« 2017年4月11日 | トップページ | 2017年4月13日 »

2017年4月12日

2017年4月12日 (水)

警察元職員が2000円賽銭盗疑い 新潟の神社(12日)産経

 新潟県警阿賀野署は12日、神社の賽銭(さいせん)を盗んだとして窃盗の疑いで、県警の元事務職員で県交通安全協会職員の伊藤雅彦容疑者(64)を逮捕した。
 逮捕容疑は2日午後5時ごろ、阿賀野市の神社で、石の上に置かれた賽銭の現金約2千円を盗んだとしている。
 同協会によると、伊藤容疑者は新発田署で自動車保管場所や道路使用の現地調査を担当しており、2日は休みだった。
 阿賀野署によると、神社の防犯カメラの映像から伊藤容疑者が浮上した。
http://www.sankei.com/affairs/news/170412/afr1704120028-n1.html

| トラックバック (0)

「おとり捜査に協力」無罪主張の男に実刑 覚醒剤所持罪(12日)朝日

 覚醒剤の所持で大阪府警に逮捕されたが、「厚生労働省近畿厚生局の麻薬取締官によるおとり捜査に協力しただけ」と無罪を訴えていた男性被告の判決公判が12日、大阪地裁であった。
 村越一浩裁判長は、覚醒剤取締法違反(営利目的所持)などの罪で懲役8年6カ月罰金300万円(求刑懲役13年罰金300万円)の実刑判決を言い渡した。一方、被告と取締官が「持ちつ持たれつ」の関係にあったと指摘、「取締官の対応が取引を助長した面は否定できない」として刑を軽くした。
 判決を受けたのは、渡辺吉康被告(55)=大阪市西区。2015年4月、大阪府警に現行犯逮捕された。判決は、被告が覚醒剤を小分けして100袋以上も保管していたことなどから密売目的の所持と認定した。
 その上で、逮捕までの9カ月間、渡辺被告が取締官と約30回面会し、何度もメールでやり取りしていた点に着目。取締官が「情報収集の一環として(被告に)対応していた」とし、取締官が被告の覚醒剤取引を「少なくとも容認していた」と認定した。
 取締官の薬物捜査の違法性を指…
残り:188文字/全文:625文字
http://www.asahi.com/articles/ASK4D4JXHK4DPTIL016.html

| トラックバック (0)

河川敷ジョギング中にやけど、ぬかるみに石灰?(12日)読売

 川崎市中原区の多摩川河川敷で今月1日、ジョギングなどをしていた男女約10人が化学物質が原因とみられるやけどを負っていたことがわかった。
  国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所(横浜市)は、土中の石灰が雨で溶けだしてアルカリ性のぬかるみができた可能性があるとみて、周囲約250メートルを立ち入り禁止にした。
 同事務所によると、多摩川右岸の丸子橋上流500メートル付近の河川敷を通った人から、「足が痛くなり、病院で化学やけどと診断された」「河川敷に白いぬかるみがあった」などという連絡が複数寄せられた。職員が確認したところ、地面の一部が白くなっていた。現場近くでは先月末まで堤防工事が行われており、石灰などを含む土で舗装していたという。同事務所は施工業者に事情を聞くなどして詳しい原因を調べている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170412-OYT1T50057.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚醒剤取り引きを麻薬取締部が容認 大阪地裁が判決で指摘(12日)NHK

大阪市内で覚醒剤を密売目的で隠し持っていた罪などに問われた男に、大阪地方裁判所は有罪判決を言い渡した一方で、「近畿厚生局の麻薬取締部が被告と密売人との取り引きを容認し、事件を助長した面は否定できない」と指摘しました。
 大阪・西区の無職、渡邊吉康被告(55)は、おととし4月に大阪市内のビルや自宅で、合わせて1キロを超える覚醒剤やコカインを密売目的で隠し持っていたなどとして警察に逮捕され、覚醒剤取締法違反などの罪に問われました。
 裁判で、「近畿厚生局の麻薬取締官のスパイをさせられ、犯罪の誘発を働きかける違法な『おとり捜査』に巻き込まれていた」として無罪を主張しました。
 12日の判決で、大阪地方裁判所の村越一浩裁判長は「被告は捜査協力のためではなく、自分の利益のために覚醒剤を入手した。これまでも長期の刑罰を受けてきたのに大量の覚醒剤を所持したのは悪質だ」と述べました。
 一方で、「近畿厚生局の麻薬取締部が、密売人情報を集めるため、被告と別の密売人との取り引きを容認し、犯罪を助長した面は否定できず、こうした事情を考慮する必要がある」と指摘し、検察の懲役13年の求刑に対し、懲役8年6か月、罰金300万円を言い渡しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170412/k10010946361000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| トラックバック (0)

