« 2017年4月5日 | トップページ | 2017年4月7日 »

2017年4月6日

2017年4月 6日 (木)

テロ等準備罪新設法案 衆議院本会議で審議入り(6日)NHK

後半国会の焦点となっている、共謀罪の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案が、衆議院本会議で審議入りしました。民進党が「法案は日本を監視社会にするものだ」と批判したのに対し、安倍総理大臣は、処罰対象を組織的犯罪集団に限定しており、国民を監視するものではないと反論したうえで、重大な犯罪の未然防止のために法案の成立が必要だと強調しました。
 共謀罪の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案は、テロ組織や暴力団などの組織的犯罪集団が、重大な犯罪を計画し、メンバーのうちの誰かが犯罪の準備行為を行った場合などに、計画した全員が処罰の対象になるとしています。
 法案は、6日の衆議院本会議で、安倍総理大臣や金田法務大臣らが出席して、趣旨説明と質疑が行われました。この中で、自民党の土屋正忠氏は「大規模なテロ事件などが続く中、日本がテロを含む国際的な組織犯罪防止の抜け穴になっている現状は早急に解決すべきだ。東京オリンピック・パラリンピックなどの開催を控え万全の体制を整える必要がある」と質問しました。
 これに対し、安倍総理大臣は「国際組織犯罪防止条約を締結していないのは世界で11か国、G7=主要7か国では日本だけで、日本が国際社会における法の抜け穴となるわけにはいかない。世界各地でテロが続発する中、3年後には東京オリンピック・パラリンピックの開催を控えるなどテロ対策に万全を期すことは開催国の責務だ」と述べました。そのうえで、安倍総理大臣は「条約の締結に必要な国内法整備、すなわちテロ等準備罪処罰法を成立させ、条約を早期に締結することが必要不可欠だ」と述べました。
 民進党の逢坂誠二氏は「法案は恒常的な監視が前提であり、日本を監視社会にするものだ。国際組織犯罪防止条約を締結している国でもテロを防ぎ切れておらず、テロ対策を口実に『共謀罪法案』の成立を画策するのはこそくな手口だ」と批判しました。
 これに対し、安倍総理大臣は「処罰対象を組織的犯罪集団に限定しており、正当な活動を行っている団体が対象となることや、捜査の対象となることもない。また、新たな捜査手法を導入することも予定しておらず、捜査機関が常時、国民の動静を監視するようになるといった懸念は全く無用だ」と反論しました。そのうえで、安倍総理大臣は、重大な犯罪を未然に防止するためには、法案の成立が必要だと強調しました。さらに、安倍総理大臣は「世界各地でテロが発生して情勢は常に変化しており、テロ対策に、これで十分ということはない。『これで十分』とさらなる努力を放棄するような政党には政権を担う資格はない」と民進党を批判しました。
 このほか、安倍総理大臣は、日本維新の会が対案に盛り込む方針の、取り調べの録音や録画の義務化について、法制度の上では、「テロ等準備罪」の対象事件は録音・録画を求められないものの、必要な場合には、検察などが実務上の運用の一環として実施することになるという認識を示しました。

菅官房長官「一日も早い成立目指したい」

菅官房長官は午後の記者会見で、「これまでの国会でのさまざまな指摘を踏まえた法案であることや、テロ情勢が極めて厳しい中で、情報を事前に察知し、万全の態勢を取ることが政府の役割であることなどを丁寧に説明しながら、成立させることを目指していきたい。与党のみならず野党の皆さんにも幅広い支持をいただけるよう丁寧に分かりやすく説明し、一日も早い成立を目指したい」と述べました。
続くdownwardleft

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170406/k10010939361000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| トラックバック (0)

