« 逮捕の男は支店長の経験も 住宅の床下に女性遺棄(16日)テレビ朝日 | トップページ | リンさんの両親、葬儀終えベトナムから日本に戻る(16日)TBS »

2017年4月16日 (日)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(16、17日 単位・レベル) 
間抜けな〝追いはぎ〟
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012628_2

 東京は渋谷区、渋谷駅近くの道玄坂を登りつめて山手通りと交差する地点。現在は国道246号だが昔は大山街道と言われた。大橋方面に向かうと「道玄物見の松」があったそうだ。
 その松に登って見張りをして、大橋方面から坂を登ってくる旅人を待ち伏せする「追いはぎ」がいたという
 「追いはぎ」とは、通行人を襲って衣服や金銭などの持ち物などを奪い取る盗賊。今で言うなら路上強盗だ。
 どっこい、その〝追いはぎ〟事件が起きた。11日昼過ぎ東京都台東区上野5丁目の貴金属店前路上で、店の従業員が3人組の男に襲われ、金の延べ棒200キロ(9500万円相当)入りのバッグを奪われたが、従業員らが気づき、3人の男らを追いかけバッグを奪い返したという。間抜けな強盗もあったものだ。犯人は今でも逃走し続けている。
 古い数字になるが警察庁によると平成27年の路上強盗の認知件数は708件で平成1
7年には2192件もあったので3分の1に減少している。
 これに対して検挙率は27年が56.5%。17年は38.1%だから過去10年で最
も高い検挙率となった。やはり街頭防犯カメラの威力か。その結果、認知は減少し続け、逆に検挙率は増加し続けているという理想的な状況にある。
 しかし、56.5%は他の侵入強盗や非侵入強盗の中でも最も低い数字。それほど捜査
は難しいとされている。
 今回の事件は〝間抜け〟な強盗で助かったが、早期検挙に期待したい。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【東京体感治安判定方式】 
Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる 感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であ り、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都 内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し  ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下
【ポイント概数】
テロ・無差別殺人事件等    80〜50
路上殺人や連続殺人・連続強盗・強姦 70〜60
広域重要事件          50〜40
肉親殺人事件(家族の皆殺し事件)    60〜50
放火殺人             50〜30
強盗殺人             50〜20
連続放火             40〜30
各項目に少年が絡む場合  +20〜10
犯人逮捕記事は上記のポイント総数から −50から10

その他、外的検討要件として外国や他県発生事件を判断基準に加えた。これら事件の新聞・テレビの扱い程度(新聞では1面か社会面か。扱い段数等)、ネットではブログニュースのアクセス人気度なども加えて総合的に判断した。

« 逮捕の男は支店長の経験も 住宅の床下に女性遺棄(16日)テレビ朝日 | トップページ | リンさんの両親、葬儀終えベトナムから日本に戻る(16日)TBS »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65159011

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 逮捕の男は支店長の経験も 住宅の床下に女性遺棄(16日)テレビ朝日 | トップページ | リンさんの両親、葬儀終えベトナムから日本に戻る(16日)TBS »