンド」などと呼ばれた整骨院の元院長が詐欺容疑で逮捕された事件で、別の交通事故でも保険金をだまし取っていたとして再逮捕されました。
 北原整骨院の元院長・北原靖朗容疑者(44)は患者の男(45)と共謀し、治療期間を約50日、水増しして保険金など約80万円をだまし取った疑いが持たれています。北原容疑者は先月にも別の患者と共謀し、同様の詐欺事件で逮捕されていました。北原容疑者の整骨院は交通事故の専門治療院で、「早稲田のゴッドハンド」と呼ばれ、テレビにも出演していました。全国では整骨院などが増加する一方、交通事故は減少しています。警視庁は、事故の被害者を患者とする整骨院などの一部では経営が苦しくなっていることが事件の背景にあるとみて捜査しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103191.html

| トラックバック (0)

東京五輪ロゴ“無許可使用”初摘発 バッジ販売の男(15日)テレビ朝日

東京オリンピック・パラリンピックのロゴを無許可で使ったピンバッジを販売したとして、40歳の男が逮捕されました。
 インターネットショップの経営者・原竜也容疑者は去年8月から10月までの間、無許可で東京オリンピック・パラリンピックのロゴを使ったピンバッジ6個を男女3人に販売し、約54000円を売り上げた疑いが持たれています。警視庁によりますと、東京オリンピック・パラリンピックのロゴを無許可で使ったことによる摘発は全国で初めてです。取り調べに対し、原容疑者は容疑を否認しています。警視庁は原容疑者がおととし10月からの1年間でピンバッジを約50人に販売し、66万円ほどを売り上げたとみて調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103192.html

| トラックバック (0)

少年をボンネットに乗せて走り重傷負わす 殺人未遂容疑で男を逮捕 埼玉(15日)産経

知人の少年を軽乗用車のボンネットに乗せて走行しけがをさせたとして、埼玉県警大宮東署は14日、殺人未遂の疑いで、同県蓮田市蓮田の自称飲食店従業員、阿部将大容疑者(20)を逮捕した。「急ブレーキをかけてけがをさせたことは間違いないが、殺そうとはしていない」と容疑を一部否認している。
 逮捕容疑は昨年12月4日午前8時45分ごろ、さいたま市見沼区の市道で、会社員の少年(18)を軽乗用車のボンネットに乗せて走行、急ブレーキをかけて市道に落とし、頭などに1カ月半の重傷を負わせたとしている。
 同署によると、2人は中学生の頃から知り合いで、車には同乗者がいたという。同署が詳しい状況を調べている。
http://www.sankei.com/affairs/news/170615/afr1706150002-n1.html

| トラックバック (0)

「テロ等準備罪」新設法 可決・成立(15日)NHK

「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法は、15日朝、参議院本会議で採決が行われ、自民・公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決・成立しました。これにより、一定の要件を満たすことを条件に、犯罪の実行前の段階で処罰可能な範囲が広がることになります。
 「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法は、テロなどの組織犯罪を未然に防ぐため、テロ組織や暴力団などの組織的犯罪集団が、ハイジャックや薬物の密輸入などの重大な犯罪を計画し、メンバーの誰かが資金または物品の手配、関係場所の下見、その他の準備行為を行った場合、計画した全員を処罰するとしています。
 法案は、参議院法務委員会での採決を省略して、15日朝に開かれた参議院本会議で審議されました。
 各党の討論で、自民党は「テロ組織はグローバル化しており、世界中どこでもターゲットとなり得る。テロを現実に差し迫った脅威として認識し、東京オリンピックなどの安全な開催に向けて、万全の対策を講じていかなければならない」と述べました。
 これに対し、民進党は「『共謀罪』への国民の最大の不安は、権力が恣意的(しいてき)に捜査を行い、内心の自由が侵されるのではないかという点にある。数の力による異例の採決で成立させようとする安倍内閣に執行を委ねたら、どんな運営をされるのかと不安は際限なく膨らむ」と述べました。
 このあと採決が行われ、改正組織犯罪処罰法は自民・公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決・成立しました。
 日本の刑法体系では、犯罪が実行されれば処罰するのが原則ですが、改正法の成立によって、一定の要件を満たすことを条件に、犯罪の実行前の段階で処罰可能な範囲が広がることになります。
続きdownwardleft

