« カジノ解禁は見直しを 日弁連などが街頭で訴え(12日)NHK | トップページ | 福岡地検で賭博容疑6警官、不起訴 「諸般の事情考慮」(12日)朝日 »

2017年5月12日 (金)

報道ビザ持たず先住民族撮影…邦人6人国外退去(12日)読売

【ジャカルタ=一言剛之】インドネシアの東部パプア州で報道用のビザを持たずに先住民族の撮影をしたとして、日本人6人が11日に国外退去処分とされたことが分かった。
 パプア州では独立運動が盛んで、インドネシア政府が海外の報道に神経をとがらせている。
 インドネシアの入国管理局などによると、6人は5月上旬から、奥地に住む先住民の暮らしを撮影するため、パプア州に滞在していた。6人は当局の取り調べを受けた後、退去処分となった。全員、日本の制作会社に所属しているという。
 同州では、3月にも取材ビザを持たずに活動したとして、フランス人のジャーナリスト2人が国外退去処分を受けている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170512-OYT1T50112.html?from=ycont_top_txt

« カジノ解禁は見直しを 日弁連などが街頭で訴え(12日)NHK | トップページ | 福岡地検で賭博容疑6警官、不起訴 「諸般の事情考慮」(12日)朝日 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 報道ビザ持たず先住民族撮影…邦人6人国外退去(12日)読売:

« カジノ解禁は見直しを 日弁連などが街頭で訴え(12日)NHK | トップページ | 福岡地検で賭博容疑6警官、不起訴 「諸般の事情考慮」(12日)朝日 »