遊具に首挟み一時心肺停止、香川 保育施設で3歳女児(12日)共同

12日午前9時半ごろ、香川県善通寺市生野本町の保育施設「カナン子育てプラザ21」で、屋外の雲梯で遊んでいた女児(3)=同県丸亀市=が上部の2本の支柱間で首を挟まれ、心肺停止の状態で病院に搬送された。その後自発呼吸を回復した。
 保育施設などによると、雲梯は全体の高さが約140センチあり、首を挟んだ水平方向の支柱までの高さは約100センチだった。当時は屋外で遊ぶ時間帯で、女児は午前9時20分ごろから雲梯で遊び始め、約10分後に職員が気づいて119番した。
https://this.kiji.is/224844188038727164?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

神社で首つった状態…中3男子自殺か 新学期に何が(12日)テレビ朝日

中学3年の男子生徒が神社の敷地で首をつった状態で見つかり、死亡が確認されました。
 12日午前7時ごろ、長崎県大村市の神社の敷地内で、若い男性が首をつっているのを散歩中の人が見つけ、警察に届け出ました。警察は自殺の可能性が高いとみています。遺書などの有無について、警察は言えないとしています。男性は近くに住む中学3年生で、すでに亡くなっていました。男子生徒が通う学校によりますと、生徒は昨年度の後半は学校を休みがちだったものの、4月に入って学校には毎日通っていて、11日も変わった様子はなかったということです。学校は、いじめなどの相談も受けていないとしています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000098486.html

| トラックバック (0)

C型肝炎治療薬の偽造品、卸売業者2社に業務停止命令(12日)TBS

C型肝炎治療薬の偽造品が都内などで相次いで見つかった問題で、東京都が偽造品を扱っていた卸売業者2社に対し業務停止命令を出しました。
 東京都が医薬品の販売を禁止する業務停止命令を出したのは、千代田区の卸売業者2社です。業務停止の期間は、「エール薬品」が13日から12日間、「大興薬品」が13日から8日間です。
 C型肝炎治療薬の「ハーボニー配合錠」をめぐっては、奈良県内の薬局や都内で偽造品のボトルがあわせて15本見つかっていて、東京都は業者に対し、業務改善計画書を出させていました。東京都は「極めて悪質。反省を促し、再発を防止するためにも、業務停止を命じた」としています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3027228.html

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(12、13日 単位・レベル) 
打ち寄せる高齢化の波
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012685

単なる男女間トラブルとして扱うのではなく、そのトラブルが事件に発展するのを防止するためとしてストーカー規制法が生まれた。その背景にあるのは桶川女子大生殺人事件だ。この時、警察の不作為が問われ、規制法が誕生して警察が事件の未然防止に動けるようになった。
 しかし、「怖いのでなんとかなりませんか?」と相談を受け、危険性が高いとしても、被害者の親告がなければ相手の逮捕などはできなかった。親告罪だからである。
 それが、被害者からの親告がなくても、重大事件に発展する危険性を感じた場合は相手の身柄拘束が可能な非親告罪に改正された。ところが、これでも万全と言えない問題も含んでいる。
 警察庁によると平成28年の相談件数は2万2737件で、平成12年にストーカー規制法が施行された当時の相談件数2280件より約10倍に増えている。検挙件数も2605件でやはり過去最多となった。 
 検挙件数のうち刑法犯・特別法で最多は脅迫で363件、住居侵入が345件、傷害が180件の順。勿論最も多かったのはストーカー規制法違反で769件だった。
 被害者となる年齢層は最多が20歳代の7985人、30歳代が5658人、40歳代が4163人。70歳代も273人、10歳未満も2065人あった。
 これに対して加害者は30歳代が5041人、40歳代が4785人、20歳代が4235人だが、70歳代が681人もいて異性を思う恋心は年齢に関係ないようだ。ちなみに10歳以下が865人もいた。
 どんな行為かではつきまとい・待ち伏せが最も多く1万1643件、面会・交際要求が1万0946件、無言電話・連続電話・メールが6321件と続いた。
 「警察に相談していたのに…」と言われないよう、徹底検挙で臨み、カウンセリングを強化することも必要だ。
   首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

