« 2017年5月8日 | トップページ | 2017年5月10日 »

2017年5月9日

2017年5月 9日 (火)

警察官名乗り1千万円詐欺容疑 埼玉の17歳少年を逮捕(9日)産経

甲府市内に住む80代の女性から現金約1千万円をだまし取ったとして、山梨県警は9日、詐欺容疑で埼玉県所沢市の無職少年(17)を逮捕した。
 逮捕容疑は他の仲間と共謀して1月16日、警察官を名乗って「金融機関の職員に振り込め詐欺の犯人が紛れ込んでいる。預金を引き出した方がいい」などと女性に電話。同日午後、女性宅で現金を受け取った疑い。
 この事件では、3月に別の少年が逮捕されており、県警はグループの全容解明を進める。
http://www.sankei.com/affairs/news/170509/afr1705090047-n1.html

| トラックバック (0)

「盗撮カメラ仕掛けるため」 船橋市非常勤職員を逮捕、トイレに侵入容疑(9日)産経

船橋市上山町の市立小学校に併設された「放課後ルーム」のトイレに盗撮目的で侵入したとして、千葉県警船橋署は9日、建造物侵入の疑いで、施設に勤務する八千代市八千代台東、船橋市非常勤職員、疋田駿容疑者(26)を逮捕した。
 逮捕容疑は、8日正午すぎから午後4時ごろまで、放課後に児童を預かる施設の男女兼用トイレに侵入した疑い。
 同署によると、疋田容疑者は施設で児童の世話をしていた。「盗撮用のカメラを仕掛けるために入った」と容疑を認めている。
 別の職員がトイレのカメラに気付き、疋田容疑者が名乗り出た。
http://www.sankei.com/affairs/news/170509/afr1705090024-n1.html

| トラックバック (0)

山健組、傘下三十数団体が離脱 3分の1、新組織へ(9日)朝日

 指定暴力団神戸山口組(本部・兵庫県淡路市)内の最大組織「山健組」が9日、傘下組長らを集めた定例会を神戸市中央区で開いた。捜査関係者によると、傘下団体の約3分の1にあたる三十数団体の組長が欠席。神戸山口組を離脱し、織田絆誠(よしのり)・元副組長(50)を代表として4月30日に結成を表明した新組織「任俠(にんきょう)団体 山口組」側に加わるとみられる。

 捜査関係者によると、神戸山口組側は離脱の動きをみせていた傘下組長らに対し、9日を復帰の猶予期限としていたという。この日の定例会は山健組の事務所で開かれ、兵庫県警の捜査員らが傘下組長らの出入りの状況を確認した。
 離脱騒動を巡っては、神戸市中央区で4月30日、神戸山口組と新組織側の組員同士が殴り合い、双方が暴行容疑で逮捕される事件があった。今月6日にも同区の路上で、新組織側の組員が複数の男に暴行され負傷し、県警が捜査している。
 警察当局は今のところ、一連の離脱騒動を神戸山口組の分裂ではなく、内紛と位置づけている。分裂とみなした場合、新組織は指定暴力団から外れ、暴力団対策法の規制対象にならない恐れがある。県警幹部は「規制対象として取り締まりを続ける。今後も両者の動向を注視していく」と話す。
http://www.asahi.com/articles/ASK595HHBK59PIHB01P.html

| トラックバック (0)

特殊詐欺の指示役などか3人逮捕 被害額は数千万円か(9日)NHK

特殊詐欺で、だました金の受け取り役と見られる少年や、指示役と見られる男らが詐欺の疑いで逮捕され、警視庁は関東を中心に特殊詐欺を繰り返し、被害額は数千万円に上ると見て、グループの実態解明を進める方針です。
 逮捕されたのは住所不定、職業不詳の小林大輔容疑者(34)と、現金の受け取り役と見られる16歳の無職の少年ら合わせて3人で、警視庁によりますと、ことし2月、息子になりすまして、東京・足立区の78歳の女性に電話をかけ、「株取引に失敗したので、お金が必要だ」と、うそを言い、現金400万円をだまし取った詐欺の疑いが持たれています。
 「関西系の暴力団が、特殊詐欺のグループの犯罪収益を資金源にしている」という情報を基に、警視庁と埼玉や群馬などの警察が合同捜査本部を立ち上げ捜査していたということです。
 合同捜査本部では、小林容疑者が、特殊詐欺でだました金を受け取る役のいわゆる「受け子」など10数人の少年や若者のグループの指示役の1人と見ているほか、関東を中心に特殊詐欺を繰り返し、被害額は数千万円に上ると見て、暴力団との関わりなど、グループの実態解明を進める方針です。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170509/k10010975291000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_007

| トラックバック (0)