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170615/k10011018401000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| トラックバック (0)

認知症不明者1万5千人 4年連続増、警察庁集計(15日)共同

 昨年1年間に認知症か、その疑いが原因で行方不明になり警察に届けられたのは前年比26.4%増の1万5432人だったことが15日、警察庁のまとめで分かった。統計を取り始めた2012年の9607人から毎年増加し、1万人を超えたのも4年連続となった。昨年中に所在確認できなかったのは191人。
 厚生労働省の推計によると、認知症の高齢者は25年に約700万人になるとされる。警察も、全国で警察署員らが認知症の知識や患者との接し方を学ぶ厚労省の「認知症サポーター養成講座」を受講するなどして、対策に取り組んでいる。
https://this.kiji.is/247894449729830921?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

金塊密輸容疑で10人逮捕 1.5億円相当、千葉県警(15日)共同

韓国から成田空港経由で金塊約33キロ(1億5千万円相当)を密輸しようとしたとして、千葉県警は15日、関税法違反(無許可輸入未遂)と消費税法違反などの疑いで、密輸グループとみられる20~50代の男女10人を逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。
 10人は2015年9月、東京税関成田税関支署に申告せずに金を密輸しようとし、消費税の支払いを免れようとした疑いが持たれている。
 韓国で複数の運び役に金塊入りの土産物袋を手渡し、日本の関係者に届けるよう依頼。仁川空港で運び役をいくつかの旅客便に分乗させ、袋は手荷物として持ち込ませていたとみられる。https://this.kiji.is/247889287306741238?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

【7・5億円金塊窃盗】被告と容疑者「暴力団から恐喝され500万円」 経緯捜査(15日)産経

福岡市博多区で昨年7月、約7億5千万円相当の金塊(160キロ)が警察官を装った男らに盗まれた事件で、容疑者や被告の一部が、事件への関与を知った暴力団関係者から500万円を脅し取られたという趣旨のことを話していることが14日、捜査関係者らへの取材で分かった。捜査当局は経緯を詳しく調べている。
 5月22日以降、主犯格とされる野口和樹被告(42)や沓掛祐介被告(38)、情報提供者との仲介役とされる中垣龍一郎容疑者(40)ら10人が窃盗容疑などで逮捕された。逮捕前に一部が事件を周囲に漏らし、情報を聞きつけた暴力団関係者から現金を脅し取られたという。このとき、誰が現金を調達するかを巡って容疑者や被告間でトラブルになったとしている。
 野口、沓掛両被告ら5人は今月13日、窃盗罪で起訴され、現場にいたことは認める一方、「(被害者側と合意の上で)窃盗のふりをしただけだ」と主張。被害者側は「事実無根だ」と反論している。
 起訴状などによると、5人はほかの容疑者と共謀、貴金属買い取り店に金塊を運搬中だった被害者らに「密輸品だろう」と話し掛け、隙を見て持ち去ったとしている。
http://www.sankei.com/west/news/170614/wst1706140073-n1.html

| トラックバック (0)

加計めぐる証言、守秘義務違反? 義家副大臣発言で波紋(15日)朝日

 学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設問題で、義家弘介文部科学副大臣が、「総理のご意向」などと書かれた文書の存在を証言した文部科学省職員について、国家公務員法違反に当たる可能性を示唆した。文書をめぐる同省調査の最中でもあり、内部告発者を萎縮させかねない。野党側は、今回の告発が内部告発者の保護のための「公益通報」に当たるとするが、現行制度の不備も指摘されている。

