« 2017年6月2日 | トップページ | 2017年6月4日 »

2017年6月3日

2017年6月 3日 (土)

邦人2人殺害に関与か? フィリピン警察が邦人男55歳を拘束(3日)産経

フィリピン警察は3日、日本人男性2人の殺害に関与した疑いがあるとして、日本人の男(55)とフィリピン人通訳を拘束し、事情を聴いていると明らかにした。男性2人は男と共に5月30日、西部パラワン島近くの小島に到着し、島巡りに出発した後、行方が分からなくなっていた。
 警察によると、2人はイタニ・マサルさん(59)とアライ・ヨシヒロさん(24)。保険金が掛けられていたとの情報があり警察が調べている。
 2人は5月30日、ボートで島巡りに出発した。警察は当初、男と通訳は島巡りに行っていなかったと説明していたが、実際には2人とは別のボートで出掛けていた。さらにフィリピン人の男3人も同行した。
 警察によると、別の島に着いた後、2人は人けのない場所に連れて行かれ、射殺された。遺体は切断され、海に捨てられたという。(共同)
http://www.sankei.com/affairs/news/170603/afr1706030014-n1.html

| トラックバック (0)

吉祥寺で「反天皇制」デモ 激怒した右翼団体も続々と集結 街は一時騒然となり…(3日)産経

「天皇制廃止」を訴える左派団体「反天皇制運動連絡会」(反天連)を主な母体とする「6・3天皇制いらないデモ実行委員会」が3日、東京都武蔵野市のJR吉祥寺駅周辺で「帰ってきた天皇制いらないデモ」を行い、反天連が動員した百数十人のほかに、数百人の機動隊、警備、公安関係者、デモに抗議する右派団体の関係者らで街は騒然となった。
 午後2時半ごろ、武蔵野市の井の頭公園・三角広場を出た反天連が「天皇制いらない」「天皇制は差別の根源だ」などとシュプレヒコールを上げて姿を現すと、右派団体が「日本から出て行け」「反天連つぶせ」と隊列に怒声を浴びせた。
 東京都中央区の会社員の女性(48)は「言論の自由はあるが、デモの趣旨には賛成できない」と話し、近くに住む家族連れの男性会社員(41)は「先日も大きなデモがあって街が騒然とした。正直言うと、吉祥寺でやるのは勘弁してほしい」と話した。
 昨年11月にも反天連はJR吉祥寺駅周辺でデモを行ったが、このときは激高した右翼団体関係者らが反天連の街宣車のフロントガラスを壊すなどし、警視庁は関係者11人を器物損壊容疑で書類送検するなどしている。続きを読む

| トラックバック (0)

甲府市の中学校で窓ガラス12枚割られる(3日)フジテレビ

山梨・甲府市の中学校で3日、校舎の窓ガラス12枚が割られているのが見つかった。
3日午前7時ごろ、甲府市大里町の中学校で、校舎1階の窓ガラス12枚が割られているのが見つかった。
窓ガラスの近くにはモップが落ちており、モップを使って割られた可能性があるという。
この中学校は3日前にも、校舎と体育館の5枚の窓ガラスが割られているのが見つかり、近くには、こぶし大の石が落ちていたということで、警察で捜査している。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00360199.html

| トラックバック (0)

交通事故統計でミス、全国統計に影響…茨城県警(3日)読売

茨城県警は2日、2015年の交通事故統計で、事故発生から30日以内の死者数を誤り、全国統計に影響が出たと発表した。
 担当者はミスに気付いたが、上司や警察庁への報告を怠った。
 警察は交通死亡事故のうち、事故発生から24時間以内の死者数と、24時間以後で発生日から30日間の死者数(30日死者数)を分けて集計し、合わせて「30日以内の死者数」としている。
 県警によると、県警交通企画課(現・交通総務課)の男性職員は、15年6、7、10月の30日死者数を警察庁に報告せず、各月0人とされた。しかし、実際には6月に4人、7月に1人、10月に3人の計8人が死亡していた。
 15年12月中旬に同僚がミスに気付き、男性職員と上司の男性警部に報告。しかし、警部は「容易に修正報告できない」として上司に報告せず、その結果、警察庁に報告されなかった。このため、警察庁が作成した16年版警察白書などに誤った数字が掲載された。
 今年5月17日、外部の指摘を受けた警察庁から連絡があり、ミスを隠していたことが発覚。県警は警部を警務部長注意にしたが、処分日など詳しい内容は明らかにしなかった。職員と上司の男性管理官は業務指導となった。
 数値の修正で、県内の30日死者数は15人から23人、全国順位は17位から11位になった。全国の30日以内の死者数は、4859人から4867人となる。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170602-OYT1T50169.html

| トラックバック (0)

