« 2017年6月12日 | トップページ | 2017年6月14日 »

2017年6月13日

2017年6月13日 (火)

事前警告なく禁止命令 改正ストーカー法全面施行 迅速に被害者保護(13日)産経

会員制交流サイト(SNS)での付きまといを新たに規制対象に加えることなどを柱とした改正ストーカー規制法は14日に全面施行され、迅速に被害者を守るため緊急の場合は、事前の警告をせずに、加害者へ禁止命令を出すことができるようになる。
 昨年1年間に警察に寄せられたストーカーに関する相談は2万2737件で、4年連続で2万件を突破。各都道府県の公安委員会が加害者にストーカー行為をやめるよう命じる禁止命令については現行では、警察の警告に従わなかった場合にしか発令できない。改正法では、緊急時には事前の警告がなくても禁止命令を出すことができる。続きを読む

| トラックバック (0)

北海道と長崎の女子中学生2人の裸画像送らせた疑い 名古屋の小学校教諭逮捕 道警(13日)産経

北海道警は13日、中学生の少女2人に裸の画像を送らせたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、名古屋市立白沢小学校(同市守山区)の教諭、宇田幸司容疑者(36)を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年10月と11月、いずれも14歳で北海道後志地方と長崎県に住む女子中学生2人に裸の画像を撮影させ、自分のスマートフォンに送信させた疑い。
 道警によると、宇田容疑者はスマホのアプリなどを通じて2人と知り合った。宇田容疑者のスマホには女子中高生とみられる少女の画像が多数保存されており、他に被害者がいないか調べている。
 名古屋市教育委員会は「許し難い行為であり、大変遺憾だ。事実を確認した上で厳正に対処したい」としている。
http://www.sankei.com/affairs/news/170613/afr1706130027-n1.html

| トラックバック (0)

【福知山線脱線事故】JR西3社長の無罪確定へ 最高裁、過失認めず(13日)産経

尼崎JR脱線事故で強制起訴されたJR西日本歴代3社長(左から)井手正敬氏、南谷昌二郎氏、垣内剛氏 尼崎JR脱線事故で強制起訴されたJR西日本歴代3社長(左から)井手正敬氏、南谷昌二郎氏、垣内剛氏

 

平成17年に乗客106人が死亡した兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故で、業務上過失致死傷罪で強制起訴されたJR西日本元会長、井手正敬(まさたか)被告(82)ら歴代3社長について、最高裁第2小法廷(山本庸幸(つねゆき)裁判長)は、「現場が、特に脱線事故が起こる危険性の高いカーブだと認識していたとはいえない」として、3社長の過失を否定、検察官役の指定弁護士の上告を棄却する決定をした。事故の予見可能性を認めず、3社長を無罪とした1、2審判決が確定する。
 決定は12日付。4裁判官全員一致の結論。他に無罪が確定するのは、元会長、南谷(なんや)昌二郎(75)と元社長、垣内剛(たけし)(73)の両被告。
 公判では、事故を予見できたにも関わらず現場のカーブに自動列車停止装置(ATS)を整備する指示を怠ったと言えるか-が主な争点となった。
 同小法廷は、当時はATS整備が義務付けられていなかった▽ATS整備は鉄道本部長の所管で3社長は個別のカーブの危険性に関する情報に接する機会が乏しかった▽社内で現場が事故危険性の高いカーブだと認識されていた事情も伺えない-ことなどを検討。2千カ所以上あるカーブのうち、現場カーブについて3社長が特に危険性を認識していたとはいえず、ATS整備を指示する注意義務はなかったと結論づけた。続きを読む

| トラックバック (0)

ドイツ南部の銃撃、女性警官が頭撃たれ重体 容疑者拘束、テロは否定(13日)産経

【ベルリン支局】ドイツ南部ミュンヘン近郊の駅で13日午前(日本時間同日午後)に起きた銃撃事件で、地元警察は女性警官が犯人に頭を撃たれ、重体だと明らかにした。近くにいた2人も負傷したが、命に別条はないもよう。警察はテロの可能性を否定し、容疑者が「個人的動機から事件を起こした」とみている。
 AP通信によると、銃撃は同日朝、地下鉄のウンターフェーリンク駅で発生。乗客同士の口論から通報を受け、警察が駆けつけたところ、女性警官の拳銃を容疑者が奪い、警官の頭部を銃撃した。
 容疑者も撃たれ、重傷を負った。警察が拘束して取り調べる方針。容疑者は1人とみられる。http://www.sankei.com/world/news/170613/wor1706130029-n1.html

| トラックバック (0)