スーツ姿でグリーン車狙う? 83歳男に窃盗未遂容疑(6日)朝日

 東海道新幹線のグリーン車を主な「舞台」とし、スリを繰り返してきたとされる京都市の男(83)が6日、窃盗未遂の疑いで現行犯逮捕された。京都府警によると、男は数十年にわたりスリを働いては逮捕され、捜査員らに広く知られた存在だったという。
 捜査3課によると、男の逮捕容疑は、6日朝、東海道新幹線の京都―新大阪間の「のぞみ」グリーン車内で、東京都内の会社社長の男性(40)のカバンを物色し、金品を盗もうとしたというもの。男はビジネスバッグを持ち、スーツ姿。警戒していた捜査員がこの時の様子を目撃し、現行犯逮捕したという。一方、男は容疑を否認しているという。
 同課は、JR京都駅で1月に発生したスリ事件の捜査で、男の行動を確認していた。京都駅近くのホテルに暮らしながら、入場券で頻繁に名古屋―新大阪間を走る新幹線に乗車し、グリーン車内で不審な動きをしていたという。(徳永猛城)
http://www.asahi.com/articles/ASK465Q1GK46PLZB017.html

| トラックバック (0)

配偶者や恋人からの暴力、男性被害が初の1万超(6日)読売

 昨年1年間に全国の警察が把握した配偶者や恋人からの暴力(DV)被害は前年比10・7%増の6万9908件で、過去最多だったことが警察庁のまとめでわかった。

  •                                
     
           

 摘発件数も過去最多の8387件で、統計を取り始めた03年の約8倍になった。
 DV被害者の85%は女性だったが、男性の被害も1万496件に上り、初めて1万件を超えた。
 DVによって死亡した被害者は2人。摘発した8387件のうち、傷害と暴行が9割近くを占めた。
 裁判所による保護命令は2143件で、前年より約11%減った。被害者への防犯指導が6万2129件(前年比12・8%増)、加害者への指導警告も3万9851件(同25・5%増)と増えており、保護命令の前段階で対応するケースが増えたためとみられる。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170406-OYT1T50122.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

元警察犬 きな子に感謝状 諦めない姿が人気(6日)NHK

警察犬を目指して、何度も失敗と挑戦を繰り返す姿が映画のモデルにもなるなど人気を集め、先月、老衰で死んだ元嘱託警察犬「きな子」に、香川県警察本部から感謝状が贈られました。
 香川県警察本部の元嘱託警察犬、きな子は平成14年5月に生まれたメスのラブラドールレトリーバーで、警察犬を目指して失敗にもめげず、何度も試験に挑戦する姿が映画のモデルになるなど人気を集めました。
 嘱託警察犬に採用されたあとは、行方不明者の捜索などに出動するかたわら、警察のマスコットキャラクターとして、防犯教室や防犯キャンペーンに参加するなど活動を続けてきましたが、先月20日、老衰で死にました。
 6日は高松市の香川県警察本部で、古田昭博生活安全部長が、きな子への感謝状を、きな子の訓練士だった川西智紗さんに手渡し、「諦めない姿勢や愛くるしい、ふるまいから多くの人に親しまれ、マスコットとして貢献してくれました」と感謝の言葉を述べました。
 感謝状を受け取った川西さんは「きな子も喜んでいると思います。『頑張ったね、ありがとう』と伝えてあげたい」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170406/k10010939491000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_008

| トラックバック (0)

今村復興相の“自己責任”発言 自主避難者が抗議(6日)NHK

今村復興大臣が福島県から自主避難している人たちに対して「帰れないのは本人の責任」などと記者会見で発言したことを受けて、福島県から都内に避難している人たちが復興庁を訪ねて抗議しました。
 復興庁を訪れたのは福島県から都内に自主避難している人たちと支援団体のメンバーです。
 一行は復興庁の担当職員と面会し、4日の今村復興大臣の発言の撤回と謝罪さらに大臣の辞任を求めました。このなかで、参加者の1人が「自己責任よりも国の責任を果たしてほしい」と述べると、職員は「皆さんのご意見を深く受け止める」と応じました。
 復興庁の入る建物の前では、大臣の発言に対する抗議活動も行われ、参加者は横断幕やプラカードを掲げて「暴言を許さない」などと声を上げていました。
 福島県田村市から都内に避難し、1人で暮らしているという熊本美彌子さん(74)は「原発事故がなければ私たちは避難しなかったのに自己責任と言われても大変困ります。復興大臣は辞めるべきだと思います」と話していました。