橋爪功さんの息子逮捕 覚醒剤所持容疑の現行犯(3日)共同

警視庁築地署は3日までに、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで、俳優橋爪功さん(75)の息子、遼容疑者(30)を現行犯逮捕した。遼容疑者も俳優で、所属事務所のホームページによると2004年にデビュー。テレビドラマや映画に出演していた。逮捕は2日。
 逮捕容疑は2日午後、埼玉県内で覚醒剤を所持した疑い。
 橋爪容疑者が出演する映画「たたら侍」は5月20日に公開。功さんは主演映画「家族はつらいよ2」が5月27日に公開されたばかりだった。
 所属事務所は3日、「関係各位には多大なるご迷惑をお掛けしましたことを、深くおわび申し上げます」とするコメントを出した。
https://this.kiji.is/243666087288438793?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

富山の山中で4人乗り小型機墜落 2人意識不明か(3日)日経

 3日午後3時ごろ、4人乗りの小型機が富山県立山町の山中に墜落した。富山県警によると、乗員とみられる男性から「山中で墜落した。2人は意識がなく、2人は意識がある」と110番があった。県警が確認を急いでいる。
 富山県警によると、小型機に乗っていたのは、長野県の20~50代の男性4人。
 国土交通省によると、小型機は午後2時23分に富山空港を出発。1時間ほどで長野県の松本空港に着く予定だった。
 現場は長野との県境近くで、立山町内には黒部ダムがある。近くの鉄道運営会社によると、事故当時、現場付近の山中は霧のため視界が悪い状態だったという。
 墜落したのは、単発プロペラ機のセスナ172Pで、所有しているのは茨城県龍ケ崎市に本社がある新中央航空。同社は19人乗りの別のプロペラ機を使い、東京・調布飛行場と、伊豆大島や三宅島など離島を結ぶ便を運航している。〔共同〕
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG03H51_T00C17A6CZ8000/

| トラックバック (0)

「孫から暴力」警察に相談 祖母“殴り”少年逮捕(3日)テレビ朝日

死亡した祖母は孫から暴力を受けていると警察に相談していました。
 広島市東区の無職の19歳の少年は2日午後4時ごろ、自宅で65歳の祖母の顔を数回殴るなどの暴行を加えた疑いが持たれています。祖母は搬送先の病院で死亡が確認されました。警察によりますと、少年は祖母と母と姉の4人暮らしで、事件当時、母と姉は外出中でした。祖母はおととし10月、孫から暴力を受けていると警察に相談していました。警察の調べに対し、少年は「殴ったことに間違いない」と容疑を認めています。警察は容疑を傷害致死に切り替え、詳しく調べる方針です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000102276.html

| トラックバック (0)

知人の警察官に積極的接触 金塊窃盗、情報集め示談計画か(3日)西日本

昨年7月に福岡市で起きた金塊窃盗事件を巡り愛知県警の複数の警察官が捜査関連の情報を漏らした疑いが持たれている問題で、主犯格とされる野口和樹容疑者(42)=名古屋市=が昨年末、知り合いの愛知県警の警察官に「事件は出来レースだった」と話し、情報を得ていた疑いのあることが3日、分かった。容疑者らは今年3月に被害者側に示談を持ち掛けており、福岡県警は積極的に警察官と接触して情報を集め、逮捕を免れる工作を進めたとみている。
 関係者によると、和樹容疑者は知り合いの警察官と3月までに喫茶店で会うなどして「福岡県警が捜査しているようだ」といった情報を得ていたとしている。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/333098

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(3、4日 単位・レベル) 
極論ですが…
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012860