強毒「ヒアリ」国内初確認 環境省「侵入否定できぬ」(13日)朝日

 環境省は13日、強い毒を持つ外来種のアリ、「ヒアリ」を国内で初確認したと発表した。中国から貨物船で運ばれたコンテナの内部にいるのを、兵庫県尼崎市で見つけ、消毒して死滅させた。環境省は「現時点ではヒアリが定着し繁殖している可能性は低い」としているが、念のため、周辺に侵入していないか緊急調査を始めた。
 ヒアリは赤茶色で体長2・5~6ミリ。人が刺されるとやけどのような激痛が走る。毒針で何度も刺すほど攻撃性が高く、かゆみや動悸(どうき)などが引き起こされ、アナフィラキシーショックによる死亡例もあるという。
 発表によると、中国・広州市の港から出航した貨物船で運ばれたコンテナが、5月20日に神戸市神戸港(ポートアイランド)に陸揚げされて25日まで保管、26日に尼崎市で積み荷を取り出す際に、内部でヒアリの集団を見つけたという。6月1日に神戸市にコンテナを移動させて消毒を始め、5日に終えた。
 環境省は「周辺に侵入した可能…
残り:207文字/全文:604文字
http://www.asahi.com/articles/ASK6F4TKDK6FULBJ00D.html

| トラックバック (0)

市のシステム不正使用しストーカー行為 職員を懲戒免職(13日)NHK

熊本県荒尾市の男性職員が、市の住民情報システムを不正に使って、3年前から同僚の女性職員の個人情報を入手し、つきまといなどのストーカー行為をしていたとして、市はこの職員を懲戒免職の処分にしました。
 懲戒免職になったのは、熊本県荒尾市役所の総務課に所属する浦明徳副主任(33)です。
荒尾市によりますと、副主任は、福祉課に在籍していた3年前からことし3月にかけて、市役所の住民情報システムを不正に使って同じ課にいた女性職員の住所などの個人情報を入手し、外出先でつきまとうなどのストーカー行為をしていたということです。
 女性職員の髪を触ったり、乗用車にGPSの機器を取り付けたりしていたということで、ことし1月に女性職員が上司に相談して発覚し、副主任は謝罪しましたが、その後の市の調査で、市の職員の男女48人分の住所などの個人情報をまとめたリストなどが業務用のパソコンから見つかったということです。
 市の調査に対して、副主任は、不正な情報の入手やストーカー行為を認めたうえで、「同僚の女性職員に好意を持っていた」と話しているということです。
 市は、13日付けで副主任を懲戒免職の処分にするとともに、近く、市長と副市長を減給処分とする条例案を市議会に提出する方針です。
 荒尾市の浅田敏彦市長は「公務員の信用を失墜させる行為で市民の皆様に深くおわびします。同様のことが二度と無いよう、職員の教育や研修を強化します」と謝罪しました。
続くdownwardleft

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170613/k10011016491000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006

| トラックバック (0)

共謀罪、15日に参院委採決方針 与党、週内成立目指す(13日)共同

民進、共産両党は13日、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を創設する組織犯罪処罰法改正案の審議を巡り、閣僚の資質に欠けるとして金田法相の問責決議案を参院に共同提出。与党は14日の参院本会議で否決する。改正案を15日に参院法務委員会で採決し、週内の参院本会議で可決、成立させる方針。廃案を訴える民進党など野党4党は、改正案成立前に内閣不信任決議案を衆院に提出して対抗する構えだ。
 終盤国会は、安倍首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題もあり、与野党攻防が激化。政府、与党は、会期を18日から小幅延長する案を最終調整している。
https://this.kiji.is/247263538439292406?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

急増する外国籍の子どもたち、3万4000人超が日本語指導必要(13日)TBS

日本語の指導が必要な外国人の子どもの数が3万4000人あまりと過去最多になったことがわかりました。
 横浜市にある市立南吉田小学校。様々な外国語の挨拶で1日が始まります。中華街にも近いこの小学校では、外国にルーツを持つ子どもたちが増えていて、現在、全校児童およそ730人のうち半数を超えています。
 子どもたちが話す言葉は、中国、フィリピン、タイなど10か国語以上。200人あまりが日本語の指導を必要としているため、学校側は教員を特別に配置し、対応しているといいます。
 「日本語につまずいて、それがきっかけで学習についていけない子が本当に多い。もっと適切な支援をしていかないといけない」(南吉田小の教員)
 13日に文科省が公表した調査では、日本語の指導が必要な外国人の児童・生徒は全国で3万4335人にのぼり、2014年度の調査から5000人以上も増え、過去最多となったことが明らかになりました。
 一方で、補習などの特別な指導を受けている割合は76.9%にとどまっています。
 1人1人に応じた指導が学校だけでは行き届かないという課題も浮かび上がっています。南吉田小学校の近くには、30年以上にわたってこうした子どもたちの支援を続けてきたNPO法人があります。
 「行政がやりきれていない部分をやっているということはたくさんある。でも連携できる部分はたくさんあるので、行政学校を含めて、それはきちんと連携をとりながらやっていきたい」(NPO法人・信愛塾 竹川真理子代表)
 文科省は、日本語の指導などが必要な子どもの数にあわせて教員を配置するなどの対策を取るだけでなく、地域や大学などの力を借りていくことも必要だとしています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3077764.html

| トラックバック (0)