自主避難者は約2万6000人

福島県によりますと、避難指示区域以外から県外などに避難しているいわゆる「自主避難者」は去年10月の時点でおよそ2万6000人と見られています。
 自主避難の人たちはこれまで国や自治体の支援で避難先のアパートなどに無償で住むことができましたが、福島県は先月末で、この支援を打ち切りました。このため、自主避難の人たちは福島県に戻るか、避難先に定住するかの決断を迫られています。福島県も、現在、最大で3万円の家賃補助や公営住宅への優先的な入居などの新たな支援を行っていますが、無償入居の支援の継続を行政に求める動きもあるということです。

集団訴訟29件 原告は1万2000人余

4日の記者会見で今村復興大臣は自主避難者への国の支援に関する質問に対し、裁判をやればいいという内容の発言をしましたが、原発事故で被害を受けた人たちが国と東京電力に対して慰謝料などを求める集団訴訟は全国で少なくとも29件が起こされ、原告は1万2000人余りに上っています。
 このうち、最初の判決となった先月の前橋地裁の判決は国と東京電力の責任を認めたうえで、自主的な避難には合理性があり、被ばくへの恐怖や不安にさらされないなどの権利を侵害されたと認めました。
 原発事故の損害賠償は原則として、国の指針で定められた金額が支払われていますが、自主避難者への賠償は避難指示が出た地域に比べて大幅に少なくなっています。
 前橋地裁の判決は、自主避難した人の慰謝料について屋内待避を指示されたケースを含む87人のうち60人は国の指針の水準を上回る損害があったと認め、追加の賠償を命じました。認定された慰謝料の金額は最大で屋内待避を指示された人が500万円、それ以外の人が70万円でした。家族が避難したものの本人は福島県内に残った人や、避難したあと、地元に戻った人にも追加の賠償が認められています。
 国と東京電力、原告側のいずれも前橋地裁の判決を不服として控訴していて、2審の審理や各地の裁判所の判断が注目されています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170406/k10010939641000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

| トラックバック (0)

5歳長男をフライパンで殴る…顔にノコギリ 虐待か(6日)テレビ朝日

5歳の男の子の全身をフライパンで殴り、顔をノコギリで切り付けてけがをさせたとして、両親が大阪府警に逮捕されました。
 傷害の疑いで逮捕されたのは、大阪市北区の会社員・尾本大輔容疑者(33)と妻で無職の綾乃容疑者(28)です。男の子は2月の下旬に両親に暴行されたとみられ、全治2週間のけがをしています。男の子は当初、警察に「ジャングルジムから落ちた」と説明していましたが、その後、「パパとママにやられた」と話したということです。警察の調べに対し、大輔容疑者は「一切、やっていません」と容疑を否認。一方、綾乃容疑者は「殴ったのは間違いない」と認めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000098077.html

| トラックバック (0)

映画館のトイレで…男子高校生が“デート相手盗撮”(6日)テレビ朝日

 映画館の女子トイレで盗撮をしようとした疑いで、男子高校生(17)を逮捕です。
 警察によりますと、福岡県春日市の男子高校生は先月、福岡市天神の映画館で女子トイレに侵入し、個室内にいる女子高校生(18)を盗撮しようとした疑いです。女子高校生は、逮捕された男子高校生と一緒に映画を見た後、防犯カメラを確認した施設管理者から男子高校生が女子トイレに入っていくのが映っていたと聞き、警察に通報したということです。男子高校生は容疑を認めていて、警察は余罪がないか調べる方針です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000098067.html

| トラックバック (0)