心がはずむ はるだから 守ろうね! 交差安全
         警視庁ホームページから

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| トラックバック (0)

特殊詐欺捜査に通信傍受の手法活用を 全国担当者会議(12日)NHK

年間400億円を超える深刻な被害が続く、振り込め詐欺などの特殊詐欺の捜査担当者を集めた警察の会議が開かれ、法律の改正で適用できるようになった通信傍受の捜査手法を活用していくことなどを確認しました。
 12日に警察庁で開かれた会議には、振り込め詐欺などの「特殊詐欺」の捜査を指揮する全国の警察幹部などおよそ90人が出席しました。
 警察庁のまとめによりますと、去年1年間の特殊詐欺の被害は全国で406億円余りに上り、4年連続で400億円を超えています。
 警察庁の栗生俊一次長は「被害の8割を占める高齢者に注意を促すとともに、子どもや孫がふだんからコミュニケーションを取るようにするなど、被害防止に向けた対策を強化してほしい」と述べました。
 そのうえで、法律の改正で去年12月から適用できるようになった通信傍受の捜査手法を活用し、中枢メンバーの検挙や拠点の摘発を進めるよう指示しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170412/k10010946131000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| トラックバック (0)

電気やガス、重要インフラ狙うサイバー攻撃 警視庁捜査(12日)朝日

 電気やガス、鉄道といった重要インフラを担う企業や官公庁を狙ったとみられるサイバー攻撃の存在が明らかになった。攻撃は4年前からあったが、2年半近く感染に気づかなかったケースも。気づかないうちに大量のデータを盗み取られた恐れもある。新たな感染経路が見つかったとして、警視庁が捜査している。
 大手セキュリティー企業ラック(東京)には2013年1月以降、「ダサーフ」と呼ばれるウイルスによる攻撃の被害相談が複数の企業などから寄せられた。それらを分析すると、電力やガスなど国が重要インフラと定める13分野の企業や行政機関が6割を占め、残りもインフラ関連の機器メーカーなどだった。
 ウイルスを解析すると、数カ月から約2年半、感染したまま動き続けていた。大量のファイルを束ねたとみられる圧縮ファイルが見つかり、外部にファイルを送った痕跡もあり、組織の機密情報の盗み取りを狙った「サイバースパイ」とみられる。情報は暗号化され、どんな情報が流出したのかは分からないという。
 ウイルスの発信元は不明だが、感染したパソコンの通信先になっていた国内のサーバーからは中国語版のソフトが見つかった。一般の対策ソフトでは検出されにくいため、把握できた被害は一部とみられる。
 重要インフラへのサイバー攻撃

 

残り:870文字/全文:1395文字
http://www.asahi.com/articles/ASK4666RFK46UUPI008.html

| トラックバック (0)

20代女性をタクシーに閉じ込め足をなめ回した容疑 36歳運転手を逮捕 (12日)産経

タクシーに乗車した女性客の足をなめ回すなどしたとして、宮城県警泉署はわいせつ略取、監禁、強制わいせつの疑いで仙台市泉区鶴が丘のタクシー運転手、江川洋容疑者(36)を逮捕した。「仕事で女性を乗せたが、そのようなことはしていない」として容疑を否認している。逮捕は11日付。
 逮捕容疑は2日午前1時25分~同55分ごろ、仙台市青葉区で20代の無職女性=同市泉区=を自身のタクシーにわいせつ目的で乗車させ、車内に閉じ込めて足をなめ回したりするなど、わいせつ行為をしたとしている。
 同署によると、江川容疑者は女性が乗車し、タクシーを発進させて間もなく運転席から手を伸ばして足を触ったという。その後、路上でタクシーを止め、運転席のシートを倒して足を触ったりなめたりした。続きを読む

| トラックバック (0)

