« 少女とみだらな行為、容疑の巡査逮捕 交番で相談受け知り合う/県警(21日)共同 | トップページ | 住宅裏に包丁刺さった男性遺体 母親も刺傷 山口(21日)朝日 »

2017年5月21日 (日)

裁判や司法への関心増は過去最低に 最高裁の意識調査(21日)NHK

裁判員制度がスタートして21日で8年ですが、最高裁判所がことし行った意識調査では、「裁判や司法への興味や関心が以前より増した」と答えた人の割合は、全体の27%余りと過去最低になりました。
 最高裁判所は裁判員制度について、毎年意識調査を行っていて、ことしは1月から2月にかけて、全国の20歳以上の男女2000人を対象に行いました。
 その結果、「裁判員制度が始まってから、裁判や司法への興味や関心が以前より増した」と答えた人の割合は全体の27.8%と、これまでで最も低くなりました。
裁判員候補者が参加を辞退する割合も年々上昇していて、最高裁は「関心の低下が辞退率の上昇に影響している可能性は否定できない」としています。
 また、裁判で心配なことを複数回答で尋ねると、「被告や関係者の逆恨みで身の安全が脅かされる」と答えた人の割合は54.9%と、去年の調査から7.3ポイント増え、これまでで最も高くなりました。
これは去年、暴力団幹部の裁判を審理した裁判員に、幹部の知り合いが声をかけた事件が影響したものと見られます。
 裁判員の制度設計に携わった、國學院大学法科大学院の四宮啓教授は「関心の低下は裁判員の職務や、制度の実態が社会で共有されていないことが原因だと思う。原則として経験を語れるように、裁判員の守秘義務の運用を柔軟にすべきだ」と指摘しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170521/k10010989361000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

« 少女とみだらな行為、容疑の巡査逮捕 交番で相談受け知り合う/県警(21日)共同 | トップページ | 住宅裏に包丁刺さった男性遺体 母親も刺傷 山口(21日)朝日 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65308246

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判や司法への関心増は過去最低に 最高裁の意識調査(21日)NHK:

« 少女とみだらな行為、容疑の巡査逮捕 交番で相談受け知り合う/県警(21日)共同 | トップページ | 住宅裏に包丁刺さった男性遺体 母親も刺傷 山口(21日)朝日 »