運転適性相談員設置1年 免許の自主返納が急増 [佐賀県](9日)共同

医療関係者が運転に関する相談を受け付ける「運転適性相談員」が県運転免許センター(佐賀市)に設置されてから1年がたった。県内では2010年から運転免許の自主返納者が右肩上がりで増加しており、県警は「医療関係者だからこそ気軽に話せることもある」と運転に不安を覚える人や家族に呼び掛けている。
 相談員は県との共同事業で昨年4月から始まった。特定の疾患や認知症の疑いがある人やその家族からの相談を受けることで事故防止や免許返納の促進などをねらう。免許更新時の質問票の結果により面談するほか、希望者からの相談も随時受け付けている。
 「当事者だけでなく、家族からの相談も多い」と適性相談員で保健師の竹下美子さん(56)。80代男性の家族から「もうすぐ免許の更新時期だが逆走などの違反を最近している」と相談があった。家族からの話はなかなか受け入れてもらえないため、男性のかかりつけの医者を通じて免許の返納について話してもらった。
 「頭ごなしに『危ないから運転してはダメ』と言ってはいけない」と竹下さん。「今までがんばったね」「今は免許を返納してもいろいろな支援がある」などと当事者への敬意を示しつつ、利点をPRするのが重要という。
 県警によると、昨年の県内における運転免許の返納者数は1438人で、10年の245人と比べ約6倍となった。今年も3月末までで840人に上り、さらなる増加が見込まれる。竹下さんは「相談したらすぐ免許を返納させられるわけではないので安心して相談してほしい」と呼び掛けている。=2017/05/09付 西日本新聞朝刊=
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/saga/article/326875

| トラックバック (0)

銀座のビルで火災、消火活動続く(9日)TBS

9日午後5時すぎ、東京・中央区銀座にある8階建てのビルで「火が出ている」と119番通報がありました。
 東京消防庁のポンプ車など13台が出動し、消火活動に当たっていますが、これまでに2階部分の天井30平方メートルが焼けました。逃げ遅れた人やけが人はいないということです。
 現場のビルは「銀座四丁目」の交差点近くで、解体工事中だったということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3049103.html

| トラックバック (0)

従業員が個人情報1.5万人分持ち出し スタッフサービス(9日)日経

大手人材派遣会社「スタッフサービス」(東京都千代田区)は9日、約1万5千人分の登録者の氏名や住所などの個人情報が、従業員によって外部に持ち出されていたと発表した。同社は「関係者に多大な迷惑と心配をかけ、深くおわびする」とコメントしている。
 同社によると、4月19日に登録者から問い合わせがあり、社内のサーバーやメールの送信履歴などを解析すると、3月31日付で退職した元従業員が2015年2月以降、会社のパソコンから私物のパソコンに個人情報をメールで送ったり、データを印刷していたりしていたことが発覚した。
 元従業員は情報を持ち出したことを認め「自分で立ち上げた人材派遣会社の営業に使うためだった」と説明した。
 流出した個人情報は名前や住所、電話番号、メールアドレスなど。金融機関の口座番号などは含まれていなかったが、一部の登録者は時給のデータも流出した。同社は元従業員の同意を得てパソコンを預かり、データを消去したとしている。また、警視庁に被害の相談をしている。
 同社のグループ全体の登録者数は16年3月現在で約113万人。〔共同〕
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG09H64_Z00C17A5000000/

| トラックバック (0)

警察署から約8600万円“盗難”内部・外部犯行で捜査(9日)テレビ朝日

広島市内の警察署の金庫から事件の証拠品の現金約8600万円が盗まれているのが見つかりました。
 広島県警によりますと、8日午後8時ごろ、広島中央警察署で保管していた現金8572万円が盗まれているのが見つかったということです。盗まれた現金は詐欺事件の証拠品として金庫に保管していたものでした。警察で最後にいつ確認したかや、いつから保管していたかは明らかにしていません。金庫の鍵がある場所を知っているものは限られているということで、内部犯行と外部犯行の両面から捜査しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000100356.html

| トラックバック (0)