静岡県警の刑事部長が失踪 財布や携帯自宅に残し10日夜から連絡取れず(12日)産経

静岡県警は12日、刑事部長の伊藤博文警視正(58)が10日夜に自宅を出たまま連絡が取れなくなり、行方を捜していると明らかにした。
 県警によると、伊藤警視正は同日午後5時20分に県警を退庁し、一度帰宅した後、同日午後9時ごろに自宅を出たとみられる。本人の財布や公用と私用の携帯電話2台は自宅に置いてあった。置き手紙のようなものは残されていなかったという。
 伊藤警視正の妻が11日午前8時半ごろに「今日は出勤できない。ちょっときてくれないか」と県警に連絡。同日から50~60人体制で静岡市内を中心に捜索しているが、目撃情報はないという。
 業務に支障を生じさせないよう、県警は12日付で刑事部参事官の石津裕士警視(57)を刑事部長事務代理とする人事異動を発令した。
http://www.sankei.com/affairs/news/170412/afr1704120016-n1.html

| トラックバック (0)

書店で女性の髪を切った男逮捕 暴行容疑で岡山中央署(12日)共同

書店ではさみを使い、客の女性の髪を切ったとして、岡山中央署は11日夜、暴行の疑いで、玉野市西田井地、自称塗装工芦田伸幸容疑者(57)を逮捕した。
 逮捕容疑は10日午後8時40分ごろ、岡山市中区の書店で、立ち読みをしていた同市、会社員女性(19)の背後に近づき、肩付近まであった髪5~6本の先端部(長さ約5センチ)をはさみで切った疑い。
 同署によると、切られたことに気付いた女性が店員のところに連れていこうとすると、髪を床に捨てて逃走。防犯カメラの映像から芦田容疑者を特定した。車内から犯行に使ったとみられるはさみも見つかった。「長い髪を見るとムラムラし、髪を切って匂いをかいだりしていた」と容疑を認めている。
 岡山市中区の別の書店では昨年3月~今月上旬に3回、同様の被害が起きており、関連を調べる。
http://www.sanyonews.jp/article/515944/1/?rct=area_syuyo

| トラックバック (0)

「高齢者詐欺」の寝具販売会社、法人税法違反の疑いで告発(12日)TBS

訪問販売に悩む高齢者から金をだまし取ったとして逮捕・起訴された寝具販売会社の実質的経営者が、1億6000万円余りの所得を隠し脱税していたとして刑事告発されたことがわかりました。
 法人税法違反の疑いで東京国税局から告発されたのは、横浜市保土ヶ谷区の寝具販売会社「ビシャモン」と実質的経営者の坂井寛被告(42)です。関係者によりますと、「ビシャモン」は虚偽の売り上げ台帳を作成するなどの手口で、2014年までの2年間におよそ1億6000万円の所得を隠し、法人税4000万円あまりを脱税していたということです。
 坂井被告は、訪問販売に悩む高齢者らを狙い金をだまし取ったとして、去年12月までに逮捕・起訴されています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3026926.html

| トラックバック (0)

現金輸送車を襲撃、容疑の自衛官逮捕 東京・昭島(12日)日経

東京都昭島市の銀行敷地内で、現金輸送車の警備員から小切手などを奪ったとして、警視庁捜査1課は12日、陸上自衛隊東立川駐屯地に所属する陸士長、谷口穂高容疑者(24)=東京都立川市栄町1=を強盗容疑で逮捕した。
 逮捕容疑は昨年12月22日午後、昭島市玉川町1の八千代銀行昭島支店の敷地内で、現金輸送車にバッグを積み込んでいた男性警備員(29)に拳銃のようなものを突きつけ、「バッグ出せ。撃つぞ」などと脅迫し、小切手などが入ったバッグ2個を奪った疑い。
 捜査1課によると、谷口容疑者は自転車で逃走したが通行人に転倒させられ、バッグと自転車を残して逃げた。自転車の防犯登録などから同容疑者が浮上した。
 陸上自衛隊東立川駐屯地は「隊員に対する指導を徹底する」とコメントした。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG12H2S_S7A410C1CC0000/

| トラックバック (0)