東京・大田区の公園でブランコのタイヤ落下、小学生4人けが(6日)TBS

6日午後、東京・大田区の公園でブランコのタイヤが落下し、遊んでいた小学生の女の子4人がけがをしました。
 午後2時ごろ、大田区下丸子の区立公園で、ブランコのチェーン部分が外れて吊られていたタイヤが落下しました。当時、小学2年と3年の女の子4人がタイヤに乗って遊んでいて、頭を打つなどして病院に運ばれましたがいずれも軽傷です。
 大田区によりますと、このブランコには先月、新しいチェーンとタイヤが取り付けられたばかりだったということで、管理会社が毎日目視で点検していたということです。このブランコは通常、子どもが1人か2人で乗るものだということで、警視庁は事故の原因を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3022685.htm

| トラックバック (0)

団地一室にミイラ化遺体、乳児か 東京・世田谷(6日)共同

6日午後1時半ごろ、東京都世田谷区船橋7丁目の団地の一室で、布にくるまった子どもの遺体が出てきたと110番があった。警視庁成城署によると、遺体はミイラ化した乳児とみられ、司法解剖して死因や身元の特定を進めるとともに、住人の70代男性から事情を聴いている。
 成城署によると、遺体の年齢や性別は不明で、和室の押し入れに入っていたバッグの中から見つかった。目立った外傷は確認されておらず、布製のおむつのようなものをしていたという。遺体の状況などから死後、相当な年数が経過しているとみられる。
 70代の男性は1人暮らしで、遺体について「知らない」と話している。
https://this.kiji.is/222665959394033668?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(6、7日 単位・レベル) 
これで良いのか?
【治安うんちく】

2009_1228_222559212

F1012681

 東京地検がこんな判断を下した。
 高齢女性が、孫を装って100万円をだまし取られた詐欺で、現金を被害者から受け取り、犯人に渡したとして32歳のバイク便経営者とドライバー2人が警視庁に逮捕されたが、東京地検は不起訴処分にした。その理由について「起訴すべきと判断する証拠が得られなかった」としている。
 これがまかり通れば「依頼されて貨物の内容を知らなかった」と言ってしまえば犯罪にならないことになる。今、バイク便はネットで調べただけでもかなりの数になる。ところが、中には「路上渡し」などの違法行為をするバイク便がある。
 詐欺の片棒を担いでいて、「知らなかったから関係ない」で済まされますか?当然、業界自体が犯罪行為に加担しないとする意識をどこまで持っているかだが、東京地検の判断が正しいというなら、業界指導をどうするかが喫緊の課題になる。
 警察庁によると今年2月までの振り込め詐欺の認知件数が増加。還付金詐欺では前年に比べて2億円も被害額が増えている。
 今年2月現在の振り込め詐欺の認知件数は2264件で前年同期より444件の増加。被害額は46億5187万4574円で、こちらは同3億5495万6984円の減少。
 このうち、おれおれ詐欺の認知件数は840件で同11件の増。実質的な被害額は22億8583万4694円で、9125万1136円も増えてしまった。
 架空請求詐欺は683件で195件の増。実質的被害額は15億3641万1880円で、こちらは6億6630万0120円の減少だった。
 ところが困ったのは還付金詐欺。認知件数が623件で192件も増え、被害額も7億3479万6000円で、なんと2億3612万3000円も増えてしまった。
 銀行口座利用の振り込め詐欺は、約款に基づく「口座の凍結」で対応。「受け取り型」は、警察官の待ち伏せで対処できるが、問題はバイク便だ。許認可も含めて業界事態もゆうパックや不動産の貸し室業界同様に、内部努力が必要だ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
春の全国交通安全運動期間中(6〜15日)

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| トラックバック (0)

「共謀罪」法案審議入り 安倍首相「テロ対策は責務」(26日)共同

 犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案は6日、衆院本会議で審議入りした。与党は4月中の衆院通過と、今国会での成立を目指す。野党側は「捜査機関が乱用する恐れがある」として、廃案を目指し徹底抗戦する構えだ。
 安倍晋三首相は「東京五輪・パラリンピックの開催を控え、テロ対策に万全を期すことは開催国の責務だ。国内法整備のためには法案成立が不可欠だ」と述べた。
 金田勝年法相は趣旨説明で「近年における犯罪の国際化と組織化の状況に鑑み、必要な法整備を行う」と意義を強調した。

https://this.kiji.is/222572218530316297?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