自転車の女子高生を…突然、用水路に“蹴り落とす”(13日)テレビ朝日

女子高校生(17)を用水路に蹴り落としたとして25歳の男が逮捕されました。
 傷害の疑いで逮捕された岡山市の会社員・新庄貴志容疑者は先月31日午後6時半ごろ、自宅近くの路上でオートバイに乗って走っていたところ、自転車で帰宅中の女子高校生をすれ違いざまに蹴り付けて自転車ごと道路脇の用水路に落とした疑いです。女子高校生は左腕などに全治約2週間の打撲です。用水路の幅は約1.7メートル、深さは約1メートルで、柵はなく、当時の水深は50センチほどでした。警察は、目撃情報にあったオートバイの特徴から新庄容疑者を割り出しました。調べに対して容疑を認めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103052.html

| トラックバック (0)

偽ブランド9年間売り続ける 生活費のため…70歳男(13日)テレビ朝日

生活費のため、9年間にわたって偽ブランド品を売っていたということです。
 横浜市鶴見区に住む無職の70歳の男は、販売目的で偽ブランド品を所持するなどした疑いで書類送検されました。警察によりますと、男は生活費を稼ぐために約9年間にわたって中国から一点あたり1500円ほどで偽ブランド品のアクセサリーなどを輸入し、ネットオークションを通じて1万2000円前後で販売していたということです。男の自宅の部屋からは、ティファニーやブルガリのネックレスやキーホルダーなど約170点が押収されました。男は、取り調べに対して「やったことについては認めます」と容疑を認めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103062.html

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(13、14日 単位・レベル) 
少年の強盗が激減
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012921

深夜に鍵のかかっていない住宅や店舗で窃盗を繰り返していたとみられる17歳と16歳の少年2人が警視庁に逮捕された。既に逮捕されている16歳の別の少年らと飲食店に侵入して売り上げ金およそ5万円などを盗んだ疑い。
 少年たちは地元の同級生らで作る不良グループ「奥戸メンツ」に所属していた。少年による窃盗事犯の検挙人員は減っているが出店荒らしが増加している。
 警察庁によると今年5月までの刑法犯の少年の検挙人員は1万0813人で前年に比べて2037人の減少。
 殺人などの凶悪犯が150人。最も多かったのは強盗で85人だが前年より半減した。粗暴犯が1450人で最も多かったのは傷害の868人。
 窃盗犯が6385人で前年より1197人の減。このなかで侵入盗が328人と最多だがうち空き巣が76人、出店荒らしが72人で9人も増えている。
 問題は知能犯。検挙人員は329人と人数的には少ないが前年より40人も増えた。なかでも詐欺による検挙者数は292人で56人の増。
 増えているのにもうひとつ風俗犯がある。検挙人員は224人で18人の増。特にわいせつが218人で13人も増えている。
 一部の罪種を除いて全体的に数字は減っているが、5歳の女児を2階から投げ落としたりするなど想像を絶する事件もあり、まだまだ看過できない。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| トラックバック (0)

【衝撃事件の核心】「こいつらひいたろか」通学路暴走、逃げ惑う生徒の動画拡散、大炎上…事件があぶり出した通学マナー(13日)産経

関西人はお調子者や目立ちたがり屋を「いちびり」と呼ぶが、彼らの“いちびりっぷり”は度が過ぎた。大阪府門真市で5月、クラクションを鳴らしながら、通学路を猛スピードで暴走する車を車内から撮影した動画がインターネット上で拡散された。大阪府警は殺人未遂容疑で、車を運転していた同市の建設作業員の少年(19)と、助手席で動画を撮影していたとみられる会社員の男(20)を逮捕。2人は「殺すつもりはなかった」と弁明したが、動画には下校途中の小中学生らが逃げ惑う様子が写り込んでおり、府警は惨事に至る恐れも想定できたとして「未必の故意」があったと判断した。ネット上では少年らへ非難が集中したものの、学校近くの住民には通学マナーをめぐる別の見方もあるようだ。