「時間ある?」51歳すし職人小2女児に“わいせつ”(12日)テレビ朝日

東京・江戸川区で帰宅途中の小学生にわいせつな行為をしたとして、別のストーカー事件で逮捕・起訴されている男が再逮捕されました。
 すし職人の木野宣達容疑者(51)は先月7日午後、江戸川区内で帰宅途中の小学2年の女子児童に「時間ある?」などと言って路地裏に連れ込み、わいせつな行為をした疑いが持たれています。警視庁によりますと、木野容疑者は先月、見知らぬ20代女性の後をつけ、数日にわたって女性宅のインターホンを鳴らしたとして逮捕・起訴されていました。現場周辺の防犯カメラに映っていた女子児童を追う男が木野容疑者に似ていたことから逮捕に至りました。取り調べに木野容疑者は容疑を認めているということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000098450.html

| トラックバック (0)

新学期の子どもに安全を…通学路で一斉取り締まり(12日)テレビ朝日

春の全国交通安全運動に合わせて、東京都内の小学校の通学路206カ所で一斉に交通取り締まりが行われました。
 東京・新宿区の四谷小学校の通学路にあたる交差点は一日を通して交通量が多く、自転車の信号無視が多い場所です。12日朝は登校時間に合わせ、警察官や区の職員や町のボランティアが信号無視の自転車や過積載のトラックに指導を行いました。去年、都内で起きた小学生の死亡事故4件は、いずれも7歳の男の子が交差点でトラックやバスなどの大型車両にひかれる事故でした。警視庁は、新入学児童は通学路に慣れていないうえ、大型車両の死角に入りやすいため、14日まで通学路の取り締まりを強化するということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000098452.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性2人、男に相次ぎ液体かけられ顔などに軽傷(12日)読売

11日夜、名古屋市緑区の路上で、女性2人が男に液体をかけられ、顔などに軽傷を負う事件が相次いだ。
 愛知県警緑署は同一犯による犯行とみて、傷害容疑で捜査している。
 発表によると、同日午後7時35分頃、同区有松の路上で同市の女性会社員(23)が、さらに同9時10分頃には、西に約3・7キロの同区鳴海町の路上で同市の女性会社員(30)が、男に液体をかけられた。女性2人は目や顔に痛みや熱さを訴えたという。県警が液体の成分などを詳しく調べている。
 1件目の男はがっちりした体格、2件目は身長約1メートル80だったという。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170412-OYT1T50021.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

強制わいせつの罪で旭川の小学校教諭を3度目起訴(12日)共同

【旭川】旭川地検は11日までに、強制わいせつの罪で、旭川市永山4の9、同市立小学校教諭菅野博之容疑者(42)=別の強制わいせつ罪で起訴済み=を追起訴した。
 起訴は3回目。起訴状によると、菅野被告は昨年10月と11月、計2回にわたり、10代女性にわいせつな行為をしたとしている。
 菅野被告は昨年夏から12月にかけて、別の10代女性2人に対しても同様の行為をしたとして、強制わいせつ罪で起訴されている。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0388706.html

| トラックバック (0)

去年12月の東京・昭島市での銀行強盗、強盗容疑で自衛官逮捕(12日)TBS

去年12月東京・昭島市の八千代銀行・昭島支店で小切手などが奪われた事件で、警視庁は、12日、陸上自衛隊立川駐屯地所属の自衛官・谷口穂高容疑者(24)を強盗の疑いで逮捕しました。
 谷口容疑者は、去年12月22日、警備員らにけん銃のようなものを突きつけ脅し、小切手およそ6000万円分などが入ったバッグを奪った疑いが持たれています。谷口容疑者は通行人によって転倒させられ、バッグを置いて逃走しました。
 取り調べに対し、谷口容疑者は容疑を認めているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3026804.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