ストーカー・DVで検挙過去最多 男性相談も増加(6日)テレビ朝日

去年1年間、全国でストーカーに関連する事件といわゆる「DV」に関する事件の検挙件数が過去最多を更新したことが分かりました。
 警察庁によりますと、去年、全国のストーカーに関する事件の検挙件数は前年より190件増えて2605件で、過去最多を更新しました。強制わいせつや住居侵入事件が増加傾向にあります。被害の相談は女性が9割近くを占め、全体の6割以上が20代から30代でした。配偶者からの暴力に関する事件の検挙件数は前年から381件増えて8387件で、DV防止法が施行された2001年から増加し続けて過去最多です。このうち未遂を含む殺人罪での検挙件数は102件でした。被害の相談は7万件ほどで、男性からの相談も増加傾向にあり、去年、初めて1万件を超えました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000098045.html

| トラックバック (0)

女児の頬なめ顔殴ったか 男「酒飲みムラムラした」(6日)テレビ朝日

東京・足立区のマンションで11歳の女の子の頬をなめたうえ、顔を殴ったとして41歳の男が逮捕されました。
 石田隆一容疑者は先月、足立区のマンションの通路で下校途中の小学5年の女の子の頬をなめ、顔を殴った疑いが持たれています。女の子は顔に全治1週間のけがをしました。警視庁によりますと、石田容疑者はマンションに入る女の子の後をつけて近付き、驚いて転んだ女の子の頬を突然、なめたうえで、声を上げられたため、殴ったということです。2人に面識はありませんでした。取り調べに対し、石田容疑者は「酒を飲み、ムラムラした。女性を触りたい衝動に駆られた」などと供述しているということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000098044.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

用心棒の報酬受け取る約束 暴力団幹部に防止命令(6日)テレビ朝日

店の用心棒をする報酬として経営者から現金を受け取る約束をしたとして、暴力団幹部の男が防止命令を受けました。
 指定暴力団住吉会系の幹部の男(50)は去年2月、都内にあるマッサージ店の経営者の女(33)から用心棒の仕事を請け負い、報酬を受け取る約束をしたとして、暴力団対策法に基づく防止命令を受けました。また、報酬を渡した経営者の女も東京都の暴力団排除条例で禁止されている利益供与にあたるとして勧告を受けました。警視庁によりますと、女は別の暴力団の男からみかじめ料を要求されていて、周囲の人に相談したところ、男を紹介されたということです。女はその後、男に用心棒を依頼して報酬として28万円を支払っていました。警視庁は、女にみかじめ料を要求した男と暴力団幹部を紹介した人物が共謀していた可能性もあるとみて調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000098007.html

| トラックバック (0)

林家たい平さん「父も免許返納」 交通安全呼び掛け(6日)テレビ朝日

 6日から始まる春の全国交通安全運動を前に、落語家の林家たい平さん(52)が高齢者に交通安全を呼び掛けました。
 東京・中野区で行われたイベントには、地域の高齢者を中心に約500人が参加しました。ゲストとして参加した落語家の林家たい平さんが、自身の父親が運転免許を自主返納したエピソードを交えて参加者に交通安全を呼び掛けました。都内では去年、高齢ドライバーによる事故の割合が全体の2割を占めていて、10年前の約2倍に増えているということです。
 一方、東京・新宿区では、外国人の交通事故を減らそうと、区内の大学に通う大学生らが外国人に向けたポスターを作成しました。
 警視庁によりますと、新宿区には約4万人の外国人が住んでいて、戸塚警察署管内の交通事故の10件に1件は外国人が関係しているということです。こうした事態を受け、早稲田大学の学生らが、交通ルールや危険な行動などを英語で説明したポスターを作成しました。今後、ポスターの一部を区内の駅や飲食店に掲示する予定です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000098014.html

| トラックバック (0)