 福岡市で7億5000万円分の金塊が盗まれた事件で、愛知県警の複数の警察官が主犯格の男と連絡を取り合っていたことが明らかになった。しかも「福岡から警察が捜査に来る」という極めて重大な内容もあった。同県警はこの事件で福岡県警と合同捜査をしていた。
 報道によると「もう名前が割れている」「近く調べられる」などほとんどが筒抜けの状態だったという。犯罪集団はこの情報を得たため、なんと被害者に示談交渉をしていた。
 犯人割り出しの経緯の詳細は知ることはできないが、ひとつの疑問が残る。
 事件発生は昨年7月。示談交渉は今年3月、そして逮捕は約2カ月後の5月。当然、被害者が犯人から示談交渉を受けたのだから、捜査本部に3月ごろには情報提供されていただろう。となれば、多少なりとも捜査に役にたっていることは確かだ。
 警察官からの情報で犯人達が証拠隠滅ばかりか逃走していたのなら、極めて重大な不祥事になるだろう。
 この行為は良くないことには間違いないが、平成25年に福岡県警の警察官が職権として得た個人情報を漏らして見返りに現金を受け取ったり、同年には愛知県警の警察官が銀行に照会した個人情報を債権回収業者に漏らして宿泊券を受け取るなど見返りを目的とした漏洩はあってはならないのは当然のことだ。
 勿論、情報漏洩と情報収集のため故意の情報提供の違いは単純に判断するのは難しい。担当刑事の手腕が絡んでくるからだ。
 日本では今、潜入捜査が認められていない。潜入捜査で得られた情報は証拠にならないという判例がある。ところが、捜査当局の警察官が犯罪組織内に情報提供者を置いて得た情報なら認められている。
 あれは昭和44年ごろの話しだ。新宿歌舞伎町で潜入取材したことがあった。当時の暴力団担当の捜査員は本物の暴力団と見分けがつかず、完全に暴力団員になりきっていた刑事がいたことを思い出す。今ならマスコミに癒着とたたかれたことだろう。
 確かに、情報提供者との繋がりは警察としてのリスクを伴うものだ。しかし、得られた情報はハイリターンであるならば極論になるが、ひとつの捜査手法だ。
 どうだろう。犯人が逮捕前に被害者と示談交渉した情報を得て結果的に逮捕の役にたっているとすれば、無下に「重大不祥事」とは言えないのでは…
 犯罪組織は国際化が進み、しかも事件は国境を越えている。潜入捜査や司法取引は必要なのかもしれない。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| トラックバック (0)

高齢の内縁妻刺す…殺人未遂容疑で81歳男逮捕 大阪・貝塚(3日)産経

内縁の妻(79)を刃物で刺して殺害しようとしたとして、大阪府警貝塚署は3日、殺人未遂の疑いで、同府貝塚市の無職男(81)を逮捕した。「ナイフで刺したことに間違いないが、殺そうとはしていない」と容疑を否認している。男は精神疾患の疑いがあるという。
 逮捕容疑は2日午後8時半ごろ、同市の府営住宅で、内縁の妻の右太ももや左腹を刃物で刺し、殺害しようとしたとしている。妻は病院に搬送されたが、命に別条はない。
 同署によると、府営住宅で2人暮らし。口論の末に男が犯行に及んだとみられる。妻は平成27年から計2回、男からの暴力に関して同署へ相談していた。
http://www.sankei.com/west/news/170603/wst1706030039-n1.html

| トラックバック (0)

富山県警が「3次会禁止」…警官酒気帯び運転で(3日)読売

富山中央署刑事1課の男性巡査長(28)が道交法違反(酒気帯び運転)容疑で書類送検された事件を受け、富山県警は、午後11時以降の飲酒禁止などを求めた「飲酒3原則4注意」の通達を出した。
 通達は1日付。県警は所属長を通じて全警察官、職員に徹底する。
 県警は昨年10月、当時の富山西署員が酒気帯び運転の疑いで逮捕された事件を受け、2次会や午後11時以降の飲酒を自粛するように求める警務部長通達を出していた。しかし、半年後の今年4月に再び警察官による酒気帯び運転が発覚したことを受け、より厳しい内容の通達を出して綱紀粛正を求めた。
 飲酒3原則は本部長通達で、「飲酒場所への車両の持ち込みの禁止」「3次会の禁止」「午後11時以降の飲酒の禁止」を求めている。飲酒4注意は警務部長通達で、「自分の適量、限度をわきまえること」「職責を自覚した言動」「飲みすぎた者へのフォロー」「翌朝の二日酔い運転への注意」を求めている。
 巡査長は4月21日夜、富山中央署の同僚との懇親会に参加し、その後、同僚3人と2次会、3次会に行き、22日未明まで飲酒した後、自家用車を運転。富山市掛尾町の県道で、信号待ちをしている途中に運転席で眠り込んだところを発見された。
 また、県警は2日、県内15署の副署長や次長、本部の各課次席ら幹部約50人を集めた臨時副署長等会議を開いた。県警本部で開かれた会議で、渡辺泰輔警務部長は「警察に対する信頼を大きく損ねるもので、極めて遺憾」と述べた上で、「飲酒に関して自分を律することのできない者は警察職員としてふさわしくないとの認識を職員全体に共有させ、深夜に及ぶ飲酒、泥酔するまでの飲酒といった節度を欠く飲酒慣習を排除するように努めてほしい」と指示した。http://www.yomiuri.co.jp/national/20170603-OYT1T50020.html

| トラックバック (0)