教師「昨夜ビールと焼酎を」出勤中に“飲酒運転”(9日)テレビ朝日

学校の教師が出勤途中に飲酒運転をしたとして、現行犯逮捕されました。
 滋賀県守山市立吉身小学校の教師・中野啓治容疑者(59)は、9日午前8時すぎ、勤務先の小学校へ出勤する際に、基準値を大幅に超える酒気帯びの状態で、車を運転した疑いが持たれています。警察の調べに対し、中野容疑者は「きのうの夜、ビールと焼酎を少し飲んだだけです」と容疑を否認しているということです。逮捕を受け、守山市の教育委員会は「教育者としても許されない行為で、今後、絶対に起きないように徹底する」とコメントしています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000100350.html

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(9、10日 単位・レベル) 
街頭犯罪は激減
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012773

 今月5日夜、埼玉県日高市内の路上で、自転車で帰宅途中の高校3年の女子生徒が男に突き飛ばされ、顔を殴られて唇を切る傷害事件があった。幸いケガの程度は軽傷だったが犯人は逃走しており埼玉県警は傷害事件として追っている。
 典型的な該当犯罪だが、残念ながら検挙率が極めて低い。100件発生しても検挙は10件程度なのだ。
 警察庁によると今年3月現在の暴行、傷害、強制わいせつなど主な街頭犯罪の認知件数は6万8047件で前年同期より1万1295件も減少している。やはり防犯カメラの影響か。しかし、不特定の人が狙われることから与える恐怖感は大きい。
 ランキングでは大阪が1万0778件、東京の1万0606件、埼玉の5634件と続く。全国的に減っているのだが、なぜか20件も増加した秋田が目立っている。
 問題は検挙率。全国の検挙率は11.7%と極めて低い。ランキングでは東京の4.3%、埼玉の5.5%、千葉の5.7%、宮城の7.3%、栃木の7.8%などひと桁台。
 これに対して高かったのは、発生が197件もありながら検挙率はなんと107.1%の長崎がトップ。以下、新潟が75.2%、奈良が70.8%、秋田が69.4%、大分が59.2%と続く。
 今回の埼玉のような傷害事件の認知件数は2054件で、ランキングは東京の314件、大阪の307件、神奈川の154件など。
 一方、暴行事件の認知件数は2984件。ランキングのワーストは東京の600件、大阪の233件、埼玉の208件など。
 今回事件のあった埼玉の傷害事件の認知件数は144件で前年より13件増えている。同県は暴行事件もワースト3に入っており、1日も早く検挙して県民に安心を与えることを期待したい。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

| トラックバック (0)

「自首したい」警察に手紙、死体損壊容疑で逮捕の男(9日)産経

秦野市で岩本一正さん=当時(47)=の遺体を薬品で溶かしたとして、死体損壊と死体遺棄の疑いで逮捕された松尾亮介容疑者(41)が昨年5月、「死体遺棄について自首したい」との手紙を松田署に送っていたことが県警への取材で分かった。松尾容疑者は当時、詐欺罪で服役中だった。
 県警によると、松尾容疑者から任意で事情を聴き、昨年12月、供述に基づいて秦野市内の建設会社を捜索。浄化槽の周辺から骨など約300点が発見され、一部が岩本さんとDNA型が一致した。電動工具で切断し、薬品で溶かしたものとみられる。
 岩本さんは平成26年9月から松尾容疑者が経営に関わる建設会社で働いていた。県警によると、松尾容疑者は暴力団関係者という。
 県警は今月、松尾容疑者ら3人を逮捕。松尾容疑者らが岩本さんに暴行を加えて死亡させた疑いもあるとみて、傷害致死容疑なども視野に捜査を進めている。
http://www.sankei.com/affairs/news/170509/afr1705090011-n1.html

| トラックバック (0)

58歳女性押し倒しバッグ奪う 男が逃走(9日)産経

8日午前0時5分ごろ、埼玉県さいたま市岩槻区西町の路上で、徒歩で帰宅途中だった同区の介護士の女性(58)を男が後方から押し倒し、現金約1万1千円の入ったバッグを奪い逃走した。女性は倒れた際に、左手首の骨を折り、全治4週間の重傷。岩槻署は強盗致傷事件として捜査している。
 同署によると、男は年齢不詳、黒っぽいTシャツを着ていた。
http://www.sankei.com/affairs/news/170509/afr1705090012-n1.html

| トラックバック (0)

川口でひったくり相次ぐ(9日)産経

 埼玉県川口市で7日、ひったくり被害が2件相次いだ。川口署が窃盗の疑いで捜査している。
 同日午前4時5分ごろ、同市芝新町で、徒歩で帰宅途中の放射線技師の女性(24)に、2人組の男が後方から近付き、現金約300円などが入ったショルダーバッグを奪って逃走した。
 同55分ごろには、同市並木で帰宅途中の飲食店店員の女性(20)の背後から男が近づき、現金約100円などが入った手提げバッグをひったくり、車で逃走した。
 同署によると今月、同市では、路上で2人組の男に財布などを奪われる事件が他にも2件発生しており、関連を調べている。
http://www.sankei.com/affairs/news/170509/afr1705090015-n1.html

| トラックバック (0)

赤ちゃんポストに125人、熊本 慈恵病院、運用10年(9日)共同

親が育てられない赤ちゃんを匿名で預け入れる国内唯一の施設「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)は10日、運用開始から10年となる。構想段階から湧いた賛否を巡る論争が続く中、2015年度までの9年間に125人の命が託された。9日午後には、設置主体の慈恵病院(熊本市、蓮田太二理事長)が記者会見を予定。
 市の検証報告書によると、125人は、生後1カ月未満の新生児104人、1年未満の乳児14人、1年以上の幼児7人の男女。父母らの居住地は、北海道1人、東北3人、関東22人、中部11人、近畿10人、中国8人、四国1人、九州39人、国外1人、不明29人。
https://this.kiji.is/234482697981740536?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

東京医科歯科大附属病院で医師刺される 学生を逮捕(9日)NHK

9日午前、東京・文京区にある東京医科歯科大学歯学部附属病院で、歯科医師の男性がこの大学の学生に包丁のようなもので刺されました。警視庁によりますと、大学生はその場で逮捕され、医師は意識があるということです。
 警視庁などによりますと、9日午前10時半すぎ、東京・文京区湯島にある東京医科歯科大学歯学部附属病院で、「医師が刃物で刺された」という内容の110番通報がありました。
 警察官が駆けつけて調べたところ、40代の歯科医師の男性が包丁のようなもので刺されていたということです。医師は意識はあるということで、この大学の病院で治療を受けているということです。
 また、医師を刺したのは、この大学に通う30代の学生の男で、その場で身柄を確保され、殺人未遂の疑いで逮捕されたということで、警視庁は、当時の詳しい経緯を調べています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170509/k10010974731000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| トラックバック (0)

住宅密集地で火災 燃え広がり3棟焼ける 金沢市(9日)テレビ朝日

金沢市の住宅密集地で火事があり、住宅など3棟が燃えました。けが人はいませんでした。
 8日午後5時ごろ、金沢市小橋町の住宅から火が出て隣の住宅や倉庫に燃え広がりました。消防などが駆け付け、火は約3時間後に消し止められましたが、火元の住宅を含めた合わせて3棟が焼けました。この火事によるけが人はいませんでした。現場はJR金沢駅から約1.2キロ離れた住宅密集地で、出火当時、周辺には乾燥注意報が出ていました。警察と消防では実況見分を行い、出火の原因を調べることにしています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000100288.html

| トラックバック (0)

約30分間で不審火3件相次ぐ 神奈川・平塚市(9日)テレビ朝日

神奈川県平塚市で、約30分の間に枯れ草などが燃える不審火が3件、相次ぎました。警察は連続放火事件の可能性があるとみて調べています。
 8日午後5時すぎ、平塚市にある会社の敷地内で「枯れ草が燃えている」と通り掛かった男性から通報がありました。消防が駆け付けると火はすでに消えていて、けが人はいませんでした。警察によりますと、他にもこの火事の30分ほど前から、約1キロ離れたスーパーとアパートの敷地内で同じように枯れ草などが燃える火事が2件、相次いでいます。いずれも火の気のない場所で、警察が連続放火事件の可能性があるとみて調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000100292.html

| トラックバック (0)

