« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 祐徳稲荷神社の鳥居2基に液体 佐賀、1月ごろ(2日)共同 »

2017年5月 2日 (火)

落下鉄パイプ直撃で死亡、妻が告訴「本当の真実を」(2日)TBS

工事現場から落下した鉄パイプが頭に刺さり、通行人の男性が死亡した事故で、2日、遺族が現場の責任者ら2人を東京地検に刑事告訴しました。
 2日午前、夫・飯村一彦さんの遺影を持って東京地検に入る妻・冨士子さん(74)。この事故は去年10月、港区六本木のマンションの工事現場で足場の鉄パイプが落下し、歩道を歩いていた飯村さんの頭部に刺さり、死亡したものです。警視庁は業務上過失致死の疑いで捜査していますが、冨士子さんら遺族はさらなる捜査の徹底を求めるため、現場の責任者ら2人を東京地検に刑事告訴しました。
 「私も(事故)以後、道を歩くのが怖い。本当の真実を調べていただきたい」(飯村冨士子さん)
 大学卒業後、鹿島建設に就職し、現場監督一筋だったという飯村さん。その飯村さんの前を歩いていて事故をまぬがれた冨士子さんは、先週、私たちの取材に応じ、当時の状況を語りました。
 「今までの経験ですと(現場の作業員が)大体一声かけてくれるんですね。『はい、通っていいですよ』とか声をかけてくれる。それがなかったから安全に通れるんだなと思ってしまった。一生懸命『パパ、パパ』って呼びました」(飯村冨士子さん)
 警視庁によりますと、これまでの調べで、作業員の1人が「気が付いたら鉄パイプが落ちていた」と話しているということです。また、歩道には歩行者用のう回路が設けられていましたが、飯村さんは、このう回路を通っていた際に鉄パイプが直撃したということです。
 冨士子さんは事故の目撃者から話を聞いていて、「作業員が注意を怠り、鉄パイプを落とした」「交通誘導員を適切に配置しなかった」と主張していきたいとしています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3043681.html

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 祐徳稲荷神社の鳥居2基に液体 佐賀、1月ごろ(2日)共同 »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65226758

この記事へのトラックバック一覧です: 落下鉄パイプ直撃で死亡、妻が告訴「本当の真実を」(2日)TBS:

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 祐徳稲荷神社の鳥居2基に液体 佐賀、1月ごろ(2日)共同 »