捜査1課投入、異例の捜査態勢

 5月19日午後4時ごろに撮影された動画は約20秒。門真市沖町2丁目付近を東進する場面から始まる。ほどなく、小さな児童公園の前でランドセルを背負った小学生の女児が左手に現れるも、車は一定のスピードを保ったまま右に急ハンドルを切った。
 曲がった先には多くの中学生らが歩いており、男が「どけこら、お前ら」と威嚇する声が車内に響く。クラクションを鳴らしながら直進を続け、生徒らは身の危険を感じて立ち止まったり、驚いて車を避けたりした。路上駐車のトラックで道幅が車1台分ほどに狭まる場所もお構いなしに走り抜け、約200メートルにわたる暴走を締めくくった。続きを読む

| トラックバック (0)

職質の警官、弁護士会館に無断立ち入り 府警に抗議へ(13日)朝日

大阪府警の警察官が5月、職務質問中の男性を追って大阪弁護士会館(大阪市北区)に無断で立ち入り、ビデオ撮影もしていたことがわかった。府警は令状請求中の行為であり適切だったと説明。一方、大阪弁護士会は施設管理権が侵害され、男性が法的助言を受ける権利も阻まれたおそれがあるとして、近く府警に抗議する。
 男性の弁護士や府警によると、5月2日夕、同市中央区の男性(46)=別の覚醒剤取締法違反事件で公判中、3月に保釈=が自宅近くで職務質問を受けた。覚醒剤使用を疑われて尿の提出を求められたが断り、公判で弁護人を務める弁護士に相談しようと約3キロ先の同会館に徒歩で向かった。
 複数の警察官が採尿のための令状を請求しつつ、男性を追尾して会館に入り、弁護士と合流した男性のエレベーターに同乗。会員専用スペースでも男性らをビデオ撮影した。男性は相談を諦め、約10分後に外へ出た。府警は約2時間半後、令状に基づき尿検査したが、覚醒剤反応は「疑陽性」で解放された。
 男性の弁護士は「法的助言を受ける男性の権利が侵害された」と府警に抗議。大阪弁護士会の小原正敏会長も「捜査目的での立ち入りは会館本来の目的を超えたもの」と批判し、会として府警に抗議するという。
  一方、府警は「令状請求中で、容疑者の所在把握のために必要だった。入館に際し弁護士や警備員から拒否の発言はなく、適切な行動だった」と説明。ビデオ撮影は「適正な捜査であることを担保するためだった」としている。
 村井敏邦・一橋大学名誉教授(刑事法)は「職務質問で弁護士会館内にまで追跡するなど聞いたことがない。令状請求中でも裁判所が認めない可能性もあり、正当化の理由にならない。嫌疑を受けた人が弁護士に相談する秘密交通権の侵害に当たりうる。任意捜査の範囲を広げようという意図が垣間見える」と指摘する。(釆沢嘉高、阿部峻介)

| トラックバック (0)

“GPS捜査”裁判 懲役5年を求刑(13日)NHK

警視庁が裁判所の令状を取らずに容疑者の車にGPS端末を取り付け行動を監視した捜査が違法かどうかが争われている裁判で、東京地方裁判所立川支部で論告と弁論がやり直され、検察は「違法性があったことは否定できないが、重大とまでは言えない」として、窃盗の罪に問われている被告2人に懲役5年を求刑しました。
 神奈川県の44歳と42歳の2人の被告は、3年前、静岡県や山梨県で乗用車やトラックなどを盗んだとして窃盗の罪に問われています。
 裁判はことし3月に検察側が懲役5年を求刑して結審したものの、その後、最高裁判所が「GPS端末を使用した捜査は令状がなければ違法だ」とする初の判断を示したことを受け、東京地方裁判所立川支部は論告と弁論をやり直すことを決めていました。
 13日の裁判で、検察は「捜査に違法性があったことは否定できないが、証拠を収集する過程で重大な違法性があったとまではいえない」などと述べ、2人の被告にそれぞれ懲役5年を求刑しました。
 これに対して、弁護側は「GPSを使った捜査がなければ犯罪の事実を証明できない」として、無罪を主張しました。
 裁判は13日で結審し、判決は来月19日に言い渡されます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170613/k10011016171000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| トラックバック (0)