新制度便乗か 「仮想通貨の市場がオープン」虚偽説明が横行 仮想通貨700種、実態把握難しく(9日)産経

 仮想通貨の購入をめぐるトラブルでは、「まもなく取引市場がオープンする」と事実と異なる説明で購入を迫られている例が多数発覚している。ネット上には約700種類の仮想通貨があるとされるが、実態を確認するのは難しく、購入後に業者と連絡が取れなくなって売却できなくなるケースが多い。
 東海地方の60代男性は昨年7月、知人から「市場がオープンする前に仮想通貨を購入すると、後で高値で売却できる」と誘われ、3万円を手渡した。しかしその後、市場がオープンしたという連絡は届かなかった。男性は購入した仮想通貨の名称や取引した業者名、連絡先すら明かされず、契約書や領収書も交付されていないという。
 仮想通貨に詳しいニッセイ基礎研究所上席研究員、小林雅史氏は「仮想通貨の市場はすでにあり、新たにオープンするというのは嘘。4月に改正資金決済法が施行され、新制度が始まることに便乗した“セールストーク”ではないか」と話す。
 仮想通貨の勧誘が横行する背景にあるのはビットコインの高騰だ。ビットコインは平成23年2月に市場価格が初めて1ドルを上回ったが、現在は1200ドルを上回る。小林氏は「流通量がしっかりしている仮想通貨は5種類しかなく、ビットコインが7割を占めるのが現状であることを知っておく必要がある。購入前には、金融庁のホームページに随時公表される登録業者を確認することが大切」と注意を呼びかける。(篠原那美)
http://www.sankei.com/affairs/news/170509/afr1705090004-n1.html

| トラックバック (0)

高齢者の仮想通貨トラブル急増 ネット取り引き、勧誘うのみで購入(9日)産経

ネット上で流通する「仮想通貨」の購入をめぐる高齢者の消費者トラブルが急増している。インターネットを使わない高齢者が仕組みを理解しないまま勧誘されて購入し、売却できなくなるケースが多い。仮想通貨は利用拡大が見込まれている一方で、価格変動が激しくリスクが高い側面もあり、専門家は「契約内容を理解しないままもうけ話に飛びつかないで」と注意を呼びかけている。
 国民生活センターによると、平成26年度に194件だった仮想通貨に関する相談は、28年度には819件と4倍に増加。このうち、60代以上の高齢者が48%を占める。すでに金銭を支払ったという相談398件のうち、100万円以上は150件と、被害も高額に上っている。
 目立つのは、ネットを使っていないにもかかわらず、「必ず値上がりする」といった勧誘文句をうのみにして購入している高齢者だ。都内の80代男性は業者から「仮想通貨を買わないか」「年末には数十倍に値上がりする」などと勧誘を受け、300万円を業者に手渡したが、返金を求めても拒否されるようになった。契約の際にはログイン名やパスワードを設定させられたが、そもそも男性はネットを使っていなかったという。
 仮想通貨は、政府や中央銀行による信用の裏付けはない。代表的な「ビットコイン」をめぐっては、26年に日本を拠点としていた取引所「マウントゴックス」が破綻し、利用者が大きな被害を受けた経緯もある。続きを読む

| トラックバック (0)

所在不明児、名古屋で初の保護 大阪府警新設の「虐待対策室」(9日)産経

大阪府警児童虐待対策室は8日、昨年12月から約4カ月間にわたり所在不明となっていた大阪府茨木市の生後8カ月の男児を名古屋市内で今月6日に保護したと発表した。全国初の虐待専門部署として今年4月に発足した対策室では、所在不明児の行方を府外まで追跡する方針を示していたが、不明児を保護するのは今回が初めて。
 対策室によると、男児はいずれも無職の実父(31)と実母(25)と生活していたが、両親が不仲になり、実母とともに茨木市の母方の祖母宅へ身を寄せていた。その後、復縁を求めた実父が2人を連れ出したまま行方が分からなくなっていた。
 男児が昨年12月、茨木市の4カ月児健診を受診しなかったため、市が今年2月、地元の児童相談所(児相)に通告。祖母も児相の求めに応じて翌3月、男児らの行方不明者届を府警に提出していた。
 対策室はその後、3人が愛知県内のビジネスホテルを転々としているとの情報を入手。実父には出店荒らしの疑いもあり、愛知県警の協力を得て行方を捜し続けたところ、今月6日に実母と一緒にいた男児を名古屋市内の路上で保護した。男児に虐待を受けた形跡はなかったが、ネグレクト(育児放棄)に陥る恐れがあるとして児相に通告した。近くにいた実父も県警が窃盗容疑で逮捕した。続きを読む

| トラックバック (0)