韓国で塩酸入りポリタンク違法投棄か 日本海沿岸に6000個漂着で大迷惑(12日)産経

日本海沿岸各地に2月中旬から3月下旬にかけて大量ポリタンクが漂着した。山陰地方を中心に北海道から山口県にかけて6千個以上が確認され、その多くにハングルの表記や「過酸化水素」という文字がみられた。実際に液体が入った缶も多く、内容物が塩酸と確認されたケースもあり、沿岸住民らは不安に包まれている。なぜ、大量のポリタンクが突如として波のように押し寄せたのか。取材を進めると、ポリタンクを容器に使った韓国での違法薬物販売の実態が垣間見えた。
  島根県に約3千個漂着

 波に打ち上げられた青色のポリタンク。島根県では漂着した全体の約半数に当たる2916個を回収した。発端は2月17日午前9時ごろ、JFしまね益田支所から同県益田市に、「砂浜にポリタンクが約20個打ち上げられている」と通報があったことだ。
 同支所によると、2月に入って益田、浜田両市でポリタンクの小規模な漂着事例があったため、JFしまね本所が海岸部を監視するよう各支所などに通知。16日夕、益田市久城町内を確認していた漁業者が、砂浜にポリタンクが約20個打ち上げられているのを見つけ、支所に連絡した。
 益田市や県の担当者らが同市沿岸を調べたところ、17日午後7時までに253個を発見。その大半は青色の容器で、表面にはハングルや「過酸化水素」の表示があった。また、半数近くの容器には内容物が確認された。
 このため、県や市は「強酸性の液体が残っている恐れがあるため、発見した場合は決して触らず、県や市町村、警察や消防などに連絡を」と呼びかけた。続きを読む

| トラックバック (0)

【青森中2葛西りまさん自殺】いじめ自殺「学校に問題」 遺族に報告(12日)産経

昨年8月に青森市立浪岡中2年の葛西りまさん=当時(13)=がいじめの被害を訴えて自殺した問題で、有識者でつくる市教育委員会の審議会は11日、いじめを単なるトラブルと判断するなど学校側の対応に問題があったとする調査報告書の原案をまとめ、遺族に伝えた。遺族側が記者会見で明らかにした。
 遺族側によると、いじめと自殺との因果関係について、審議会は「解明できない」と説明したという。遺族側は、さらなる調査を求めた。
 審議会による遺族への原案の報告は非公開で行われた。会長の櫛引素夫青森大教授は終了後、記者団に「内容は言えない」と述べた。今後、最終報告書をまとめ発表する見通し。
 りまさんは2学期の始業式翌日の昨年8月25日、列車にはねられて死亡した。スマートフォンには「いじめに耐えられない」との趣旨のメモが残されていた。
http://www.sankei.com/affairs/news/170411/afr1704110039-n1.html

| トラックバック (0)

見守り男性の遺志継ぎ、通学路に防犯カメラ(12日)読売

島根県益田市

久々茂

くくも

町と同市大谷町の豊川小学校近くの交差点に防犯カメラが設置され、10日、運用開始式が行われた。
 久々茂町の交差点では1月、児童の見守り活動をしていた近くの三原

董充

ただみつ

さん(73)が飲酒運転の車にはねられ死亡しており、出席者は三原さんの遺志を継ごうと改めて児童らの安全な環境づくりを誓った。
 式は、久々茂町で行われ、豊川地区子ども見守り隊員や益田署員ら約30人が出席。田原哲夫・同地区連合自治会長(67)が「今日を節目に個人、組織で安全な地域作りを推進する」とあいさつした。その後、交差点のポールに取り付けられたカメラを除幕した。
 防犯カメラは同連合自治会と、設備や工事の費用を負担した徳栄建設(益田市)が設置。常時、録画され、10日前の映像まで遡って確認できる。事故や事件の際、同署が映像の提供を受け、捜査などに活用する。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170410-OYT1T50066.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性2人が男に液体かけられ目に痛みなど 名古屋(12日)NHK

