« 神戸山口組の直参組長を逮捕 身分隠し車レンタル(19日)共同 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2017年4月19日 (水)

「ミサイル着弾する可能性」…防災無線で誤放送(19日)読売

 宮城県大崎市で19日朝、弾道ミサイルが着弾する可能性があるとする誤った情報が、防災行政無線で市内全域に放送されるトラブルがあった。
 市は約6分後に訂正放送を流し、市民に謝罪した。
 市防災安全課によると、午前8時28分、「ミサイル発射情報。当地域に着弾する可能性があります。屋内に避難し、テレビ、ラジオをつけてください」などと約1分にわたり放送した。職員が気付き訂正したが、午前10時半までに、市民から約560件の問い合わせがあった。
 全国瞬時警報システム「Jアラート」の機器設備のテスト中、職員が設定作業を誤り、試験放送が外部のスピーカーで流れてしまったという。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170419-OYT1T50083.html?from=ycont_top_txt

« 神戸山口組の直参組長を逮捕 身分隠し車レンタル(19日)共同 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

不祥事案」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65170651

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミサイル着弾する可能性」…防災無線で誤放送(19日)読売:

« 神戸山口組の直参組長を逮捕 身分隠し車レンタル(19日)共同 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »