カテゴリー

« 防げなかった参考人自殺 県警「考えられることやった」(6日)朝日 | トップページ | レンタカーで3カ月間生活か 横領容疑で50歳の無職男を逮捕 群馬県警(6日)産経 »

2017年5月 6日 (土)

【警視庁鑑識課】防犯カメラに負けない…事件解決の手がかりを腕一本で引き出す「似顔絵捜査官」 大切なのは被害者に寄り添うこと(6日)産経

防犯カメラの画像解析やDNA型鑑定、生体認証など、犯罪捜査のハイテク化が進む中、被害者や関係者との「対話」から、腕一本で事件解決の手がかりを引き出す「似顔絵捜査官」が活躍の場を広げている。全国の警察で作成された似顔絵の枚数は、過去10年間で約1・4倍に増加、技術者の育成も進んでいる。警視庁鑑識課で実際の似顔絵作成の過程を体験させてもらい、熟練の“職人技”に迫った。(社会部 緒方優子)

物証なくても犯人像に迫る
 「その人は、どんな印象でしたか?」
 相手の目を見ながらゆっくりと、優しい口調で特徴を尋ねながら、聞き出した内容を素早く手元のメモに書き留める。
 「特徴にクローズアップする手法で、物的資料が乏しい現場でも、情報を目に見える形で共有することができる」。警視庁鑑識課の似顔絵捜査官、荒木陽介巡査部長(38)は、似顔絵の利点をそう説明する。
 警察庁によると、平成28年に全国の警察で作成された似顔絵は1万7340枚で、18年の1万2915枚から10年間で約1・4倍に増加。このうち、犯罪の容疑者の特定につながったケースが585件あった。

続きを読む

« 防げなかった参考人自殺 県警「考えられることやった」(6日)朝日 | トップページ | レンタカーで3カ月間生活か 横領容疑で50歳の無職男を逮捕 群馬県警(6日)産経 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

« 防げなかった参考人自殺 県警「考えられることやった」(6日)朝日 | トップページ | レンタカーで3カ月間生活か 横領容疑で50歳の無職男を逮捕 群馬県警(6日)産経 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