フィリピンで不明の邦人2人、射殺体で見つかる(3日)読売

【バンコク=大重真弓】フィリピン英字紙インクワイアラー(電子版)によると、同国西部のブスアンガ島に滞在し、5月30日から行方が分からなくなっていた日本人のイタニ・マサルさん(59)、アライ・ヨシヒロさん(24)が遺体で見つかった。
 遺体は銃で撃たれていたという。
 地元警察が3日、同紙に明らかにしたところでは、警察は事情を知るフィリピン人3人から話を聞き、2日午後、同島の西に位置する小島で遺体を発見した。警察は、日本人らが2人の殺害を指示したとみており、行方を探している。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170603-OYT1T50084.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

容疑者に傍受情報漏れたか、福岡 金塊窃盗捜査事件(3日)共同

昨年7月に福岡市で起きた金塊窃盗事件を巡り愛知県警の警察官が捜査に関連する情報を漏らした疑いが持たれている問題で、主犯格とされる野口和樹容疑者(42)=名古屋市千種区=が逮捕前、福岡県警に携帯電話を通信傍受されていることに気付いた疑いのあることが3日、分かった。和樹容疑者は傍受期間中、他の容疑者への連絡方法を一部変えており、福岡県警は秘匿性の高い捜査情報が漏れていた可能性があるとみている。
 関係者によると、和樹容疑者は今年3月ごろ、自身が傍受されているとの情報を入手。それ以降、他の容疑者らとの連絡には傍受が困難とされるLINEを使うなどしていたという。
https://this.kiji.is/243588320558319096?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

逮捕の巡査部長を懲戒免職 警視庁、わいせつ容疑(3日)日経

 警視庁は3日までに、東京都江東区の地下鉄駅で面識のない女性の体を触ったとして強制わいせつ容疑で逮捕された渋谷署の巡査部長(37)=不起訴=について、懲戒免職処分にしたと発表した。女性は後ろからズボンを引き下ろされて転倒し、足の捻挫など3週間のけがをした。
 同庁によると、巡査部長は4月30日早朝、自宅近くの駅構内の階段で女性に触った。前日夜から飲酒して帰宅する途中で「女性の後ろ姿を見てムラムラした」と話しているという。その後に城東署に逮捕されたが、女性が告訴を取り下げ、不起訴処分になった。
 警視庁警務部の筒井洋樹参事官は「警察官として言語道断の行為で、厳正に処分した」としている。http://www.nikkei.com/article/DGXLZO17275280T00C17A6CC0000/

| トラックバック (0)

ドラッグストアに車突っ込む 1歳孫と祖父がけが(3日)テレビ朝日

鹿児島県で、80代の男性が運転する軽乗用車が店に突っ込み、買い物に訪れていた1歳の男の子と祖父の2人が巻き込まれました。
 警察と消防によりますと、3日午前10時すぎ、鹿児島県いちき串木市で、80代の男性が運転する軽乗用車がドラッグストアの出入り口付近に突っ込みました。軽乗用車は自動ドアを突き破り、店の中にいた買い物客の60代の男性と孫の1歳の男の子をはねました。2人はドクターヘリで病院に搬送されましたが、いずれも打撲などの軽傷で命に別状はないということです。運転していた80代の男性にけがはありませんでした。警察は、運転していた男性から話を聞くなどして事故の原因を調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000102260.html

| トラックバック (0)

祖母死亡、殴った疑いで19歳少年を逮捕 広島(3日)朝日

 祖母を殴ったとして広島県警は3日、広島市東区の少年(19)を傷害の疑いで逮捕し、発表した。少年は「殴ったことに間違いない」と話しているという。祖母が搬送先の病院で死亡したため、県警は容疑を傷害致死に切り替えて調べる。
 広島東署によると、少年は2日午後4時ごろ、自宅で祖母(65)の顔を数回殴った疑いがある。少年は4人暮らしで、事件当時は2人きりだったという。
http://www.asahi.com/articles/ASK633435K63PITB004.html

| トラックバック (0)