79歳男が82歳男性を殴り死なせる、ゲートボール中に暴行(6日)TBS

公園でゲートボールをしていた82歳の男性を殴って死なせたとして、79歳の男が逮捕されました。
 傷害致死の疑いで逮捕されたのは、神奈川県伊勢原市の無職・川中康弘容疑者(79)で、今年1月伊勢原市内の公園でゲートボールをしていた宮澤繁藏さん(82)の顔を手で殴るなどの暴行を加え、死亡させた疑いが持たれています。宮澤さんは暴行を受けた数日後、自宅で容体が急変し、その後、死亡しました。
 取り調べに対し川中容疑者は「殴ってけがをさせたことは間違いないが、亡くなるとは思っていなかった」と供述しているということです。
 犯行の際、川中容疑者が「俺のスコップを隠しただろう」などと叫んでいたとの目撃情報もあり、警察は、トラブルのいきさつを詳しく調べています。                                            
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3022164.html

                                  
               
                                  
               
                                  
                                  

| トラックバック (0)

河川敷4600平方メートル焼く火事、中学生の虫眼鏡遊び原因か(6日)TBS

5日、宮城県加美町の河川敷で下草4000平方メートルあまりを焼く火事がありました。中学生が虫眼鏡で遊んでいたことが原因とみられています。
 「中学生はここで虫眼鏡を使って遊んでいました」(記者)
 5日午前11時ごろ、宮城県加美町の河川敷で火が出て、下草4600平方メートルが焼けました。
 警察によりますと、河川敷で遊んでいた町内の中学1年の男子生徒2人が、虫眼鏡で太陽の光を下草に集中させていたことが原因とみられるということです。
 2人は髪の毛が焼けるなどして病院に運ばれましたが、いずれも軽傷です。
 警察では、意図的ないたずらであれば、補導などの措置を取るということです。                                            
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3022171.html

                                  
               
                                  
               
                                  
                                  

| トラックバック (0)

電車にはねられ、女性死亡 10代か、東京・練馬(6日)共同

5日午後9時ごろ、東京都練馬区東大泉1丁目の西武池袋線大泉学園駅で、池袋発飯能行き急行電車に女性がはねられ、死亡した。警視庁によると、亡くなったのは10代で線路に飛び込んだとみられる。
 西武鉄道によると、池袋線と豊島線は上下線で約30分間、運転を見合わせた。
https://this.kiji.is/222392657509221879?c=39546741839462401

| トラックバック (0)

浜渦氏の偽証、豊洲百条委が認定へ…本人は反論(6日)読売

東京・築地市場(中央区)の豊洲市場(江東区)への移転問題を調査している都議会の百条委員会で、元副知事の

浜渦

はまうず

武生

たけお

氏(69)の偽証が認定される見通しとなった。
 一方、浜渦氏は5日、読売新聞の取材に「偽証はしていない」と語り、10日に記者会見を開いて説明する考えを明らかにした。
 浜渦氏は、都と東京ガスが、市場移転に協力することに基本合意した2001年7月当時の都側の交渉責任者で、3月19日に百条委で証人喚問を受けた。
 浜渦氏は「担当は基本合意までで、そこから先は一切触っていない」と証言し、基本合意後に都が同社と結んだ土壌汚染対策に関する合意事項の存在は「知らない」と主張していた。
 しかし、今月4日の証人喚問で、元知事本局長の前川

燿男

あきお

・練馬区長(71)は、05年5月当時、東京ガスとの用地交渉の状況を、部下が浜渦氏に報告していたと証言した。また、都幹部が同社との交渉状況を、浜渦氏に報告している都の資料も百条委で明らかにされた。
 このため、自民党を除く公明党や共産党など5会派は、浜渦氏の偽証認定を求める方針を固めた。百条委の委員は23人で、このうち5会派が過半数の12人を占めることから、偽証認定が可決される見通しとなった。ただ、調査を継続するかどうかで意見は割れており、協議は難航も予想される。
 一方、浜渦氏は5日、読売新聞の取材に、「01年7月以降も市場全体を所管する副知事で、関連業務はしていた」としつつ、「移転交渉の任は当時の石原慎太郎知事に解かれている。(部下から報告が)来たって(具体的な指示などは)答えていない」と述べ、基本合意後は、移転交渉に関与していないことを改めて強調した。

