« 容疑者は「署員全員」、8000万盗難の広島県警 犯人はGW開け前に出国か 犯罪ジャーナリストが分析(24日)産経 | トップページ | ボンネットに乗り走行 警察が捜査(24日)フジテレビ »

2017年5月24日 (水)

取り調べ調書に通訳ミス、大阪 120カ所、鑑定で判明(24日)共同

妻の首を絞めて殺害したとして、殺人の罪に問われた中国籍の王延華被告(68)の捜査段階の取り調べで、大阪府警の通訳人による誤訳や通訳漏れなどのミスが約120カ所あったことが大阪地裁の鑑定で分かった。地裁(伊藤寿裁判長)は24日、殺意を認めた上で、被告に懲役7年(求刑懲役11年)の判決を言い渡した。
 被告は昨年2月10日午後、大阪市平野区の自宅で妻=当時(64)=の首を両手で絞めて殺害しようとしたとして、翌11日に大阪府警平野署に殺人未遂容疑で逮捕された。妻がその後、低酸素脳症で死亡し、被告は殺人罪で起訴された。
https://this.kiji.is/240079953656546805?c=39546741839462401

« 容疑者は「署員全員」、8000万盗難の広島県警 犯人はGW開け前に出国か 犯罪ジャーナリストが分析(24日)産経 | トップページ | ボンネットに乗り走行 警察が捜査(24日)フジテレビ »

不祥事案」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 取り調べ調書に通訳ミス、大阪 120カ所、鑑定で判明(24日)共同:

« 容疑者は「署員全員」、8000万盗難の広島県警 犯人はGW開け前に出国か 犯罪ジャーナリストが分析(24日)産経 | トップページ | ボンネットに乗り走行 警察が捜査(24日)フジテレビ »