« 【豊洲問題】百条委喚問で往年の石原節 「簡潔に質問して」「だったら何ですか」「怠慢ではない」(21日)産経 | トップページ | 薬物捜査、令状示さず制止は適法か 大阪地裁で判決へ(21日)朝日 »

2017年3月21日 (火)

地下鉄サリン事件22年 思い出す「あの日」 遺族、風化に危機感 (21日)産経

13人が死亡、6千人以上が重軽症を負った平成7年の地下鉄サリン事件から20日で22年となった。多くの死傷者を出した東京メトロ霞ケ関駅(東京都千代田区)で夫、一正さん=当時(50)=を亡くした高橋シズヱさん(70)は、同駅で献花した後に取材に応じ「ここに来るとあの日を思い出す」と静かに語った。
 事件の衝撃や教訓が風化していくことに危機感を募らせている高橋さん。霞ケ関駅助役だった一正さんの名前が刻まれたプレートの前で、オウム真理教による事件を知らない世代に向け「カルトに入れば大勢の人を傷つけると知ってほしい」と語った。
 教団の後継団体「アレフ」と「ひかりの輪」の関係者が毎年献花に訪れることに「非常に不愉快。立場を自覚すれば、慰霊の場で手を合わせることはできないはずだ」と批判した。
http://www.sankei.com/affairs/news/170320/afr1703200018-n1.html

« 【豊洲問題】百条委喚問で往年の石原節 「簡潔に質問して」「だったら何ですか」「怠慢ではない」(21日)産経 | トップページ | 薬物捜査、令状示さず制止は適法か 大阪地裁で判決へ(21日)朝日 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65046365

この記事へのトラックバック一覧です: 地下鉄サリン事件22年 思い出す「あの日」 遺族、風化に危機感 (21日)産経:

« 【豊洲問題】百条委喚問で往年の石原節 「簡潔に質問して」「だったら何ですか」「怠慢ではない」(21日)産経 | トップページ | 薬物捜査、令状示さず制止は適法か 大阪地裁で判決へ(21日)朝日 »