同級生殺害事件 高3少年を放火容疑で再逮捕(3日)NHK

交際相手の17歳の同級生の少女を殺害したとして先月、殺人の疑いで逮捕された都立高校3年生の少年について、警視庁は事件が発覚しないよう少女の自宅マンションに放火した疑いなどで再逮捕しました。警視庁によりますと、少年は調べに対して黙秘を続けているということです。
 再逮捕されたのは、東京・墨田区に住む都立高校3年生の18歳の少年です。警視庁によりますと少年は、先月3日から翌4日にかけて高校の同級生で交際相手の台東区に住む佐藤麻衣さん(17)の自宅マンションに火をつけた放火などの疑いが持たれています。
 少年は、麻衣さんを殺害したとして殺人の疑いで逮捕されていましたが、先月4日に麻衣さんの自宅で起きた火事について、みずから通報していたほか、当初、「布団に火をつけた」と話していたということです。
 警視庁は麻衣さんを殺害したあと、火事で死亡したように見せかけるなど事件が発覚しないよう火をつけたとみて調べています。
警視庁の調べに対して少年は黙秘を続けているということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170603/k10011005381000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| トラックバック (0)

情報提供者と折半計画 博多金塊盗で主犯格の男が供述(3日)共同

福岡市のJR博多駅近くで警察官を装った複数の男に約7億6千万円相当の金塊が盗まれた事件で、窃盗容疑で逮捕された野口和樹容疑者(42)が「当初、金塊は120キロの予定で情報提供者側と折半する計画だった」と供述していることが2日、関係者への取材で分かった。ただ実際は約160キロあり、野口容疑者ら実行犯グループが約100キロを取り分にしたという。
 関係者によると、金塊の取引情報は事件の10日前、共犯の中垣龍一郎容疑者(40)が刑務所で知り合った男から入手。当初は「強盗(のふり)でやってほしい」と持ちかけられたが、野口容疑者らが拒否。最終的に「警察官の服を着て、窃盗のふりをする」との内容で合意したという。
 また当初の計画では犯行日が事件発生の前日だったことも判明。中垣容疑者が流してきた情報と現場に来た車の特徴などが異なっていたことから実行を見送ったという。
 実際に盗んだ金塊の量は約160キロだったが、野口容疑者らは情報提供者側に約60キロしか渡さず、残りの約100キロを取り分として受け取ったという。情報提供者側の報酬は中垣容疑者が名古屋市内のコンビニで受け取り、車で静岡県方面に持っていったことが容疑者らの供述で分かっている。=2017/06/03付 西日本新聞朝刊=
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/332962/

| トラックバック (0)

女性が川転落、引き上げ毛布でくるむ 草加の家族3世代が連係し救助(3日)共同

家族3世代で川に落ちた女性を助けたとして、草加八潮消防局(浅井厚紀局長)は5月30日、いずれも草加市柳島町の自営業米沢はるみさん(73)、息子の輝宣さん(49)、孫の純輝さん(22)の3人に感謝状を贈った。
 同局などによると、5月9日午後6時5分ごろ、草加市柳島町の柳島二の橋から女性が川に転落した。自宅で「ボッチャーン」という音を聞いたはるみさんはすぐさま川に駆け付け女性を確認。同居する孫の純輝さんと近くに住む息子の輝宣さんに救助を求めた。
 2人は高さ1メートル以上のフェンスを乗り越え、川辺から女性の手をつかんで引き上げた。はるみさんは寒さで震える女性を毛布でくるみ保温処置した。女性にけがはなかった。
 感謝状を受け取ったはるみさんは「家族3人で力を合わせて女性を助けられて良かった」と喜んだ。川には鉄くずや自転車などが流れていることが多く、輝宣さんは「女性がぶつかってけがしなくて良かった」と胸をなでおろした。純輝さんは「当たり前のことをしただけで感謝状をもらえるとは思わなかった」と笑顔で話した。
 浅井局長は「とっさの判断と勇気ある行動にはわれわれも勉強になった」と敬意を表した。
http://www.saitama-np.co.jp/news/2017/06/03/07_.html

| トラックバック (0)

「ゴールドに変更…」とクレカ“詐取”200万円使う(3日)テレビ朝日

 「ゴールドに変更してあげる」と言って、女性からクレジットカードをだまし取っていた男が逮捕されました。
 職業不詳の井上勝章容疑者(63)は、今年1月中旬ごろ、東京・豊島区で女性(43)に「クレジットカードをゴールドに変更してあげる」などと言って、後日、クレジットカード2枚を喫茶店でだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、井上容疑者は、だまし取ったクレジットカードで、キャッシングや鉄道の切符の購入などで約200万円を使っていたということです。女性は知人が同様の被害に遭っていたことを知り、被害に気付きました。取り調べに対し、井上容疑者は「金に困って悪用するつもりでだまし取りました」と容疑を認めているということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000102238.html

| トラックバック (0)

