カテゴリー

« 2017年5月25日 (木) | トップページ | 2017年5月27日 (土) »

2017年5月26日 (金)

2017年5月26日 (金)

:警視庁管内体感治安

首都東京体感治安(26、27日 単位・レベル) 
えっこんな被害額もあるの
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012856

 減少傾向にある中で特に目立つのがひったくり事犯。ところが、ここにきて100円や300円など数百円単位のひったくりが横行している県がある。
 それは埼玉県。川口市や戸田市では5月に入り100円や300円など少ない〝超少額ひったくり〟が相次ぎ、多い時には10分間に4件もあった。100円であろうと1000円であろうと窃盗には間違いない。最初から小銭を持っている人ばかりを狙っての犯行とは思えず、たまたま少額だったのだろうか。
 こうした超少額被害が続発する原因について埼玉県警では「一般論」として「現金が欲しくてやっているのだから、少額しか得られない場合には『もう1回』と考えてしまうのではないか」と分析する。
 警察庁によると今年4月現在の認知件数は937件で、前年に比べて160件の減少。ランキングでは大阪の225件、愛知の101件、東京の88件、神奈川の85件、兵庫の81件の順。
 ひったくりと言えば、平成で最も発生が多かったのは14年で5万2919件もあった。この時のランキングでは大阪の9197件、千葉の5633件、東京の5607件、埼玉の5372件、神奈川の5113件などだった。
 その後15年には4万件台になり20年には1万9165件に減少。25年には7909件と4桁に落ち、27年には4142件と14年に比べて10分の1に激減した。
 やはり街頭における防犯カメラが抑止になっているのだろう。少額のため届けない人もいるかも知れない。
 しかし、この犯罪は放置すれば、いつかは高額な被害者がでるかも知れない。気のゆるめない犯罪であり、ひとりひとりが用心することが大事だ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

« 2017年5月25日 (木) | トップページ | 2017年5月27日 (土) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