« 通信ケーブルを損傷 人為的に切断か...国道4号監視カメラ用(11日)共同 | トップページ | 警察車両と乗用車、交差点で衝突…2人けが(11日)読売 »

2017年4月11日 (火)

東日本大震災から6年1か月 被災地で行方不明者の捜索(11日)NHK

東日本大震災と東京電力福島第一原発の事故から11日で6年1か月です。福島県富岡町の沿岸部では、今も行方がわからない人たちの捜索が行われました。
 警察によりますと、震災による津波などで、福島県内では今も196人が行方不明で、原発事故で町の全域に避難指示が出されていた富岡町では、今月1日に避難指示の大部分が解除されたあとも、6人の行方がわかっていません。
 11日は警察官や消防隊員合わせて30人余りが、町の沿岸部で不明者の捜索にあたり、はじめに犠牲になった人たちに祈りをささげました。そして、列を作って木の棒で地面を掘り起こし、手がかりを探していました。
 捜索を指揮した双葉警察署浪江分庁舎の大河内秀崇所長は「堤防の建設など着々と復興が進む中で、まだ行方不明の人たちがいます。少しでも早く見つけるために、これからも捜索を続けていきます」と話していました。

宮城 南三陸町でも捜索

宮城県南三陸町でも捜索が行われました。歌津番所地区の海岸に南三陸警察署の警察官9人が集まり、はじめに海に向かって黙とうをささげました。
 このあと捜索が始まり、警察官は砂利や漂流物を手や道具でかきわけるなどして、行方不明者の手がかりを探していました。
 警察によりますと、宮城県内の東日本大震災による行方不明者は今も1231人に上り、このうち南三陸町では212人の行方がわかっていません。
 南三陸警察署は震災後、県外から出向してきた警察官とともに捜索を続けてきましたが、今年度から出向の警察官がいなくなり、11日は地元の署員だけで捜索を行ったということです。
 南三陸警察署の滝口忠克地域課長は「仮設住宅などを訪問すると『捜索を続けてほしい』という声が今も多く聞かれる。家族の元に何か1つでも返せるよう捜索に取り組みたい」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170411/k10010944271000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

« 通信ケーブルを損傷 人為的に切断か...国道4号監視カメラ用(11日)共同 | トップページ | 警察車両と乗用車、交差点で衝突…2人けが(11日)読売 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65136238

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災から6年1か月 被災地で行方不明者の捜索(11日)NHK:

« 通信ケーブルを損傷 人為的に切断か...国道4号監視カメラ用(11日)共同 | トップページ | 警察車両と乗用車、交差点で衝突…2人けが(11日)読売 »