11日夜、名古屋市緑区の路上で歩いて帰宅していた女性2人が相次いで男から液体をかけられ、このうち1人が目の痛みを訴えて病院で手当てを受けました。警察は、同じ人物による犯行の疑いがあると見て傷害事件として捜査しています。
 11日午後7時半すぎ、名古屋市緑区有松の路上で、歩いて帰宅途中だった23歳の会社員の女性がすれ違った男から顔などに液体をかけられました。
警察によりますと、女性は目の痛みを訴えて病院で手当てを受けましたが、けがの程度は軽いということです。
 このおよそ1時間半後の午後9時すぎ、西に4キロほど離れた名古屋市緑区鳴海町の路上でも、帰宅途中の30歳の会社員の女性が、歩いて追い越した男に液体をかけられ顔に熱を感じたということです。
警察によりますと、この現場の男は、身長が1メートル80センチくらいで帽子をかぶっていたということです。
 警察は、液体の成分を詳しく調べるとともに、手口が似ていることなどから同じ人物による犯行の疑いがあると見て、傷害事件として男の行方を捜査しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170412/k10010945401000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_008

| トラックバック (0)

外務省 北朝鮮の脅威で韓国渡航者などに注意呼びかけ(12日)NHK

外務省は、核実験や弾道ミサイルの発射を繰り返す北朝鮮が新たな段階の脅威に入ったことを理由に、隣国の韓国への渡航者などを対象に、朝鮮半島情勢に注意するよう呼びかける海外安全情報を発表しました。
 外務省は、11日夜、韓国に渡航したり滞在したりする人を対象に注意などを呼びかける海外安全情報を発表しました。それによりますと「韓国では直ちに日本人の安全に影響がある状況ではない」としながらも、隣接する北朝鮮が核実験や弾道ミサイルの発射を繰り返していることから、朝鮮半島情勢に関する情報に注意するよう呼びかけています。
 具体的には、緊急事態発生時の連絡などをメールで受け取ることができる「たびレジ」というサービスを登録することや、3か月以上の長期にわたり韓国に滞在する場合には、現地の大使館や総領事館に届け出ることを求めています。
 外務省は「北朝鮮が核実験や弾道ミサイルの発射を繰り返し、新たな段階の脅威に入ったという情勢を踏まえて判断した」としています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170412/k10010945371000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006

| トラックバック (0)

1歳児殴られ重体、容疑で父逮捕 外傷複数「イライラした」/鶴ケ島(12日)共同

自宅で次男(1)の頭を殴り負傷させたとして、西入間署は11日、傷害の疑いで、鶴ケ島市脚折、会社員の男(23)を逮捕した。次男は救急搬送されたが、意識不明の重体。同署は日常的な虐待がなかったかについても捜査する。
 逮捕容疑は10日午後9時20分ごろ、自宅居間などで、次男の頭を拳で殴るなどして、外傷性急性硬膜下血腫の傷害を負わせた疑い。男は「息子の頭を殴った」などと容疑を認めているという。
 捜査関係者によると、次男の頭部には複数の外傷があった。男は「次男の髪を切っていたが、言うことを聞かなかったので、イライラした。頭を殴り、たたき付けた」という趣旨の供述をしているという。
 同署によると、男は妻(29)と長男(3)、長女(2)、次男の5人暮らし。事件当時、全員在宅していたが、妻やほかの子ども2人にけがはなかった。妻が「父親が1歳の息子を殴った」と119番した。                                      
http://www.saitama-np.co.jp/news/2017/04/12/01_.html

| トラックバック (0)

血痕拭いた痕跡見つからず 東京・杉並の殺害現場の特定急ぐ(12日)共同

東京都杉並区の自宅で、胸に刺し傷のある無職上田美恵子さん(62)の遺体が見つかった事件で、家の中に大量の血痕が残っていたり、血液を拭いたりしたような痕跡が見つかっていないことが12日、捜査関係者への取材で分かった。
 警視庁捜査1課は、遺体のそばに上田さんが履いていたとみられるスリッパがあることから住宅内で殺害されたとみて、現場の特定を進めている。遺体は床下の収納ケースの奥で倒れており、何者かが殺害後、見つかりにくい位置に動かした可能性もある。
 左胸の傷は数カ所で、一部は心臓や背中を貫通。口や鼻に粘着テープが巻かれ、首の骨も折れていた。
https://this.kiji.is/224632797524426761?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

