« 首里城との関連は? 国指定重要文化財・崇元寺にも謎の液体 沖縄県警が捜査(5日)共同 | トップページ | 採用初日にストーカー=容疑で元警官逮捕-新潟県警(5日)時事 »

2017年4月 5日 (水)

北朝鮮が飛しょう体発射 韓国軍が情報収集急ぐ(5日)NHK

韓国軍の合同参謀本部は、北朝鮮が5日朝、東部のハムギョン(咸鏡)南道シンポ(新浦)付近から、何らかの飛しょう体を発射したと発表し、アメリカ軍と連携して詳しい情報の収集を急いでいます。
 韓国軍合同参謀本部は、北朝鮮が5日朝、東部のハムギョン南道シンポ付近から、何らかの飛しょう体を発射したと発表しました。
 韓国軍が発射された飛しょう体の種類や飛距離などについて、アメリカ軍と連携して、詳しい情報の収集を急いでいます。
 北朝鮮は去年8月にも、同じシンポ付近からSLBM=潜水艦発射弾道ミサイル1発を発射し、ミサイルはおよそ500キロ飛行して、日本の防空識別圏の日本海に落下しました。このときは韓国政府の関係者が、ミサイルは角度をつけて発射された結果、高度が400キロを超え、本来の角度であれば、1000キロ以上飛ばすことも可能だったとする見方を示していました。
 一方、北朝鮮は先月6日、北西部のピョンアン(平安)北道トンチャンリ(東倉里)付近から、日本海に向けて弾道ミサイル4発を日本海に向けて同時に発射し、3発が日本の排他的経済水域に落下しました。韓国軍は発射されたのは、射程が1000キロに達するスカッドミサイルの改良型「スカッドER」との見方を示していました。
 北朝鮮は、アメリカ軍と韓国軍が先月1日から行っている合同軍事演習で、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長を狙う訓練と、北朝鮮への先制攻撃を想定した訓練が実施されているとして、米韓両国への先制攻撃も辞さないなどと強く反発し、米韓両軍が警戒と監視を強化していました。

日本への直接の影響ないか

午前6時40分すぎ、北朝鮮の東岸付近から飛しょう体1発が、発射されたという情報があり、防衛省が、詳しい状況の確認を進めています。日本への直接の影響は、ないと見られるということです。

官邸対策室で情報収集と分析

政府は、北朝鮮が飛しょう体を発射したと見られることから、総理大臣官邸の危機管理センターに設置している「北朝鮮情勢に関する官邸対策室」で、情報の収集と分析にあたっています。
 岸田外務大臣は、外務省に登庁し、情報収集と分析にあたっています。岸田外務大臣は外務省に入った際、記者団に対し、「情報を確認中だ」と述べました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170405/k10010937381000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

« 首里城との関連は? 国指定重要文化財・崇元寺にも謎の液体 沖縄県警が捜査(5日)共同 | トップページ | 採用初日にストーカー=容疑で元警官逮捕-新潟県警(5日)時事 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65110193

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮が飛しょう体発射 韓国軍が情報収集急ぐ(5日)NHK:

« 首里城との関連は? 国指定重要文化財・崇元寺にも謎の液体 沖縄県警が捜査(5日)共同 | トップページ | 採用初日にストーカー=容疑で元警官逮捕-新潟県警(5日)時事 »