福島・浪江の火事でネットにデマ情報「放射性物質拡散」 雁屋哲さんや地方紙も言及(9日)産経

東京電力福島第1原発事故で帰還困難区域になっている福島県浪江町の国有林で発生した火災をめぐり、インターネット上で放射性物質の拡散や、健康不安をあおる無責任な書き込みが相次ぎ波紋を広げている。一部地方紙はコラムで「放射性物質飛散」の可能性を指摘。実際は裏付けのない誤った情報だったが、福島県が火消しに動かざるを得ない状況となっている。
 4月29日に発生した山林火災は浪江、双葉両町に広がり、少なくとも約20ヘクタールを焼いた。発生1週間を過ぎた6日に鎮圧状態となった。ただ、火災をめぐっては、ネット上で不確実な情報が今も飛び交っている。
 短文投稿サイトのツイッターでは、火事により「(放射性物質が)花粉のように飛散する」といった危機感をあおる書き込みが多数見られる。福島第1原発を視察した主人公が鼻血を出すなどの描写で物議を醸した漫画「美味しんぼ」の原作者、雁屋哲さんは自身のサイトに「福島で森林火災・強風により放射性物質飛散中」と題する文章をアップした。
 和歌山県南部を拠点とする地方紙「紀伊民報」は2日付(1日発行)の1面に、石井晃編集局長のコラムを掲載。知人経由の情報とした上で「放射能汚染の激しい地域で山火事が起きると、高濃度の放射線物質が飛散し、被ばくの懸念がある」とし、「政府も全国紙も、この現実にあまりにも鈍感過ぎるのではないか」などと記した。続きを読む

| トラックバック (0)

トイレに乳児の遺体遺棄=容疑で33歳母逮捕-茨城県警(9日)時事

自宅トイレに生後間もない乳児の遺体を遺棄したとして、茨城県警水戸署は8日、死体遺棄容疑で母親の無職鈴木美香容疑者(33)=同県大洗町磯浜町=を逮捕した。同署によると、容疑を認め、「トイレに産み落とした」と供述しているという。
 逮捕容疑は2月ごろ、自宅のトイレに乳児の遺体を遺棄した疑い。
 同署によると、鈴木容疑者は母親(54)と長女(2)の3人暮らし。自宅のトイレはくみ取り式で、8日午後2時ごろ、くみ取り作業をしていた業者の男性従業員がポンプが詰まったため確認したところ、乳児の遺体を発見。業者側が警察に届け出た。
 同署は今後、司法解剖を行い、詳しい死因を調べる。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017050900034&g=soc

| トラックバック (0)

住宅6棟全焼 焼け跡から1人の遺体 千葉(9日)NHK

9日未明、千葉県九十九里町で住宅6棟が焼ける火事があり、焼け跡から1人が遺体で見つかりました。警察は死亡したのは火事のあと行方が分からなくなっている男性と見て調べています。
 9日午前0時15分ごろ、九十九里町片貝で「建物全体から火が見える」と近所に住む人から消防に通報がありました。
 消防車11台が出て消火に当たり、火はおよそ3時間後にほぼ消し止められましたが、空き家3棟を含む住宅6棟が全焼しました。
 警察によりますと、焼け跡の住宅から1人が遺体で見つかり、警察は、死亡したのは火事のあと行方が分からなくなっている60歳前後の男性と見て確認を進めるとともに、火事の原因を調べています。
 現場は木造住宅が比較的多く建ち並ぶ海岸沿いにある住宅街です。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170509/k10010974431000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| トラックバック (0)

