« 2017年4月20日 | トップページ | 2017年4月22日 »

2017年4月21日

2017年4月21日 (金)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(21、22日 単位・レベル) 
一部地域で重要窃盗犯増加
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012741

 治安情勢を観察する上で指標となる犯罪に侵入盗、自動車盗、ひったくりやすりの重要窃盗犯がある。
 ひったくりと言えば、街頭防犯カメラなどの影響もあり減少傾向にあるが、検挙も相次いでいる。
 埼玉県警が逮捕した33歳の男は「埼玉のルパン」と名乗り、54件ものひったくりを繰り返していた。何を英雄気取りしているのか…
 かと思うとやはり33歳の男はオートバイを運転して、自転車で通行している女性に対して「すみません」と声を掛け、自転車を止めてバッグをひったくっていたとして警視庁に逮捕されている。30歳にもなって何を考えているのか呆れてしまう。
 警察庁によると今年3月現在の重要窃盗犯認知件数は2万1581件で前年同期に比べて1856件の減少。
 認知件数のランキングでは愛知の2220件、大阪の2123件、東京の1711件、千葉の1700件、神奈川の1492件と続く。
 逆に認知件数が少なかったのは秋田の41件、鳥取、福井の45件、島根の60件、長崎の62件など。
 前年同期に比べて減少したのは東京の−344件、北海道の−328件、埼玉の−207件、宮城の−189件、新潟の−112件がベスト5。
 これに対して前年より増加したのは静岡の+168件、神奈川の+87件、広島の+66件、岡山の+64件、岐阜の+39件など。
 東京が−344件と最も減らした要因は侵入盗で−136件、自動車盗で−45件、ひったくりで−15件で、すり事犯に至ってはなんと149件も減らしたことだ。
 散歩していると分かるが、自転車の警察官の姿を見なかったことなどは1日もない。多い時は3、4回は会う。しかし、おかげで自分が不審者に間違われてか手配写真と見くらべられたことさえある。
 何よりも痛快だったのは、自転車で軽自動車を追いかけて信号で追いついた。運転者はスマホをしながらの運転だった。しかも、ママチャリである。電動自転車の時代―ママチャリで動く警察官も大変だ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| トラックバック (0)

お知らせ

小旅行に出ます。22日夕方に帰ります。それまで発生ニュースは休みます。

| トラックバック (0)

創価学会講堂に「爆発物のようなもの」と通報 警察が道路封鎖し確認 大阪・豊中、周辺住民は避難(21日)産経

消防によると、20日午後9時55分ごろ、大阪府豊中市桜の町の創価学会関西戸田記念講堂で、「白い爆発物のようなものがある」と通報があった。
 大阪府警豊中署によると、同講堂の入り口付近の敷地内に、白い布製の袋のようなものが1個置かれていた。同署は不審物とみて、付近の道路を封鎖するなどして、中身の確認作業を進めている。
 豊中市によると、府警からの要請を受けて、現場に隣接する市立桜井谷東小学校の体育館に避難所を開設した。警察や消防が呼びかけ、周辺住民20~30人程度が避難しているという。
http://www.sankei.com/west/news/170420/wst1704200092-n1.html

| トラックバック (0)

減らない子どもの自殺 昨年、小中高生320人(21日)朝日

■小さないのち 大切な君

 子どもたちが自ら命を絶つ悲劇が繰り返されている。日本全体の自殺者数は減っている中で、小中高校生では減っていない。子どもの自殺を防ぐために、社会や一人ひとりは何ができるのだろうか。
 警察庁の統計によると、2016年、320人の小中高校生が自殺で亡くなった。小学生12人、中学生93人、高校生215人。3分の2は男子だった。
 自殺者全体の数は、03年の3万4427人をピークに減少傾向で、16年は2万1897人。06年施行の自殺対策基本法に基づく、各自治体の相談窓口の整備などが背景にあるとされる。一方、小中高校生の自殺者はこの10年、年間300人前後で推移し、350人を超えた年もあった。厚生労働省によると15~19歳では自殺が死因の1位、10~14歳では2位だ。
 16年の小中高生の自殺の原因(複数の場合あり)を警察庁の統計でみると、「学業不振」など学校問題が36・3%で最も多く、「親子関係の不和」など家庭問題が23・4%、「うつ病」など健康問題が19・7%と多岐にわたる。学校問題のうち、いじめが原因とされたのは6件(全体の1・9%)だった。
 自殺予防に詳しい高橋祥友・筑波大教授(精神科医)は「子どもの自殺は、いじめや友人関係といった学校に関わる要因のほか、家庭や、精神疾患など複数の要因からリスクの高い状態となり、そのうえで何らかのことが引き金になって起きる。いじめは深刻な問題だが、いじめ予防だけでは不十分だ」と話す。
 日本では子どもの自殺の実態把握や再発防止の取り組みが十分とはいえない。どんな要因が重なるとリスクが高まるのか、などは国内の統計ではわからない。
 いじめが疑われるケースでは、いじめ防止対策推進法に基づき、真相解明と再発防止のための調査が学校や教育委員会に義務づけられている。だが、調査結果は十分共有されず、いじめを苦にした自殺は後を絶たない。いじめ以外のケースも文部科学省が学校や教育委員会に調査を求めているが、義務ではない。
 続くdownwardleft

