« 森友学園問題 大阪地検特捜部が財務局担当者らに説明求める(5日)NHK | トップページ | 日本人修道女、子どもへの“性的暴行”手助けか(5日)テレビ朝日 »

2017年5月 5日 (金)

自殺した女は30代、遺書みつかる 愛媛の親子死傷事件(5日)朝日

愛媛県今治市の市営住宅で高齢の母子が切りつけられ、母親が死亡、長男が重傷を負った事件で、愛媛県警は5日、前日に任意で事情聴取した30代の女が自殺したと発表した。4日に参考人として事情を聴き、深夜に家族の元に返したが、5日朝に死亡しているのが判明。近くに遺書があり、自殺と判断した。

 県警によると、4日午後1時半ごろから同10時半ごろまで、事件の参考人として今治署で、女から任意で事情を聴取。午後11時ごろ、迎えに来た家族に引き渡したという。女は市内の自宅マンションとは別の場所に家族といたが、再び事情を聴くために捜査員が5日午前9時ごろ迎えに行ったところ、死亡していた。
 事件は3日午前9時ごろ、同市室屋町7丁目の市営住宅1階の無職岡本久行さん(70)方で発生。突然侵入してきた小柄な女に、母親の無職岡本ユキヱさん(92)が胸を刺され、久行さんは背中を刺された。ユキヱさんは約8時間後に出血性ショックで死亡。久行さんも重傷を負った。
 県警が事件前後の付近の防犯カメラの映像を分析した結果、現場から約600メートル南のマンションに住む女が浮上。4日、女の自宅を殺人などの容疑で家宅捜索して持ち物を押収し、任意で事情聴取を始めた。逮捕状は請求していなかった。
 現場の市営住宅の南西約400メートルにある今治市別宮町6丁目の民家では先月26日、一人暮らしの無職越智サツキさん(81)が腹部を刺されて死亡しているのが見つかっていた。県警は、二つの事件現場が近く、約1週間で相次いだことや刃物が使われるなどの類似点から、関連を調べていた。
 県警の中川純市刑事部長は「亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の方にはお悔やみ申し上げます」とコメント。自殺防止について河野数豊・捜査1課次長は「任意聴取の段階でプライベートには踏み込めず、家族への引き渡し後は監視の警察官を付けずに家族に任せた」とし、聴取の時間も「当然疲れると思うが、危ない状況ではなかった」と説明。「事情聴取は適正だったと判断している」と話した。
http://www.asahi.com/articles/ASK554TNHK55PFIB00L.html

« 森友学園問題 大阪地検特捜部が財務局担当者らに説明求める(5日)NHK | トップページ | 日本人修道女、子どもへの“性的暴行”手助けか(5日)テレビ朝日 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65239954

この記事へのトラックバック一覧です: 自殺した女は30代、遺書みつかる 愛媛の親子死傷事件(5日)朝日:

« 森友学園問題 大阪地検特捜部が財務局担当者らに説明求める(5日)NHK | トップページ | 日本人修道女、子どもへの“性的暴行”手助けか(5日)テレビ朝日 »