届け出なく防火未点検、北九州 6人死亡アパート火災(9日)共同

北九州市小倉北区のアパートが全焼し、6人が死亡した火災で、市消防局は8日、市火災予防条例に基づく「防火対象物使用開始届」をアパート側がこれまで提出しなかったため、防火設備の点検や指導ができなかったと明らかにした。
 市消防局によると、条例では集合住宅に届け出義務を課しているが、罰則はない。届け出があれば、消防が定期的に査察に入り、機器が正常に作動しているかなどをチェックする。
 小倉北署は同日、唯一行方が分かっていなかった不明者1人と連絡が取れたと明らかにした。同署は失火と放火の両面で捜査。男性居住者とみられる6人の遺体の身元確認などを進めている。
https://this.kiji.is/234248533019475975?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

伊勢丹前の路上で自殺図る “万引きの疑い”男がカッターで(9日)TBS

8日夜、東京・新宿にある「伊勢丹新宿店」前の路上で、店内で万引きをした疑いのある男が持っていた刃物で自分の首を切り自殺を図りました。
 8日午後7時半ごろ、「伊勢丹新宿店」前の路上で、店内で万引きした疑いのある男が持っていたカッターナイフで自分の首を切り、自殺を図りました。男は40歳くらいで病院に運ばれる際には意識はあったということです。
 警視庁によりますと、男は財布とサングラス、あわせて5万円相当を万引きしたということで、複数の警備員に追いかけられ取り押さえられると、自ら首を切ったということです。警視庁が当時の状況を詳しく調べています。                                            
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3048433.html

                                  
               
                                  
               
                                  
                                  

| トラックバック (0)

「近所うるさい」と相談 隣人刺した男が警察に 岐阜・瑞浪(9日)日経

岐阜県瑞浪市陶町大川の自宅の庭で、バーベキューをしていた会社員の大脇正人さん(32)が刺されて死亡した事件で、県警は8日、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された隣家の無職の男(26)や、男の両親が「近所がうるさい」といった相談を多治見署に複数回していたことを明らかにした。
 県警によると、男らは1年以上前から同署に近所の物音について相談していた。ただ意味不明の内容もあったという。男が以前から近所とトラブルになっていた可能性もあるとみて容疑を殺人に切り替え動機を調べる。
 近所の50代の女性は「男は大脇さんの家で子供が遊んでいると『うるさい』と苦情を言いに行っていた」と話した。〔共同〕
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD08H20_Y7A500C1000000/

| トラックバック (0)

相次ぐ山火事 岩手県は現在も燃え広がる(9日)テレビ朝日

岩手県釜石市の山林で8日に発生した火事は、約20時間近く経った現在も燃え続けています。
 正午前、釜石市の山林で発生した火事は現場に通じる道路がなく、県の防災ヘリコプターや自衛隊による空からの消火活動をしましたが、約100ヘクタールを焼き、鎮火には至っていません。今のところ、火事によるけが人はいないということです。
 避難した住民:「信じられないというか、びっくり。火がどんどん広がってくるのを見て怖くなってきた」
 釜石市は、現場に近い2つの地区で136世帯348人に避難指示を出しています。消火活動は9日夜明けとともに再開されます。また、宮城県栗原市でも8日に山林火災が発生し、火が強風にあおられて付近の住宅に燃え移りました。火は約8時間後の午後8時すぎに消し止められましたが、山林のほか、住宅など少なくとも11棟が全焼しました。けが人はいませんでした。出火当時、宮城県には乾燥注意報などが出ていました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000100281.html

| トラックバック (0)

高齢女性から現金“詐取” 公開画像の男逮捕(9日)テレビ朝日

  •                   
                      
    高齢女性から息子を装って金をだまし取った疑いで男が逮捕されました。警視庁が男の画像を公開したところ、情報提供があったということです。
     会社員の米内穂高容疑者(22)は去年12月、仲間らとともに東京・葛飾区の79歳の女性から現金190万円をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、米内容疑者らは女性の息子を装い、「会社の通帳をなくした」などと嘘を言って金をだまし取っていました。警視庁が今年1月、女性の家に現金を受け取りに訪れた男の画像を公開したところ、「知人に似ている」などと情報提供があり、逮捕に至りました。取り調べに対し、米内容疑者は黙秘しているということです。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000100291.html

| トラックバック (0)

« 2017年5月8日 | トップページ | 2017年5月10日 »