 「非公知の行政運営上のプロセスを上司の許可なく外部に流出させることは、国家公務員法(違反)になる可能性がある」。義家氏は13日の参院農林水産委員会で「一般論」とことわりつつも、守秘義務違反にあたる可能性を示唆した。獣医学部新設をめぐり、文部科学省関係者が報道機関などに内部文書について証言したことなどを念頭に置いたものだ。
 朝日新聞が文書を報じた5月17日の後、前川喜平・前文科事務次官が記者会見で文書の存在を証言。その後も、「文書は文科省内で共有されていた」といった現役職員の証言に関する報道が相次いだ。
 確かに、国家公務員法100条は「職員は、職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後といえども同様とする」と定める。証言や資料の提供が守秘義務違反と判断されれば、最長で懲役1年の刑事罰に問われる可能性はある。
 だが、内部情報だからといって、何もかもが「秘密」だというわけではない。最高裁の判例では、守るべき「秘密」について「実質的にもそれを秘密として保護するに価(あたい)すると認められるものをいい、国家機関が単にある事項につき形式的に秘扱の指定をしただけでは足りない」と限定する。
 義家氏の発言について、民進党蓮舫代表は14日、「存否が問題になっている文書をメディアに話している人たちは本来、公益通報者だ。保護しなければいけないものが、処分対象になる。こういう安倍内閣の姿を絶対に許してはいけない」と批判した。

残り:891文字/全文:1702文字
http://www.asahi.com/articles/ASK6G5FLKK6GUTIL022.html

| トラックバック (0)

金塊を密輸しようとした罪 韓国人4人を追起訴(15日)NHK

ことし4月、福岡空港から現金7億円余りを無許可で持ち出そうとしたとして逮捕、起訴された韓国人の男4人が、金塊およそ6キロを密輸しようとした罪などで追起訴されました。捜査関係者によりますと、4人が持っていた現金の一部は別の金塊を売却して得た資金だったということで、取り引きの実態について、引き続き警察が調べています。
 起訴されたのは、いずれも韓国人のハ・ソンジン被告(31)、パク・ジェヨン被告(36)ら合わせて4人です。
 4人は、ことし4月、福岡空港から現金7億円余りを無許可で香港に持ち出そうとしたとして逮捕、起訴され、この捜査の中で、金塊およそ6キロ、2700万円分を密輸して消費税200万円余りを免れようとした疑いのあることがわかったとして再逮捕され、14日、同じ内容の関税法違反などの罪で追起訴されました。
 捜査関係者によりますと、4人が持っていた7億円余りの一部は、福岡市内で別の金塊を売却して得た資金だったということです。金塊の取り引きの実態について、引き続き警察が調べています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170614/k10011017821000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_007

| トラックバック (0)

「テロ等準備罪」法案 採決へ 可決・成立の見通し(15日)NHK

国会では、参議院本会議で、まもなく「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案の採決が行われる運びで、自民・公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決・成立する見通しです。今の国会で最大の対決法案となっていた「テロ等準備罪」を新設する法案をめぐる与野党の攻防は、最終局面を迎えています。
 「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案をめぐって、15日未明から開かれた参議院本会議では、法務委員会での採決を省略して、秋野委員長がこれまでの審議経過について中間報告を行いました。
 これを受けて、午前6時前に再開された参議院本会議では、金田法務大臣らに対する質疑に続いて、各党の討論が行われています。
 このうち、自民党は「テロ組織はグローバル化しており、世界中どこでもターゲットとなり得る。テロを現実に差し迫った脅威として認識し、東京オリンピックなどの安全な開催に向けて、万全の対策を講じていかなければならない」と述べました。
 これに対し、民進党は「『共謀罪』への国民の最大の不安は、権力が恣意的(しいてき)に捜査を行い、内心の自由が侵されるのではないかという点にある。数の力による異例の採決で成立させようとする安倍内閣に執行を委ねたら、どんな運営をされるのかと不安は際限なく膨らむ」と述べました。
 本会議ではまもなく採決が行われる運びで、「テロ等準備罪」を新設する法案は、自民・公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決・成立する見通しです。
 今の国会で最大の対決法案となっていた「テロ等準備罪」を新設する法案をめぐる与野党の攻防は、最終局面を迎えています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170615/k10011018281000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| トラックバック (0)