(ここまで715文字 / 残り0文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170405-OYT1T50138.html?from=ycont_top_txt

| トラックバック (0)

ピーポくん、30周年でムキムキに 警視庁のマスコット(6日)朝日


 

写真・図版

 警視庁のシンボルマスコット「ピーポくん」が誕生して、今月で30周年を迎える。記念に制作したアニメに、ピーポくんが夢の中で変身した設定という筋骨隆々のキャラクター「スーパーピーポくん」が登場し、話題を呼んでいる。警視庁のウェブサイトで3月下旬に公開以降、3万回近い閲覧数を稼いでいるという。
 公開中のアニメは6本あり、このうちスーパーピーポくんが登場するのは「第4話 知らない人にはついていかない!の巻」。
 お昼寝中のピーポくんは夢の中で妹たちに危険が迫ることを知る。「助けに行かなくっちゃ」と力を込めると、一瞬にして変身。身長がみるみる伸び、胸板は盛り上がり、腹筋が六つに割れて大人になる。顔つきもりりしい、劇画調のヒーロー「スーパーピーポくん」の姿に……といった内容だ。
 ピーポくんが夢の中で憧れの姿になった、という設定。ネット上で反響を呼び、「イケメン」「思った以上にスーパーだ」などのコメントとともに拡散されている。警視庁の担当者は「ここまでの反響は予想していなかった」と話す。
 ピーポくんのキャラクターは1…
残り:395文字/全文:841文字

http://www.asahi.com/articles/ASK4532P0K45UTIL00F.html

 

| トラックバック (0)

【森友学園問題】「森友学園」特別支援児の補助金、大阪府が不交付決定(6日)産経

学校法人「森友学園」が運営する塚本幼稚園(大阪市淀川区)が、特別な支援を要する園児の受け入れに伴う補助金を大阪府から不正受給した疑いがある問題で、府教育庁が平成28年度分を交付しない決定をしたことが5日、分かった。決定は3月31日付。
 府教育庁によると、28年度分の交付要件の一つに、保護者の「同意書」を園で保管するよう求めているが、学園側は3月31日の立ち入り調査で「東京に持っていった」と説明、府に提示していなかった。27年度以前の補助金については、次回の立ち入り調査で資料の提示を求める。
http://www.sankei.com/affairs/news/170406/afr1704060004-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

全国の寺社で液体被害 増上寺でも 宗教施設標的? 反日思想? 警察当局が捜査(6日)産経

 東京都港区の増上寺で5日、国指定重要文化財の「三解脱門(さんげだつもん)」などに油のような液体がかけられているのが見つかり、警視庁が建造物損壊や文化財保護法違反などの容疑で調べている。今月に入って同様の被害は確認されているだけで全国で6件発生。警察当局は宗教施設を標的にした犯行の可能性のほか、反日的な思想が背景にある疑いもあるとみて、液体の成分の分析などを進めている。
 警視庁愛宕署によると、5日午前8時半ごろ、増上寺職員から「門に油のようなものがかけられている」と通報があった。
 染みが見つかったのは門の柱や扉のほか、境内の石像や鐘など少なくとも十数カ所。4日午後5時半ごろに帰宅しようとした職員が門の染みに気がつき、5日朝になっても消えないことから通報した。門は夜間も開放され、境内には自由に出入りできるという。
 都内では4日、渋谷区の明治神宮でも鳥居や門の柱などで液体がかけられたような染みが見つかった。同様の被害は1日以降、京都市の下鴨神社や奈良県吉野町の金峯山寺、那覇市の首里城と旧崇元寺第一門でも確認されている。続きを読む

| トラックバック (0)

« 2017年4月5日 | トップページ | 2017年4月7日 »