広島の新交通システム コンクリート片落下で運転見合わせ(13日)NHK

広島市の新交通システム、アストラムラインの軌道に、上を走る高速道路の高架橋からコンクリート片が剥がれ落ちているのが見つかり、アストラムラインは一部の区間でおよそ7時間にわたって運転を見合わせました。
 広島市の新交通システム、アストラムラインを運行する広島高速交通などによりますと、13日の始発前の点検中に、作業員が、軌道の上にコンクリート片があるのを発見しました。
 コンクリート片は撤去され、アストラムラインは始発から運転を始めましたが、その後、ネクスコ西日本が調べたところ、コンクリート片は上を走る広島自動車道の高架橋から剥がれ落ちていたことがわかったということです。
 このため、アストラムラインは、午前7時前から長楽寺駅と広域公園前駅の間の上下線でおよそ7時間にわたって運転を見合わせ、多くの利用客に影響が出ました。
 ネクスコ西日本によりますと、軌道上に落下していたコンクリート片は4つで、最も大きなもので10センチから15センチ四方、重さがおよそ1キロあり、軌道の下を走る県道にも複数、落下していたということです。
 現場の高架橋は昭和60年に設置され、去年の定期点検では異常は無かったということで、ネクスコ西日本は、剥がれ落ちる危険性があるコンクリートを除去して落下防止用のネットを設置するとともに詳しい原因を調べています。

ネクスコ西日本が陳謝

コンクリート片の落下を受け、高架橋を管理するネクスコ西日本中国支社・保全サービス事業部の矢嶋尚彦部長が記者会見し「このような事故を起こし、通勤や通学などでアストラムラインや県道を利用していただいている方々に深くおわび申し上げます」と陳謝しました。
 そのうえで、「現在、緊急の現地調査を進めるとともに復旧作業を急いでいる。今回の事態を重く受け止め、早急に原因究明を行うとともに、再発防止に取り組んでいきます」と話しました。
続くdownwardleft
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170613/k10011016001000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

| トラックバック (0)

ユリ球根 大量盗掘被害 上越・五智公園で108カ所の穴(13日)共同

上越市の五智公園で地面108カ所が掘り返され、自生するユリの球根が大量に盗掘されていたことが12日、分かった。
 市によると、11日午後、公園の環境保全に取り組む市民団体代表の男性が、遊歩道沿いにスコップで掘り起こしたような穴を見つけた。男性が会のメンバーらと園内全域を調べたところ、108カ所で穴を確認し、市に通報した。見頃を迎えているササユリとヤマユリなどが、茎から上を残して球根部分だけ盗まれていた。
 市は、公園内での植物採取を禁止した都市公園法違反の疑いがあるとして、上越署と連携してパトロールを強化している。市都市整備課は「市民が守り育てている公園での盗掘に大変驚いている。これ以上の被害を出さないよう対策を取りたい」としている。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20170613329383.html

| トラックバック (0)

京急電鉄と警視庁、走行中の電車でテロ訓練(13日)TBS

走行中の電車の中で、不審物が見つかったとの想定で、鉄道会社と警視庁がテロ対策の合同訓練を行いました。
 「これより避難誘導いたします。ゆっくり慌てずに隣の車両へと移動をお願い致します」
 この訓練は、横浜から東京方面に向けて走行中の京急電鉄の列車内で、不審物が見つかったとの想定で行われ、京急電鉄や警視庁の職員など、200人以上が参加しました。
 訓練では、乗客が紙袋に入った不審物を発見し、乗務員に連絡。乗務員は乗客を別の車両に避難させます。その後、列車は最寄りの駅に緊急停車し、かけつけた警察官が不審物を処理しました。
 京急電鉄や警視庁は、「走行中にテロが起きた場合でもスムーズに乗客を誘導していきたい」としています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3077563.html

| トラックバック (0)

10万人当たり死亡事故、75歳以上2.3倍 交通安全白書(13日)日経

 政府は13日の閣議で、高齢者に関する交通事故防止を特集した2017年版「交通安全白書」を決定した。16年のドライバー10万人当たりの死亡事故は、75歳未満が3.8件だったのに対し、75歳以上の高齢者は8.9件と2.3倍。高齢化がいっそう進むと見込まれるなかで、高齢ドライバーの事故対策が「焦眉の急」と指摘した。
 内閣府によると、同白書が特集を組むのは47回目で初めて。高齢者が関係する事故が多発していることを踏まえ、事故状況や政府の施策を取り上げた。
 10万人当たりの死亡事故件数を運転者の年代別に見ると、75歳以上は8.9件で、16~24歳(7.2件)や70~74歳(4.5件)などほかの年代を上回った。
 警察庁が75歳以上の死亡事故459件の人的要因を調べたところ、ハンドルなどの不適切な操作が28%(127件)。このうちブレーキとアクセルの踏み間違いが27件で全体の5.9%だった。75歳未満はそれぞれ16%と0.7%だった。
 16年の交通事故死者は3904人で67年ぶりに4千人を下回った。「交通戦争」と呼ばれ過去最悪だった1970年の1万6765人と比べ、4分の1以下に減少した。一方、65歳以上が占める割合は上昇傾向が続き、16年は過去最高の54.8%だった。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG12HDR_T10C17A6CR0000/

| トラックバック (0)