 http://www.asahi.com/articles/ASK4P04M6K4NUUPI007.html

| トラックバック (0)

犯罪被害者の支援団体 休日・夜間の電話相談受け付けへ(21日)NHK

事件の被害者や犯罪に巻き込まれて家族を亡くした人たちを支えようと全国各地に設置された「支援センター」の多くが、活動資金や人手不足で相談の受付時間が限られていることから「全国被害者支援ネットワーク」は、休日や夜間も電話で相談を受ける新たな取り組みを来年度から始める方針です。
 「犯罪被害者支援センター」は、国から指定を受け事件の被害者や犯罪に巻き込まれて家族を亡くした人たちを支える民間団体で、すべての都道府県に開設されていますが多くのセンターでは、活動資金や人手不足により相談の受付時間が平日の日中のみなどに限られています。
 このため、東京に本部がある「全国被害者支援ネットワーク」では休日も含め午前7時半から午後10時まで電話で相談を受け付ける新たな取り組みを来年4月から始める方針で、21日、正式に決定することにしています。
 電話相談で、寄せられた内容は、各地の支援センターに引き継ぎ、具体的な支援につなげていくということです。
 全国被害者支援ネットワークの秋葉勝専務理事は、「法律では『途切れのない支援を』と掲げていますが、現状では不十分だと感じています。被害者がいつでもどこでも相談できる場所となれるよう取り組んでいきたいです」と話しています。
続くdownwardleft

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170421/k10010956111000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

| トラックバック (0)

パリで男が発砲 警察官1人死亡 テロの疑いで捜査(21日)NHK

大統領選挙を目前に控えたフランスの首都パリ中心部のシャンゼリゼ通りで日本時間の21日未明、警察官3人が男から銃撃を受けて1人が死亡2人が重傷を負いました。男は警察側に撃たれて死亡し、オランド大統領はテロの疑いがあるという見方を示しました。
 パリ中心部のシャンゼリゼ通りで20日午後9時ごろ日本時間の21日午前4時ごろ、3人の警察官が男から銃撃を受けて1人が死亡2人が重傷を負いました。
 フランス内務省の報道官によりますと男は道路脇に停車していた警察車両の脇に止めた車から降りて発砲したあと、4人の警察官と銃撃戦になり警察側から撃たれて死亡したということです。
 事件を受けてオランド大統領は大統領府で声明を出しテロの疑いがあるという見方を示すとともに「大統領選挙の期間中さらに警戒を強めなければならない」と述べました。
 現場はパリ中心部の観光名所で当時、現場周辺には多くの観光客が訪れていましたがパリの日本大使館によりますとこれまでに日本人が事件に巻き込まれたという情報はないということです。
 事件を受けてシャンゼリゼ通りの周辺は武装した警察官が封鎖して厳重な警戒にあたっています。
 フランスでは今月23日に大統領選挙の1回目の投票が行われる予定で、これを前に18日には南部マルセーユでテロを計画した疑いで男2人が逮捕されるなどテロへの警戒が続いています。
 フランスではおととし11月のパリの同時テロ事件のあと非常事態宣言が出されたままで、投票日の当日には全土で警察官や兵士など5万人以上を動員してテロへの警戒を強化することにしています。
 現場近くで銃撃の様子を目撃していたという男性は「警察の車のすぐ後ろに別の車が止まり、運転していた男が自動小銃を持って外に出て、6発の銃声が聞こえた。それを見た瞬間建物の中に避難して、警察が男を撃つのを見た。路上で多くの人が撃たれると思ったが、男は警察を狙っていた」と、当時の様子を話していました。
また、男性は「避難した建物には外国人を中心に50人ほどの人がいて、みんな何が起きたのかわからない様子だった」と話していました。

ISとつながるメディア「戦士が攻撃実行」

この事件で、過激派組織IS=イスラミックステートとつながりのあるメディア「アマーク通信」は、インターネット上に掲載した記事で「攻撃を実行したのはISの戦士だ」と主張しました。この記事では男の名前もあげています。フランスの警察はこれまでのところ男とISとのつながりについては何も明らかにしていません。