主犯の男「もうすぐ捕まる」 金塊事件“情報漏洩”(3日)テレビ朝日

 福岡市で7億6000万円分の金塊が盗まれた事件を巡って、愛知県警の警察官が容疑者側に捜査情報を漏らしたとされる問題で、主犯格とみられる男は逮捕前、「もうすぐ捕まるかも」と周囲に話していたことが分かりました。
 去年7月、福岡市のJR博多駅近くで起きた金塊盗難事件で、福岡県警と愛知県警は、野口和樹容疑者(42)ら10人を逮捕しています。その後の関係者への取材で、野口容疑者が逮捕前の今年3月、「もうすぐ捕まるかも」と周囲に話していたことが新たに分かりました。福岡県警は3月、容疑者の一部が愛知県警の警察官と電話でやり取りをしていたことを確認していて、愛知県警はこの時に捜査情報が漏らされた可能性もあるとみて調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000102241.html

| トラックバック (0)

爆発物や化学兵器のテロ想定 処理能力競う大会(3日)テレビ朝日

 国内でのテロの発生に備え、警視庁が、化学兵器や爆発物を処理する能力を競う機動隊対抗の競技会を行いました。
 競技会は2日、東京・江東区の訓練場で、機動隊員約160人が参加し、化学兵器と爆発物を使ったテロを想定して行われました。猛毒のサリンがまかれた想定での競技では、防護服を着用するのにかかる時間や化学剤の知識が試され、爆発物処理の競技ではエックス線撮影や重機を操縦する技術が競われました。総合優勝は、テロや災害などが発生した時に使われる特殊車両を装備する特科車両隊でした。警視庁の緒方禎己警備部長は「皆さんに出動命令がある時は、大勢の国民の命が危険にさらされている時だ。スピードと正確さ、安全性を兼ね備えた活動が求められる」と訓示しました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000102239.html

| トラックバック (0)

薬取り違え誤った薬を服用 患者が死亡 新潟・三条総合病院 原因や影響を調査(3日)産経

新潟県三条市の三条総合病院は2日、入院していた同市の70代男性の治療薬を薬剤師が取り違え、男性が誤った薬を服用後に死亡したと明らかにした。服用したことと死亡との関連を調べている。
 病院によると、男性はアルコール性肝硬変の患者で4月中旬に入院。同27日に薬剤部で内服薬を調剤した際、肝性脳症の治療薬「リフキシマ錠」ではなく、血液を固まりにくくする抗凝固薬「リクシアナ錠」が取り違えて用意された。
 男性は28日から30日までリクシアナ錠を内服、5月1日に消化管出血のため死亡した。男性は内服前から重症で、内臓から出血があってもおかしくない状況だったという。
 3日に残っていた薬を薬剤師が確認し、誤りに気付いた。病院は医療事故調査委員会を立ち上げ、ミスの原因や、抗凝固薬を内服したことによる影響を調べている。
http://www.sankei.com/affairs/news/170603/afr1706030006-n1.html

| トラックバック (0)

フィリピンで日本人2人行方不明…島巡りに出て(3日)読売

【バンコク=大重真弓】フィリピン西部ブスアンガ島に滞在していた日本人2人の行方が5月30日から分からなくなり、地元警察などが捜索している。
 地元警察が明らかにした。
 行方が分からなくなっているのはイタニ・マサルさん(59)とアライ・ヨシヒロさん(24)。宿泊先のホテルから31日、2人がホテルに戻らないと警察に通報があった。2人はモーターボートを借りて島巡りに出たという。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170603-OYT1T50000.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

金塊盗難 愛知県警の警察官が容疑者に「福岡から警察が来る」(3日)NHK

去年7月、福岡市でおよそ7億5000万円分の金塊が盗まれて名古屋市の男など10人が逮捕された事件で、愛知県警の警察官が逮捕前に容疑者と連絡を取り、「福岡から警察が捜査に来る」などと話していたことが捜査関係者への取材でわかりました。愛知県警は捜査に関する情報が漏れていた疑いもあると見て調べています。
 去年7月、福岡市の博多駅前で、貴金属取引会社の男性らが運んでいたおよそ7億5000万円分の金塊がアタッシェケースごと盗まれた事件では、先月、名古屋市の会社役員、野口和樹容疑者(42)など合わせて10人が逮捕されました。
 この事件をめぐっては、福岡県警察本部が法律に基づいて逮捕される前の容疑者らの携帯電話での通話を傍受していたところ、共同で捜査していた愛知県警の3人の警察官が複数の容疑者に電話で連絡を取っていたことが明らかになりました。
 連絡を取っていた時期は、容疑者の関係先の捜索を行ったことし3月ごろで、捜査関係者によりますと警察官は容疑者に対し、「福岡から警察が捜査に来る」などと話していたということです。
 愛知県警は捜査に関する情報が容疑者側に漏れていた疑いもあると見て、詳しい通話内容などを調べています。

警察官から聞いた話を容疑者間で共有

複数の容疑者と接見した弁護士によりますと、野口和樹容疑者は「以前から知り合いだった愛知県警の警察官から、容疑者として名前が挙がっていると聞いた。一方、自分からは別の事件に関する情報を警察官に提供していた」という内容の話をしているということです。
また、複数の容疑者が警察官と電話でやり取りし、警察官から聞いた話を容疑者の間で共有していたということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170603/k10011005161000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| トラックバック (0)

台東区の高3少女殺害で再逮捕へ 殺害容疑の交際少年、放火容疑で(3日)共同

   
      

 東京都台東区の高校3年佐藤麻衣さん(17)が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された交際相手の少年(18)が、佐藤さん宅に火を付けた疑いが強まったとして、警視庁少年事件課は3日に、現住建造物等放火と死体損壊の疑いで再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で2日、分かった。
 捜査関係者によると、少年は5月3日夜から4日朝までの間に、台東区上野桜木1丁目のマンション2階にある佐藤さん宅に放火し、佐藤さんの遺体を焼損させた疑いが持たれている。
https://this.kiji.is/243419083377311752?c=39546741839462401
   

 

| トラックバック (0)

元TBS記者への逮捕状執行されず、野党が検証求める(3日)TBS

性犯罪を厳罰化する刑法改正案が衆議院で審議入りしました。2日の質疑で野党は、元TBSテレビ記者のジャーナリストに対し、女性への準強姦容疑で逮捕状が出たものの、その逮捕状が執行されなかったことについて、経緯を検証するよう求めました。
 「当の捜査機関が逮捕状をもみ消してしまうからです。私はあのときに感じた脱力感を今でも忘れることができません」(詩織さん 先月29日)
 逮捕状がもみ消されたとして、先月29日、検察審査会に審査の申し立てを行った28歳の詩織さん。詩織さんはおととし、元TBSテレビ記者でフリージャーナリストの山口敬之氏と都内の飲食店で食事をしたり酒を飲んだりした後、記憶がなくなり、その後、ホテルに連れて行かれ、乱暴をされたと訴えています。
 安倍政権の内幕を記した「総理」などの著書がある山口氏。その山口氏について、警視庁が詩織さんへの準強姦容疑で捜査した結果、去年7月、東京地検が嫌疑不十分で不起訴処分としていました。山口氏はJNNの取材に対し、「私は法に触れることを一切していません。ですから、警察・検察の1年以上にわたる調査の結果、不起訴になりました」としています。
 一方、捜査の過程で警察署が山口氏の逮捕状をとったものの、当時の警視庁刑事部長の指示で逮捕直前に逮捕状が執行されなかったことがわかっていて、2日の国会で取り上げられました。民進党は、管轄の警察署を超えて警視庁幹部が判断したことには元警察関係者からも疑問の声が上がっているとして、検証を求めました。
 「国家公安委員長には、この事件について捜査のいきさつを検証し、説明する責任があります」(民進党 井出庸生衆院議員)
 「警視庁において必要な捜査が尽くされ、また検察庁で不起訴処分となっていることなども踏まえ、検証を行うことは考えていません」(松本純国家公安委員長)
 松本純国家公安委員長は、「警察署が行っている捜査に関して警察本部が適正捜査の観点から指導を行うのは通常のことだ」と述べ、問題はないとの考えを示しました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3069385.html

| トラックバック (0)

東京・世田谷区でひき逃げか、高齢男性大けが(3日)TBS

2日夜、東京・世田谷区の路上で80代くらいの男性が血を流して倒れているのが見つかりました。男性は大けがをしていて、警視庁はひき逃げ事件の可能性もあるとみて捜査しています。
 2日午後7時すぎ、世田谷区池尻の国道246号線で「ドンと音がして男の人が倒れている」と110番通報がありました。警察官が駆けつけたところ、80代くらいの男性が血を流して倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたが、腕と頭に大けがをしているということです。
 「倒れてて、右手が血だらけで顔が青くなっちゃってて」(現場近くにいた人)
 現場の目撃状況などから、警視庁はひき逃げ事件の可能性もあるとみて当時の状況を詳しく調べています。
 現場は東急田園都市線・池尻大橋駅近くの道幅の広い国道です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3069808.html

| トラックバック (0)

