« 蜂蜜による食中毒で乳児死亡、1歳未満の摂取は危険(7日)TBS | トップページ | オレオレ詐欺の疑いで逮捕の男性を不起訴(7日)NHK »

2017年4月 7日 (金)

「エス」と密接、一線越える 協力者の逃走助けた元麻薬取締官に有罪(7日)共同

覚醒剤事件で捜査協力者の逃走を助けたとして、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部の奥村憲博・元取締官(46)=懲戒免職=が三月下旬、東京地裁で執行猶予付きの有罪判決を受けた。スパイの頭文字から「エス」と呼ばれる協力者の情報に頼る手法が、捜査員としての一線を越える危うさをはらんでいた。 (藤川大樹、土門哲雄)

 「(密輸組織と無関係な)シロの人間は、エスにはなれない」。奥村元取締官は法廷で、密輸組織の内部情報を知る協力者を使った捜査の難しさを明かした。
 この事件は、麻薬取締部と同様に違法薬物の捜査を担当する警視庁組織犯罪対策五課が、元取締官の協力者を逮捕したことから発覚した。
 薬物犯罪は秘密裏に行われるため、協力者からの確度の高い情報は貴重。ある麻薬取締官は「警察は交通や地域の職務質問を端緒に摘発できるが、ウチは情報が頼みの綱。今回の事件で捜査が後退してはいけない」と危機感を強める。
 元取締官のキャリアは二十年以上。二〇〇九年ごろから、海外捜査機関と密輸事件を捜査する国際情報チームに加入。一三年から、横浜分室で捜査部門の責任者を務めていた。上司の瀬戸晴海・麻薬取締部長は法廷で「有能で類いまれなエス使いだった」としたうえで、自身の退職後は元取締官とともに「薬物犯罪防止の啓発に一緒に取り組みたい」と情状を訴えた。
 元取締官が協力者と知り合ったのは一三年冬ごろ。「ヤマモト」の偽名で接触を重ね、入手した情報から密輸組織の上部に迫ろうとした。協力者を組織の周辺者と思っていたが、実際は密輸に関わっており、警視庁捜査員に追跡された。「追ってきたのは捜査員か」と協力者から相談を受けた元取締官は、「警察じゃないか」と返答。元取締官は隠避について無罪を主張したが、判決では、こうした言動が「逃走を決意させた」と認定された。
続くdownwardleft
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201704/CK2017040702000244.html

« 蜂蜜による食中毒で乳児死亡、1歳未満の摂取は危険(7日)TBS | トップページ | オレオレ詐欺の疑いで逮捕の男性を不起訴(7日)NHK »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65120435

この記事へのトラックバック一覧です: 「エス」と密接、一線越える 協力者の逃走助けた元麻薬取締官に有罪(7日)共同:

« 蜂蜜による食中毒で乳児死亡、1歳未満の摂取は危険(7日)TBS | トップページ | オレオレ詐欺の疑いで逮捕の男性を不起訴(7日)NHK »