アパートに3人組の男押し入る、金庫奪い逃走(12日)TBS

11日午前、群馬県太田市のアパートに3人組の外国人とみられる男が押し入り、現金およそ40万円が入った金庫などを奪って逃走しました。
 午前11時前、太田市東矢島町のアパートで会社員の女性(25)が住む部屋に3人組の男が押し入り、女性に「金どこ」などと脅した上、現金およそ40万円が入った金庫などを奪って逃走しました。部屋にいた女性らにけがはありませんでした。
 警察によりますと、3人のうち2人は20~30代、白い軍手に白いマスクをしていたということです。3人とも外国人とみられ、警察が行方を追っています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3026405.html

| トラックバック (0)

生活保護受給者のギャンブル、自治体に報告求める 厚労省(12日)日経

生活保護受給者がパチンコや競馬などの公営ギャンブルをしている事例や、自治体の指導状況について、厚生労働省が実態調査を始めたことが11日までに分かった。厚労省は「自治体の対応を把握するため」としている。人権団体からは「受給者への偏見を招く」との懸念が出ている。
 厚労省は各地の福祉事務所に回答を求める通知を3月に都道府県などに送付。パチンコやギャンブル、宝くじなどについて、過去1年間に受給者を指導した件数、パチンコなどで得た収入を申告しなかった不正受給の件数などを聞いている。
 生活保護法にパチンコなどを禁止する規定はないが、過剰な場合にはケースワーカーが指導することがある。一方、大分県別府市と中津市がパチンコをしていた受給者の保護費を一部停止するなどしたケースでは、厚労省が昨年「不適切」と指摘し、両市が撤回した。
 「生活保護問題対策全国会議」代表幹事の尾藤広喜弁護士は「調査は『生活保護受給者は自堕落だ』とのイメージを与えかねない。保護費を締め付けたいだけではないか」と話している。
 生活保護受給者のパチンコなどを禁止すべきだとしている日本維新の会の議員が1月に衆院予算委員会で塩崎恭久厚労相に調査を求め、塩崎氏が実態把握する方針を示していた。〔共同〕http://www.nikkei.com/article/DGXLZO15191190R10C17A4000000/

| トラックバック (0)

ドルトムントのバス付近で爆発 選手1人がけが(12日)テレビ朝日

サッカー、ドイツ1部リーグで香川真司選手が所属するドルトムントの選手らが乗ったバスの近くで爆発があり、選手1人がけがをしました。香川選手にけがはありませんでした。
 現地メディアなどによりますと、11日夜、ドイツ西部のドルトムントでサッカー、ドイツ1部リーグ、ドルトムントの選手らが試合のためスタジアムに向かっていたところ、乗っていたバスの近くで3回の爆発がありました。この爆発でバスの窓ガラスの一部が割れ、選手1人がけがをしましたが、命に別状はないということです。チームによりますと、所属する香川選手にけがはありません。選手らはヨーロッパチャンピオンズリーグのモナコ戦に臨む予定でしたが、試合は12日に延期となりました。爆発の原因など詳しいことは明らかになっていません。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000098436.html

| トラックバック (0)

警視庁と東京税関が羽田空港でテロ訓練 警戒を強化(12日)テレビ朝日

海外でテロが相次いでいることを受け、警視庁と東京税関が羽田空港でテロ対処訓練を行いました。
 訓練は、羽田空港国際線ターミナルの手荷物の検査場で行われ、警察官や税関職員ら約50人が参加しました。訓練は、犯人の男女が日本国内に毒物を持ち込もうとして税関に止められた想定で、その後、刃物や拳銃で抵抗する男女や仲間を警察官が制圧するまでをシミュレーションしました。ベルギーなどでは空港を狙ったテロが発生していることから、警視庁は羽田空港や関連施設での訓練を重ね、警戒を強化しています。東京空港署の前田敦署長は「国民の皆さんの目が極めて大きな警戒力になる。不審な人や物を見たら、ためらわずに通報してほしい」と呼び掛けました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000098404.html

| トラックバック (0)

« 2017年4月11日 | トップページ | 2017年4月13日 »