« 栃木の雪崩事故、捜査は長期化か 予見性の立証難しく(3日)共同 | トップページ | 雪崩生き埋め「雪食べて呼吸確保」 救出の大田原高生徒(3日)朝日 »

2017年4月 3日 (月)

人気映画が題材、話題呼ぶ自転車盗防止ポスター(3日)読売

 自転車盗の被害防止を呼びかける埼玉県警のポスターが話題を呼んでいる。
 映画配給を手がける松竹の協力で作製したのは、警察官と女子高生の純愛を描いた公開中の映画「PとJK」を題材に、「P(駐輪場)にJK(自転車止めたらカギを!)」と呼びかける内容。若者を中心にツイッターで取り上げられるなど好評で、県警は「思い切ってよかった」と喜んでいる。
 映画は、人気アイドルグループ「KAT―TUN」の亀梨和也さんが演じる警察官と女優の土屋

太鳳

たお

さんが演じる女子高生の新婚生活を描いた。題名はPOLICE(警察官)とJK(女子高生)から取った。
 B2判のポスターは、「自転車盗の被害の半数は無施錠での被害」などと防犯を呼びかけ、警察官の制服姿の亀梨さんとセーラー服の土屋さんが敬礼する写真を掲載。2000枚を作製し、27日から交番や駅などに順次貼り出している。
 「これ、警察官と女子高生の恋愛が題材だよね」「大丈夫かな」――。企画した県警生活安全企画課では当初、ストーリー設定の影響を心配する声があったという。だが、同名の漫画が若者に人気で、自転車盗被害の約4割を占める中高大学生に注意を呼びかける効果が大きいと考えた。
 県警が28日、ツイッターでポスターの写真とともに「埼玉県警からのお願い」と投稿すると、「埼玉県警ナイス!」「すてきです」などと反響があった。31日夕時点で「いいね!」が約2700件、「リツイート」(転載)が約2200件に上っている。
 同課によると、昨年、中高大学生の自転車盗被害は7825件で、約6割の4673件が鍵をかけないで盗まれた。制作を担当した同課の佐藤輝泰警部補は「若い人が興味を持って見ることで、鍵をかけるきっかけになれば」と期待している。(田村美穂)

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170401-OYT1T50068.html?from=ycont_top_txt

« 栃木の雪崩事故、捜査は長期化か 予見性の立証難しく(3日)共同 | トップページ | 雪崩生き埋め「雪食べて呼吸確保」 救出の大田原高生徒(3日)朝日 »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65101979

この記事へのトラックバック一覧です: 人気映画が題材、話題呼ぶ自転車盗防止ポスター(3日)読売:

« 栃木の雪崩事故、捜査は長期化か 予見性の立証難しく(3日)共同 | トップページ | 雪崩生き埋め「雪食べて呼吸確保」 救出の大田原高生徒(3日)朝日 »