« 「弘道会」幹部ら4人逮捕、恐喝などの疑い(9日)TBS | トップページ | 重大事故起こした企業を処罰する特別法制定訴え(9日)読売 »

2017年4月 9日 (日)

熊本 仮設住宅での孤独死防ぐ相談員 予定より2割近く不足(9日)NHK

熊本地震を受けて、仮設住宅での孤独死などを防ぐための見守り活動を行っている熊本県内の「地域支え合いセンター」の相談員が当初の予定より、2割近く不足していることがセンターなどへの取材でわかりました。相談員の不足は大きな被害が出た地域で目立っていて、熊本県などは態勢作りを検討することにしています。
 熊本県内の15の市町村は、プレハブ型の仮設住宅や民間の賃貸住宅を活用した、みなし仮設での孤独死などを防ごうと、地域支え合いセンターを設置しています。
 地域支え合いセンターでは、採用された相談員たちが見守り活動を行っていますが、当初、見込んでいた人員370人に対して、ことし2月末時点で15のセンターが確保した相談員は合わせて305人にとどまり、2割近く不足していることが各地のセンターや熊本県への取材でわかりました。
 このうち、益城町では120人の人員を見込んでいましたが35人が不足し、宇土市では17人の予定人員に対して12人が足りず、さらに宇城市では22人を予定していたところ11人が不足しているということです。
 熊本地震からまもなく1年になる中、先月、益城町の仮設団地では61歳の男性が孤独死と見られる状態で見つかっていて、対策が課題となっています。
 熊本県やセンターの担当者は「企業の求人が好調なため、適切な人材を確保しにくくなっている。態勢作りを検討したい」としています。
続きdownwardleft

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170409/k10010942151000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

« 「弘道会」幹部ら4人逮捕、恐喝などの疑い(9日)TBS | トップページ | 重大事故起こした企業を処罰する特別法制定訴え(9日)読売 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65127402

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本 仮設住宅での孤独死防ぐ相談員 予定より2割近く不足(9日)NHK:

« 「弘道会」幹部ら4人逮捕、恐喝などの疑い(9日)TBS | トップページ | 重大事故起こした企業を処罰する特別法制定訴え(9日)読売 »