金塊窃盗、逮捕時期を容疑者把握か 「警官と直接やりとり」(3日)日経

昨年7月に福岡市で起きた金塊窃盗事件を巡り愛知県警の警察官が情報を漏らした疑いが持たれている問題で、窃盗容疑で逮捕された実行役グループの男らが「警察官と直接やりとりをした」「近く逮捕されることを知っていた」などと話していることが2日、分かった。
 逮捕を免れるため、警察官から入手した情報を基に被害者との示談を進めようとしていた可能性があるという。
 捜査関係者によると、金塊の窃盗容疑で逮捕された名古屋市の会社役員、野口和樹容疑者(42)ら実行役グループに対し、愛知県警の複数の警察官が捜査情報や被害者に関する情報を伝えていた疑いがある。
 野口容疑者と接見した弁護士によると、同容疑者は「警察官と複数回直接やりとりをした。問い合わせると『もう名前が割れている。近く調べられるみたいだ』と伝えられた」と説明。実行役グループの別の男は「自分達が捜査され、近々逮捕されるかもしれないということを知っていた」と話しているという。
 福岡県警は3月上旬、盗まれた金塊の換金に関わったとされる東京都内などの業者の関係先を家宅捜索。その際、容疑者側が警察官から得た情報を基に証拠隠滅を図った可能性もあるという。
 野口容疑者らは3月ごろ、被害者に被害届を取り下げるよう示談交渉を持ちかけたとされ、愛知県警の警察官からの情報が、示談を試みるきっかけになった疑いがある。
 捜査関係者などによると、福岡県警が捜査の一環で野口容疑者らの携帯電話の通信を傍受していたところ、複数の愛知県警の警察官の名前が浮上した。警察官から伝わったとみられる情報には事実とは異なる内容も含まれており、愛知県警監察官室などが事実関係などを調べる。
 福岡県警は5月22日以降、野口容疑者ら10人を窃盗や盗品等処分あっせんの疑いで逮捕。野口容疑者ら実行役グループ7人の逮捕容疑は昨年7月8日、JR博多駅近くのビル1階付近で、金塊160キロをアタッシェケース数個に分けて運んでいた男性らに「警察、警察」などと話しかけ、約7億5800万円相当の金塊などを盗んだ疑い。
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO17267070T00C17A6CC1000/

| トラックバック (0)

対策したはずなのに「またか」 愛知県警、過去にも漏洩問題(3日)日経

 愛知県警では暴力団関係者への捜査情報の漏洩容疑などで、捜査員の逮捕が繰り返されてきた。再発防止に努めるなかで、また重大な疑惑が浮上した。
 愛知県警を巡っては、捜査1課の警部(当時)が2013年9月、元風俗店グループ実質経営者の男に捜査情報を漏らした疑いで逮捕された。男は暴力団山口組弘道会とつながりがあるとされ、捜査員との「癒着」が指摘された。
 同年12月には暴力団捜査などを担当する捜査4課の巡査…
[有料会員限定]
この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。http://www.nikkei.com/article/DGXLZO17267120T00C17A6CC1000/

| トラックバック (0)

包丁で女性の背中刺す 34歳男を逮捕 栃木(3日)テレビ朝日

栃木県日光市で、27歳の女性の背中を包丁で刺して殺害しようとしたとして34歳の男が逮捕されました。女性は重傷です。
 パート従業員の小倉勝明容疑者は2日午前3時20分ごろ、日光市の女性の部屋で、女性の背中を包丁で刺して殺害しようとした疑いが持たれています。警察によりますと、事件直後に女性から「助けて」と110番通報があり、警察官らが駆け付けると、女性は背中に包丁が刺さった状態で見つかりました。女性は病院に搬送されましたが、傷が肺にまで達していて重傷です。小倉容疑者は現場から逃走していましたが、女性と面識があったことなどから浮上し、市内の自宅近くの路上で関与を認めたため、緊急逮捕したということです。取り調べに対して、小倉容疑者は容疑を認めているほか、事件の前に女性にわいせつな行為をしたことをほのめかしていて、警察が詳しい経緯を調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000102234.html

| トラックバック (0)

« 2017年6月2日 | トップページ | 2017年6月4日 »