仏大統領選挙候補が選挙運動を中止

フランスのメディアは、今回の事件を受けて大統領選挙の主要候補のうち極右政党・国民戦線のルペン党首と中道右派の共和党のフィヨン元首相の2人が21日に予定していた選挙運動を中止すると伝えています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170421/k10010956171000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| トラックバック (0)

被害者レンタカーを待ち伏せ 福岡の現金強奪事件、計画的か(21日)共同

福岡市中央区のみずほ銀行福岡支店前で現金約3億8千万円が男らに強奪された事件で、東京都在住の被害男性(29)が事件の2日前に福岡入りし、事件当日の20日はレンタカーで移動していたことが21日、分かった。現場となった駐車場では容疑者らが男性の車のすぐ近くにワゴン車を止めて待ち伏せしており、福岡県警は、男性の行動を事前に把握して周到に計画を立てていた可能性があるとみて調べている。
 捜査関係者によると、男性が勤務している都内の貴金属店は、普段からみずほ銀行を利用していた。男性はこれまで取引のために頻繁に福岡に来ており、今回も金塊を買い付けるため18日に福岡に入った。
https://this.kiji.is/227887993615335429?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

振り込め詐欺被害を防止、都内の女子中学生2人に感謝状(21日)TBS

東京のJR品川駅で振り込め詐欺の被害を未然に防いだとして、都内の女子中学生2人が警視庁から感謝状を贈られました。
 「今回こうやって人を助けられたっていうのを将来活かせたらいいなって思います」
 感謝状を贈られたのは、都内の私立中学2年の女子生徒2人で、今月7日、JR品川駅で静岡県の70代の女性が現金300万円を騙し取られる被害を未然に防ぎました。
 2人は女性からロッカーの使い方を尋ねられ、女性が現金入りの封筒をロッカーに入れようとしたのを不審に思い、近くにいた警察官に通報。警察官が家族に連絡を取って詐欺だったことが判明しました。
 女性は息子を名乗る男から「会社に渡すため300万円をロッカーに預けて欲しい」と電話で指示され、信じ込んで新幹線で上京したばかりだったということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3034759.html

| トラックバック (0)

元女性部下の自宅の鍵穴に接着剤、器物損壊容疑で埼玉県職員逮捕(21日)TBS

 埼玉県職員の男が、部下だった女性の自宅ドアの鍵穴に接着剤のようなものを入れて使えなくしたとして逮捕されました。
 逮捕されたのは埼玉県環境科学国際センター担当部長の谷津禎彦容疑者(54)です。谷津容疑者は、先月30日、さいたま市南区で元部下の女性が住むアパートのドアの鍵穴に接着剤のようなものを入れ、使用できなくした疑いが持たれています。警察によりますと、女性が「鍵穴が詰まっている。いたずらされた」と通報し、防犯カメラの映像などから谷津容疑者を特定したということです。
 調べに対し、谷津容疑者は「昼休みの間にやった」と容疑を認めているということで、警察は動機などを詳しく調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3034760.html

| トラックバック (0)

メダリストの岩崎恭子さん 詐欺被害防止呼び掛け(21日)テレビ朝日

 バルセロナオリンピックの競泳金メダリストの岩崎恭子さんが、「不審な電話には出ないで」と高齢者に詐欺被害の防止を呼び掛けました。
 競泳の金メダリスト・岩崎恭子さん:「犯人の電話に出ないで、被害ゼロ!」
 警視庁小松川警察署の一日特殊詐欺被害防止アドバイザーに任命された岩崎さんは、地域の高齢者らに不審な電話があったらすぐに110番を呼び掛けました。警視庁によりますと、去年、都内の特殊詐欺での被害総額は約60億円にも上るということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000099087.html

| トラックバック (0)

2008年の都営住宅殺人事件 現場隣の59歳女を逮捕(21日)テレビ朝日

9年前、東京・東村山市の都営アパートで73歳の女性が刺殺された事件で、警視庁は現場の隣に住む59歳の女を殺人の疑いで逮捕しました。  2008年、東村山市本町の都営アパートの一室で、手島公子さんが首や胸を刃物で刺されて死亡しているのが見つかりました。警視庁は21日未明、手島さんを殺害したとして、この部屋の隣に住む59歳の女を逮捕しました。警視庁によりますと、去年6月に手島さんの左手の薬指の爪について再鑑定をしたところ、DNAが検出され、この女のものと一致したということです。その後、任意で事情を聴いていましたが、「大変なことをしてしまいました」と容疑を認めたために逮捕したということです。 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000099086.html

| トラックバック (0)

« 2017年4月20日 | トップページ | 2017年4月22日 »