30日午後8時ごろ、札幌市中央区南18西13、飲食店経営の男性(32)から「自宅に保管してあった現金約1千万円が盗まれた」と110番があった。札幌南署員が駆け付けたところ、寝室内のケースに入っていた現金がなくなっており、同署は窃盗事件とみて調べている。
 同署によると、男性が30日午後7時50分ごろに帰宅した際、2階トイレの窓ガラスが外され、3階寝室内のクローゼットに保管してあったケースから現金がなくなっていたという。
 全文閲覧は電子版会員限定です。ログインまたはお申し込みの上、ご利用ください。

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0405421.html