« 犯罪被害者の支援団体 休日・夜間の電話相談受け付けへ(21日)NHK | トップページ | 創価学会講堂に「爆発物のようなもの」と通報 警察が道路封鎖し確認 大阪・豊中、周辺住民は避難(21日)産経 »

2017年4月21日 (金)

減らない子どもの自殺 昨年、小中高生320人(21日)朝日

■小さないのち 大切な君

 子どもたちが自ら命を絶つ悲劇が繰り返されている。日本全体の自殺者数は減っている中で、小中高校生では減っていない。子どもの自殺を防ぐために、社会や一人ひとりは何ができるのだろうか。
 警察庁の統計によると、2016年、320人の小中高校生が自殺で亡くなった。小学生12人、中学生93人、高校生215人。3分の2は男子だった。
 自殺者全体の数は、03年の3万4427人をピークに減少傾向で、16年は2万1897人。06年施行の自殺対策基本法に基づく、各自治体の相談窓口の整備などが背景にあるとされる。一方、小中高校生の自殺者はこの10年、年間300人前後で推移し、350人を超えた年もあった。厚生労働省によると15~19歳では自殺が死因の1位、10~14歳では2位だ。
 16年の小中高生の自殺の原因(複数の場合あり)を警察庁の統計でみると、「学業不振」など学校問題が36・3%で最も多く、「親子関係の不和」など家庭問題が23・4%、「うつ病」など健康問題が19・7%と多岐にわたる。学校問題のうち、いじめが原因とされたのは6件(全体の1・9%)だった。
 自殺予防に詳しい高橋祥友・筑波大教授(精神科医)は「子どもの自殺は、いじめや友人関係といった学校に関わる要因のほか、家庭や、精神疾患など複数の要因からリスクの高い状態となり、そのうえで何らかのことが引き金になって起きる。いじめは深刻な問題だが、いじめ予防だけでは不十分だ」と話す。
 日本では子どもの自殺の実態把握や再発防止の取り組みが十分とはいえない。どんな要因が重なるとリスクが高まるのか、などは国内の統計ではわからない。
 いじめが疑われるケースでは、いじめ防止対策推進法に基づき、真相解明と再発防止のための調査が学校や教育委員会に義務づけられている。だが、調査結果は十分共有されず、いじめを苦にした自殺は後を絶たない。いじめ以外のケースも文部科学省が学校や教育委員会に調査を求めているが、義務ではない。
 続くdownwardleft

 http://www.asahi.com/articles/ASK4P04M6K4NUUPI007.html

« 犯罪被害者の支援団体 休日・夜間の電話相談受け付けへ(21日)NHK | トップページ | 創価学会講堂に「爆発物のようなもの」と通報 警察が道路封鎖し確認 大阪・豊中、周辺住民は避難(21日)産経 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65177387

この記事へのトラックバック一覧です: 減らない子どもの自殺 昨年、小中高生320人(21日)朝日:

« 犯罪被害者の支援団体 休日・夜間の電話相談受け付けへ(21日)NHK | トップページ | 創価学会講堂に「爆発物のようなもの」と通報 警察が道路封鎖し確認 大阪・豊中、周辺住民は避難(21日)産経 »