銀座界隈は縄張り…組長ら みかじめ料“脅し取る”(13日)テレビ朝日

東京・銀座の飲食店経営者などから多額の「みかじめ料」を脅し取ったとして、指定暴力団山口組系傘下の組長ら8人が逮捕されました。
 山口組系傘下の3次団体の組長・梅木寿史容疑者(54)ら8人は、中央区銀座の飲食店経営者などからみかじめ料として、毎月、数万円程度の金を脅し取っていた疑いが持たれています。警視庁によりますと、梅木容疑者らは銀座界隈を縄張りにしていて、みかじめ料の他にも飲食店近くの路上を勝手に駐車場として設定し、駐車料金の名目で数万円を脅し取っていたということです。これまでに脅し取った金は総額1億円に上るとみられています。警視庁は梅木容疑者らを取り調べ、被害の全容解明を進める方針です。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103013.html

| トラックバック (0)

福岡7.6億円金塊窃盗 “主犯格”の男ら7人起訴へ(13日)テレビ朝日

去年、福岡市のJR博多駅近くで7億6000万円相当の金塊が盗まれた事件で、福岡地検は13日に主犯格の男らを起訴する方針です。
 この事件では、野口和樹容疑者(42)ら10人が金塊を盗んだ疑いや盗品と知りながら処分をあっせんした疑いで逮捕されています。捜査関係者によりますと、窃盗の疑いで逮捕された7人は全員、実行行為は認めているものの、「被害者側と同意のうえだった」と容疑を一部否認しているということです。また、金塊の処分をあっせんした疑いで逮捕された3人も「盗品とは知らなかった」と否認しているということです。容疑者のうち7人は13日に拘留満期を迎え、福岡地検は主犯格とされる野口容疑者らを窃盗の罪などで起訴する方針です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103009.html

| トラックバック (0)

港で職務質問された男性、海に飛び込み…その後死亡(13日)テレビ朝日

 13日午前5時半ごろ、那覇市内の港で、警察の職務質問から逃げ出した男性が自転車ごと海に飛び込み、その後、死亡が確認されました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000103015.html

| トラックバック (0)

安藤ハザマの刑事告訴検討 下請け会社、強要罪など(13日)産経

東京電力福島第1原発事故の除染事業をめぐり、準大手ゼネコン「安藤ハザマ」(東京)が改竄(かいざん)領収書に基づき除染費を不正に取得していた疑惑で、領収書の改竄を同社から指示された1次下請け会社が、安藤ハザマ側を強要罪や独占禁止法違反罪などで、東京地検特捜部に刑事告訴することを検討していることが12日、1次下請け関係者への取材で分かった。
 同社側は安藤ハザマに対し、改竄を指示した理由の説明や責任の所在の明確化などを求める質問状を近く送付。回答が不十分だった場合、弁護士を通じ、刑事告訴する意向という。
 具体的には、安藤ハザマ側が優越的な地位を利用して自社社員を強制的に不正行為に加担させたとする強要罪や、不当な役務を提供させたとする独占禁止法違反(不公正な取引方法)罪などでの告訴を検討している。
 1次下請け関係者によると、疑惑発覚以降、安藤ハザマ側から謝罪や説明は一切ない上、9日の安藤ハザマ側の記者会見で意向確認がないまま社名を公表され、問い合わせが相次いでいるという。
 1次下請け社長の男性は12日、産経新聞の取材に「われわれ下請けはゼネコンに逆らえない上、改竄の理由も聞かされていなかった。被害者としての立場を明らかにし、事実関係の解明を望んでいる」と話した。続きを読む

| トラックバック (0)

公然わいせつ容疑で逮捕 本県高校講師、宮城のコンビニで(13日)共同

宮城県警気仙沼署は12日、公然わいせつの疑いで、宮古市津軽石、宮古商高講師の容疑者(29)を逮捕した。逮捕容疑は5月7日夕、気仙沼市内のコンビニで、20代アルバイト従業員女性に陰部を露出した疑い。同署によると、容疑者は「したかもしれないし、していないかもしれない」と容疑を否認している。
 同署によると、容疑者は犯行後、駐車場に止めていた車で逃走。同署は店内外の防犯カメラの映像を解析するなどして捜査を進めた。12日は容疑者の自宅や車を家宅捜索した。
 県教委によると、容疑者は2014年4月に期限付臨時的任用教員となり、4月から宮古商高の高校で1学年付の講師として1~3年の数学の授業を担当。柔道部顧問も務めていた。5月5~7日は休みだった。勤務態度に特段変わったところはなく、犯行後も普段通り授業をしていた。
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170613_1

| トラックバック (0)

