« 祐徳稲荷神社の鳥居2基に液体 佐賀、1月ごろ(2日)共同 | トップページ | 女性の遺体を床下に遺棄 工務店元社員を死体遺棄の罪で起訴(2日)NHK »

2017年5月 2日 (火)

福島 浪江町の山火事 3日以上燃え続ける あすも消火活動(2日)NHK

東京電力福島第一原子力発電所の事故による帰還困難区域となっている、福島県浪江町で発生した山火事は、出火から3日以上がたっても燃え続け、自治体や自衛隊は3日も、ヘリコプターなどで消火活動を続けることにしています。
 先月29日の午後4時半ごろ、福島県浪江町井手の山林で山火事が発生し、出火から3日以上がたった今も燃え続けています。
 福島県などのほか、災害派遣の要請を受けた自衛隊のヘリコプターが上空から放水に当たり、2日は地上でも一時、消防と自衛隊の350人ほどが放射性物質の付着を防ぐ防護服を着て消火活動を行いました。
 福島県によりますと、火は主に西側に燃え広がり、これまでに、およそ20ヘクタール以上が燃えたと見られますが、人や建物への被害はないということです。
 現場は原発事故の影響で放射線量が比較的高く、立ち入りが厳しく制限されている帰還困難区域ですが、福島県によりますと、周辺の放射線量に目立った変化はないということです。
 自治体や自衛隊は大型ヘリコプターを増やして3日も、早朝から消火活動に当たることにしています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170502/k10010969201000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

« 祐徳稲荷神社の鳥居2基に液体 佐賀、1月ごろ(2日)共同 | トップページ | 女性の遺体を床下に遺棄 工務店元社員を死体遺棄の罪で起訴(2日)NHK »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島 浪江町の山火事 3日以上燃え続ける あすも消火活動(2日)NHK:

« 祐徳稲荷神社の鳥居2基に液体 佐賀、1月ごろ(2日)共同 | トップページ | 女性の遺体を床下に遺棄 工務店元社員を死体遺棄の罪で起訴(2日)NHK »