« アウトドア用品店で強盗致傷事件 東京・北沢、男が店長突き飛ばし逃走(16日)産経 | トップページ | 河村たかし名古屋市長に脅迫文 市HPに「3月末までに辞職しろ。さもなければ斬首」(16日)産経 »

2017年3月16日 (木)

暴力団が初の2万人割れ 資金難、覚醒剤回帰も 警察庁が組織犯罪分析(16日)産経

 全国の暴力団構成員は昨年末現在で約1万8100人となり、統計が残る昭和33年以降で初めて2万人を下回ったことが16日、警察庁がまとめた「組織犯罪情勢」で分かった。前年より約2千人の減少で、要因を「暴力団対策法による締め付けや、民間で広がる反社会的勢力の排除で資金確保が厳しくなったため」と分析している。準構成員らは約2万900人。
 警察庁はこれまで、暴力団活動や薬物・銃器犯罪、来日外国人犯罪を個別に集計していたが、初めて組織犯罪の観点から包括的に分析。暴力団活動で「しのぎ」と呼ばれる資金確保で覚醒剤への回帰など変化が見られたほか、来日外国人犯罪グループが日本を拠点に他国を狙うなど手口の巧妙化が明らかになった。
 覚醒剤事件の暴力団構成員千人当たりの摘発人数は平成19年の34・9人から、28年に47・6人と約1・4倍に増加。飲食店などへ不法に金銭を要求する「あいさつ料」など従来の資金源が先細り、利益が多い覚醒剤密売に流れたとみられる。
http://www.sankei.com/affairs/news/170316/afr1703160010-n1.html

« アウトドア用品店で強盗致傷事件 東京・北沢、男が店長突き飛ばし逃走(16日)産経 | トップページ | 河村たかし名古屋市長に脅迫文 市HPに「3月末までに辞職しろ。さもなければ斬首」(16日)産経 »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/65021946

この記事へのトラックバック一覧です: 暴力団が初の2万人割れ 資金難、覚醒剤回帰も 警察庁が組織犯罪分析(16日)産経:

« アウトドア用品店で強盗致傷事件 東京・北沢、男が店長突き飛ばし逃走(16日)産経 | トップページ | 河村たかし名古屋市長に脅迫文 市HPに「3月末までに辞職しろ。さもなければ斬首」(16日)産経 »