家族と寝ている女性宅に侵入、胸を触る 27歳男を逮捕 埼玉県鶴ケ島市で同様被害20件超(13日)産経

家族と寝ている女性方に侵入して体を触ったとして、埼玉県警捜査1課と西入間署の合同捜査班は12日、準強制わいせつの疑いで、埼玉県鶴ケ島市新町の建築業、藤井勇被告(27)=強姦、強制わいせつなどの罪で起訴=を再逮捕した。「侵入したが、体は触っていない」と容疑を一部否認している。
 再逮捕容疑は昨年10月19日午前2時ごろ、同市内の住宅の無施錠の掃き出し窓から侵入し、家族と寝ていた30代女性の上衣を刃物で切り、胸を触ったとしている。被害に気付いた女性が目を覚まして声を出したため、藤井容疑者は逃走した。
 同課によると、藤井容疑者は余罪をほのめかしており、同市で20件以上の被害が確認されていることから、合同捜査班が捜査している。
http://www.sankei.com/affairs/news/170612/afr1706120009-n1.html

| トラックバック (0)

取手中3女子自殺 いじめ調査委が解散 中立性欠くと両親が請求(13日)産経

平成27年11月に「いじめられたくない」と日記に残して茨城県取手市立中学3年の中島菜保子さん=当時(15)=が自殺した問題で、原因を調べていた第三者調査委員会が12日、最終会合を開いて正式に解散した。これまでの調査報告は出さない。
 中島さんの両親が「いじめはなかった」との前提で中立性を欠くとして、第三者委の解散を求めていた。
 会合後、第三者委の委員長を務めた国士舘大の中込四郎特任教授が記者会見を開き、「不満はあるが、受け入れざるを得ない」と語った。調査の進め方については「いじめによる自殺という視点を外してはいない」と主張している。第三者委は昨年7月12日に設置され、精神科医ら6人が調査を進めていた。
http://www.sankei.com/affairs/news/170613/afr1706130004-n1.html

| トラックバック (0)

「申込者伸び悩み…トホホ」山形県警、採用情報つぶやき(13日)朝日

 採用情報を広く伝えるため、山形県警がツイッターを使った情報発信を始めた。県警のツイッター利用は初めてといい、「Uターン組や県外出身者の受験者増加を」と期待を込める。
 本格的な運用を始めた6日、県警のアカウント(@ypkeimu)には、17日の就職ガイダンスの案内が載った。ツイッター利用を発表した翌日の7日には、「取材を受け、とても緊張しました」「申込者が伸び悩み、担当者としては苦しい…トホホ」などの投稿も。
 投稿するのは警務課の若手職員2人。週1、2回、採用試験の案内や、先輩の言葉などを投稿していく予定。布施紘樹主任(30)は「『堅そう』『厳しそう』と言われる県警のイメージから、『働きやすそう』と思われる投稿をしていきたい」と話す。
 警務課によると、民間企業の雇…

 

残り:243文字/全文:566文字
http://www.asahi.com/articles/ASK6644R7K66UZHB00G.html

| トラックバック (0)

高齢女性死亡ひき逃げ トラック運転手を逮捕(13日)NHK

12日午後、千葉県柏市の国道で80代の女性が大型トレーラーにひき逃げされて死亡した事件で、警察は53歳のトラック運転手をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。
 逮捕されたのは千葉県船橋市のトラック運転手、堀井貞昭容疑者(53)です。
この事件は12日午後4時前、千葉県柏市藤ケ谷新田の国道16号線で80代の女性が倒れて、その後、死亡しているのが見つかったものです。目撃者の証言や女性のそばに自転車が倒れていたことなどから、警察は死亡ひき逃げ事件として捜査していました。
警察は、事故のあと15分ほどして大型トレーラーを運転していた堀井容疑者が現場に戻ってきたため事情を聞いていましたが、容疑が固まったとして13日未明、ひき逃げと過失運転致死の疑いで逮捕しました。
警察の調べに対し、堀井容疑者は「事故を起こしたことは間違いないが、逃げたつもりはなかった」と供述し、容疑を一部否認しているということです。
警察は死亡した女性の身元の確認を急ぐとともに事故の詳しい状況をさらに調べることにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170613/k10011015651000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| トラックバック (0)

テロ等準備罪 会期末迫り与野党駆け引き激化(13日)NHK

「共謀罪」の構成要件を改めてを新設する法案をめぐって、与党側は会期末が来週18日に迫る中、今の国会で確実に成立させるため、13日にも参議院法務委員会で採決したい考えです。これに対し民進党は、採決を阻止するため金田法務大臣に対する問責決議案を提出する構えを見せるなど、会期末を前に与野党の駆け引きが激しくなっています。