タカタ担当者を書類送検へ、静岡 日産側も、エアバッグ破裂(15日)共同

静岡県伊東市で2015年、日産自動車の車のタカタ製エアバッグが衝突時に異常破裂し、助手席に乗っていた神奈川県の60代女性が負傷した事故で、静岡県警が業務上過失致傷容疑で両社の安全管理担当者を近く書類送検する方針を固めたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。適切なリコール(無料の回収・修理)対応やエアバッグを作動させないようにする措置を怠ったなどと判断した。
 国土交通省によると、タカタ製エアバッグを巡っては、記録の残る11年以降、国内ではこの事故を含めて16件の異常破裂が起き2人が負傷。異常破裂でエアバッグや自動車メーカー担当者が立件されるのは異例。
https://this.kiji.is/247768137109454851?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

フォルクスワーゲン日本法人の常務、覚醒剤使用容疑で逮捕(15日)TBS

ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」の日本法人で常務執行役員を務める男が、覚醒剤を使用したとして逮捕されました。
 逮捕されたのは、フォルクスワーゲングループジャパンの常務執行役員でドイツ国籍のトーマス・ジーベルト容疑者(53)です。ジーベルト容疑者は今月上旬ごろ、都内周辺で覚醒剤を使用した疑いが持たれています。
 警察によりますと、横浜税関からの通報を受け、今月、ジーベルト容疑者の自宅の家宅捜索を行ったところ、尿から覚醒剤の陽性反応が出たということです。取り調べに対し、ジーベルト容疑者は「コカインを使ったことは認めるが、それ以外の薬物は使っていない」と容疑を否認しているということで、警察は覚醒剤の入手ルートなどを詳しく調べています。
 フォルクスワーゲングループジャパンは「事実関係が明らかになり次第、適切に対処いたします」とコメントしています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3078891.html

| トラックバック (0)

東京地裁 窃盗被害でセコムの対応遅れを認める判決(15日)テレビ朝日

東京都内のリサイクル店が侵入窃盗の被害に遭った際の対応を巡ってセコムなどに損害賠償を求めていた裁判で、東京地裁はセコムの対応の遅れを認める判決を言い渡しました。
 東京・新宿区のリサイクル店は2012年に侵入窃盗の被害に遭った際、警備装置がすぐに作動しなかったとして、セコムなどに対して損害賠償を求めていました。東京地裁は14日の判決で、「監視スタッフは犯人らが立ち去った約40秒後に初めて違法行為を認識し、警備装置を作動させた」として、セコムの対応の遅れを認めました。そのうえで、賠償については保険の特約があることから、セコムではなく、保険会社に1700万円余りの支払いを命じました。セコムは「判決文を受け取っていないのでコメントは差し控える」としています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103160.html

| トラックバック (0)

“JKビジネス”危険性を訴える教室を開催 警視庁(15日)テレビ朝日

女子高校生らに接客やマッサージをさせるいわゆる「JKビジネス」でのトラブルが増えるなか、警視庁が女子高校生に危険性を訴える教室を開きました。
 制服姿の女子高校生らが男性客と食事や散歩、マッサージなどをするJKビジネスは、児童買春やストーカーなどの犯罪につながることが懸念されています。警視庁は14日、東京・杉並区にある私立女子高校で、生徒約200人にJKビジネスのトラブルの実例などを交えながら危険性を訴えました。東京都ではJKビジネスを行う店での18歳未満の就労を禁止し、営業の届け出を義務付ける新たな条例が来月から施行されます。警視庁少年育成課の大八木清高課長は「今後も子どもたちへの教育や取り締まりを通じてJKビジネスをなくしていく」としています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103147.html

| トラックバック (0)

« 2017年6月14日 | トップページ | 2017年6月16日 »