「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案をめぐって、12日の参議院法務委員会の理事会で、与党側が13日午後、質疑を行うことを提案したのに対し、民進党などは採決を行わないと確約するよう求めて折り合わず、公明党の秋野委員長が職権で質疑を行うことを決めました。
安倍総理大臣は12日の自民党役員会で「『テロ等準備罪』を新設する法案などの重要法案は今国会で確実に成立させる考えだ」と述べ、法案の成立に向けて、政府・与党が協力して取り組むよう指示しました。
自民・公明両党は今の国会の会期末が来週18日に迫る中、法案を今の国会で確実に成立させるため、審議が順調に進めば、13日にも委員会で採決したい考えです。
これに対し、民進党や共産党などは「審議はまだ不十分で、金田法務大臣の答弁にも問題点が多い」として、徹底した審議を求め、法案を廃案に追い込みたいとしています。民進党は野田幹事長が「政府・与党が強引に法案の採決を進めるのであれば、あらゆる手段を講じて阻止したい」と述べるなど、採決を阻止するため、金田大臣に対する問責決議案を提出する構えを見せるなど、会期末を前に、与野党の駆け引きが激しくなっています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170613/k10011015501000.html?utm_int=news_contents_news-main_005

| トラックバック (0)

大川栄策さん、「矯正支援官」に就任(13日)TBS

歌手の大川栄策さんが、全国の刑務所で慰問活動を行う「矯正支援官」に新たに就任しました。
 紺色の制服姿で委嘱状を受け取る歌手の大川栄策さん。全国の刑務所で、講演や歌などの慰問活動を行う「矯正支援官」に新たに就任しました。ほかにも、おととしから活動している俳優の石田純一さんや元AKB48の高橋みなみさんらも2年間の任期を更新し、合わせて13人が「矯正支援官」として活動することになります。
 「罪を犯した者、また、被害を受けた者、その間に入って仕事をやればやるほど、みなさんも苦しくなってきますけれど、どうぞ、お力をお貸しいただいて、今後ともよろしくお願いいたします」(杉良太郎 特別矯正監)
 特別矯正監を務める俳優の杉良太郎さんは、「被害者側に立って、受刑者の1人でも立ち直らせるんだという覚悟で活動する」と決意を新たにしました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3077299.html

| トラックバック (0)

金属製のフェンス突き破り…車が川に転落 横浜市(13日)テレビ朝日

 横浜市で、乗用車がフェンスを突き破って川に転落しました。
 12日午後9時半ごろ、横浜市都筑区で、男性(32)が運転していた乗用車が金属製のフェンスを突き破り、川に転落しました。男性は一時、運転席に閉じ込められましたが、消防などによって約40分後に救助されました。男性は病院に搬送されましたが、命に別状はないということです。警察によりますと、男性が何らかの原因でハンドル操作を誤って車道をはみ出し、そのままフェンスに突っ込んだとみられています。警察は、けがの回復を待って男性から話を聞くなどして事故の原因を調べる方針です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000102992.html

| トラックバック (0)

頭から血を流し…路上に女性の遺体 ひき逃げで捜査(13日)テレビ朝日

千葉県柏市の路上で、女性が頭から血を流して死亡しているのが見つかりました。警察は目撃情報などから、死亡ひき逃げ事件として捜査しています。
 12日午後3時50分ごろ、柏市藤ケ谷の国道16号で、女性が頭から血を流して死亡しているのを通行人の男性が見つけました。警察によりますと、現場には女性が乗っていたとみられる壊れた自転車がありました。女性は国道を走っていた車にはねられたとみられています。また、現場から大型の車が走り去る様子が目撃されているということです。警察は死亡ひき逃げ事件とみて、周辺にある防犯カメラの映像を解析するなど捜査しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000102988.html

| トラックバック (0)

神様パワーで容疑者逮捕 阿蘇・高森町のさい銭盗事件(13日)西日本

熊本県警高森署は12日、窃盗の疑いで阿蘇郡内の自称アルバイトの男(52)を現行犯逮捕した。逮捕容疑は同日午前7時45分ごろ、高森町内の神社のさい銭箱から現金約2万8000円を盗んだ疑い。
 この神社は森の中に灯籠が並ぶ参道が壮観で、近年は「パワースポット」として観光客の人気が上昇。署によると5月末からさい銭盗の被害が相次ぎ、神社から被害届が出ていた。
 12日は張り込み初日で、早速の成果に「神様がパワーをくれたのかも」と、署幹部も不思議な御利益を実感。=2017/06/13付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/335130

| トラックバック (0)

« 2017年6月12日 | トップページ | 2017年6月14日 »